キトラ古墳のタグまとめ

キトラ古墳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキトラ古墳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キトラ古墳」タグの記事(6)

  1. 奈良・京都の旅‘21 春その2 - IL PARADISO VERDE DI NORINA ~美瑛印象派ガーデン便り~

    奈良・京都の旅‘21 春その2

    奈良の旅‘21 春2日目 飛鳥路1今回絶対にみたかったのがキトラ古墳でした。“四神” 青龍、朱雀、白虎、玄武に加えて日月天文図、、ああ、壮大なロマンを感じます〜!本物の公開にはなかなか日程は合わせられないけれど体験館でレプリカ見て周辺を散歩するだけでもいいんです!そこを起点として明日香村を歩き廻るぞー、ワクワク)^o^(さて車を利用しないとアクセスの良くないキトラ古墳。とりあえず電車を乗り継...

  2. 高松塚古墳とキトラ古墳の国宝 北壁(玄武)壁画公開【奈良県・明日香村】2/21 - 静かなお山の森歩き~♪

    高松塚古墳とキトラ古墳の国宝 北壁(玄武)壁画公開【奈...

    国営飛鳥歴史公園で古代ガラス作り体験のついでに高松塚古墳とキトラ古墳を巡ることに。知り合いから以前、飛鳥について書かれた本をもらっていたがその時は興味がなかったので読んでいなかった。最近なにげに読み始めた”飛鳥地名紀行”という1990年発刊の本だ。"明日香"という地名は近くにある3つの村が昭和31年に合併して付いた地名漢字になる。この本も言葉の成り立ちを知るのに勉強になる...

  3. キトラ古墳白虎天文図公開は10月20日まで - 奈良・桜井の歴史と社会

    キトラ古墳白虎天文図公開は10月20日まで

    キトラ古墳の壁画の実物が、9月21日から10月20日まで拝見できる。白虎と天文図、足元の戎(十二支神)である。キトラ古墳の石室は全面に漆喰が塗られており、東の青龍、南の朱雀、西の白虎、北の玄武、さらに足元には十二支神、天井には天文図と日月が描かれていた。高松塚古墳の壁画には無かった(盗掘穴で破壊された?)朱雀も見事に残っていたことが特徴である。国宝にこちらが指定されていなかったが、このほど(...

  4. 『上下する天文』 - 奈良・桜井の歴史と社会

    『上下する天文』

    『上下する天文』・キトラ・高松塚古墳の謎来村 多加史(阪南大学教授)著高松塚古墳(2019年7月20日)まほろばソムリエの試験にチャレンジする人は、来村多加史さんの名前を一度は聞くだろう。商工会議所が開く検定試験講座の講師とか、一級の受験のための義務となる「体験学習プログラム」の講師をされる。この来村先生が、このほど『上下する天文』と題して、キトラと高松塚の古墳壁画について上梓をされた。もと...

  5. キトラ古墳が国宝になった背景は? - 地図を楽しむ・古代史の謎

    キトラ古墳が国宝になった背景は?

    九州は去れ!!古代史の論争に参加しないでいい、という宣告ですか?キトラ古墳が異例の速さで国宝になりました。国宝になるまでには様々な検討がなされるのですが、耳目を疑うような速さで国宝の指定を受けたのです。それは、来月の「文化財保護法改定」の前にどうしても国の指定が必要だったからです。私はキトラ古墳の被葬者は舎人皇子だと思い何度もブログに書きました。檜前廃寺を見に行った時もキトラ古墳に行きました...

  6. 壺阪山(つぼさかやま)散歩写真 - 牛の散歩写真・関西版

    壺阪山(つぼさかやま)散歩写真

    奈良県高市郡高取町、近鉄吉野線壺阪山駅界隈にて。マニアック度=☆☆

総件数:6 件

似ているタグ