キマダラモドキのタグまとめ

キマダラモドキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキマダラモドキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キマダラモドキ」タグの記事(27)

  1. キマダラモドキ - Mag's  DiaryⅣ

    キマダラモドキ

    キマダラモドキに出会った。翅が一部破損している。こちらはきれい。ミカン畑に続くを歩いていて、偶然の出会い、しかも続けて2頭。キマダラモドキは探しに行くものだと思っていたが、こんな出会いがあるなんてね、出歩くもんだねえ!(^^)!

  2. キマダラモドキとカジノキのアカボシゴマダラ:2020/8/29 - 小畔川日記

    キマダラモドキとカジノキのアカボシゴマダラ:2020/...

    自宅前の川原の話ばかりなので、一日飛ばして29日にちょっと出かけた時のお話。今年はキマダラモドキを撮影されている方が多いので、自分の写真を見直してみたら、2013年に撮影したのが最後だった。撮影した場所がどうなったかも気になったので、見に行ってみることにした。現地に着いて見るとほとんど環境は変わっていなかった。ただ着いた時間が9時頃。いつもは他の蝶を撮影した後、午後に立ち寄ることが多かったの...

  3. キマダラモドキ@庭 - Mag's  DiaryⅣ

    キマダラモドキ@庭

    庭に、キマダラモドキが来た。最初は柿の木に止まっていたので、「そうよそうよ、柿の木が好きなんだよねえ。」とカメラをむけたら、逃げられた。隣の家のひさしに止まったので、「そこでは絵にならんよ。」と、文句を言っていたら、飛び立った。次に止まったのは、室外機。「そうなんだよねえ、そんなところが好きなんだよねえ。」なんぞと言っているうちにまた飛び立った。やっと、緑の葉に止まった。イチジクの葉の裏、蚊...

  4. 狙いや期待と微妙なズレ・・・? - 蝶超天国

    狙いや期待と微妙なズレ・・・?

    8月9日朝の気温は18℃・・流石に高原は涼しくて気持ちが良いです。前週のヒョウモンが多かった場所へ再訪しましたが・・・ヒョウモンは激減でした。仕方なくキマダラモドキの様子を確認してみました。時々見つかるものの・・敏感で暗い林内に逃げ込んでしまうので苦労しました。この時だけが唯一良いモデルになってくれました。綺麗な♀です。笹の葉裏などに止まるので・・この他の個体は1カットだけです。ヒョウモン類...

  5. キマダラモドキ白樺留まり&ゴイシシジミ採餌 - 風任せ自由人

    キマダラモドキ白樺留まり&ゴイシシジミ採餌

    ポイント移動途中にキマダラモドキがまだ見つかるかなと思ってちょっと立ち寄った白樺林で、いてもボロだろうと思っていたキマダラモドキだったが、そこそこ新鮮な個体が数匹見つかった。しかも白樺によく留まってくれたので、思いの外撮影を楽しむことができた。また、下草の笹に沢山のゴイシシジミが見つかり、複数個体で採餌している場面を撮影することもできて嬉しかった。キマダラモドキゴイシシジミ

  6. 信州の高原Ⅴ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅴ

    耕作地の中の栗林にキマダラモドキが発生しているというので散策した。ときどき夏の強烈な日差しがあるので栗林は涼しくて良い。なかなか見つからなかったが姿を現した。敏感で近づけないので撮るには苦労した。翅形から♀と思われるがどうでしょうか。耕作地なのにシータテハも飛んできた。ゴマシジミが見られたが暑すぎて翅は開かなかった。ダイミョウセセリも木洩れ日の中に避難してきた。

  7. この3種だって主役級 - 風任せ自由人

    この3種だって主役級

    今回の記事で登場願うキマダラモドキ、スジボソヤマキチョウ、ゴイシシジミの3種はいずれもその当日の脇役だった。それぞれ主役を張ることのできる蝶ではあるが、キベリタテハ、ヤマキチョウが相手では分が悪かった。キベリタテハを撮影した日、時間調整の意味合いもあって訪れた場所で撮影できたのはキマダラモドキだった。時期的にはかなり厳しいかなとも思っていたが、それほど傷んでいない雌が数匹見つかった。スジボソ...

