キタキチョウのタグまとめ

キタキチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキタキチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キタキチョウ」タグの記事(125)

  1. モンシロチョウ春の気候に誘われて - 蝶のいる風景blog

    モンシロチョウ春の気候に誘われて

    テレビでのんびりNHK全国俳句大会を見ていた。飯田龍太賞に蝶の俳句があった。看取る手をしばらくやすめ蝶の昼神奈川県の伊藤節子さんという85歳の方の句だった。95歳の夫を自宅で介護しているという。介護の手を休め、ふと窓の外を見るともなく見ていると、美しい蝶が飛んでいる。ほっと気が休まる昼時だった。いい句だと思った。先ごろ行われた「草加松原国際俳句大会」にも蝶の句があった。英語とフランス語の俳句...

  2. ムラサキ兄弟、桃色大祭 Part I/II の合間に(2020/01/29-30)荒川 - 里山便り

    ムラサキ兄弟、桃色大祭 Part I/II の合間に(...

    晴れ穏やか・暑い時間と共に気温が上昇、ポイントに着く前にも越冬蝶達が、うららに誘われて活動していた。'ウラギンシジミ'・' テングチョウ' と共に 'キタキチョウ' が目についた。..........POTD.........こんなシチュエーション(situation)では撮影したことが無い。'スペ・ゲスさん&...

  3. 気温上昇によりウラギンシジミは2頭越冬継続するも、越冬キタキチョウ見失う - ヒメオオの寄り道

    気温上昇によりウラギンシジミは2頭越冬継続するも、越冬...

    12/29~12/30の気温上昇により見沼田んぼの越冬蝶に変化あったと見沼区のiさんから連絡があり本日2人で共同調査を行ってきました。気温上昇によりAポイントの蔦「ウラギンシジミ」も灯篭上「ウラギンシジミ」いずれも変化ありませんでした。in2020.02.02見沼田んぼAポイント*********************************************************...

  4. 令和2年7度目のプチ遠征 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    令和2年7度目のプチ遠征

    今日も予報通り晴れ、気温も上がって絶好のプチ遠征日和になりました。連日ですが今日も荒川水系のムラサキ兄弟でプチ遠征をして来ました。昨日程には気温は上がらなかったけど、探索にはちょうど良いくらいの体感温度でした。昨日はムラサキシジミが活性して、ムラサキツバメが殆ど飛ばなかったのですが、今日は眞逆で午前10時30分到着時にはムラサキツバメは既に塒には居ませんでした。しかし、昨日あんなに居たムラサ...

  5. 凍える「キタキチョウ」、舞う「ムラサキツバメ」in2019.12~2020.01 - ヒメオオの寄り道

    凍える「キタキチョウ」、舞う「ムラサキツバメ」in20...

    雪の舞う中、凍えながら耐える「キタキチョウ」姿を撮影しようと見沼田んぼに出かけてみました。残念ながら昨晩~本日朝までの降雪量が少なく思ったような写真は撮れません・・・・それでも絵にはなっていませんが、横殴りの雪が写っていたのが1コマありました。どれが雪かわかりますか?in2020.01.18見沼田んぼB南ポイント****************************************...

  6. ■越冬蝶あらわる20.1.2(キタキチョウ、ムラサキツバメ、キタテハ) - 舞岡公園の自然2

    ■越冬蝶あらわる20.1.2(キタキチョウ、ムラサキツ...

    曇り空ながら、それほど寒くはない。毎年恒例の2日の行事、鎌倉鶴ヶ岡八幡宮に初詣でに行ってきました。おみくじを引いたら、生涯初の「凶」が当たった。売り場の傍に、なんと、そのおみくじを放り込む赤いポストと、そこの破魔矢の鏃の部分を握ると、「凶」を「大吉」に替えてくれるコーナーがあった。今年の冬は暖冬気味で、暖かな陽を浴びて越冬蝶があったまっていた。キタキチョウ19.12.31FUJIFILM X...

  7. 大晦日のムラサキ兄弟 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    大晦日のムラサキ兄弟

    大晦日、朝起きたら雲一つない青空、昨日までの予報では午前中曇りだったはず、今日は気温は18度まで上がるとか。今日は出かけられる天気ではないと思っていたけど、年内最後のチャンスだから荒川水系のムラサキツバメに出かける。既に、年内最後のプチ遠征と27日に謳っておきながら、大晦日に出かけることになった。(^.^)気温が高くとても暖かかったですが、意外と活動する個体数は多くなかった。まずは、以下、ム...

  8. 小畔川便り(小春日和の日のムラサキツバメ他:2019/12/12) - 小畔川日記

    小畔川便り(小春日和の日のムラサキツバメ他:2019/...

    12月12日はムラサキツバメも出てきてくれた。着いてすぐにサザンカの葉の上で翅を開いているメスがいた。サザンカの花に止まっている個体もいた。しばらくムラサキシジミなどを撮影した後、2m位の高さの花を見ると、ムラサキツバメが吸蜜していた。そのままでは花弁に一部が隠れてしまうので、頭の上にカメラを差し上げてなんとか撮影する。こういった時に、Z50を買ってよかったなと思う。咲き終わった花でも吸蜜し...

  9. 4シーズンぶりに見沼田んぼで越冬キタキチョウ見つけるin2019.11.09~12.14 - ヒメオオの寄り道

    4シーズンぶりに見沼田んぼで越冬キタキチョウ見つけるi...

    「キタキチョウ」は見沼田んぼでは良く見かけるシロチョウの1種ですが、枯れた草藪の中で越冬するので、越冬中のキタキチョウを見つけるのは私の節穴のような眼には至難の業です(涙)。ということでここ4シーズン見つけることが出来ていませんでした。in2019.12.14見沼田んぼBポイント南部*******************************************************...

