キリスト教会のタグまとめ

キリスト教会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリスト教会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト教会」タグの記事(65)

  1. 10月14日 神がまず - 青梅あけぼのキリスト教会

    10月14日 神がまず

    (ヨハネの第一の手紙 4章19節)大谷唯信牧師「わたし達が愛し合うのは、神がまずわたし達を愛して下さったからである」私達は常に教会の成長を願っている。子供の成長と同じく教会は日毎に変化し成長していく。何故なら教会にはキリストの体としての神の命が注がれているからだ。つまり私達に神の命が注がれていると言う事である。神は愛である。「私達が神を愛したのではなく、神が私達を愛して下さって、私達の罪のた...

  2. 8月26日信仰によって霊的成長 - 青梅あけぼのキリスト教会

    8月26日信仰によって霊的成長

    (ヨハネによる福音書 4:24) 大谷唯信牧師「神は霊であるから、礼拝をする者も、霊とまこととをもって礼拝すべきである。」今年度は四月より「信仰による霊的成長の幕開け」と題し出発いたしました。今、八月も終わろうとしています。振り返って恵みを感謝いたしましょう。今日は「夏の霊交会」の日です。イエス様は「我が名によって二人または三人おるところにはわたしもその中におる」(マタイ18:20)と約束さ...

  3. 8月19日肉の心は砕かれよ - 青梅あけぼのキリスト教会

    8月19日肉の心は砕かれよ

    (Ⅰコリント 1:28-31) 大谷唯信牧師「神は、この世で身分の低い者や軽んじられている者、即ち、無きに等しい者を、あえて選ばれたのである。それはどんな人間でも神のみまえに誇ることがないためである。誇る者は主を誇れ。」教会が本当に成長するには、この御言葉の如く「神は無きに等しい者を、あえて選んで下さった」、それは私自身の事だ!とわかった人が何人いるかにかかっている。御聖霊は心の砕けに応じ...

  4. 7月22日キリスト不在の教会 - 青梅あけぼのキリスト教会

    7月22日キリスト不在の教会

    (ルカによる福音書 24章 5~6節)大谷唯信牧師「あなたがたは、なぜ生きた方を死人の中にたずねているのか。そのかたは、ここにはおられない。よみがえられたのだ。」何と象徴的な奥深い言葉であろうか。迫害下でも真剣にキリストを求めているのに、いつの間にか「何故、生きた方を死人の中に求めているのか」と言われてしまう状態になっているのである。「肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のことを思う」...

  5. 7月15日本当の成長を願おう - 青梅あけぼのキリスト教会

    7月15日本当の成長を願おう

    (エペソ人への手紙 4章15節) 大谷唯信牧師「愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、かしらなるキリストに達するのである」これは私達教 会に与えられている神からの成長の約束である。何と感謝なことか。勿論、成長させて下さるのは神御自身である。さらに続いて私達教会への注意が語られている。「私達はもはや子供ではないので、だまし惑わす策略により、人々の悪巧みによって起る様々な教えの...

  6. 5月13日霊的信仰を生む力 - 青梅あけぼのキリスト教会

    5月13日霊的信仰を生む力

    (コロサイ人への手紙 2章 6~7節) 大谷唯信牧師「あなたがたは主イエス・キリストを受け入れたのだから、彼にあって歩きなさい。また、彼に根ざし、彼にあって建てられ、そして教えられたように、信仰が確立されて、あふれるばかり感謝しなさい。」私達の教会のエネルギーの源泉はキリストの死と復活・再臨にあります。これはこの世の肉的次元ではなくすべてを超えておられる御霊の世界(次元)から来るエ...

  7. ホーリネス教団千葉教区女性大会 - 中山教会便り

    ホーリネス教団千葉教区女性大会

    5月も半ば、寒かったり、暑かったり、風が強かったり、雨が続いたり色々でしたね〜11日(金)は久しぶりの☀️晴れ佐原(成田の先)まで充子姉と私衣子(千葉女性会中山教会代表)は【ホーリネス教団千葉教区女性会】に出席してきました。千葉の各地の教会から集まった方々120名余り、共に賛美し、牧師先生を通しての貴重なメッセージを伺いました。午後は親睦がメインで、佐原界隈の観光をするグループと教会でDVD...

