キューバのタグまとめ

キューバ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキューバに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キューバ」タグの記事(21)

  1. 「人生は60歳まではリハーサル!」ブエナビスタソシアルクラブ - Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸

    「人生は60歳まではリハーサル!」ブエナビスタソシアルクラブ

    歌姫オマーラももう87歳。! 右が大好きなコンパイセグンドです。新聞の夕刊をめくっていたら、「人生はリハーサル」という言葉が目に飛び込んで来ました。よく見ますと、ああ 私の大好きな 今は亡き コンパイセグンドではないですか。今度また、映画『ブエナビスタソシアルクラブ』の続編が 公開されるんですね。新聞の記事では、コンパイセグンドが 「人生のうち 60歳まではリハーサルなんだ」と言ったと、オル...

  2. エリアデス・オチョアさんへの電話インタビュー - マコト日記

    エリアデス・オチョアさんへの電話インタビュー

    今朝は5:30頃に起きて都内のスタジオへ行きました。キューバへ国際電話をかけてのインタビューの為です。7/20(金)に全国で順次公開予定のキューバ音楽ドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」に出演されているエリアデス・オチョアさんへの取材通訳をさせていただきました。三月のキューバ公演の際にもご自宅でお会いできた感動も蘇ります。写真は、ジャズボーカルTOKUさんとエ...

  3. 夏バテ知らずのキューバ料理 - マコト日記

    夏バテ知らずのキューバ料理

    梅雨明け夏を楽しむなら、美味しいカリビアン・フードをお勧めします。常夏の島の「おふくろの味」から学ぶ、楽しい夏の過ごし方。⚫️7/6(金)キューバの街角ナイト「ノーチェ・デル・メディオ」at 下北沢ボデギータTokyo!(混み合いますのでご予約お勧めします)http://bodeguita.web.fc2.comOnly Tips(投げ銭!)20時開演予定出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/...

  4. キューバのダンスカンパニー - マコト日記

    キューバのダンスカンパニー

    今日こちらは綺麗な夕暮れでした。それを見ながら思い出したキューバの景色を書き留めます。キューバの東部地方、サンティアゴ・デ・クーバを旅した今年の春のこと。ダンスカンパニーの見学をさせてもらえるという話になり行ってきました。夕暮れのこの街角のどこを切り取っても絵になるのは、僕が旅人だからではない気がします。maps.meを使ったのですが、途中似たような街並みで迷いながら人に聞きながら進むと、と...

  5. アクセル・トスカ&アマウリ・アコスタ「(U)NITY」@コットンクラブ - マコト日記

    アクセル・トスカ&アマウリ・アコスタ「(U)NITY」...

    スケジュールが急に空いて、木曜の晩丸の内へ走りました。初来日のユニット、(U)NITYのコットンクラブ公演が昨日から始まったからです。ピアニストはキューバ出身のアクセル・トスカ氏。映画「Cu-Bop」の主人公でもあります。関連公演と言える今回、会場に高橋慎一監督の姿もありましたので嬉しくて一枚一緒に記念撮影させて頂きました。掲載許可頂いています。高橋慎一さんには四人組ユニットSON四郎のアル...

  6. Arturo Márquez の Danzón Nº 2 - Shige - alma cuerpo espiritu -

    Arturo Márquez の Danzón Nº 2

    引き続き、「モーツアルト イン ザ ジャングル」はまってます。これは、主人公がメキシコに帰郷した時に、使われた曲。きちんとクラーベが入ってますね〜。ちょっと、レクオーナのRapsodia Cubanaにも似てるかな。

  7. Arturo Márquez の Danzón Nº 2 - Shige - alma cuerpo espiritu -

    Arturo Márquez の Danzón Nº 2

    引き続き、「モーツアルト イン ザ ジャングル」はまってます。これは、主人公がメキシコに帰郷した時に、使われた曲。きちんとクラーベが入ってますね〜。ちょっと、レクオーナのRapsodia Cubanaにも似てるかな。

  8. こどもだった頃 - マコト日記

    こどもだった頃

    佳い祝日を過ごしていますように。写真は、脈絡なくこの三月に旅したキューバの中学生たちを一枚。大人になったみんな子供の頃があった訳で、僕がこどもだったころはどんなだったか思い出していました。今は乗り越えてしまった色々なことひとつひとつ悩みながら、でも今以上に何も考えず毎日笑っていたような。僕の枕元には小学校の頃の親友と呼びあった友達から当時もらった置き時計が今もあります。今どこにいるか分からな...

  9. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス - Shige - alma cuerpo espiritu -

    ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

    “アディオス(さよなら)”世界ツアーを追ったドキュメンタリー「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」7/20からか。見に行きたいな。

  10. キューバのココナッツシェーキ 〜フェスティバル通信「16」〜 - マコト日記

    キューバのココナッツシェーキ 〜フェスティバル通信「16」〜

    2018年3月キューバで参加した国際音楽祭リポートをもう少しだけ続けます。今日は直に音楽祭の事ではないのですが、少しでも涼しい話題、現地で人気なジュースのことです。暑い昼下がり、サンティアゴ・デ・クーバの街を陽射しを避けながら過ごす地元の人にならって過ごすようにしていました。道沿いの軒先に立ち止まってグラスを傾ける人たちがいるのでのぞきこんだら、ミキサーに冷たく冷えたココナッツシェーキが見え...

