ガーのタグまとめ

ガー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはガーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ガー」タグの記事(6)

  1. 飼育歴49年目!ご長寿シロチョウザメ (京急油壺マリンパーク)【後編】 - 続々・動物園ありマス。

    飼育歴49年目!ご長寿シロチョウザメ (京急油壺マリン...

    ご長寿シロチョウザメ殿です背後にいるのはイケチョウザメ、左上はアリゲーターガー【前編】はこちらこちらは、もう一尾の子ところで、チョウザメはサメではありません蝶のような形をしたウロコを持ち、サメのような姿をしていることからチョウザメと名前が付きましたサメとの違いを上げていくと枚挙にいとまがないんですが一番大きな違いと言えば、チョウザメは硬骨魚類ですとはいえ普通の魚と違い、背骨は軟骨でできており...

  2. 飼育歴49年目!ご長寿シロチョウザメ (京急油壺マリンパーク)【前編】 - 続々・動物園ありマス。

    飼育歴49年目!ご長寿シロチョウザメ (京急油壺マリン...

    飼育歴なんと49年目と言う、ご長寿シロチョウザメその巨体から来る迫力と歳月を重ねた威厳に圧倒されます水槽内にはもう一尾、シロチョウザメがいましたこちらも遜色ないくらいの大きさだったのでかなりの長寿だと思われますご長寿の御大は水底でまったりしていることが多かったんですがこちらの子は、よく泳いでいました「昔のままの姿で」と名付けられたこの水槽いや、水槽自体が昔のままの旧態依然とした姿・・・ってヤ...

  3. しながわ水族館「世界の大河から」③~魅惑のアリゲーターガーたち(August 2020) - 続々・動物園ありマス。

    しながわ水族館「世界の大河から」③~魅惑のアリゲーター...

    アリゲーターガーです(奥はタイガーシャベルノーズ)前回記事②はこちら北米に生息する最大級の淡水魚ですアリゲーターガーは、海水でも生活することが出来汽水域や沿岸部で暮らすものもいますジュラ紀から白亜紀にかけて繁栄したガーパイクの現生種でまさに生きた化石でありますそんな太古のロマンあふれる魅惑のアリゲーターガーですが近年では、名古屋城のお堀で捕獲されたりとかあまりよろしくない話で知名度が上がって...

  4. 足立区生物園~B1バックヤードへようこそ! - 続々・動物園ありマス。

    足立区生物園~B1バックヤードへようこそ!

    地下1階へ降りていくと、たくさんの生物たちを飼育管理しているバックヤードを垣間見ることができます中に入ることは、さすがに叶いませんがなんとも、わくわくする眺めでありますで、このバックヤードを覗き見るためのB1の狭いフロアーなんですが結構、多彩な生物たちに会うことが出来ますスッポンモドキ(ブタバナガメ)です「はろ~♪」アジアアロワナスポッテッド・ガーガーは特定外来生物の為、飼育するには許可証が...

  5. 東京タワー水族館~圧巻!ガー軍団と巨大黄金ドラド - 続々・動物園ありマス。

    東京タワー水族館~圧巻!ガー軍団と巨大黄金ドラド

    もうなんか凄いとしか言いようがないガーの群れ昨日に続いて、東京タワー水族館「北南アメリカ」エリアより多彩なガーが悠然と泳いでおりますスポッテッド・ガーロングノーズ・ガーマンファリのっかりマンファリに乗っかてるのはショートノーズ・ガーもういっちょうスポッテッド・ガーまさにガー好きの聖地と言えるのではないでしょうかそして、この水槽のもう一尾の主役圧倒的な存在感を放つドラド(ドラードカラシン)まじ...

  6. 東京タワー水族館~長老レッドテールキャットとアリゲーターガー、コロソマ、オキシドラス - 続々・動物園ありマス。

    東京タワー水族館~長老レッドテールキャットとアリゲータ...

    どーん!東京タワー水族館の人気者長老レッドテールキャット2014年の公式記事で飼育歴25年以上とあるので、マジめっちゃ長老です北南アメリカエリアの中央にある混泳水槽目を見張る程、立派な個体ばかりで惚れ惚れしますアリゲーター・ガーブラック・コロソマカラシン科の中では最も大きくなる種ですオキシドラスドラス科の中でも最大級の種ですがここまででかいと、正直びびりますね半端ない迫力です「は~い♪」眺め...

総件数:6 件

似ているタグ