キタテハのタグまとめ

キタテハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキタテハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キタテハ」タグの記事(269)

  1. アサギマダラ、クロコノマチョウ、キタテハ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    アサギマダラ、クロコノマチョウ、キタテハ

    2017年10月9日中間平の鷹の渡りは終焉を迎えましたが、小さな体で同じように渡りをすることで知られているアサギマダラ♀です。クロコノマチョウ♀クロコノマチョウ♂キタテハD500、TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)

  2. 小畔川便り(コスモスと蝶たち-2:2017/9/25.27.29) - 小畔川日記

    小畔川便り(コスモスと蝶たち-2:2017/9/25....

    自宅前にキクイモやコスモスが咲いている間に、先日購入した広角ズームを生かした写真をもう少し撮っておきたいし、カメラ交換の使い勝手にも慣れておこうと思って、天気の良い日には運動も兼ねて出かけている。9月25日に撮影した写真で、話の流れと枚数の関係で載せられなかったものもあるので、ここでそれから載せておくことにします。ツマグロヒョウモンの広角写真を撮った後は、キクイモの咲いている場所に行って、ヒ...

  3. 家にいれば良かったのに - 不思議の森の迷い人

    家にいれば良かったのに

    10月になり里山もすっかり秋、キタテハのオレンジが良く似合う季節です。この日は朝から晴天で気温も25℃まで上がりましたが、少し強めの風が心地よい一日でした。午前中に買い物を済ませ、昼過ぎから2時間ほどを散策の時間にあてました。この日蝶がよく見られたのはセンダングサの花です。このところ数が多くなったヒメアカタテハですが、この蝶も秋が似合います。シロチョウの仲間もセンダングサの花が好みのようです...

  4. 2017.9.25東京・恵比寿アオスジアゲハ2017.9.30 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.25東京・恵比寿アオスジアゲハ2017....

    2017.9.25近くのヤマトシジミは数がとても少ない。この日も擦れた♂が2~3頭。その中で♀が翅をせいいっぱい拡げているのを見つけた。サッポロビール本社前。アオスジアゲハがオミナエシの花にとまっていた、ただの日向ぼっこのようだが動こうとしない。近づいてみると、表翅のブルーがうっとりするほど美しい。前翅のブルーの筋は太くなるにつれ色が微妙に変化している。いつもは動いているところばかり撮ってい...

  5. 晴れた日田んぼで - 空ヤ畑ノコトバカリ

    晴れた日田んぼで

    ヒヨドリバナで蜜を吸うキタテハ。ここは田んぼの水路の草っぱら。ヒヨドリバナは人気で、いろんなチョウが来ている。こっちはウラギンヒョウモンの仲間。ぼろぼろの左翅は、どんな修羅場を潜ってきたんだろう。田んぼに目を移すと、完熟と青未熟が入り交じった稲穂。稲穂に網を張っている小さなクモ。ひと休み中のノシメトンボ。いつもの年ならとっくに稲刈り最盛期の、この地域。今年は遅延型の冷害っぽくて、登熟がまだ不...

  6. 花とチョウ - Mag's DiaryⅢ

    花とチョウ

    ニラの花にヒメアカタテハニラの花にウラギンヒョウモンニラの花にキタテハオオバクサフジにイチモンジセセリオオチャバネセセリでした。花畑で待てばチョウが撮れる。

  7. 秋の七草・その1 - 丹馬のきょうの1枚

    秋の七草・その1

    ハチ高原に生息するウスイロヒョウモンモドキが絶滅寸前ということで、昨年、オミナエシの植栽が行われました。オミナエシはウスイロヒョウモンモドキの幼虫の食草ですが、シカの食害でオミナエシが減少しているとのことでした。こちらはキタテハ。ウスイロヒョウモンモドキと同じタテハチョウの仲間ですが、よく見かけるチョウです。幼虫の食草はカナムグラですが、成虫はオミナエシの蜜が大好きなようです。こちらもタテハ...