  8. キマダラモドキの開翅 - 蝶超天国

    キマダラモドキの開翅

    8月1日やっと信州でも梅雨が明けとなりました。朝は15℃と涼しいですが、陽が射すと徐々に気温が上がります。久しぶりの好天に・・・・前回とは違う場所のキマダラモドキに会いに行きました。なんとか今年も出会うことが出来ました。草むらの中に静止した時はダメですが・・・・葉の上で陽が射すと・・・・開翅してくれます。予想通りゆっくりと開翅してくれました。何頭か見つけましたが・・・開翅するタイミングが今年...

  9. 草原のキマダラモドキとジャノメチョウ - 蝶超天国

    草原のキマダラモドキとジャノメチョウ

    7月24日つづきゼフィルス以外にもう一つの狙いはキマダラモドキでした。この場所は久しぶりになりますが、近年はあまり良い話を聞きません。しかし、ピンポイントの狭い範囲で複数の個体を確認できました。まず見つかったのは白が綺麗な♀でしたが敏感で撮影に苦労しました。1カットで藪の中に逃げられてしまいました。100mmマクロでは遠すぎましたが・・・木に草むらから飛んだ♂が止まりました。その後・・・草む...

  10. スジグロチャバネセセリの発生確認に出かけた - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    スジグロチャバネセセリの発生確認に出かけた

    昨日同様、1日ドン曇でした。7月21日に探索に出かけてヘリグロチャバネセセリの発生は確認していたが、その後、スジグロチャバネセセリが発生しただろうかと、同じフィールドに出かけた。結果、2頭のオスを確認出来た。セセリの発生するフィールド、あまり深入りすると熊が怖いので、1人では落ち着いて入れない。熊鈴付けて早足に廻って直ぐに撤収です。入って直ぐにオス1頭が見られた。奥でオスの2頭目も見付かった...

  11. キマダラモドキ - Mag's DiaryⅢ

    キマダラモドキ

    あっ、キマダラモドキだっ( `ー´)ノも少し近づいて(^_-)-☆2頭いた。どちらもメスかな?

  12. 梅雨の合間 - 飛騨山脈の自然

    梅雨の合間

    雨が止んだので近場に出かけた。前夜までの雨で樹上の葉には雨粒があり、梢に触れると大量の水滴が降ってくる。そんな中オオウラギンスジヒョウモンが降りてきた。どうやら羽化したばかりのようだ。すぐ翅を開くので翅裏をしっかり撮れなかった。日差しはないが日向のヒメジョオンに♀が吸蜜に訪れた。暗い神社の境内にオオムラサキが飛んでいた。一瞬より暗い地表に吸水に降りたが、カメラの設定を変えるなどしていて満足に...

  13. 里山の蝶 - 飛騨山脈の自然

    里山の蝶

    住居のある裏山的な場所を訪ねた。最盛期はとうに過ぎているがウラゴマダラシジミの♀が止まっていた。風が強く吹いて下に避難?しているのはウラナミアカシジミがいくつも見つかった。キマダラモドキは敏感で近づきくいが木の幹の分かりやすい所に止まった。別の個体が工事用の金属製フェンスに止まった。思いがけずシータテハも見ることが出来た。

  14. キマダラモドキ - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    キマダラモドキ

    撮影日2020年06月13日梅雨入りしました。今年の梅雨はしっかり雨が降るようです。本日も終日雨の予報です。ゼフィルスを狙いたい時期ですが、本日は雨でも撮影できそうなキマダラモドキに会いに行きました。簡単に会えると思っていましたが、これが大間違い。雨が本降りとなり、キマダラモドキは樹上の葉陰に避難し、ほとんど射程内に降りてくれませんでした。その中で、なんとか何頭かは撮影させてくれました。最初...

