ギボウシのタグまとめ

ギボウシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギボウシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギボウシ」タグの記事(44)

  1. 近所の園芸店ーこぶつきサボテン、藤、ギボウシ、菊 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    近所の園芸店ーこぶつきサボテン、藤、ギボウシ、菊

    朝、近所の園芸店に行ってきました。こぶがいっぱいついたサボテンです。この園芸店では、藤の花が満開です。私がホームデポで買った藤の根っこはまだ芽が出てないというのに。園芸店の人に聞くと、まだ地面が冷たいので、心配しなくてもすぐに芽が出てくるともことです。ここの藤は北カリフォルニアから来ているので、南カリフォルニアについた途端、気温の違いが影響して花が咲き始めたとのことです。今日買ったものです。...

  2. 秋の装い… - 侘助つれづれ

    秋の装い…

    こがね色くるくるくるりからからからりみごとなプリーツ***擬宝珠の葉っぱ庭の片隅で美しい秋の装いに仕上がっていました

  3. 古い品種 - 猫屋の今日も園芸日和

    古い品種

    ギボウシの場合、まだ昭和の頃に世に出た品種の多くは、愛好家や業者が自生地で発見した山採りの個体だ。それらが株分けによって増殖されて出回るのだが、愛好家の手に渡ってからは、必ずしも株分けで殖やされるとは限らない。セルフで実生し、似通った芸の出たものが『○○錦』の実生として出回るケースは珍しくない。中には、『○○錦』のままで流通してしまうことも良くある。実際、ごく古い品種はオリジナルの株が現存せ...

  4. 初秋の花咲く三千院 - 花景色-K.W.C. PhotoBlog

    初秋の花咲く三千院

    初秋の三千院は可憐な花が咲きます。残暑厳しい京都市内でしたが、三千院までくるとちょっと涼しくて・・・花たちを眺めるお座敷でゆっくりさせていただきました。(※8月29日撮影)

  5. タマノカンザシ - IS_engei

    タマノカンザシ

    タマノカンザシは中国が原産とのことです。純白の大きな花です。しかも芳香があります。ギボウシとは思えないくらい大きな花です。ギボウシというより花だけ見れば百合の花かなと言った感じです。花に鼻を近づけ鼻から息を吸い込むと芳香を感じます。実はこのタマノカンザシは4年ほど前に初めての韓国旅行でに行ったときに、ところどころで白い大きなギボウシの花が咲いていた。咲いていたというよりシーズンを過ぎていたの...

  6. ギボウシ - なないろ模様

    ギボウシ

    朝花の文化園へダッシュ1時間ほど花撮り花たちにエネルギーもらってきました

  7. 暑かった夏8月22日(水) - 雲居

    暑かった夏8月22日(水)

    ミンミンゼミが歌っている。ギボウシの花が揺れているのは中でミツバチが働いているからだ。小さかったゴーヤが20cm弱になった。ピーマンもいっぱい付いている。キュウリもこの夏は沢山採れた。ちなみに私の作物の『沢山』は、アボリジニの数え方と同じで、一個、二個、三個以上は沢山になる。外にも出られない近来稀なる暑さにいつもは不作の植木鉢菜園が豊作だった。酷暑でも良いこともあるのだ。山桜の葉が色づき始め...

  8. 擬宝珠 - だんご虫の花

    擬宝珠

    ギボウシ(擬宝珠)ギボウシは色々植えておくと、前後して咲くので楽しみです。種類は忘れましたが、このホスタ(ギボウシ)も好きです。人気ブログランキング←クリックしてね。ありがとう~💗

  9. 酷暑の夏の花は涼しげな色で - 雲居

    酷暑の夏の花は涼しげな色で

    夏になって、ますますほっそり色黒になったテンのさっちゃん母さんは、未だに子供達の面倒を見ている。お食事どころに来るのは、勿論、PM6:00から早朝までの涼しい時間帯だ。蚊でさえ休んでいる日中には全く来ない。この夏の格別の暑さのおかげで、植木鉢のミニトマトが豊作だ。毎年申し訳程度しか食べられなくて、それでも毎年懲りずに植えていたけど、今年は立派に育っている。継続は力なり!待てば海路の日和あり!...

