ギフチョウのタグまとめ

ギフチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギフチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギフチョウ」タグの記事(364)

  1. ♪ダラダラダンダラダンダラダン♪え?ギフ?ダラダラダン♪ - Olive Drab

    ♪ダラダラダンダラダンダラダン♪え?ギフ?ダラダラダン♪

    新潟県某山の中。一羽の蝶がひらひらと舞ってきて、道端のカタクリの花に留まった。どこかで見た蝶?たしかネットで見たような…ギフチョウだ。チョウ目・アゲハチョウ科・ウスバアゲハ亜科ギフチョウ属 ギフチョウ (Luehdorfia japonica)絶滅危惧II類 (VU)(環境省レッドリスト)、日本固有種。日本には同属別種の「ヒメギフチョウ」と呼ばれる種類が生息するが、この写真の個体はギフチョウ...

  2. ギフチョウ採集会 - 飛騨山脈の自然

    ギフチョウ採集会

    先日小学校のギフチョウ採集会が開かれた。昨年コロナの影響で3年生の採集会が中止になったため、今年は3・4年生合わせて31名の参加になった。快晴に恵まれたが朝の冷え込みでまだ気温が低いので卵探しをした。ウスバサイシンの葉をめくりながら葉をめくりながら探していくと、あちこちから「あった」と歓声が上がっていた。気温が上がってきたらシロチョウ類が飛びだした。早くてなかなか捕まえられない。その内ギフチ...

  3. 山で出会った蝶たち - Hirakoba's Blog

    山で出会った蝶たち

    昔山で写していた蝶の写真を集めて作ってみた。アサギマダラは山でよく見るがヒラヒラ舞ってて中々撮れない。ギフチョウと思われる休憩中のを白馬の2900mくらいでみた。ヒョウモンチョウは柏崎の千本桜のある黒姫山登山口のところ。きれいな個体で生まれたばかりのようだった。春の花ヒメジョンと共に。ここ・・・・動画 - Google フォト

  4. カキドオシで吸蜜するギフチョウ - 蝶鳥写楽

    カキドオシで吸蜜するギフチョウ

    2021.04.09撮影2021.04.10撮影

  5. 2021年5/4ギフチョウ、スギタニルリシジミ、スジボソヤマキチョウ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/4ギフチョウ、スギタニルリシジミ、スジボ...

    遠征2日目にして最終日。だって明日こどもの日は雨予報ですから。今日の目標は、昨日撮れなかったギフチョウ+αです。朝は気温が低かったものの、どんどん気温が急上昇、雲ひとつない絶好のチョウ日和となりました。これで出なかったら嘘だね。なんて言いながら待つのですが一向に出てくれません。いい加減待ちくたびれながら、他のチョウを撮ろうとしていたとき、すぐそばの樹の陰のスミレにチョウが飛んできたのが目に留...

  6. ギフチョウYB  5月4日 - 超蝶

    ギフチョウYB 5月4日

    今日は、まだ見ぬギフチョウのイエローバンドを目指して(妄想して)遠征・・・もちろん何処にも寄らず、誰にも会わないでしたが現地は、大勢では無いにしても結構な網の数でした。関東方面のナンバーの若い人が目立ちました。なので近寄らず、遠目で見つつ探索していると和歌山からみえた、お二人連れの撮影者の方様と出会い、ご一緒させていただきました。待つこと3時間余り、フライング気分満載で車でランチパックを頬張...

  7. のいちごで吸蜜するギフチョウ - 蝶鳥写楽

    のいちごで吸蜜するギフチョウ

    2021.04.10撮影こんなのが撮れたとコンデジのモニターを見せてくださった野いちごで吸蜜しているギフチョウだったここのナガバノモミジイチゴはマークしていたがどこにそんな花が?以来巡回ポイントが増えたそれから何日かして路端の花で吸蜜している姿が目に入った教えて下さった方はいつもの蝶友の大先輩だったこれも縁有難うございました

  8. 末期のギフチョウ - 飛騨山脈の自然

    末期のギフチョウ

    谷川沿いを歩いていたらカワガラスが近くに止まった。連写で撮ったが谷が深くて逆光になるので、位置を変えようとしたら飛び去ってしまった。撮れた写真は黒いシルエットになってしまった。その場を去ろうとしたらギフチョウが飛んできた。カタクリが少しあるので止まってくれたらと心で願ったら本当に止まって吸蜜し始めた。かなりのスレ個体だがストロボがない分綺麗そうに見える。この場所は何年もギフチョウを見たことが...

