キマダラルリツバメのタグまとめ

キマダラルリツバメ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキマダラルリツバメに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キマダラルリツバメ」タグの記事(26)

  1. キマダラルリツバメ♂のテリ張と♀の佇み - 蝶超天国

    キマダラルリツバメ♂のテリ張と♀の佇み

    6月30日続きこの日は早朝から夕方まで各地に移動しましたが、締めくくりはキマダラルリツバメです。しかし、この日は夕方の♂のテリ張だけでなく、♀の姿を探しました。まず見つけたのはテリ張ではない♂でした。その後は♀が続けて見つかりました。同じ個体をアップで・・・どれも尾状突起が綺麗に4つ揃った新鮮な個体に見えます。♂のテリ張時間には違う場所へ行ってみました。スレ個体が多い中、綺麗そうな個体に絞っ...

  2. キマダラルリツバメ - 風の翅

    キマダラルリツバメ

    思えば、キマダラルリツバメを撮りたくて福島県の会津まで遠征したこともありました。それほどまでに意欲を駆り立てる美しい蝶なんだなと改めて思います。今年もこの蝶に会いたくて長野県の生息地まで出掛けました。やはり、この蝶が活動を開始するのは夕方4時過ぎからでした。一度、葉に止まるとしばらくは、そのまま動くことがないので撮影はそれほど難しくはないですね。

  3. キマルリ再撮影-2(2018/6/25) - 小畔川日記

    キマルリ再撮影-2(2018/6/25)

    オオヒカゲの撮影が無事終わったので、キマルリのポイントを目指して移動。10時半ころに出発して13時半くらいに着いた。キマルリの保護をしているTさんに挨拶してから、念のためにチョウセンアカシジミの発生木の周りを探してみると数頭の個体がいた。ニコンD500ニッコール70-200ここのチョウセンアカは、キマルリの頃には傷んでいるのであまりカメラを向けたことはないけど、今回は案内係なので、まだ残って...

  4. キマダラルリツバメ(2018/06/25)福島遠征 - 里山便り

    キマダラルリツバメ(2018/06/25)福島遠征

    かねてから '小畔川日記' のdandaraさんにお誘いを受けていたのですが、dandaraさんの体調不調と自身のメンテナンスの検査目白押しが重なり、断念していたのですが、体調が整ったとの連絡を戴き、合間をぬってご同行させていただいき、初めての 「梅雨の妖精」 の撮影です。初見するや、テンション上がりまくり最後まで舞い上がったままの出来事でした。予備知識が薄く、現場管理者...

  5. キマダラルリツバメ   福島遠征二日目 - 蝶のいる風景blog

    キマダラルリツバメ 福島遠征二日目

    日曜日は早朝4時半にホテルを出発した。きのうゼフィルスの撮影で多くの採集者に挟まれて場所取りに苦労したので、今日は先乗りしようと思ったのだ。5時前にポイントに着くとまだ誰もいなかった。脚立とリュックを置き、採集者に意思表示をする。(?!)10分もすると二人の採集者がやって来て携帯の椅子とネットを置き周囲ににらみを利かせた。でも5時ではまだジョウザンミドリシジミも飛ばない。やっと6時頃からジョ...

  6. キマダラルリツバメ6月22日 - 超蝶

    キマダラルリツバメ6月22日

    蝶撮り休暇の本命の本命キマダラルリツバメです。午後3時位から、蝶道ではなく、蝶撮り道をあっち行ったり、こっち行ったり・・・そうこうしていると、お馴染みの強力蝶友さんが2人6つの目で手分けして探索開始です。間も無く、カシワの葉っぱに(^ω^)・・・思わず「キマルリいたーっ!」って叫んでしまいました(苦笑)広大な草原の中で、この小さな蝶よくぞ私の目の前に現れてくれました。早朝、夕方、お会いできた...