  10. 庭に - Mag's DiaryⅢ

    庭に

    我が庭の菊に、キタキチョウが止まった。頑張って生きてきたのだねえ。隣の家の庭に、真っ赤な秋。我が裏庭に、黄色い秋。今朝は霜が降りた。これからしばらく冬らしい気温の日が続くらしい。白い冬が来るかしら(*´з`)

  11. レストラン『ツメレンゲ』 - Mag's DiaryⅢ

    レストラン『ツメレンゲ』

    ツメレンゲの石垣に、クロツバメシジミがいなかったが、ウラナミシジミが慰めてくれた。何度も花を変え、ツメレンゲで吸蜜。チャバネセセリもね。キタキチョウまでやって来た。ヤマトシジミは石の上、ツメレンゲがすぐそばにあるのにね。・・・11月11日の観察・・・

  12. 晩秋の日なた - 飛騨山脈の自然

    晩秋の日なた

    秋も深まり風のない日なたに身を置くと、太陽の有難さを感じることができる季節になった。イモカタバミが咲いているところにはモンシロチョウが飛んでいた。もうすぐ降雪になるので、あとどのくらい生きられるのかな。人家のわきに置いてある朽ちた柿にキタテハが吸汁していた。キタキチョウが飛んでいたので飛翔を狙ったがうまく撮れない。イモカタバミで吸蜜する♂。花から飛び上がった♀。いろんな植物が絡み合っているの...

  13. ☆チョウを探しながら☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆チョウを探しながら☆

    天気が良いと、チョウの姿を探してしまいます。車ではかなり移動しますが、歩くのは僅かです。海の傍にも行きました。中部国際空港の見える小脇公園下の海から、海苔粗朶の間に舟が入り、作業をしている様子が見えました。風の当たらない場所には、タカサゴユリが咲いていました。カタバミが綺麗ですが、飛び廻って居るキタキチョウは止まりません。草にとまるキタキチョウシキザクラも咲いています。ムラサキシジミや、ムラ...

  14. ウラギンシジミなど - 風任せ自由人

    ウラギンシジミなど

    1年ぶりにかつてよく通った公園に出かけた。ムラサキシジミとムラサキツバメが狙いだったが、その両種はあまり見つからず、まだ日向ぼっこには少し早いのかなと思った。多かったのはウラギンシジミの雌で、雄はやっと見つけて1匹だけ撮影できた。少し咲いていたセンダングサにはキタキチョウが吸蜜に来ていた。種類に関係なく、撮影した時間順に

  15. 萩と蝶… - 侘助つれづれ

    萩と蝶…

    庭の小さな秋萩の葉っぱが黄色い蝶になりました***こちら色づいた葉っぱになりすましたキタキチョウ蝶の姿が秋の深まりとともに少なくなっていきますさみしいなでもキタキチョウは成虫のまま冬越しするので冬でも暖かい日には起き出して色のない庭を元気にしてくれます小春日和の楽しみです

  16. 秋の野キタキチョウ(北黄蝶)他 - 身近な自然を撮る

    秋の野キタキチョウ(北黄蝶)他

    1 キタキチョウ<クリックすると拡大表示され、再度クリックすると元の大きさに戻ります>秋の野をぶらぶら歩く。成虫で越冬する蝶が目につく。キタキチョウは葉の裏にぶらさがってじっとしている。キタテハやヒメアカタテハは地上におりて日向ぼっこ。ウラギンシジミは白い翅をぴたりと閉じている。白い翅は飛んでいると、きらきらと翻って銀色に見える。冬眠するにはまだまだ早い。セグロセキレイはいつもここら辺を縄張...

  17. 暖かすぎる里山(2019/10/31)馬刀葉椎公園 - 里山便り

    暖かすぎる里山(2019/10/31)馬刀葉椎公園

    折からの好天気、時間が立つにつれ気温が上がります。'ムラシ' は数多く見られるのですが、ほぼ下には降りてくれません。..........POTD..........少しピン外し、眠いかな?オマケにデカ撮り,,,,,-------------------------------------------------------------ムラサキシジミ(紫小灰蝶)The...

  18. 秋のチョウたちモンシロチョウとキタキチョウ - 公園昆虫記

    秋のチョウたちモンシロチョウとキタキチョウ

    モンシロチョウは、春のチョウというイメージがあるが、温暖化が進んできた昨今、12月ぐらいまで活動しているのが見られることがある。たくましいチョウだ。コセンダングサやウインターコスモスにもよく集まってきていた。吸蜜するメスにしつこく求愛するオスもいる。メスは求愛拒否の姿勢を撮っている。しかし、以前にはやはり12月に交尾しているペアを見たことがある。モンシロチョウは蛹越冬なので、この時期に産み付...

  19. ヨメナとノコンギク - 自然がいっぱい4は終了しました。

    ヨメナとノコンギク

    ヨメナとノコンギク、非常によく似ているけれども両者を並べて比べて見るといくつかの違いが出てきます。花を縦割りにして、めしべのつけの冠毛の有無を調べればすぐわかるのですが、そこまでしなくても総苞片の全体像で比べられます。キタキチョウがとまっているのがヨメナです。総苞片の全体がお椀の形ですね。で、このウラナミシジミがとまっているのがノコンギク。花を側面から見てみると、総苞片の全体像がコップの形を...

  20. ☆山みちの赤い実など☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆山みちの赤い実など☆

    ヒヨドリジョウゴは近くの散歩道で見ていますが、少し違うような?マルバノホロシでしょうか?赤い可愛らしい実がいっぱい!タンキリマメナギナタコウジュにキタキチョウコセンダングサにも。 アサギマダラもまだいます。 帰り際に見た幡豆の海・・・今季最後かも知れません。

総件数:125 件

似ているタグ