ギンイチモンジセセリのタグまとめ

ギンイチモンジセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギンイチモンジセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギンイチモンジセセリ」タグの記事(89)

  1. 04ギンイチモンジセセリ「蝶図鑑」 - 超蝶

    04ギンイチモンジセセリ「蝶図鑑」

    フィールドガイドでは準絶滅危惧種ギンイチモンジセセリです。顔が、キツネのようで、結構好きです。

  2. 少し淋しい里山のセセリ達(2019/09/14)荒川② - 里山便り

    少し淋しい里山のセセリ達(2019/09/14)荒川②

    'セセリ達' の最盛期に撮影が出来なかった今期、少し発生がずれているのか?この時期居る筈の 'セセリ達' が少ない。例年ならば 'イチモンジセセリ' が最も多く見られるのだが極端に少ない。今日も多く見られたが、生憎の薄日ざし、止まれば直ぐに開翅してしまう。今度は間違いなく3化だと思います。ギンイチモンジセセリ夏型♂(銀一文字挵...

  3. 小畔川便り(川原の伐採前後:2019/9/6,8) - 小畔川日記

    小畔川便り(川原の伐採前後:2019/9/6,8)

    9月6日は晴れて30℃と暑い。ギンイチの様子を見に川原へ出かける。ギンイチは2♂、1♀を見かけるけど、メスはかなり擦れてきている。それ以外では、キバナコスモスにジャコウアゲハアゲハが来ていた。キバナコスモス以外にも普通のコスモスも咲き始めて背景がカラフルになってきた。望遠ズームで飛び立ちを撮影するけど、近づく必要がないので、アゲハのように一つの花に長居しない蝶の撮影が楽だ。結構たくさん撮影し...

  4. 小畔川便り(機材の動作確認とギンイチ産卵:2019/9/3.5) - 小畔川日記

    小畔川便り(機材の動作確認とギンイチ産卵:2019/9...

    9月8日は曇り、27℃くらいか。天気が良くなかったので、先に買い物を済ませて、少し明るくなってきた11時頃から川原に出る。この日は雨に濡れて設定が初期化され、乾燥材を入れたタッパーに入れておいた1V3の調子を見るために2週間ぶりに持ち出す。後は飛翔撮影用の1V2のみという、ほんとに確認用だけの身軽な格好。家を出るとすぐに土手をギンイチが飛んでいる。対岸の家を入れて撮影することができた。川原に...

  5. 小畔川便り(台風15号とその前の記録:2019/8/31、9/1) - 小畔川日記

    小畔川便り(台風15号とその前の記録:2019/8/3...

    昨夜(9/8)は台風15号が千葉に上陸し、関東を直撃した。昨夜の3時から5時くらいはすごい風と雨で目が覚めた。今朝は首都圏の交通網はズタズタで、JRの山手線などは動き出したのが午前10位とか。自宅前の川を見ると、かなり増水していたけど、7時半の時点では富士山が雲の間に見えていた。川原に生えている樹が台風などの増水で流されると、下流の橋などに被害が出るということで、今月いっぱいで伐採されること...

  6. 小畔川便り(ギンイチ3化の発生:2019/8/24) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチ3化の発生:2019/8/24)

    雨に濡れて起動しなくなった1V3の修理が上がってきたので、設定を見直して川原に持って出る。今までは70-300の望遠ズームを付けていたけど、このレンズはカメラを修理に出している間にもう1台の1V3につけたので、修理から帰ってきた方には、今後は10-30のレンズを付けて、主に飛び出しの撮影などに使うことにした。川原に出ると、キバナコスモスがかなり咲いてきて、華やかな感じになってきた。とりあえず...

  7. 秋の実りの秋ヶ瀬田んぼ【 20199/1(日) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    秋の実りの秋ヶ瀬田んぼ【 20199/1(日) 】

    二ヶ月ぶりに乗るチャリオ君です。土手からの眺めはすっかり秋景色、でも空気はまだ夏!兵どもが夢の跡、萩の花咲く青蜂広場です。蝶たちに遊んでもらいました。公園のバーベキュー広場で食事をしていると・・・何と何と!足周りをブルーの蜂が飛び回っています。感謝感激! オオセイボウが会いに来てくれたんですね。どうやらテーブル裏に托卵先のスズバチの巣がないかを探していた様です。写真はありません(爆)そんなテ...

  8. 小畔川便り(ギンイチモンジセセリは2化か3化か:2019/8/17.18) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチモンジセセリは2化か3化か:201...

    8月17日は久しぶりに自宅前のギンイチの発生地に行く。7月の末から、アゲハの吸水の観察にもう少し下流側に行っていたから、この場所に来るのは3週間ぶりくらいだ。例年だとそろそろギンイチの3化の発生期だけど、今年は発生が遅れ気味だからどうだろう。川原について様子を見ると、草刈りされた草も程よく伸びてきていて、キバナコスモスが咲き始めていた。キバナコスモスにはツマグロヒョウモンが吸蜜に来ていた。ふ...

