キリシマミドリシジミのタグまとめ

キリシマミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリシマミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリシマミドリシジミ」タグの記事(38)

  1. 梅雨明けのキリシマミドリ - チョウ!お気に入り

    梅雨明けのキリシマミドリ

    前回の続きです。遅い梅雨明けの久しぶりの陽射しです。早起きしていつもなら待ち時間のある時刻に到着しているのですが、この日は早くからキリシマミドリは活動し、到着後いきなり垂直立ち上げモードになりました。曇が時折かかる晴天と良い条件だったのもありますが、いままでどうしていたのかと思うくらい多くの個体が飛び出しました。なかなか下の方に降りてこなかったり、降りてきたのは擦れていたりと撮影には完璧の状...

  2. キリシマミドリの交尾行動 - チョウ!お気に入り

    キリシマミドリの交尾行動

    例年より遅い梅雨明けがようやく宣言され、直後の晴れ間に多くのキリシマミドリを見ることができました。そんな中今年は昨年よりちゃんと交尾行動が見られてので記載しておきます。昨年は♀♂ともに飛翔していて♀のほうが♂を誘導するように止まりそのあと交尾するというような行動でした。今年はというと陽があまり当たらない暗いところに止まっていた♀の近くを飛んだ♂が♀の横に止まりそのまま交尾に至ったというもので...

  3. 今年のキリシマミドリシジミ - 自然を楽しむ

    今年のキリシマミドリシジミ

    今年こそは何とか綺麗な♂の開翅写真を撮りたかったキリシマミドリ。しかし、今年もその夢は叶うことはなかった。来年こそは何とかならないかなあ。梅雨明けが遅かったせいか、♂も♀も活性が悪く、飛ぶ姿さえほとんど見ることができなかった。2020.7月

  4. キリシマその2 - チョウ!お気に入り

    キリシマその2

    連休中は天気が悪いそうなので、その前に出撃です。現地では予想以上に青空が広がり時折薄雲がかかるという天気でした。条件的には悪くないのですが、朝に♀を見ただけで一向に♂が飛びません。昼前になってようやく飛ぶようになり遠かったものの開翅のシーンも見られました。その後太陽に雲がかかると飛び出すパターンでした。高い位置を飛ぶことが多かったものの久しぶりに一度に最大3頭の飛翔を見ることもできました。一...

  5. キリシマミドリはまだ序盤戦 - チョウ!お気に入り

    キリシマミドリはまだ序盤戦

    個体数が多かった昨年は幸運にも早い時期に開翅写真が撮れました。今年はというと昨年より個体数が少なそうです。出てこない、出てきても止まらない、止まっても遠い、翅を広げないと苦戦は続きますが、まだまだ序盤戦、今年はどんなシーンを見せてくれるか楽しみです。遠くに止まる♂。翅をすりすりした時に一瞬緑色が見えます。高く止まると、翅は青くなります。開翅を狙って正面で待つものの、日光が当たってもかたくなに...

  6. キリシマミドリシジミ7月18日 - 超蝶

    キリシマミドリシジミ7月18日

    今日の日曜日、梅雨末期のと思われるのですが天気予報では、信州群馬の県境方面も、三重県方面も晴れマーク。ちょっと悩みましたが、明日の仕事を鑑みて近場の三重県を選択。あさ7時位に車を停めて、自転車を押して撮影ポイントを目指していると、間もなく、ひょいと目の高さ位にアカガシの葉に佇む、キリシマミドリシジミの♀発見!!!そーっと近寄って開翅を待ちたかったのですが、採集者が迫ってきましたので単竿でつん...

  7. キリシマミドリシジミ7月12日 - 超蝶

    キリシマミドリシジミ7月12日

    今日の日曜日、幸運な事に、梅雨の中休みの様な、晴れ時々曇りの天気予報でしたのでキリシマミドリシジミの生息地へ出掛けました。自転車でゆっくり登って撮影ポイントへ7時頃到着。ありがたい事に、数名の同好の方さまが陣取りしていただいてました。現地は、晴れたり曇ったり、時には雨脚のばげしぃ時間もありました。そんな中でも、強い日差しがあると、キリシマミドリシジミのシルバーとメタリックグリーンの飛翔に一喜...

