キリストのタグまとめ

キリスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはキリストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「キリスト」タグの記事(206)

  1. ディ ボー ション ノート-イエス・キリストの再臨の方法 - 全能神-私の救い主

    ディ ボー ション ノート-イエス・キリストの再臨の方法

    最近、私は、聖書を読むのが増々退屈で、つまらなくなってきたと感じていました。なぜなら、何の啓蒙も得られないからです。私は今までずっと毎日祈りを捧げてきましたが、その効果はほとんど無く、私の魂がそれに動かされることもありませんでした。主は私から御顔を隠しておられ、私に耳を傾けておられないのではないかと私は感じました。しかし、聖書を読まないでおこうと考えると、私は怖くなりました。過去10年間、私...

  2. 説教師の悩み-主イエス・キリストの再臨をお迎えする方法とは - 全能神-私の救い主

    説教師の悩み-主イエス・キリストの再臨をお迎えする方法とは

    私は教会で説教師をしているのですが、宣教するに値することが何もなく、兄弟姉妹たちに有益な啓示をすることができません。彼らの信仰は全般的に弱く気が抜けてしまった状態にあり、集会になると彼らは居眠りをするか、小声でお喋りをするといった始末です。教会で普段からこういう状況を目にしていると、いつもとてもイライラしてしまいます。私は幾度となく主に祈り、何度も兄弟姉妹たちに集中して注目するように注意して...

  3. 兄弟姉妹の信仰心が弱くなっていて、私はどうしたらいいですか? - 全能神-私の救い主

    兄弟姉妹の信仰心が弱くなっていて、私はどうしたらいいですか?

    信仰ステーションの兄弟姉妹の皆さんへ、皆さんお元気でしょうか。私はしばらくの間、ある疑問に頭を悩ませています。牧師や長老たちに意見を求めましたが、解決には至りませんでした。そこで、皆さんと共有して話し合えればと思い手紙を書かせていただきました、どうぞお宜しくお願いします。私は説教師をしています。以前は主の御言葉を読むと聖霊の啓示と啓蒙を授かることができ、宣教する際も言葉が尽きることはありませ...

  4. 幸せを得る秘訣 - 全能神-私の救い主

    幸せを得る秘訣

    彼は結婚したばかりの出稼ぎの若い男性です。妻とは仲がよく、子供も利口です。しかし一家を養うためには、毎日せわしなく立ち働かなければなりません。彼は中年になったホワイトカラーで、衣食に困らない生活をしています。だが、昇進し、給料を増やすためには、懸命に残業しなければなりません。彼はいろいろと付き合いがあり、仕事が終わってもすぐには家に帰られません。彼は60歳を過ぎた金持ちです。他人に対して面目...

  5. 正常な霊的生活について - 全能神-私の救い主

    正常な霊的生活について

    信者は、正常な霊的生活を送らなければならない。これは神の言葉を体験し、現実に入るための基礎である。現在あなたがたが実践するあらゆる祈り、神への接近、歌、讃美、瞑想、神の言葉を理解しようとする努力は、正常な霊的生活の基準を満たしているであろうか。あなたがたのうち、これについて明確に理解している者はいない。正常な霊的生活とは、祈り、歌、教会生活、神の言葉を食べ飲みすることやその他の同様の実践に限...

  6. 仕事が忙しくて集会の時間がない時、どうすればよいでしょうか? - 全能神-私の救い主

    仕事が忙しくて集会の時間がない時、どうすればよいでしょうか?

    信仰ステーションの兄弟姉妹皆さんこんにちは!自分の家族に良い生活をさせてあげたいので、もっとお金を稼ごうと必死に働き、殆どの時間を仕事に費やしています。最近、幸運にも神の御国の福音を受け入れることができ、一生懸命に真理を追い求めたいと思っています。しかし、仕事がとても多忙で、集会に参加する時間も、神の御言葉を読む時間もないので、途方に暮れて惨めな思いをしています。どうすれば良いのでしょうか?...