  8. 人が守るクロツバメ生息環境 - 蝶超天国

    人が守るクロツバメ生息環境

    8月26日久しぶりのフィールドですが日帰りです。朝一は、最近見ていないクロツバメシジミの様子を見に行きました。ちょうど新鮮か個体も飛んでいて・・・・ヘクソカズラに吸蜜する姿が印象的でした。しかし、このヘクソカズラなどの蔓植物が増えると食草のツメレンゲを覆ってしまいます。クズも生息地に広がりつつあります。人が草刈りをしないと・・・ツメレンゲはクズに覆われてしまい枯れてしまうのです。毎年、誰かが...

  9. 貴重な晴れ間 - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    貴重な晴れ間

    今年の夏は連日の雨、雨、雨。梅雨明けまでは晴れの日が多かったのに、梅雨明けしてからはほとんど曇りか雨の天気です。8月ですっきりと晴れたのは、台風の翌日のみ。もうこのまま秋になってしまいそうな気配です。わずかな晴れ間、店の庭に蝶が来ていました。キタテハキタテハ羽の裏側こちらは、ウラギンシジミ(♂)羽の内側はとても綺麗なのですが、今回は撮影できず・・・残念!お盆を過ぎると高原は一気に秋へと向かい...

  10. キタテハとベニシジミとブッドレア - 百寿者と一緒の暮らし

    キタテハとベニシジミとブッドレア

    朝、窓から外を見ると、ブッドレアにキタテハがいました。あら!黄色がやってきた~嬉しいですね!早速、カメラを構えましたよ。キタテハは人がいても気にせず、自分の仕事に没頭するので、外に出て、ブッドレアに近づいて、シャッターを押しました。人の気配に気づいているのかどうかわかりませんが、平気ですね~ずっとこうしてキタテハを観察していたいのですが、気が付いたら20分以上たっていたので、適当に切り上げま...

  11. ゼフィルスと一緒にみられたチョウ - 旅のかほり

    ゼフィルスと一緒にみられたチョウ

    ゼフィルスを撮っていて沢山のチョウに出会いました。初夏の淡い色合いのキタテハアゲハモドキゼフィルスが飛ぶ頃、同じ場所でよくみかけます。生まれたてか、とてもきれいな翅の色をしていました。草がじゃまをして、少々難点。どくだみの花にはチャバネセセリ吸水中のイチモンジチョウテングチョウまるで枯葉になり切っています。サトキマダラセセリ翅が傷んできました。ハナイカダの実ゼフィルスが飛ぶころ同時に里山には...

  12. 夏型のキタテハも出てきた! - 堺のチョウ

    夏型のキタテハも出てきた!

    夏型のキタテハが出てきました。去年よりは、2週間ほど遅い出現です。例年であれば、もうクリの花が咲いている時期ですが、まだ、そのクリの花もまだ咲いていない状況です。キタテハの夏型は、この初夏に時期に発生します。翅の色は、全体が淡くくすんだ黄色。一方、秋型になると、秋の時期に発生し、翅全体の色が濃くなり山吹色になります。チョウの季節型が発生する理由は、日照時間。13時間より長いと夏型になり、短い...

  13. ☆アマサギ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆アマサギ☆

    数日前、右折を間違え、次の細い道に入ると、田んぼにアマサギがいました。田植え前の耕運機?が動いています。その後を、7羽のアマサギがついて行きます。アマサギは好きなので、窓を開けてマクロレンズの着いたカメラで写しました。遠かったので、かなりトリミングをしています。アマサギを従えての農作業は楽しそうです。ムクドリ、鳩、カラスも集まっていました。チョウも少し前に写したものです。イボタの花に、ベニシ...

  14. 蝶は桜にとまるのか? - 夜つぐみの鳴くところで

    蝶は桜にとまるのか?

    ♪ちょうちょうちょうちょう菜の葉にとまれ菜の葉にあいたら桜にとまれ桜の花の花から花へとまれよ遊べ遊べよとまれ何とも春らしくのどかな歌ですね。でも実際には桜で遊ぶ蝶を見る事はほとんどありません。そこでこちら タテハチョウの仲間のキタテハ(黄立羽蝶)です。オレンジが強いので秋型の越冬個体でしょうか。桜の近くで観察していたら偶然?とまりました。たまたま低い位置に桜があったからかも知れませんね、吸収...