  7. キマダラルリツバメ - 自然を楽しむ

    キマダラルリツバメ

    朝出かけるときは、まだちょっと早いだろうなあ、と思っていましたが、朝のゼフの状況を見て、キマルリもきっと発生しているに違いないという思いに変わりました。ここではキマルリは3時頃から現れることが多いので、その少し前から待つことにします。しかし、3時になっても現れず、4時を過ぎても状況は変わりません。この日は自分以外には誰もおらず、少し心配になってきたので、別のポイントを覗いてみると・・・こちら...

  8. キマダラルリツバメ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    キマダラルリツバメ

    日本には約七十種ほどのシジミチョウがいるそうだが、その中で僕が一番美しいと思うのはキマダラルリツバメだ。今年も鳥友と日程を合わせて、奥会津に会いに行ってきた。早めに「雪国茶屋」に到着して、チョウセンアカシジミを撮り信州の鳥友と合流。「雪国茶屋」御主人で蝶類研究50年という角田さんが、昨年僕らがインタビューされたローカル放送の番組を録画していてくれてみんなで見せてもらった。15時を過ぎて登場す...

  9. キマルリ再び - 風任せ自由人

    キマルリ再び

    現地のブログ記事で雌も確認されたとの記載があったので、雌と交尾ペアに期待してキマルリの生息地に再び出かけた。現地に到着したのは2時半頃。当日は天気も良く気温も高かったので、前日のブログ記事にあったように4時過ぎないと出ないかなと思った。しかし、もしものこともあるので、すぐに探索を開始したら2廻り目の時に1雄を確認できた。生息地にはまだ誰もいなかったので一人のんびりと撮影できた。最初に見つけた...

  10. 会津のキマダラルリツバメ(2018/06/17) - Sky Palace -butterfly garden- II

    会津のキマダラルリツバメ(2018/06/17)

    15時ごろ目が覚めてポイントに行ってみると、すでに十数名の撮影者が集まっておりました。まだ出ていないとのことでしたが、それからすぐにキマダラルリツバメが飛び出しました。キマルリ1頭に対して10名弱の撮影者が囲って撮影します。撮影者が複数いらっしゃることは、見失いづらく、いろいろ話もできるし、採集者への牽制にもなるのでありがたいことなのですが、こうも多くなると思うように撮影できません。M様、K...

  11. ☆キマダラルリツバメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆キマダラルリツバメ☆

    尾状突起が4本もある、キマダラルリツバメ・・・。今年も、逢うことが出来ました。 背丈ほどの草の茂みを掻き分けて進み、葉先に止まるキマダラルリツバメを写しました。機嫌よく、開翅する姿も見せてくれました。逆光気味だったでしょうか?翅の縁が青く見えました

  12. 新潟のチョウセンアカと福島のキマルリ(2018/6/17) - 小畔川日記

    新潟のチョウセンアカと福島のキマルリ(2018/6/17)

    6月17日は新潟にチョウセンアカシジミの撮影、その後福島にキマダラルリツバメの撮影に行ってきた。チョウセンアカシジミは、昨年山形に本来の生息地の様子を見に行ったけど、今年は人為的に移入された場所のチョウセンアカシジミの様子も見たいと思っていた。細かな場所はわからないので、昨年から町田のSさんにお願いしておいたら、今年、"naoggio写真日記"のnaoggioさんからもお...

  13. 2018年春の探蝶活動 - 蝶鳥ウォッチング

    2018年春の探蝶活動

    久々のブログになります。昨年まで雑誌記事や論文作成で週末をつぶし、ほとんど運動しなくなって、その付けが還暦後の体力に大いに影響してきたので、今年はどのような状況であろうが、週末1日は屋外に出ることにしました。同年代の人は毎朝なにがしかの運動をしているのですよね。私も早めにそのモードに入りたいですが、何分にもすぐに楽な方を選択してしまいます。・2018.5.27(日)7:59ミドリシジミ♂雄さ...