  8. ベニモンカラスシジミ飼育の楽しみ - 蝶のいる風景blog

    ベニモンカラスシジミ飼育の楽しみ

    社会人になって蝶の採集からは縁が遠くなっていたが、昆虫関係の雑誌や同好会誌は読んだりしていた。飼育もポツポツやったりした。庭のミカンにアゲハが卵を産むと、幼虫が小鳥にやられてしまうので妻が可哀そうだとプラスチックの箱に入れて育てたりしていた。ギフチョウも良く飼育したが、出張や仕事で面倒が見れない時は妻が糞をきれいに掃除して、カンアオイを補給してくれていた。ある時幼虫が大脱走してしまい、大騒ぎ...

  9. キリシマミドリの越冬卵 - 蝶超天国

    キリシマミドリの越冬卵

    1月5日小寒に入る前日ですが穏やかな日和になりました。冬休みの最終日なので朝寝坊をしてゆっくりと朝食を摂り・・・・自宅に近い記録のある山でキリシマミドリシジミの越冬卵探しを楽しみました。歩きながら探しますが・・・なかなか見つかりません。だいぶ経ってやっと見つけたところです。少しアップで撮影しましたが葉が邪魔で正面からはムリでした。現地の環境も少し背景に入れてみました。通常は暗いくらいの林の中...

  10. 最後にAB型!~キリシマ♀ほか - チョウ!お気に入り

    最後にAB型!~キリシマ♀ほか

    お盆過ぎ。懲りずにキリシマミドリのポイントを覗いてみます。7月後半までは長雨で、その後は酷暑と、今年もなんだかおかしな天候でした。この日はというと、暑さの為かそれとも前半の涼しい時に活動を終えてしまったのか、2♂の確認に終わりました。ピークをとっくに過ぎているので個体数が少ないのは仕方が無いと思いながらの帰り道、橋の下でちらりと♀が飛んできて開翅してくれました。AB型でした。薄いオレンジ色で...

  11. キリシマミドリシジミリベンジ(2019/07/28) - Sky Palace -butterfly garden- II

    キリシマミドリシジミリベンジ(2019/07/28)

    久しぶりの2日間の自由で、1日目に信州まで行きながら2日目はまだキリシマミドリシジミを選択しました。■キリシマミドリシジミThermozephyrus ataxus結果、7時間粘って♀が1頭降りてきたのみ。ちょっと擦れていますが、♀の開翅は初めてなので最低限良しとしましょう。本種との戦いはまだまだ続きます。

  12. キリシマミドリの交尾シーン2ペア(画像粗いです) - チョウ!お気に入り

    キリシマミドリの交尾シーン2ペア(画像粗いです)

    今年こそは交尾シーンを見たいと思っていたのですがようやく念願が叶いました。うれしいことに 2ペア確認できました。1ペア目は、知り合いの方が 2km以上も離れたところで見つけたペアを葉に乗せて連れて来られたものです。初めて見る交尾シーンに感激です。その後、もう一回チャンスがやってきました。大き目の谷で観察していると雲がかかり陽が陰ると数等の♂があちらこちらで飛び出しました。そのうちの一頭の前に...

  13. キリシマミドリシジミオス - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    キリシマミドリシジミオス

    撮影日2019年7月24日毎年通っているキリシマミドリシジミのポイントですが、最近はほとんど撮影できていません。昨年は豊作で数も多かったのですが、当日の気温が高すぎてとまってもほとんど翅を開きませんでした。今年は数はそれほど多くありませんでしたが、日照・気温はちょうど良い感じでした。朝一番に蝶友さんが降ろしてくれた♂、残念ながら翅は開かず。活動が始まり、いくつかキリシマが飛んできます。ただ、...

