キタキチョウのタグまとめ

キタキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキタキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キタキチョウ」タグの記事(117)

  1. 野の花を摘みにその2<キタキチョウの蛹> - そらいろのパレット

    野の花を摘みにその2<キタキチョウの蛹>

    10月16日(金)雨マークはないものの薄曇りで寒い日、野の花を摘みに行った★散歩道で珍しい物に出会いました。犬も歩けば棒に当たる、パレット歩けば…※写真はクリックで拡大します。<キタキチョウ( 左・秋型 / 右・夏型)>さて、この日、お昼近くになると少し日差しが出てきました。青い空を見るのは何日ぶりになるでしょう。おや、お日様に誘われたかチョウやトンボも飛び始めましたよ♪キタキチョウは今まで...

  2. 河原で見つけたキタキチョウの蛹ほか五目撮り - 蝶超天国

    河原で見つけたキタキチョウの蛹ほか五目撮り

    10月11日つづき午後から探したのはツマグロキチョウですが・・キタキチョウばかり多くてツマグロキチョウは見つけられませんでした。ここではキタキチョウの蛹を見つけることが出来ました。見つけてくれたのはキタキチョウの成虫で・・・複数の個体が蛹の周りでバタバタしていたので見つかりました。蛹の取り合いと言ったところでしょうか。想像するに・・・この蛹は♀で・・♂が取り合っている様に見えます。面白いシー...

  3. 晩秋のチョウ - 飛騨山脈の自然

    晩秋のチョウ

    最低気温が5℃を下回るともう晩秋になってきた。晴れると日中は気温が上昇するのでノコンギクにチョウが吸蜜にやってくる。多く見かけたのはミドリヒョウモン。1頭しか見かけなかったのはオオウラギンスジヒョウモン。キタキチョウは♂♀とも吸蜜に来た。オオスズメバチが飛んできたので動かないようにしていたら、目の前の1mくらいの高さで切られたカラマツの切り株に止まった。こんな時期でもまだ生きているゴイシシジ...

  4. ヒガンバナの里で-1(2020/9/18.22) - 小畔川日記

    ヒガンバナの里で-1(2020/9/18.22)

    9月18日はヒガンバナの様子を見るために、自宅近くの場所に行ってみた。ヒガンバナは蕾が出てきた状態で、例年よりも10日くらい遅い感じだった。もともとここは黒系アゲハの少ない場所だけど、当然この日は姿を見なかった。歩き始めたらムラサキツバメがヒイラギの葉に止まっていた。アカボシゴマダラがエノキの幼木に産卵行動をしている。家内の撮影した中には、産卵して飛び立つところが写っていた。家内撮影ニコンD...

  5. ご当地チョウ?@入笠湿原など - そらいろのパレット

    ご当地チョウ?@入笠湿原など

    初物★ついでに、入笠湿原で見かけたチョウを。前後翅とも翅端部が尖っているのが特徴的です。ヤマキチョウだと思ったのですがよく似たスジボソヤマキチョウというのもいるのだとか。いずれにしても私は初見です。<スジボソヤマキチョウ? 9月28日@入笠湿原>翅の外縁が赤褐色で縁取られていればヤマキチョウとのことです。う~ん、微妙ですがこの個体に赤い縁取りはない、かなぁ…。(スジボソ)ヤマキチョウは長野県...

  6. キタキチョウ - Kochikuro12's Blog

    キタキチョウ

    キタキチョウの集団行動を見ました。少し、密ですかね。時々、飛びますが、ほとんど動きませんね。

  7. 4連休2日目 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    4連休2日目

    4連休2日目、生憎とお天気悪く1日曇り空でした。孫達のお相手は中休み、爺はそれでもフィールドに出かけた。浅間高原はすっかり秋の風情が漂ってます。何となくミヤマシジミにも秋を感じてしまう。やはり、ナギナタコウジュが好きなメスが吸蜜にやって来た。これは同じくシソ科の花に見えるが、不明植物今はナギナタコウジュの花が綺麗です。今日は飛び立ちの翅裏も狙って見ました。ご覧の様に翅裏だって綺麗です。吸蜜中...

