キク科のタグまとめ

キク科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキク科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キク科」タグの記事(48)

  1. コウリンカ - 野の花山の花ウォッチング in 奥多摩

    コウリンカ

    コウリンカ(紅輪花)(キク科オカオグルマ属)山頂に向かう登山道を登って日当たりのよい草原が見えてくると濃橙色の花が目立ち始めました。垂れ下がった舌状花が特徴的なコウリンカの花です。稜線上の草原もコウリンカが花盛りです。この花は鹿の食害は免れているようです。コウリンカとヒメアカタテハ2019年8月、山梨県方面にて。

  2. ウスユキソウ - 野の花山の花ウォッチング in 奥多摩

    ウスユキソウ

    ウスユキソウ(薄雪草)(キク科ウスユキソウ属)ウスユキソウの名は、苞葉の淡い白さを積もった雪にたとえたもの。日本固有のハヤチネウスユキソウやヨーロッパ・アルプスのエーデルワイスの仲間です。ウスユキソウはこれらの仲間では最も低地で見られるものです。今回の山では標高1900mを超えるあたりからちらほら見られました。2019年8月、山梨県方面にて。

  3. リグタリア - 小さな庭 2

    リグタリア

    裏庭のリグラリア の花が咲いています。猛暑続きなのに茎が立ち上がり凛としてる花に感心します。リグラリア キク科 今週はじめに仕事でツタを剪定中顔に枝がふってきたと思った途端左目尻に激痛。体験したことのない激痛。1時間ほど冷やして病院に行ってみてもらって。塗り薬のみで就寝。翌朝起きたら瞼が腫れてる。日に日に晴れ上がり眼科でも診てもらって抗生物質飲みましたが今日は顔左半分晴れ上がり。顔がおば...

  4. #キク科 『小車』 Inula britannica subsp. japonica - 自然感察 *nature feeling*

    #キク科 『小車』 Inula britannica ...

    茎葉 [葉裏は脈が隆起し、白毛が密生]【令和元年7月112日(金) 雨のち曇↑22℃↓18℃ @公園】オグルマ=小車(キク科)2010.7.4撮影

  5. レタス - 日々の皿

    レタス

  6. #アリ #キク科  『花 と 蟻』 - 自然感察 *nature feeling*

    #アリ #キク科 『花 と 蟻』

    ヒメジョオンの花粉の舐めるトビイロシワアリ【令和元年7月6日(土) 曇のち雨↑24℃↓19℃ @公園】

  7. ムラサキニガナ - 野の花山の花ウォッチング in 奥多摩

    ムラサキニガナ

    ムラサキニガナ(紫苦菜)(キク科アキノノゲシ属)山地の林縁でよく見かけます。背丈が高く上部を中心に多数の花を下向きに咲かせます。頭が重いせいか雨が降った後ではすぐ横倒しになるようです。全体像を撮影するのが難しかったので開花してる花を狙って下から撮影してみました。2019年7月、奥多摩にて。

  8. ヒメジョオン - 源爺の写真館

    ヒメジョオン

    姫女苑何処にでもある北米原産の帰化植物です。春に咲く花に分類されてるようですが秋になっても咲いています。多年草ではなく1年~2年草なのに我が物顔で何処にでも咲いている。と、言う事はすごい繁殖率だと言う事です。

  9. #キク科 『関東嫁菜』 Aster yomena var. dentatus - 自然感察 *nature feeling*

    #キク科 『関東嫁菜』 Aster yomena va...

    この日は小雨の降る中の調査だったが、カントウヨメナが咲き出していた。カントウヨメナの開花が6月からになっているサイトはなかった。花期については自分で、場所ごとに確かめるのが一番。その点、毎月何年も定点感察出来るので助かる。カントウヨメナ (シオン属)【令和元年6月22日(土) 曇のち雨↑25℃↓22℃ @鳥類園】

  10. もろともに消えていた - 日々の皿

    もろともに消えていた

  11. ミヤマヨメナ - 源爺の写真館

    ミヤマヨメナ

    野菊の仲間としては珍しく初夏に咲きます。栽培種のミヤコワスレの原種です。

  12. 春紫菀 - 南都☆花模様

    春紫菀

    ハルジオン春先だとわかりやすいですがこの時期はヒメジョオン(姫女菀)と区別がつきにくいです。この時期は何もなくて雑草シリーズです(笑)人気ブログランキング

  13. 信州遠征レポートその2 - 紀州里山の蝶たち

    信州遠征レポートその2

    今回の信州・北信遠征は、時期外れの寒波でした。それでも、唐松林の周辺や湿原では、山野草が見事に咲き誇っていました。

  14. 遅い春 - 源爺の写真館

    遅い春

    苅尾に遅い春がやって来ました。

  15. がんばれがんばれみんながんばれ - 日々の皿

    がんばれがんばれみんながんばれ

  16. シロバナタンポポ - 源爺の写真館

    シロバナタンポポ

    数が少なくなってきている在来種のタンポポの一つです。

  17. ヤーコン - 日々の皿

    ヤーコン

  18. ノアザミ(野薊) - 草花と自然Blog

    ノアザミ(野薊)

    ノアザミ(野薊)は、キク科アザミ属の多年草です。中国、朝鮮、台湾、ベトナム、ロシアに変種が分布します。日本では、本州、四国、九州に分布する日本固有種です。名の由来は、野に咲く薊から。薊の語源は不明です。幾つかの説があり、あざむ(惘)語源説は、アザムはアサマから転訛したもので、傷むとか傷ましいの意(中村 1980)と説明されています。中国名は、薊(jì)。キク科(Asteraceae Berc...

  19. シロバナタンポポ白花蒲公英 - 里山の四季

    シロバナタンポポ白花蒲公英

    幼い子どもが最初に覚える野の花の名前は、きっと「たんぽぽ」そして「たんぽぽは何色?」答えはもちろん「黄色」でも、どの植物図鑑にもこう記載されています。九州、四国地方では白花が普通・・と。ある観察会に参加したとき、九州出身という方に聞いてみました。「たんぽぽは何色ですか?」期待通りの答えが返ってきました。「白色です」へぇ~やっぱりシロバナタンポポキク科タンポポ属多年草近頃、造成地のへりでよくみ...

  20. 春の気配 - こんなものを見た2

    春の気配

    アキタブキ Petasites japonicus subsp. giganteus2019年2月24日とある林道を歩いていたら、日当たりの良い地面からアキタブキが顔を覗かせていて、よく見ると幾つか花も咲かせていました。横の沢から聞こえてくるのは、ミソサザイのぐぜり。暖かい日が続き雪もどんどん融けているので、もしかしてこのまま春になってしまうのかなと、心がちょっとざわざわしています。

総件数:48 件

似ているタグ