キリストのタグまとめ

キリスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト」タグの記事(90)

  1. ②『さとり』をシンプル・ダイレクトに解説、お薦めの悟り本 + 非二元書籍。 - シンプルに悟りを開く ○『さとり』を生きる。

    ②『さとり』をシンプル・ダイレクトに解説、お薦めの悟り...

    『現代聖書』 完全に目覚め、悟りの状態になる9つのメッセージ。https://www.amazon.co.jp/dp/B08MCJD2XD◆ かつて自分の正体に深く気づき、この世にいながら物事の本質と実質を見抜いていた覚者達は、『自分は存在として本当は何をしているのか?』を聡明に察知していました。▽この地上で日々生活を送っていると、たまに「イエス」や「ブッダ」という名前を聞くことがありますが...

  2. イラン大統領が、キリスト生誕日にちなんで祝賀メッセージ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イラン大統領が、キリスト生誕日にちなんで祝賀メッセージ

    イラン大統領は毎年のクリスマスに祝賀メッセージを出しています。イラン大統領が、キリスト生誕日にちなんで祝賀メッセージ - Pars Todayイラン大統領が、キリスト生誕日にちなんで祝賀メッセージ12月 26, 2020 05:04 Asia/Tokyoローハーニー・イラン大統領ローハーニー・イラン大統領が、イエス・キリストの生誕日にちなんで、西暦の新年となる2021年に際し各国首脳に祝辞を...

  3. 私は主の再来を歓迎した - 全能神-私の救い主

    私は主の再来を歓迎した

    私の両親は中国人で、私は幼い頃から連れられて教会の礼拝に出席しました。12歳でミャンマー国内の大規模なキリスト教キャンプに参加した時、私は牧師に「死を逃れ天国に入る唯一の方法は洗礼を受けることです。」と言われ、天国に入れるようキャンプ中に洗礼を受けました。その時から、私は本当のキリスト教徒となりました。主の再来を歓迎した大人になり、私は教会の青年部会長を長年務め、伝道師が留守の時は、祈祷でも...

  4. 長渕 剛とキリスト教 - ようこそ、町田カルバリー 家の教会のブログへ!

    長渕 剛とキリスト教

    私は小学校時代から長渕 剛ファン。中学1年でファンクラブに入り、東京武道館(STAYDREAM)や東京ドーム(LICENCE)のコンサートに3年連続行ったほど。それでも高校1年の秋、人生に行き詰まり自殺を考えた。とうとう長渕の歌でも、自分を奮い立たせることができなくなってしまったのだ。明日、死んでしまおう。そう真剣に考えた晩、私はキリストの名を呼んだ。すると、キリストに出逢い、一夜にして人生...

  5. 韓国、反難民「デモ」の真相 - 全能神-私の救い主

    韓国、反難民「デモ」の真相

    2018年9月2日~4日、中国共産党と韓国の反カルト活動家が、全能神教会の在韓難民申請者に対して「自発的なデモ」を行った。この出来事を目撃していた、オーストリア人ジャーナリストのピーター・ツォラー(Peter Zoehrer)氏は、Bitter Winterに対して一部始終を話した。ロシータ・ショリーテ(Rosita Šorytė) Bitter Winterの詳細な報道によると、今年8月3...

  6. 「メールが届いています」マッシモ・イントロヴィーニャ、韓国のキリスト教の反カルト・メディアにメールを送信 - 全能神-私の救い主

    「メールが届いています」マッシモ・イントロヴィーニャ、...

    韓国の3つのキリスト教系のメディア、CBS、 CTS、国民日報は、韓国国内での、全能神教会に対する誤った認識に基づくデモについて報じた。記事では、当該メディアが肯定できない神学理論を有する「カルト」に対して怒りの態度をあらわにし、迫害をし、罪のない難民を弾圧する中国共産党の肩を持った。以下に、本誌の編集長が当該メディアに送った手紙を掲載する。拝啓世界各地の新宗教運動の研究者の世界最大のネット...

  7. またもや呉明玉氏!イスラム教、ウイグル族、難民、さらにBitter Winterを侮辱する - 全能神-私の救い主

    またもや呉明玉氏!イスラム教、ウイグル族、難民、さらに...

    韓国の悪名高き反カルト主義者であり、親中国共産党の活動家である呉明玉(オ・ミュンオ、오명옥)が、Bitter Winterが6月20日に開催した会議を攻撃し、イスラム教を「世界の主要宗教の一つではない」と主張した。呉明玉マッシモ・イントロヴィーニャ(Massimo Introvigne)Bitter Winterの読者であれば、悪名高い反 カルト 主義者であり、親中国の活動家である韓国人の呉...

  8. 信じること - bigbird’s life

    信じること

    心の平穏を求め、弾圧とたたかう。信じるものは救われる。そう信じて。

  9. ワタシノムネ、アナタトオナジ - bigbird’s life

    ワタシノムネ、アナタトオナジ

    祈りが届きますように。大浦天主堂 X-T10/XF18-55

  10. 朗読 神の言葉 「 神の働き、神の性質、そして神自身 2」 その7 パート2 - 全能神-私の救い主

    朗読 神の言葉 「 神の働き、神の性質、そして神自身 ...

    [東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちな...

  11. 毎日の聖書への信仰心:あなたの心の中で神様と神殿はどちらのほうが偉大な存在ですか? - 賛美の心

    毎日の聖書への信仰心:あなたの心の中で神様と神殿はどち...