  8. 4月22日 主よ、どうか - 青梅あけぼのキリスト教会

    4月22日 主よ、どうか

    (詩篇4篇6節)大谷唯信牧師「主よ、どうか、み顔の光をわたし達の上に照らして下さい」今年度を私達教会の霊的成長の幕開けといたしましょう。私達の教会は感謝な事に霊的信仰の核なるものが育って来ました。一人ひとりが霊的信仰に目覚め深められ、教会全体として霊的いのちの核の存在が見えて来ています。石地やいばらの生えた荒れた地ではなく霊に満ちた豊かな土壌になって来ています。魂の救いは霊的信仰の中で起こり...

  9. 4月15日神の祝福を受け継ぐため - 青梅あけぼのキリスト教会

    4月15日神の祝福を受け継ぐため

    ペテロの第一の手紙 (3章8~9節)大谷唯信牧師「・・・あなたがたは皆、心をひとつにし、同情し合い、兄弟愛を持ち、あわれみ深くあり、謙虚でありなさい。悪をもって悪に報いず、悪口をもって悪口に報いず、かえって、祝福をもって報いなさい。あなたがたが召されたのは、祝福を受け継ぐためなのである。」新年度を迎え、皆様も新たな課題、目標に心を向けておられる事と思います。わたし達の青梅あけぼのキリスト教会...

  10. 3月25日教会での交わりを軽んじたトマス - 青梅あけぼのキリスト教会

    3月25日教会での交わりを軽んじたトマス

    (マタイによる福音書8章8節) 大谷唯信牧師「主よ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります。」 何という確信でありましょう。今、私達にはさらにこのような信仰が必要なのではないでしょうか。彼は主のお言葉には無条件で従う。普通なら当然起きてくる疑問や理屈は、突き抜けて全く問題にせず、喜びと確信をもって「主よ、お言葉を下さい。そうすれば僕はなおります」とすでに目の前に実体化しています。クリ...

  11. イースターリース作り(3月ルデヤ会) - 中山教会便り

    イースターリース作り(3月ルデヤ会)

    毎月、第二日曜日の午後は各部会が開かれます。今月の女性会では4月1日のイースターに備え、「イースターリース」を作りました。Misako先生はお忙しいのに材料調達から指導まで引き受けて下さり、お蔭で私達はとても楽しい時間を過ごし、出来上がった作品を感謝と喜びで、大切に持ち帰りました。美砂子先生がお忙しい中、お忙しい中、百円ショップで材料を買い付けてくださいました。イースターエッグが3個隠れてい...

  12. 3月11日サタンに気をつけよ - 青梅あけぼのキリスト教会

    3月11日サタンに気をつけよ

    (エペソ人への手紙 6章10~11節) 大谷唯信牧師「主にあって、その偉大な力によって、強くなりなさい。悪魔の策略に対抗して立ちうるために、神の武具で身を固めなさい。」私たちの教会が霊の命に目覚め、さらなる恵みを受けてくると、サタンは巧妙に働きかけ、主の霊から引き離し「肉の働き」(ガラテヤ5:19-21)によってもっともらしい理由の元に互いに争いを起こさせ、ねたみや党派心を引き起こし分裂さ...

  13. 2018年のイースターはいつ? - 中山教会便り

    2018年のイースターはいつ?

    今年、2018年のイースターは4月1日です。イースター(復活祭)とは、私たちの罪の身代わりとなって十字架にかけられたイエス様が預言通り三日目に墓の中から甦り復活なさったことを喜びお祝いする日です。クリスマスは毎年12月25日と決まっていますが、イースターは毎年、日付が変わります。何故なら、春分の日から一番近い満月を探します。今年は3月31日が満月ですから、そこから最初の日曜日が4月1日です。...