  9. はじめてのギフチョウ - 八分目とり日記

    はじめてのギフチョウ

    早春の山でギフチョウを撮影してきました。急に思い立ったので、果たして出会えるか心配でしたがなんとか撮れました。想像よりずっと小さかったです。アゲハチョウぐらいかと思っていましたが、モンシロチョウより小さいぐらいでした。ひらひらと予測不能な動きで、野鳥よりずっと難しい。ロクな写真は撮れませんでした。一度だけ、ボケの花にとまりました。この時は距離も近かった。結局、まともに撮れたのはこれだけ。しか...

  10. ショウジョウバカマで吸蜜するギフチョウ - 蝶鳥写楽

    ショウジョウバカマで吸蜜するギフチョウ

    2021.04.07撮影花はあれどギフチョウ居ずギフチョウ居れど花がなし今年は撮影のチャンスに恵まれたしかし撮れたは撮れたで欲が出る背景や光線の具合が良かったらと今回はそのうえ被写体に近過ぎた否目の前近くに止まりすぎた!急斜面ゆえに立ち位置替えもままならずギフチョウの艶やかな色が出せなかったギフチョウにはフラッシュを使えばよいことを後で知った携行はしていたのだが

  11. 2011年3/27ギフチョウ、ミヤマセセリ、キアゲハ - ブログ和歌山の里山便り2

    2011年3/27ギフチョウ、ミヤマセセリ、キアゲハ

    蝶友さんと一緒にギフチョウ探索のプチ遠征に行ってきました。いつもの年なら4月に入ってからのポイントですが、今年は発生が早いとのことで1週間前倒し。ポイントに到着すると、早速現れました。ギフチョウ初めは地面止まりばかりで気分的にイマイチ乗らなかったのですが。しばらくするとミツバツツジに止まったり吸蜜シーンも見せてくれるようになって大満足。ミヤマセセリ地元では見ることが叶わなかった春チョウ・ミヤ...

  12. 奥獅子吼山 - はっぴいでいず

    奥獅子吼山

    今日の写真は過写です奥獅子吼山(928m)は何度も登っています林道が出来てからは手軽にハイキング気分で登れる山になりましたが以前は登山ガイドにも載っていないマイナーな山でしたこの山は頂上の眺めも良いですが途中のカタクリロードと呼ばれる登山道が魅力の山です光る海手取川扇状地と鶴来町パラグライダー北陸先端科学技術大学院大学白花カタクリとギフチョウ頂上から白山(20年ほど前のコンデジ写真です)(同...

  13. 2021.4.15新潟県・満開のカタクリギフチョウ(2)2021.4.29 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.15新潟県・満開のカタクリギフチョウ(2...

    2021.4.15(続き)満開のカタクリを背景にした飛翔を撮影する他、カタクリで吸蜜するギフチョウを撮影するのが目標であった。しかし、午前中はギフは飛び回るばかりで、カタクリで吸蜜し始めたのは正午少し前からだったが、カタクリの群落には入り込めないので、300ミリしか使えなかった。カタクリで吸蜜を始めても、向きが悪かったり、葉被りしたり、逆光であったり、カメラを持ち替えている間に撮影チャンスを...

  14. 2021.4.15新潟県・カタクリの大群落ギフチョウ(1)2021.4.26(記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.15新潟県・カタクリの大群落ギフチョウ(...