  15. 2017.4.5東京・白金の森ツマキチョウ2017.4.11 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.4.5東京・白金の森ツマキチョウ2017.4...

    2017.4.5ツマキチョウとトラフシジミを目的に自然教育園へ行く。ようやく暖かくなったので、ツマキチョウは数が増えているだろうと期待したが、2日前とそれほど変わらなかった。桜を背景に撮るのが主目的。しかし、いい場所に待ち構えていても、直前でそれてしまう。ツマキチョウの飛ぶ方向はだいたい決まっている。後ろに桜はないが追いかける。が、ロープの向こうなのでなかなか入らない。せっかくのピントも背景...

  16. 2017年3月下旬埼玉県中北部の公園 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年3月下旬埼玉県中北部の公園

    2017年3月23日埼玉県中北部の公園ミヤマセセリの登場が聞こえ始めました。ですが、週末の天気予報はあまりよくありません。ということで昨年と同じ日に急遽訪問することにしました。しかし、朝の天気予報ではうす曇りで気温があまり上がらないと言ってます。ちょっと心配。しかも、今日は12時半ごろ撤収しなければならず、ちょうどよさそうな時間までいられません。気温が低めの10時ごろ到着。タンポポの花はまだ...

  17. 散歩道に春の花は溢れ - 不思議の森の迷い人

    散歩道に春の花は溢れ

    道端には、ナズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウなど小さな花たちが蝶を呼んでいます。やっとキタテハが目を覚ましたようです。三連休の最終日、里山を歩く人はいつもより多く、釣竿を持った小学生の笑い声が聞こえてきます。そして、今まで姿を見せなかったキタテハたちが一斉に姿を現しました。春の陽射しに浮かれたのかキジまで姿を見せました。かなり遠かったので、だいぶ拡大しています。道に降りて...

  18. 大町公園の野鳥と喋 - 花と葉っぱ

    大町公園の野鳥と喋

    撮影:3月20日(市川市・大町公園)ツマキチョウの乱舞を見たくて行ってみたが、時期尚早でした。シーズンは4月初旬かな?でもムラサキハナナやハルジオン、タンポポなどの草花が皆無だったから無理かな。休日の昼近くに着いたので人出が多く、隣接してフィールドアスレチックがあるので子供たちの歓声や銅鑼や鐘の音が響き渡り探鳥としての環境は良くなかった。鳥の出はかなり悪かった。ルリビタキエナガシジュウカラコ...

  19. 2017年3月中旬埼玉県久喜市青毛堀川その2 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2017年3月中旬埼玉県久喜市青毛堀川その2

    2017年3月19日埼玉県久喜市青毛堀川昨日、ベニシジミを初見初撮、モンキチョウを初撮しました。本日、気温が上がるということで気になっていましたが、昼食の買い物で通ったときにモンシロチョウが飛んでいるのを見ました。ちょっとだけ時間ができたので、早速現場へ急行。風が強かったものの、神社の鎮守の森の陰で風が収まっていました。さっそくいたのがキタテハ。ムラサキシジミもいました。成虫越冬の蝶たちも、...

  20. 小畔川便り(モンキチョウの産卵とキタテハの求愛:2017/3/12.16) - 小畔川日記

    小畔川便り(モンキチョウの産卵とキタテハの求愛:201...

    3月12日は北の風があって朝のうちは寒かったけど、昼ころには13℃位になって、かなり暖かくなった。この日はヤマトシジミの雄が現れた。ヤマトシジミは前日の11日にメスが出たけど(ヤマトシジミの初見)、あまり良い写真が撮れなかった。それでこの日はオスの撮影にちょっと集中した。ちょうど咲き始めた菜の花やタンポポで吸蜜していた。ニコンD500ニッコール70-200ニコンD500ニッコール70-200...

総件数:269 件

似ているタグ