  8. 2020.9.17東京・中目黒キタキチョウ2020.9.20 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.9.17東京・中目黒キタキチョウ2020.9...

    2020.9.17曇り空だが少し日が射してきたのでキタキチョウを撮りに行くが、結果的には3日前より空は暗かった。草ぼうぼうの原っぱの木陰には丈の低い萩の花が咲いており、暗いけれどその上や群落の中を♀を探して飛ぶ♂を狙う。探雌飛翔の♂はゆっくりと飛ぶので比較的撮りやすい。♀を見つけた♂は最初はおとなしい。おとなしいうちに撮らなければチャンスはない。♂が本格的にアタックをかけると猛烈なスピードで...

  9. 2020.9.14東京・中目黒キタキチョウ2020.9.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.9.14東京・中目黒キタキチョウ2020.9...

    2020.9.16区の定期健康診断を受けた帰り道、4月にツバメシジミが出る公園に寄ってみた。公園では、キタキチョウ、アゲハ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、ツマグロヒョウモンくらいしか飛び回っていなかったが、都心ではどこもこんなもの。ただ、春には草がすっかり刈り取られている一角は草ぼうぼうになっており、いい雰囲気の中でキタキチョウが何頭か飛んでいた。そういえば、ツマグロキチョウの飛翔はかなり撮...

  10. ツマグロキチョウ夏型は魅力半減? - 蝶超天国

    ツマグロキチョウ夏型は魅力半減?

    9月5日今回は地元のフィールドの様子を見て回りました。まずはツマグロキチョウの生息地に行ってみました。沢山のキチョウに混じってツマグロキチョウの夏型も居ました。ケツメイが少なくなっていましたが・・・小さな幼虫も見つかりました。これから大きくなって秋型が発生するのが楽しみです。この日はキタキチョウの交尾が7,8組見られました。撮影しようとすると直ぐに飛ばれてしまいますが・・・一応押さえておきま...

  11. キマダラモドキとカジノキのアカボシゴマダラ:2020/8/29 - 小畔川日記

    キマダラモドキとカジノキのアカボシゴマダラ:2020/...

    自宅前の川原の話ばかりなので、一日飛ばして29日にちょっと出かけた時のお話。今年はキマダラモドキを撮影されている方が多いので、自分の写真を見直してみたら、2013年に撮影したのが最後だった。撮影した場所がどうなったかも気になったので、見に行ってみることにした。現地に着いて見るとほとんど環境は変わっていなかった。ただ着いた時間が9時頃。いつもは他の蝶を撮影した後、午後に立ち寄ることが多かったの...

  12. 9月8日の花火の西の原② - 清治の花便り

    9月8日の花火の西の原②

    昨日の続きの西の原台風の風にススキの花も飛ばされたよう・風に飛び真赭(ますほ)の芒なかりけり歩地爺・ヒヨドリバナ・キリギリス?・コウゾリナ・クルマバナ・キアゲハかナミアゲハかやっぱりナミアゲハですよね・ルリシジミ・キタキチョウ・ミドリヒョウモンかコヒョウモンか・ジャノメチョウ・草原を数多飛び交ふ秋の蝶草原の花から花へ秋の蝶歩地爺・やどの方でいう「ナダラ」標準語だと稲架(はぎ)だろか?・稲架五...

  13. ツマグロキチョウ秋型登場in2020.08.08~09.09 - ヒメオオの寄り道

    ツマグロキチョウ秋型登場in2020.08.08~09.09

    小笠原諸島の母島と周辺の小さな離島しか「オガサワラセセリ」もツシマウラボシシジミ、ヒメチャマダラセセリに次いで絶滅が心配されますが私は殆ど知見がありません。********************************************************私があまりチョウ絶滅を心配しても仕方がないので9/9休みを取って栃木県某所に三密を避けてツマグロキチョウ秋型探しに出かけてみま...