  10. 青い宝石アガパンサスとギボウシ - コテージ便り

    青い宝石アガパンサスとギボウシ

    普段はパッとしないコテージの玄関周り、夜の間に、誰かが惜しげもなく、サファイヤを振り撒いて行ってくれたので、青い宝石の粒が朝日を浴びて、✨キラキラキラキラ✨ 光り輝いています。植物の中で輝いている命を見る時、私は生きる喜びを感じます。「赤毛のアン」の作者モンゴメリは、自分の庭についてこんなことを言っています。「喜びをもたらしてくれる私の庭…私は花の中でダンスしているわ、愛らしい花が沢山咲いて...

  11. ギボウシ ** - なないろ模様

    ギボウシ **

  12. ギボウシ - なないろ模様

    ギボウシ

  13. 庭のギボウシ - 晴れ時々そよ風

    庭のギボウシ

    今朝、仕事から帰って庭に出てみた我が家のギボウシも陰でひっそりと咲いています。よく見ると蟻がウロチョロミニトマトが色付いた。弁当の具材が一品目増えました(^^)

  14. きの付く花 - がちゃぴん秀子の日記

    きの付く花

    ギボウシ金魚草キンケイギク

  15. 夏になる - あおいそら

    夏になる

    3日の留守のあいだに北側に置いてあるギボウシが咲き茄子トマトも進行地植えの西洋朝顔MIXの水色が咲いた朝たっぷり水撒きをして「今朝収穫の茄子トマト宅急便」お届けはキキではなくババ4日間フリーパスが今日まで有効なので箒でなく新幹線に乗ってビューンッだ

  16. ホスタ - だんご虫の花

    ホスタ

    ギボウシ(ホスタ)このギボウシは、立ち姿が美しいので好き!シャントしてる!ギボウシの種類はよくわからないけど、ブロ友さんがゴールデンティアレアかな?と教えてくださいました。ありがとうございます。きょうは、えびの市 矢岳高原へ行ってきます。人気ブログランキング↑いつもクリックありがとう~。💛

  17. 伊豆岩ギボウシ - 猫屋の今日も園芸日和

    伊豆岩ギボウシ

    主に伊豆の天城山〜伊豆半島南部と伊豆諸島、そして千葉県の南部の限られたところに分布する。かつては伊豆半島に分布するものを天城岩ギボウシ、伊豆諸島産のものを八丈岩ギボウシ、もしくは八丈ギボウシと呼んでいた。中央のくすんだ色合いのが我が家にある天城系の伊豆岩ギボウシ。葉に厚みがあり、葉柄の赤紫色の斑点が強く出る。こちらは、八丈系の伊豆岩ギボウシとして入手したもの。こう見ると、先日取り上げた『黄八...

  18. 『ゴールドスタンダード』 - 猫屋の今日も園芸日和

    『ゴールドスタンダード』

    洋種ギボウシの中でも特にお気に入りの品種なのだが、最近出回ってる市販の苗にはウイルス罹病株らしきものが良く見られたり、品種が間違っているものがあったりする。ほぼ黄金葉に近いが、葉の縁に薄く紺覆輪が入る。地植えにするともう少し葉の幅も広くなり、紺覆輪もよりくっきりする。大きくなった個体は、ややオオバギボウシに似ている。この品種の黄金葉個体であるフォーチュネイ・オウレアというのもあるようだが、国...

  19. ナメルギボウシ『海』 - 猫屋の今日も園芸日和

    ナメルギボウシ『海』

    かつて富山県産の三光斑オオバギボウシで入手したものだが、最近になってナメルギボウシとされた。オオバギボウシとの違いは、葉脈の裏がオオバギボウシはざらざらしているのに対して、本種はツルツルしている。それと、蕾の形や上がる時期はオオバと変わらないが、花がやや小さい。花はほぼ純白だが、花粉の稔性が失われており、セルフが掛からない。画像では結実しているが、確かオオバギボウシの何かを掛けたような気がす...

  20. 『白洋』 - 猫屋の今日も園芸日和

    『白洋』

    今となっては、この品種の事を知っているのは結構ベテランの趣味家さんだけだろう。その位古い品種。細葉系の岩ギボウシの様にも見えるが、フリルの入る葉が岩ギボウシよりも薄い感じで、更に裏白になるのが大きな特徴だ。芽出しの頃は、クリーム色がかった白い葉で、見た目のインパクトはかなりある。しかし、ゴールデンウィークを過ぎると眩んでしまい、上の写真のような地味な色合いになってしまう。似たような芸を示す品...

総件数:44 件

似ているタグ