  14. 福島遠征その2 - 風任せ自由人

    福島遠征その2

    Sさんに教わった場所では羊歯が生い茂り、その葉の上で新鮮キマダラルリツバメが美しい翅を披露していた。勿論沢山のカメラマンがいたので、蝶が動けば、それっ!と皆さんその行方を追って撮影ポジション取りをするのだが、その蝶はそのエリアから出ていくこともないようだし、既に飽きるほど撮影された方も多かったようで、戦々恐々とした雰囲気はなかった。また、後半は明日からの仕事に備えてか早目に引き上げていく方も...

  15. ヒロオビの帰り道~キマダラルリツバメ - チョウ!お気に入り

    ヒロオビの帰り道~キマダラルリツバメ

    今朝大阪北部を震源とする大きな地震がありました。京都でも最大震度5強と強い揺れでしたが、たまたま家族全員が家におりすぐに安全が確認できました。いつもの電車だとトンネルあたりで閉じ込められていたかもしれません。感覚的には携帯のアラートが鳴るより早くドンと来た感じで震源が近いとすぐに分かりました。阪神大震災を思い出させる大きな揺れでしたが今回の方が揺れている時間が短く我が家も大事には至りませんで...

  16. 福島遠征その1 - 風任せ自由人

    福島遠征その1

    6月14日にキマダラルリツバメの発生が確認されたという現地のブログ記事を見て一刻も早く出かけようと思っていたが、その後天気が芳しくなくて、結局ギャラリーが沢山来ることが予想される日曜日の訪問となった。蕎麦を食した後、まずはチョウセンアカシジミの撮影をした。時期的にもう遅いかと思っていたが、まだ綺麗な個体も多く、交尾も撮影できた。チョウセンアカシジミ当日は快晴で、どうせ本命のキマダラルリツバメ...

  17. 今年を振り返ってその1 - 紀州里山の蝶たち

    今年を振り返ってその1

    今日、当地は北西風が厳しい冬型の天候でクロツも出てきてくれませんでした。なので、今年を振り返りなからファイルを整理します。今年は、蝶友さんのお陰で多種多様の蝶と出会うことができました。第一弾は「キマルリ」です。

  18. キマダラルリツバメ - 風の翅

    キマダラルリツバメ

    キマダラルリツバメを求めて長野県の生息地を訪れた広大な草地で現れるのを待つが一向に姿を見せてくれないこれでは無理かなと諦めかけた頃この蝶がかなりのスピードで舞い始めたやがて見晴らしのよい場所の木の葉に止まり美しい青色の翅を開いてくれたやはり蝶の習性を理解することも大切かなと思う

  19. ☆キマダラルリツバメ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆キマダラルリツバメ☆

    キマダラルリツバメは、孵化するとハシブトシリアゲアリの巣に入り、幼虫はアリから口移しで餌を貰い蛹化まで育てて貰うそうです。蛹は、巣の中や近くの樹皮の裏側などに作られ、羽化するとアリに食べられないうちに素早く逃げ出すと聞いています。今日、写した子たちは、アリの巣からうまく逃げ出したのでしょう。命がけの羽化ですね。尾状突起が4本もあるのも珍しくて、美しいチョウだと思います。

  20. 長野のキマダラルリツバメ(2017/7/2) - 小畔川日記

    長野のキマダラルリツバメ(2017/7/2)

    7月2日はnaoggioさん、町田のSさんのお誘いで、長野県のキマダラルリツバメを撮影に行った。キマルリは福島ばかりだったのでうれしいお誘いだ。最初の場所はこじんまりした良い感じの場所だったが、キマルリの姿はなかった。次に行った場所はキマダラルリツバメの姿はなかったけどオオチャバネセセリが多かった。オオチャバネセセリは自宅近くでも見られるのだけど、最近草刈りの仕方が変わって姿が見られなくなっ...

総件数:26 件

似ているタグ