  14. 3月4日愛と赦しはイエスの中に - 青梅あけぼのキリスト教会

    3月4日愛と赦しはイエスの中に

    (ヨハネの第一の手紙 4章15節) 大谷唯信牧師「もし人が、イエスを神の子と告白すれば、神はその人のうちにいまし、その人は神のうちにいるのである。」神は人をご自身に似せて、霊的な存在として造られました。イエスはぶどうの木とその枝に例えて「わたしにつながっているなら、豊かに実を結ぶ」と語られました。それは、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制という御霊の実が豊かに実るとの神の約束...

  15. 2017年クリスマス祝会 - 中山教会便り

    2017年クリスマス祝会

    12月23日13:30~15:00こどもクリスマス会には大勢の子供たち、ご父兄が集まってくださいました。12月23日19:00~20:00キャンドルサービス蝋燭の灯りのもとイエス様のご生誕を賛美しました。12月24日午前はクリスマス礼拝午後は楽しい祝会今年も楽しい親睦とゲームや劇等で盛り上がりました。

  16. あけぼの恒例バーベキュー! - 青梅あけぼのキリスト教会

    あけぼの恒例バーベキュー!

    10月8日の礼拝後の昼食は、毎年恒例のバーベキュー!でした。以前は振起日バーベキューとして夏休み最後の主日に行っていましたが、数年前から10月開催になり、規模も内容もパワーアップしている感じです欠かせない人気メニューは、北海道出身の副牧師自ら腕によりを掛けて作るちゃんちゃん焼き!半身の鮭を2つ焼きます。そして今年人気だったのが、デザートのマシュマロ。子ども達も、自分で焼きました。今回の参加者...

  17. 10月8日肉ではなく御霊に従う教会 - 青梅あけぼのキリスト教会

    10月8日肉ではなく御霊に従う教会

    (コリント人への第一の手紙 2章8節)大谷唯信牧師「この世の支配者たちのうちで、この知恵を知っていた者は、ひとりもいなかった。」「この知恵」とは世の始まらぬ先から、あらかじめ定めておかれ、隠された奥義としての神の知恵である。それは十字架のイエス・キリストの事だ。しかも生まれながらの人は肉(エゴ)で生きているので、神からの霊のことは分からない。何故なら、肉と霊とでは周波数が違うからである。ラジ...

  18. 9月17日御言葉を聞いて悟れ - 青梅あけぼのキリスト教会

    9月17日御言葉を聞いて悟れ

    (マタイによる福音書13章23節) 大谷唯信牧師「良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、そういう人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもなるのである」教会の成長と私達の成長は一つである。これを受けるには私達が日々に祈りの中で御言葉を信じ実践し生活の中で味わい、「この御言葉は本当だ」と確信を持って言い切れるようになる事だ。それは自分の小さな考えや、サ...

  19. 8月6日成長する教会 - 青梅あけぼのキリスト教会

    8月6日成長する教会

    (エペソ人への手紙4章15-16節)大谷唯信牧師「愛にあって真理を語り、あらゆる点において成長し、キリストを基として、全身はすべての節々の助けにより、しっかりと組み合わされ、それぞれの部分は分に応じて働き、からだを成長させ、愛のうちに育てられていくのである」健康的に成長しているキリストの教会の姿がここにある。もし、キリストにつながっているなら必ず実を豊かに結ぶのが教会である。同時に「わたしか...

  20. Akebono CS Summer Camp 2017 - 青梅あけぼのキリスト教会

    Akebono CS Summer Camp 2017

    2017サマーキャンプのご報告心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。 すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。 自分を見て賢いと思ってはならない、主を恐れて、悪を離れよ。 そうすれば、あなたの身を健やかにし、あなたの骨に元気を与える。箴言3章5~8節7月27~29日の3日間は、小学科のサマーキャンプが行われました。通いのデイキャンプですが、5...

総件数:65 件

似ているタグ