    2021.4.15前日の夕方は雨だったが、朝から予報どおりの快晴。湯沢駅で友人と待ち合わせ、満開のカタクリ群落を目指して車を飛ばす。10時すぎに到着。一番大きい群落は日当たりが良すぎるためか、カタクリはほぼ終盤だった。ギフも飛び回っているが、広すぎて撮影出来そうもないので、木立に囲まれた群落へ移動する。ここではギフは多かった。しかし、次々と飛んで来るがとまることはない。たまには、枯れ葉の上で...

  15. ギフチョウ - 飛騨山脈の自然

    ギフチョウ

    ギフチョウを学校教育の一環として行われている野外観察地に下見に訪れた。朝は氷点下だったので飛び出しが遅く11時近くになって見られるようになった。カタクリは自生していないので主な吸蜜植物はヤマエンゴザクになる。♀も確認できたのでこの日は最盛期のようだ。吸蜜するのは僅かで殆んどこうして枯葉に泊ることが多い。この場所は明るい個体が一般的だがこの個体はかなり黒く特異的だ。子供たちがギフチョウに会える...

  16. ギフチョウ☆卵 - Mag's  DiaryⅣ

    ギフチョウ☆卵

    「ギフチョウが産卵していますよう。」「はあい、ありがとうございま~す。」所用があって、2日後に出かけたのだけれど、ギフチョウの姿無し。遅かったか。天気も悪かったし(-.-)卵は確認できた。あまり歩き回って、サンヨウアオイを踏みつけてはいけない、これだけ確認すれば十分だょ。

  17. 越後のギフ-4-2(産卵:2021/4/11) - 小畔川日記

    越後のギフ-4-2(産卵:2021/4/11)

    家内があそこで2頭が絡んでいるというので見ると、枝に止まった個体にオスが絡んでいるところだった。見ると絡まれている方もオスで、羽化したてなのか翅が柔らかく、前翅も後翅も風になびいている。やがてオスはあきらめて飛び去ったけど、羽化直のオスはまだ枝に止まっている。家内撮影前翅は少し固まってきたのか風が吹くと後翅だけが風になびいていた。naoggioさんにSさんから交尾個体がいると連絡が入ったので...

  18. 越後のギフ-4-1(2021/4/11) - 小畔川日記

    越後のギフ-4-1(2021/4/11)

    4月11日は、1日に雪で入れなかった場所がちょうど良い時期かなと思って再度新潟に出かける。この日は、まだ撮れていない、満開のカタクリを背景にした広角での吸蜜写真と、交尾、産卵が撮れればいいなと思う。現地に着くと、naoggioさんとそのお友達(Sさん、Akakokkoさん、kiさん、MGさん)やKaさんなど、たくさんの方お見えになっていた。そのお仲間とは別にbanyanさんのお顔も見えた。カ...

  19. 春の公園で生き物探し - 元 子連れバーダーの日々

    春の公園で生き物探し

    今日は雨が降りそうなお天気だったので、すぐに帰れる近所の公園で春っぽい生き物探し。まずはアブの飛翔で肩ならしそして第一目標のツマキチョウ。今年は季節の進みが早いのでもう会えないかと思っていたのですが何とか間に合いました。ツマキチョウの横では綺麗なカメムシが交尾中そして密かな目標は春の渡りの夏鳥たち!だったんですが、ツミのメスががっつりお食事中で、小鳥たちも息をひそめているのかそれともまだここ...

  20. 続・最後のギフチョウ(笑) - はっぴいでいず

    続・最後のギフチョウ(笑)

    ギフチョウの翅がボロボロになってきたので撮りに行かないつもりでしたが我慢できず見に行ってきました良い場所に止まったけど・・・横向きでいまいちこのギフチョウは綺麗だけど背景が冴えませんな遠目で見てちょwカタクリもハゲてきましたがまだ咲いてますヤブツバキ桜にアゲハこっちの方がイイですな明日は筍を掘りに行ってきます食べるのは好きだけど掘るのは重労働で嫌いなんですけどねちなみに今年は筍があまり出ない...

総件数:364 件

似ているタグ