ガラス製品のタグまとめ

ガラス製品」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはガラス製品に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ガラス製品」タグの記事(15)

  1. オイスターソースの瓶 - こんなものを見た2

    オイスターソースの瓶

    2017年5月10日、乙部町同じ浜に2本漂着していた、オイスターソースの瓶。日本語が書かれていたので日本製と思いましたが、よくよく見るとローマ字でも「Oishii」・・・。明らかに日本製ではないと判ったので生産国を確かめると、シンガポール製でした。2017年5月10日、乙部町日本語を入れることで、現地に住む日本人にちょっとでも手に取ってもらいたいということなのでしょうか?

  2. チビ玉 - こんなものを見た2

    チビ玉

    2017年5月5日、初山別村ガラス玉墓場で得たことはありましたが、浜で拾ったのは初めてだったのでとても嬉しかったです。

  3. ウラン・ガラスのブドウ柄バスケット型ボンボン・ディッシュ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ウラン・ガラスのブドウ柄バスケット型ボンボン・ディッシュ

    ハンガーフォードのチャリティショップで、P太がエレガント・ウラン・ガラスのカップ&ソーサーを手に入れた翌日、これを地元のフリマで手に入れました。オープン・バスケット型のウラン・ガラスを買うのは、これで二個目ですが、こちらは前回の物より、柄が繊細で一層魅力的です。ウラン・ガラスの場合、やはり複雑なデザインのほうが、発光させて綺麗なのです。用途はボンボン・ディッシュ、すなわちお菓子を盛る為の皿の...

  4. エレガント・ウラン・ガラスのカップ&ソーサー -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    エレガント・ウラン・ガラスのカップ&ソーサー

    ハンガーフォードのアンティーク・モールでの、P太の一番のお目当ては、やっぱりウラン・ガラスでした。そして全部一通り見渡して、今回最終的に選んだのは、このC&S(カップ&ソーサー)です。でも、買ったのはアンティーク・モールじゃないんです。町に到着して最初に入った、チャリティショップで見付けた物。その後全部アンティーク・モールをチェックして、結局これが値段的にも大きさ的にも一番理想的だったのです...

  5. ヤマト糊の瓶 - こんなものを見た2

    ヤマト糊の瓶

    2017年5月4日、豊富町

  6. 安全壺 - こんなものを見た2

    安全壺

    2017年5月4日、豊富町車で走っている最中、何となく気になる場所があったので歩いてみると、安全壺を見つけました。状態は良さそうだったので持ち帰ろうと手に取ると、綺麗に底抜けでガッカリ・・・。底が無いかと周辺を探しましたが見つけられなかったので、そっと元の場所に戻しました。

  7. イッタラの金属ホルダー付きガラス・マグ -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    イッタラの金属ホルダー付きガラス・マグ

    そろそろフリマかチャリティショップで、北欧物に出会っても良い頃だーと勝手に思っていたところ、これに出会いました。フィンランドのiittala イッタラの、金属ホルダー付き耐熱ガラスのマグ。ペアで1ポンド(約150円)でした。前にもチャリティショップの通販でペアで買っていたので、これで合計4個になりました。1957年から販売しているシリーズで、デザイナーはTimo Sarpaneva ティモ・...

  8. ローヤルクラウン・コーラの瓶 - こんなものを見た2

    ローヤルクラウン・コーラの瓶

    2017年5月4日、豊富町

  9. ルイスでアンティーク・モール巡り キッチン&インテリア編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ルイスでアンティーク・モール巡り キッチン&インテリア編

    日本からイギリスに戻って来たら、まずは行きたいと思っていたのが、フリー・マーケットとアンティーク・モール。と言うか、イギリスのショッピングの楽しみって、本当にこの二つ位しかないんです(…脇で「ヨドバシ」行きたい~とかボヤくP太)。手っ取り早く、イースト・サセックス州の人気の観光地、アンティークの街としても知られるLewes ルイスを、またしても訪れました。この商品のごちゃ~とした写真を眺めて...

  10. ウラン・ガラスの羽根柄フルーツ・ボウル -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ウラン・ガラスの羽根柄フルーツ・ボウル

    ウラン・ガラスの金彩入りワイン・グラスを買った翌週も、来客の都合で、隣町の小規模なフリマしか行けませんでした。ところが、先週と同じストールの、同じくハウス・クリアランス(古い家の処分品)のダンボール箱の中で、このウラン・ガラスのボウルに出会うことが出来ました。今までも何度が出会ったことのある、チェコ製の羽根のレリーフの付いたシリーズです。既に手に入れたクリーマーやシュガー・ボウルより、アール...

  11. 黄色いウラン・ガラスのゴブレット -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    黄色いウラン・ガラスのゴブレット

    白鳥のフィギュリンを買ったルイスのアンティーク・モールで、P太が一緒に買いました。高さ25cm位もある大きなワイン・グラス…、と言うよりはゴブレットです。型抜きガラスですが、白いガラスと黄色いガラスの二重になっており、それがカット風模様のコントラストにも上手く生かされて、こんなウラン・ガラスは今まで見た事がありませんでした。厚さもあり、重量感も相当ずっしりです。最初に立ち寄ったモールだったの...

  12. ウラン・ガラスの白鳥フィギュリン -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ウラン・ガラスの白鳥フィギュリン

    ルイスのアンティーク・モールに、高さ3cm程の小さなガラス製の動物モチーフのフィギュリンが、一つ1ポンドで売られているブースがありました。その中にヴァセリン色の物が見えたので、試しにブラック・ライトを当てて見ると、この二つの白鳥がウラン・ガラスでした。この手のガラス製のフィギュリンって、今も昔も総手作業で作られていて、現代の物かどうか見分けが付けにくいものですが、ウラン・ガラスだったと言う事...

  13. ガラス玉 - こんなものを見た2

    ガラス玉

    2017年5月3日、小平町

  14. ウラン・ガラスの金彩入りワイン・グラス -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ウラン・ガラスの金彩入りワイン・グラス

    日本からイギリスに戻って以来、勿論欠かさず毎週末にフリーマーケットを訪れていますが、久しくウラン・ガラスを手に入れることが出来ず、夫婦揃って多少がっかりしていました。出店数の多いこの季節、昨年の今頃なら、何かしら毎週のようにフリマでウラン・ガラスを見掛けることが出来たのです。しかしその週末は、来客の都合で、いつもの地元の大型フリマではなく、隣町の小規模なフリマにしか行けませんでした。が、イッ...

  15. ボンテン - こんなものを見た2

    ボンテン

    2017年5月3日、増毛町

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