キリスト・イエスのタグまとめ

キリスト・イエス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリスト・イエスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト・イエス」タグの記事(1628)

  1. もう一度「責任」という言葉を取りあげる。 - 御言葉をください2

    もう一度「責任」という言葉を取りあげる。

    私は、今朝、ある思想に達した。それは「責任」という言葉と関係がある。そして、前から、もう一つわからなかったボンへッファーの言葉がわかるようになった、と思う。それは、よく知られた言葉である。ボンへッファー選集5巻。「抵抗と信従」倉松功、森平太訳。新教出版社1964年刊。253頁。「神の前で、神と共に、僕たちは神なしに生きる」これは、「キリスト教倫理」で言われている「責任を負って生きる」というこ...

  2. 3月24日(日) - 御言葉をください2

    3月24日(日)

    わが主よ、わたしは責めさいなまれています。どうかわたしの保証人となってください。(イザヤ38.14)にほんブログ村人気ブログランキング

  3. ついに「昭和天皇独白録」を読み始める。 - 御言葉をください2

    ついに「昭和天皇独白録」を読み始める。

    わたしたちの神は、「わたしたちの罪」の責任をもとられた方である。もちろん、わたしたちの罪に対して、神に責任があるわけではない。しかし、神がわたしたちの罪の責任をとられ、わたしたちを罪から清め、わたしたちを御自分のものとして聖別されたことによって、わたしたちに「義の住む天と地」が与えられる希望が実現の途についたのである。ところで、日本の神々は、決して自ら責任をとることはない。だから、恵みもない...

  4. わたしは、前進している。 - 御言葉をください2

    わたしは、前進している。

    私は、ここのところ、学びを主にして、ブログには力を入れていない。71歳にもなって、また新しく進めるということは、体力的にも、困難であり、知的能力においても困難であることは感じている。推進力が少なくなっていることも感じている。しかし、ここのところの私の前進は、質的な前進と敢えて書くようなもので、私は自分が新しい段階に入ったことを感じている。とはいえ、私は、28歳ごろから歩み始めた道をほぼ一直線...

  5. 3月23日(土) - 御言葉をください2

    3月23日(土)

    あなたの御計らいに従ってわたしを導き、後には栄光のうちにわたしを取られるでしょう。(詩編73.24)にほんブログ村人気ブログランキング

  6. 3月22日(金) - 御言葉をください2

    3月22日(金)

    主よ、あなたの罪は僕らが御業を仰ぎ、子らもあなたの威光を仰ぐことができますように。(詩編90.16)

  7. 活けるキリスト - 御言葉をください2

    活けるキリスト

    この言葉を、これからは今までより使うことになる。「活けるキリスト」とは、「一度は死なれたけれど、復活して今生きておられるキリスト」のことである。そして、「活けるキリスト」の「活」は「復活」の「活」でもある。「バルトはキリスト論である。」と言われるけれど、「バルトはイエス・キリストである。」と言った方がいいだろう。この「バルトはイエス・キリストである」というのは、「バルトは、ひたすら活けるキリ...

  8. 3月21日(木) - 御言葉をください2

    3月21日(木)

    主はうずくまっている人を起こされる。(詩編146:8)にほんブログ村人気ブログランキング

  9. 3月20日(水) - 御言葉をください2

    3月20日(水)

    わたしたちは主が語られたことをすべて行い、守ります。(出エジプト24.7)にほんブログ村人気ブログランキング

  10. 3月19日(火) - 御言葉をください2

    3月19日(火)

    全て肉なる者は知るようになる、わたしは主、あなたを救い、あなたを贖う。(イザヤ49.26)にほんブログ村人気ブログランキング

  11. 3月18日(月) - 御言葉をください2

    3月18日(月)

    災いだ、偽りの判決を下す者、労苦を負わせる宣告文を記す者は。彼らは弱い者の訴えを退け、わたしの民の貧しい者から権利を奪う。(イザヤ10.1~2)にほんブログ村人気ブログランキング

  12. いずみ教会に行き、話をする。 - 御言葉をください2

    いずみ教会に行き、話をする。

    「天皇の代替わり」について話をする。かなり活発なやりとりがあった。しかし、私は、終わった後、悲しい気持ちになった。1月5日の時もそうだった。よく皆さん聞いてくださったし、無駄な時間を使ったわけでもない。それでも、悲しく憂鬱な気持ちになるのは、自分の生きている社会の現実のせいがあろう。大岡昇平の『野火』を再読した。前によんだ時の記憶はほとんどなかった。そして、読んで、その内容に衝撃を受けている...

  13. 復活の力は神の力である。 - 御言葉をください2

    復活の力は神の力である。

    今朝、目覚めると同時に、わたしの心に浮かび上がったのは「復活の力は神の力」という言葉だった。

  14. 3月17日(日) - 御言葉をください2

    3月17日(日)

    ユダの王ヒゼキアの歌:父は子にあなた(主)のまことを知らせるのです。(イザヤ38.19)にほんブログ村人気ブログランキング

  15. 3月16日(土) - 御言葉をください2

    3月16日(土)

    主は正しくいまし、恵みの業を愛される。(詩編11.7)

  16. 現在の私自身のブログランキングに、バルトの予定論のところが出て来ることについて。 - 御言葉をください2

    現在の私自身のブログランキングに、バルトの予定論のとこ...

    「堕落前予定説と堕落後予定説」というタイトルの記事が、第1位にランキングされているが、私は意外に思うと同時に喜んでいる。というのは、私の神学的最先端には、バルトの予定説があるのであって、私のブログを読んでいてくださる方たちの多くが、そのことに気づき始めていらっしゃるということを、このランキングは意味しているように思われるからである。とはいうものの、わたしは、カール・バルトの説教よりもクリスト...

  17. マッカーサー草案作成の時と極東国際軍事裁判の時 - 御言葉をください2

    マッカーサー草案作成の時と極東国際軍事裁判の時

    日本国憲法のマッカーサー草案は密室で9日間でつくられたが、その後、極東国際軍事裁判が行われている。もし、この順序が反対だったらどうだったろう。つまり、軍事裁判が行われた後、日本国憲法がつくられたら、その憲法はどういう憲法になったか。マッカーサー草案がつくられたのは、1946年2月4日から2月12日までの9日間である。そして、極東国際軍事裁判が開かれたのは、その後、1946年5月3日から194...

  18. 天皇の戦争責任と日本基督教団の戦争責任 - 御言葉をください2

    天皇の戦争責任と日本基督教団の戦争責任

    1月5日の講演以後、いくつかの本を再読して、「象徴天皇制」の問題は、問題としてあるが、それより問題なのは、「天皇の戦争責任」について、裁判で論じられず、昭和天皇も自らの戦争責任について何も言わず、その後、国民も問わなかったということである。つまり、「昭和天皇の戦争責任」は不問に付された。いや、不問に付すために、「日本国憲法」は、極東軍事裁判より前につくられていたのではないか。「せめて退位を」...

  19. 3月14日(木) - 御言葉をください2

    3月14日(木)

    あなたを畏れる人、あなたの命令を守る人、わたしはこのような人と友となります。(詩編119.63)人気ブログランキングにほんブログ村

  20. 3月13日(水) - 御言葉をください2

    3月13日(水)

    わたしの心は御救いに喜び躍ります。(詩編13.6)井上清著『天皇の戦争責任』を精読している。私は、「天皇の戦争責任」が問われなかったことが、今日の日本社会に横行している無責任の背景にあると思っている。そして、精読しながら、ますますその確信を強めている。人気ブログランキングにほんブログ村

総件数:1628 件

似ているタグ