  14. キリシマミドリシジミメス - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    キリシマミドリシジミメス

    撮影日2019年7月24日今年も懲りずにキリシマミドリシジミに挑戦しました。予定していた休暇日がドンピシャで晴天。まだ活性が低いのか,昨年に比べると見かける個体数は少ない状況でしたが、晴れ時々曇という条件にも恵まれ久しぶりにキリシマミドリシジミを満喫できました。朝一番、メインのポイントの周囲をパトロールして戻ってくると、鮮やかな青い光が目に飛び込んできました。それまで気付きませんでしたが朝か...

  15. キリシマミドリに挑戦 - 自然を楽しむ

    キリシマミドリに挑戦

    今年は念願のヒサマツ♂の開翅が撮影できたので、次はキリシマミドリと思い、少し早めの7/13に出かけてみた。天気予報では午前中は曇りで、午後からは下り坂。今回は発生状況を確認できれば良いと思ったので、現地に到着したのは8時過ぎ。歩き始めてすぐにすれ違った採集者の方に状況を尋ねると、雌雄とも何頭か採集したとのこと。採集者が探った後ではあったが、アカガシを叩きながら進むと所々でキリシマが飛び出した...

  16. キリシマミドリシジミ(2019/07/21) - Sky Palace -butterfly garden- II

    キリシマミドリシジミ(2019/07/21)

    異動やら引っ越しやらで1ヶ月以上蝶を休んでいてフラストレーションが溜まっておりました。これだけ我慢したんだからいいこと起きるのではないかと期待しつつ、久方ぶりにキリシマミドリシジミの様子を見に行きました。天気予報は曇り20%、それも回復傾向に推移していたのですが、着いたらガスに覆われている状態。時間が経ったらガスも晴れるだろうと思っていたら、雨まで降り出す始末。何ともツイてない日でしたが、何...

  17. アカガシの戦略に翻弄されるキリシマミドリ? - チョウ!お気に入り

    アカガシの戦略に翻弄されるキリシマミドリ?

    キリシマミドリの個体数はアカガシの休眠芽の付き方に左右されると言われています。今年のアカガシの休眠芽はと思ってみてみます。今年は若い枝が多く見られそれらの先には大きな休眠芽は見当たりません。ではと、古い枝の先を見てみると昨年は枝ごとに美味しそうにまるまるとした休眠芽がいくつもついていたのですが、今年はそれに比べると見劣りがしてしまいます。この状況を見ているとアカガシは休眠芽を作る年と、休眠芽...

  18. 三色のキリシマミドリ - チョウ!お気に入り

    三色のキリシマミドリ

    キリシマミドリシジミ♂の翅の色は輝きが強くまた、少し見る角度や、光の当たる角度が変われば色が変わって見えます。今回は陽が差していない条件下で一様に光が回っていたせいもあってか様々な色の風合いを見せてくれました。特に1枚の写真の中で3色に輝く翅は想像していなかっただけに驚きも大きく改めてキリシマミドリシジミの美しさを堪能させてもらいました。まずは、橋の真上から見た状態です。やや青っぽいです。距...

  19. 思い起こせば2006年 - チョウ!お気に入り

    思い起こせば2006年

    撮影時の日付を確認すると 2006年7月8日。当時はキリシマミドリのことも全く分かっていなく、機材もまだフィルムカメラでした。何の脈絡もなく林道を歩いていると直径10-15mくらいの空間を何度もよたよた飛んでは止まるキリシマを発見。これがキリシマの開翅シーンとの最初の出会いでした。その後何年もこんなシーンに出会うことなく、また7月初旬は他に行くところもあり行きそびれていたのですが、今年は発生...

  20. 19キリシマミドリシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    19キリシマミドリシジミ「蝶図鑑」

    ゼフィルスの中でも大人気キリシマミドリシジミです。植樹はアカガシ♂のギラギラした飛翔姿を見るだけでも興奮します。

総件数:38 件

似ているタグ