  7. 「三位一体」の神に対する最新の認識ができた - 全能神-私の救い主

    「三位一体」の神に対する最新の認識ができた

    ある日の早朝、鳥が窓の外でさえずり鳴いていました。私は普段通りに起き上がり、霊的献身を実践しました。「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。 30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』」(マルコによる福音書 12:29-30)、という主の御言葉を読むと、神は三位一体であると、牧師と長老たちが集...

  8. 「三位一体」の神に対する最新の認識ができた - 全能神-私の救い主

    「三位一体」の神に対する最新の認識ができた

    ある日の早朝、鳥が窓の外でさえずり鳴いていました。私は普段通りに起き上がり、霊的献身を実践しました。「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。 30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』」(マルコによる福音書 12:29-30)、という主の御言葉を読むと、神は三位一体であると、牧師と長老たちが集...

  9. 神との正常な関係を確立することは極めて重要である - 全能神-私の救い主

    神との正常な関係を確立することは極めて重要である

    人間は、自らの心で神の霊に触れることにより、神を信じ、愛し、神を満足させ、それによって神の満足を獲得する。また、自らの心で神の言葉に接する時、彼らは神の霊によって動かされる。正常な霊的生活を実現し、神との正常な関係を確立することを望むのであれば、あなたはまず自らの心を神に捧げ、神の前で自分の心を静めなければならない。自らの心を全て神に注いだ後、初めて、人間は徐々に正常な霊的生活を得ることが出...

  10. 旅行 - レムザキエル

    旅行

    こう説明していた時にねイエスキリストの十字架がどれほどの犠牲であったかということを話してる最中に急にねもうものすごい感動が来たわけですね。そしてあの時にイエスキリスト一度信じた人はとこしえに救いを失うことはないなぜならばその人はキリストのうちにある成果もええかも全てこれによって可能になるんだいつもここで語ってる話です。それが突如ねまた違った意味で心に迫ってくる心理になるんですね。もう一箇所は...

  11. 精霊が信じるもの - コスバッカスエクレウス

    精霊が信じるもの

    精霊が信じるものを上に与えられます。その事が起こったのはいつですかペンテコステの日に起こった人行伝2章1節から4節でそれが成就した人行伝2章1節から4節でその時に精霊が降り人々は聖霊に満たされその結果飯屋の体である協会の一員となった信じた瞬間に今の私たちは聖霊のバプテスマを受けて協会につながります。それが聖霊のバプテスマという意味です。は別の意味で解釈するグループもいます。けど精神的には聖霊...

  12. 神の名前の奧義を明かすのは誰でしょう - 全能神-私の救い主

    神の名前の奧義を明かすのは誰でしょう

    「この人による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」(使徒行伝 4:12)。 私は自分が幼かった頃、「私たちは主イエス様の名前によって祈りを捧げてこそ、罪が許され、平安と祝福を授かることができるのよ」、と母が強く忠告してくれたのを覚えています。そして、私たちの牧師はこの言葉を使って、主の名前によって祈りを捧げることの大切さを強調...

  13. 「キリストと聖母マリア」のほほえましいガラス絵です。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    「キリストと聖母マリア」のほほえましいガラス絵です。

    ・今年も押し詰まってまいりました。25日はクリスマス。靴下に入ったサンタさんからの贈りもの・・・子供の頃をちょっぴり思い出します。・このガラス絵は、欧州からやって来ました。19世紀頃のドイツのものではないかと思われます。こうした額を部屋に飾り、イエスキリストに祈りを捧げたことでしょう。・いま幾一里の床の間には、真っ白なオランダのデルフト皿とともに展示しています。弊店もクリスマスウィ―クを愉し...