  11. 久々のロス・ナランホス - Shige - alma cuerpo espiritu -

    久々のロス・ナランホス

    Amazon Primeでたまたま見ていた「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のシーズン1エピソード8のエンドロール。他の回は毎回クラシックの曲が使われるのだが、この回はキューバのソンがエンディング。久しぶりに聴く Los Naranjos。こんなに良かったっけ?という印象。特にこの曲、イントロからコーダまでコード進行も、アレンジ/構成全て良い!タイミングや自分のコンディションにもよるのか...

  12. モノクロで色鮮やかなキューバの写真集 - マコト日記

    モノクロで色鮮やかなキューバの写真集

    先日、誕生日プレゼントに写真集を頂きました。キューバへ住んでいたEikoさんが、キューバを代表する野外劇場トロピカーナのダンサーを務める当時に出会った故フィデル・カストロ元国家評議会議長やキューバ代表リナーレス野球選手など著名人から街角の少女までその時代のキューバをファインダー越しに収めた一冊。モノクロなのに色鮮やかに見る者に迫るリアリティはこの写真集ならではの魅力のひとつと言えます。書かれ...

  13. フェスティバル通信「15」 - マコト日記

    フェスティバル通信「15」

    先月歌いに行ってきたキューバの国際音楽祭のリポートを少しずつまとめています。3/19(月)ツアーの皆さんがハバナに帰った翌日、サンティアゴ・デ・クーバに夜が来てトローバ国際音楽祭の閉会コンサート準備が進められていました。時が経つにつれ特設ステージの作られたセスペデス公園のオープンエリアに人が集まり、賑わいます。この日のトップバッターはハバナ市から遠征参加するソンユニット、ホーベネス・クラシコ...

  14. フェスティバル通信「14」 - マコト日記

    フェスティバル通信「14」

    先月参加してきたキューバのトローバ国際音楽祭リポートを続けます。音楽祭は街のいたるところが会場になりますが、小さな町とはいえ東部地方の中心地です、会場を離れれば日常の景色が広がります。例えば通りで遊ぶ少年たちと目が合う時にも僕は歌に描かれる景色の中で過ごしている実感が湧きます。昔ならみんな野球しかしていないイメージでしたが、最近はサッカーする子達も多いです。笑顔を分けてよ。視線を得たその瞬間...

  15. フェスティバル通信「13」 - マコト日記

    フェスティバル通信「13」

    先月訪れたキューバでのトローバ国際音楽祭のリポートを続けます。サンティアゴ・デ・クーバで迎える唯一の週末、僕はあるコンサートにゲスト出演する為に市の関係施設のパティオ(中庭)に向かいました。コロニアルな建物の中庭は黄昏時どの一瞬もとても趣きがあります。地元の名士皆さんが出かけるこのコンサートは、シンガーソングライター・ホセ・アキーレスさんの主催の演奏会です。ステージに呼ばれた際、パフォーマン...

  16. フェスティバル通信「12」 - マコト日記

    フェスティバル通信「12」

    3月のキューバ公演のリポートを続けます。サンティアゴ・デ・クーバ湾に夕陽が降りていく頃、街では通りを一時的に封鎖して特設ステージが作られていました。夜になって演奏が始まると人が集まりそれは賑やかになります。通りゆく中には演奏家も数多くいて、ハバナから参加しているシンガソングライター:トニー・アビラ氏、そして地元の誇るソン・グループ :ファミリア・バレラ・ミランダのエルネスト・バレラ氏も。各氏...

  17. フェスティバル通信「11」 - マコト日記

    フェスティバル通信「11」

    先週末までいたキューバのトローバ国際音楽祭リポートです。今回は、色鮮やかな街並みと僕の現地での活動に関わるちょっとしたエピソードです。街を歩けばこんなパステル調の壁がいたるところで目に飛び込んでくるカラフルなサンティアゴ・デ・クーバ市。裏通りをゆくと、こんな色鮮やかに描かれた壁がありました。キューバ国営音楽会社エグレムのシボネイ・スタジオです。2003年秋、僕はこのスタジオで自分名義の初めて...

  18. フェスティバル通信「10」 - マコト日記

    フェスティバル通信「10」

    先週までいたキューバのトローバ国際音楽祭のことをリポート続けます。3/19は、トローバというキューバ音楽の生みの親と言われるぺぺ・サンチェスの誕生日にあたり、トロバドールの記念日として音楽祭ではいつも偉人のお墓参りというセレモニーがあります。各著名作曲家、各演奏家の墓石の前でハバナから来た音楽評論家リノ・ベタンクール氏の音楽史講義のあとセレモニーに参加した現役演奏家が演奏を捧げます。サンティ...

  19. フェスティバル通信「9」 - マコト日記

    フェスティバル通信「9」

    先週までいたキューバで参加したトローバ国際音楽祭についてリポートします。ツアー参加者の皆さんがサンティアゴ・デ・クーバの街を出て空港に向かうか向かわないかという3/18日曜日の朝、セスペデス公園にエリアデス・オチョアさんが立っていました。彼はブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのリードボーカルとして先日アメリカ合衆国ホワイトハウスでもオマーラ・ポルトゥオンドさんたちと公演されたグラミー賞受賞アー...

  20. フェティバル通信「8」 - マコト日記

    フェティバル通信「8」

    先週末までいたキューバ、東部地方のサンティアゴ・デ・クーバ市で行われた国際音楽祭リポートを続けます。演奏の合間、できる限り音楽の原風景の中を歩く事にしています。キューバから見たら外国人演奏家である僕がスペイン語の歌の背景を知らずして歌を届ける訳にはいかないと思うからで、旅した目の前にあるこの街の日常を少しでも肌で感じたいと日々切に願います。この日は、小学生の授業を見学しました。ちょっと小学生...

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