  15. キマダラモドキの交尾 - 蝶超天国

    キマダラモドキの交尾

    8月12日好天続きで高原も夏枯れ状態で、日中は暑くて夏バテ気味です。この日は朝一にキマダラモドキの生息地の様子を覗いてみました。♂はボロばかりでしたが、♀はまだ意外と綺麗でした。個体数も少ないままでしたが、偶然交尾を見つけることが出来ました。白樺の下枝に移動しました。写真を撮ろうとすると動き周り上手く撮れません。♂は♀に隠れてしまいました。広角で周辺の雰囲気も表現してみました。近づきすぎて飛...

  16. キマダラモドキ開翅のトリガー - 蝶超天国

    キマダラモドキ開翅のトリガー

    8月4日朝はやや遅めでキマダラモドキの生息地に向かいました。前週の♂に続いて、今回は♀狙いです。薄日がさすような天気だった為か開翅が何回か見られました。こちらはメチャメチャ綺麗な♀の開翅です。このチョウは滅多に開翅してくれませんが・・・・、どうやら開翅トリガーは日差しと静止位置のような気がしてきました。長い間開翅したままだったので、裏と表が両方写る角度から撮影しました。日差しが強くなりすぎて...

  17. 白樺とキマダラモドキ - 蝶超天国

    白樺とキマダラモドキ

    7月28日つづき昼から向かったのはキマダラモドキの生息地です。狙いは白樺とのコラボですが・・・・だいぶ探して・・・やっと新鮮な♂が出て来てくれました。笹から草へ・・・白樺にはなかなか止まってくれません。やっとのことで白樺に移動してくれました。吸汁しています。次は背景にタマボケを入れて白樺とのコラボ・・・・。広角で表現するとこんな感じになります。白樺の木にはなかなか止まってくれず・・・・随分追...

  18. キマダラモドキ - Mag's DiaryⅢ

    キマダラモドキ

    「ええっ、裏翅でキマダラモドキのオスとメスが見分けられるの?」「♀は裏翅が白いの?えっ、黄色いのもいるの?」「これはどっち?」☆#1、#2、#3は別個体。#1と#2が白っぽいのでメス、#3がオスかな。それとも全部オスか?分っかりませ~ん ( `ー´)ノ ☆メスが撮りたくて、1週間後に出かけたけれど、梅雨が明けてかんから天気、チョウの姿はなかった。うまくいかない(*´з`)

  19. 恒例のオオムラサキ観察会 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    恒例のオオムラサキ観察会

    3連休初日、信州・上田市の農機具メーカー㈱松山におけるオオムラサキ観察会に出かけた。長梅雨の合間の先ず先ずのお天気に恵まれた観察会には大勢の方々が来て折られました。エノキの幼木にオオムラサキの蛹早速出迎えてくれたオスの成虫かわいい少女の周りをぐるぐると飛んでいた。オオムラサキは人工物によく留まりますが、工場の設備にオスのみ5頭も集まってました。キマダラモドキも何頭か飛んでいるのを見かけました...

  20. 2019年6月下旬愛媛県キマダラモドキ - 春ちゃんのメモ蝶3

    2019年6月下旬愛媛県キマダラモドキ

    2019年6月23日愛媛県3年前クロヒカゲモドキをご案内いただいた地元のKさんに、今度はキマダラモドキの撮影をさせていただきました。午前中はKさん、午後はトンボのTさんにポイントをご案内いただきました。小生の住んでいる埼玉県では、いずれも絶滅種であります。今年愛媛県ではマイマイガが大発生して、どこへ行っても乱舞していました。雄は雌を探して飛び回るばかり。交尾を発見しました。白い巨大なのが雌で...

総件数:27 件

似ているタグ