  14. オランダ人に日本のクリスマスを説明した - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    オランダ人に日本のクリスマスを説明した

    グリーティングメールが来て、「日本でもクリスマスはお祝いするよね?」と書いてあった。返事に困った。「日本では宗教的お祝いと理解している人は少なく、宴会の口実になっている。宴会では照焼き鶏肉と丸いサンタのデコしたケーキを食べるのが定番だ。子供はサンタに扮装した親におもちゃを買ってもらえる。若いカップルにはデートの口実になる。」という大意の返信をしておいた。この誤解はいつから定着したのだろう?。...

  15. 「三位一体」の神に対する最新の認識ができた - 全能神-私の救い主

    「三位一体」の神に対する最新の認識ができた

    ある日の早朝、鳥が窓の外でさえずり鳴いていました。私は普段通りに起き上がり、霊的献身を実践しました。「第一のいましめはこれである、『イスラエルよ、聞け。主なるわたしたちの神は、ただひとりの主である。 30心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ』」(マルコによる福音書 12:29-30)、という主の御言葉を読むと、神は三位一体であると、牧師と長老たちが集...

  16. 御言葉カード「贖いの時代における働きについての真実」 - 全能神-私の救い主

    御言葉カード「贖いの時代における働きについての真実」

    イエスは恵みの時代をもたらす先駆者だったが、贖いはその働きの中心であり続けた。よってイエスの仕事もまた二つの部分からなる。それらは新しい時代を切り開くこと、そして自身が十字架にかけられることを通して贖いの働きを完成させることである。その後、イエスは去った。その時点で律法の時代は終わりを告げ、人類は恵みの時代に入った。「贖いの時代における働きについての真実」より

  17. ヨブの証によって、後の世代に警告と啓きが与えられる - 全能神-私の救い主

    ヨブの証によって、後の世代に警告と啓きが与えられる

    神がある人を完全に自身のものとする過程を理解すると、神がヨブをサタンに渡したことの目的と意味も理解するようになる。ヨブの苦しみが理解できずに悩むことがなくなり、新たな意味を見出すのである。自分達も同じ誘惑に遭わなければならないのだろうかと心配することはなくなり、神からの試みを拒絶しなくなるのである。ヨブの信仰、従順、サタンに勝利したことの証しは、人々にとって大きな助けとなり、励ましとなる。ヨ...

  18. 新しい心理を発見 - クロートアクアリウス

    新しい心理を発見

    最近のことは出ると実存的な選び現実的な選べなんてそれはちょうど私たちがそして新しい発見が出てくるとそれまで常識であるそれまでこれが大事だと思われていたことが一挙に覆されて全く違った段階に入っていくっていうことがよくあるわけです。これが科学の進歩って言われるものですね。キリスト教信仰はそういう意味では進歩しません。なぜかと言うと私たちが信じている内容というのは歴史のある時点で神ご自身が人となり...

  19. 終末論 - エオスアウリガ

    終末論

    終末論でエルサレムから出た水が全治を潤すが如くにあなたの内側から湧き出る命の流れが周りにいる人たちに なぜある人は時々水が枯渇したりチョロチョロとしか流れないんです。がそれはあなたが生霊というお方の主権を妨害してるからですよ。あなたにその水源が与えられてる与えられてないわけじゃなくてその線をあなた自身が染めてるからですよ。それを解き放つことです。その時に流れが始まるそして周りの人に影響を与え...

  20. キーワード - チェリーカティンカ

    キーワード

    みんな招かれてるんだけどすくいに入る人は少数です。なぜかと言うと救いの前提です。誰でもなとなんてある乾いているなら私のもとに来てのです。つまり彼はきっと言うのはキーワードです。この仮庵の祭りは乾きと水がテーマでした。霊的渇きを覚えてる人だけがキリストの元に来るんです。だらこういう霊的カワキっていうのの実感がない人は求めを出しません。ちょっと話変わります。けどねこれ借りようの祭りでしょ何に続く...

総件数:206 件

似ているタグ