    聖書には次のように記載されています:「 あなたがたに言っておく。宮よりも大いなる者がここにいる。『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味か知っていたなら、あなたがたは罪のない者をとがめなかったであろう。人の子は安息日の主である」(マタ12:6-8)。私が神様を信仰し始めた頃にこれらの聖句を読みました。当時、私が分かっていたのは、主イエス様は、律法のもとで生きて...

  12. 賢いクリスチャンは果実によって彼らを見分ける - 賛美の心

    賢いクリスチャンは果実によって彼らを見分ける

    「すべて良い木は良い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。良い木が悪い実をならせることはないし、悪い木が良い実をならせることはできない」(マタ7:17-18)。今日は、皆さんとあることを分かち合いたいと思います。誰かが主は戻られたと説教するのを聞くとき、彼らが伝道する福音が主の再来の福音であるかをどのように見定めるべきでしょうか?そして、どのようにしたら、ユダと同じ道を歩んだり、パリサイ人やサドカ...

  13. 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た(オーディオブック) - 賛美の心

    救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た(オーディオ...

    数千年もの間、人は救い主の到来に立ち会えることを熱望してきた。何千年もイエスを切望し、渇望してきた人々のもとにイエスが白い雲に乗って直接降りてくるのを見ることを望んできた。救い主が戻って来て人々と再会すること、すなわち、救い主イエスが何千年もの間離れていた人々のもとに戻ってくることを望んできた。そしてイエスがユダヤ人の間で行った贖罪の働きをもう一度実行すること、人に対して憐れみ深く愛情にあふ...

  14. イエスの再臨をお迎えする最も重大な時 - 賛美の心

    イエスの再臨をお迎えする最も重大な時

    「ハマグリの確認」と題した記事があります。それはハマグリが大好きな男の子のストーリーです。ある日、彼の母が袋一杯のハマグリを家に持って帰りました。美味しいハマグリを食べたかった彼は、調理をする前にハマグリの善し悪しを見て、悪いものを区別しておこうと思い、ハマグリの確認をすることにしました。こうして、彼は新鮮で生きていると思ったハマグリを取り出し、それをハマグリの匂いの善し悪しを判断する基準と...

  15. ディ ボー ション ノート-イエス・キリストの再臨の方法 - 賛美の心

    ディ ボー ション ノート-イエス・キリストの再臨の方法

    最近、私は、聖書を読むのが増々退屈で、つまらなくなってきたと感じていました。なぜなら、何の啓蒙も得られないからです。私は今までずっと毎日祈りを捧げてきましたが、その効果はほとんど無く、私の魂がそれに動かされることもありませんでした。主は私から御顔を隠しておられ、私に耳を傾けておられないのではないかと私は感じました。しかし、聖書を読まないでおこうと考えると、私は怖くなりました。過去10年間、私...

  16. 聖書の「死者の復活」とはいったいどういうことでしょうか - 賛美の心

    聖書の「死者の復活」とはいったいどういうことでしょうか

    エゼキエル書37:5-6にはこういう記録があります。「 主なるヤーウェはこれらの骨にこう言われる、見よ、わたしはあなたがたのうちに息を入れて、あなたがたを生かす。わたしはあなたがたの上に筋を与え、肉を生じさせ、皮でおおい、あなたがたのうちに息を与えて生かす。そこであなたがたはわたしがヤーウェであることを悟る。」 そして、テサロニケ人への第一の手紙4:16にはこう記されています。「 すなわち、...

  17. 「イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味」の抜粋 - 全能神-私の救い主

    「イースター(復活祭)の起源と主イエスの復活の意味」の抜粋

    イースターがもうすぐそこまで来ていたのです。聖書にも記録がある通り、イースターは次のように発端しました:イエス・キリストが弟子の1人の裏切りにより裁判所に連れていかれ、世界中の罪を贖うため、金曜日に進んで自らを犠牲にして十字架に釘付けにされました。ユダヤ法によると、土曜日は全ての活動を中止する必要があるとされた安息日でした。こうして、キリストの信徒たちは金曜日の日没までに急いでキリストの体を...

  18. 「主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側面」の抜粋 - 全能神-私の救い主

    「主イエスが復活後に人類の前に出現された意義の2つの側...

    聖書にはこう記されています。「こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われた。〕彼らは恐れ驚いて、霊を見ているのだと思った。そこでイエスが言われた、「なぜおじ惑っているのか。どうして心に疑いを起すのか。わたしの手や足を見なさい。まさしくわたしなのだ。さわって見なさい。霊には肉や骨はないが、あなたがたが見るとおり、わたしにはあるのだ」。〔こう言って、手と足と...

  19. 「復活後のイエスによる弟子達に対する言葉」の抜粋 - 全能神-私の救い主

    「復活後のイエスによる弟子達に対する言葉」の抜粋

    八日ののち、イエスの弟子たちはまた家の内におり、トマスも一緒にいた。戸はみな閉ざされていたが、イエスがはいってこられ、中に立って「安かれ」と言われた。それからトマスに言われた、「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手をのばしてわたしのわきにさし入れてみなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」。トマスはイエスに答えて言った、「わが主よ、わが神よ」。イエスは彼に言われた...

  20. 復活後にパンを食べ、聖句を説明するイエス - 全能神-私の救い主

    復活後にパンを食べ、聖句を説明するイエス

    一緒に食卓につかれたとき、パンを取り、祝福してさき、彼らに渡しておられるうちに、彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。彼らは互に言った、「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったとき、お互の心が内に燃えたではないか」。(ルカによる福音書 24:30-32)こう話していると、イエスが彼らの中にお立ちになった。〔そして「やすかれ」と言われ...

総件数:90 件

似ているタグ