  14. 3/19キタキチョウ、ルリシジミ - ブログ和歌山の里山便り2

    3/19キタキチョウ、ルリシジミ

    成虫越冬組のキタキチョウですが、この日が初撮りとなりました。キタキチョウルリシジミ次はどんなチョウに会えるか、毎日ワクワクしています。おしまいです。

  15. 8月31日今日のチョウ - Mag's  DiaryⅣ

    8月31日今日のチョウ

    8月31日、たくさんのチョウに出会った。道路に水が染み出しているところで、ミヤマカラスアゲハと(カラスアゲハ・・撮れていないけれど)がいた。みんなで撮影会!(^^)!小川の砂地にはキタキチョウが群れていた。ミヤマカラスアゲハの集団もいたのだけれど、撮れなかった。アザミにはカラスアゲハとミヤマカラスアゲハが群れていた。表翅を撮りたいと思ったのだけれどなあ…。いつもの場所にゴイシシジミ。ナベナの...

  16. キタキチョウの飛翔 - Surrounded by nature

    キタキチョウの飛翔

    オトコエシの花が咲き始めました。やって来ているのはキンケハラナガツチバチだと思います。忙しそうに花の上をあっちこっちと動いていました。オトコエシは漢字で書くと「男郎花」だそうな。男があるなら女も…漢字で書いて「女郎花」は、オミナエシと読みます。白い花が咲くオトコエシに比べて、オミナエシには黄色の花が咲きます。オトコエシはどこにでも普通に見られますが、オミナエシは自然の状態ではかなりの希少種に...

  17. 富山県境 - 飛騨山脈の自然

    富山県境

    富山県境附近に行ってみた。家屋はあるが殆どが人は住んでいない。広い耕作地はなにも作っていないので草が伸び放題になっている。キタキチョウが交尾したまま飛んでいた。非常に敏感で何度か飛ばれたが、すべて♀+♂→で♂主導で飛んだ。日差しは強く暑いので葉裏に止まるばかりで、コントラストがきつく思いどうりに写真が撮れなかった。Limenitisが飛んでいたので撮ったらアサマイチモンジだった。山深い所なの...

  18. クロヒカゲモドキ - Sky Palace -butterfly garden- II

    クロヒカゲモドキ

    この日は雨でしたが、昼から3時間程天気予報の雨マークが消える隙を伺って、クロヒカゲモドキのポイントを見に行ってきました。6年ぶりに訪れるポイントにワクワクしていましたが、予報と違って小雨が降ったり少し止んだりな天気でした。雨でも多少期待できる蝶なので、諦めず歩を進めると、大量のジャノメチョウが飛び出してきます。もちろん全然姿形は違うのですが、飛び出しの瞬間に目を奪われます。しかも敏感なチョウ...

  19. 鳥や蝶がやってくる木や花を植えたい - 暮らしてみれば in Kitakaruizawa

    鳥や蝶がやってくる木や花を植えたい

    萩の花に黄色い蝶キタキチョウ調べたらこの蝶は様々の植物に飛来するとある萩だからという訳ではないんだ夫は今鳥と蝶の写真を一生懸命撮っている私は料理と花時々虫くらい今たくさん咲いている山野草は萩チダケサシオカトラノオご近所のなかでは我が家の庭が一番花が多いだから蝶もいろいろやってくる鳥や蝶がやってくる木や花を植えたいと夫が言う植えるのは私よね頑張るかウバユリ開花保護すべき大切な植物らしいが私とし...

  20. ダムサイト - 飛騨山脈の自然

    ダムサイト

    友人の一人は故郷がダムによって失われるのと豊かな自然を残したいとの思いで、ダム建設反対をしていたがすでに亡くなってしまった。調査で何回もこの地を訪れてなじみの所だが、昔日の面影は全くない。ノリウツギに最盛期を過ぎたオオウラギンスジヒョウモンが吸蜜していた。キタキチョウは良い状態だったがノリウツギの装飾花はほぼ終わりかけだ。砂利道にツバメシジミが飛んできた。口吻を伸ばしていないので、単なる休憩...

総件数:117 件

似ているタグ