  9. 小畔川便り(産卵シーンの撮影:2019/7/28.29) - 小畔川日記

    小畔川便り(産卵シーンの撮影:2019/7/28.29)

    7月28日、晴れて気温が高い。9時半ころに川原に出るけどほとんど何もいない。うろうろ探していたらようやくギンイチモンジセセリが飛び出した。結構新鮮なメスだ。今年の2化の初見が6月27日だから、それから1か月してもまだ発生していることにびっくり。今年の天候不順のせいだろうか。コスモスの花に別のメスが来ていた。翅の先が傷んでいる。面白い感じでストローを伸ばしている。ギンイチのストローはあまり長い...

  10. 撮り外し出来ない、ミヤマチャバネセセリ(2019/07/23)荒川 - 里山便り

    撮り外し出来ない、ミヤマチャバネセセリ(2019/0...

    今期2化、思惑通りのお目見えです。やはり 'ギンイチ' とセットですね。思わずの大写しです。-------------------------------------------------------------2化の 'ギンイチ' は充分に撮れたが、 'ミヤチャ' はお目見えしていなかった。突然の晴れ間に急遽探すことにした。...

  11. 小畔川便り(ギンイチメスの出現とヒメアカタテハの異常型:2019/7/13-19) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチメスの出現とヒメアカタテハの異常型...

    今年の梅雨は長くてぐずついた天気が多い。それでも薄曇りの時には自宅前の川原に出ておもにギンイチの観察を行っている。今年のギンイチの2化の初見は6月27日だったけど、7月10日までメスを確認できずにいた。いくらなんでももう出ているんではないかと、7月13日に川原に出る。曇りで気温は23度位。少し涼しい。川原に降りるとすぐにギンイチが2頭追飛をして飛んできて、そのうちメスがススキの葉の間に隠れる...

  12. 河川のcompadre達(2019/07/Around the middle)荒川② - 里山便り

    河川のcompadre達(2019/07/Around...

    結局今回も飛び立ちをお願いしちゃいました。飛び立ち愚作の寄せ集めでした。-------------------------------------------------------------少し引き気味に撮影、お行儀よく飛んでくれた。ギンイチモンジセセリ夏型♂(銀一文字挵)The Silver-lined Skipper (summer‐morphs) [Leptalina unic...

  13. 河川のcompadre達(2019/07/Around the middle)荒川① - 里山便り

    河川のcompadre達(2019/07/Around...

    定番撮りも押さえてある、飛び立ちもそこそこ撮れた。さて、次は何を?..........POTD.........compadre(お仲間)達と楽しい遊び方をテーマに,,,,, .....???-------------------------------------------------------------今期は予想以上に楽しませてくれた。自宅前の河川での一幕を多く切り取ってみた。思い...

  14. 小畔川便り(ギンイチ吸水:2019/7/10) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチ吸水:2019/7/10)

    7月10日、少しは日が照るという予報だったけど曇天。11時頃から明るくなってきたので川原に出る。気温は低くて、23℃いったかどうか位。蝶は、ヒメウラナミジャノメとかツバメシジミくらいしかいなくて、あまり新鮮ではないのでカメラが向かない。ギンイチもいないので、少し周辺の様子でも見ようかと思うけど、このところの雨で増水して、ショートカットでは川は渡れない。仕方ないので、遠回りだけど普通の道を歩き...

  15. 小畔川便り(ギンイチモンジセセリとヤマトシジミ高温期型:2019/7/8) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチモンジセセリとヤマトシジミ高温期型...

    7月6日は曇り、7日の七夕は終日雨だった。8日になってようやく雨が上がって朝から明るい曇り。10時くらいから川原へ。土手の草はかなり伸びてきていて、雨のすぐ後だと水たまりや草が濡れていて足元が大変だ。写真は6月28日のもの川原に降りるけど気温がまだ低いので蝶の姿はほとんどない。10時半過ぎにようやくギンイチが飛び出した。気温が低いので止まってもすぐに翅を開いてしまう。ふと見ると、ジャコウアゲ...

  16. 銀一の夏 - 夜つぐみの鳴くところで

    銀一の夏

    ギンイチモンジセセリ(銀一文字挵蝶)の夏型です。黄褐色地に銀白色の筋がはいったセセリです。成虫は年2回発生し、春型は4~5月、夏型は7~8月に見られます。他のセセリに比べると体が細くて飛び方も弱々しいです。常に低いところをひらひらと力なく飛んでいる印象です。春型は後翅裏に付け根から外縁に向かって一条の銀帯が目立ちますが、夏型はその一文字が薄くて不明瞭だといいます。ただ、この日は雨上がりのため...

  17. 大和路小遠征その1 - 紀州里山の蝶たち

    大和路小遠征その1

    皆さん、こんにちはー。三連休の最終日、出発当初は小雨混じりの天候でしたが、現地に着くころには薄日が差して来ました。蝶友さんをお誘いして、今シーズン2度目の大和路小遠征に行って来ました。第2化のギンイチがチラチラとテリトリー行動で止まりません。アカツメクサには、準絶滅危惧種のウラギンスジヒョウモンが吸蜜中でした。この辺りが紀伊半島の南限かなぁ?

  18. ギンイチモンジセセリ夏型、飛翔・吸蜜(2019/07/06)荒川② - 里山便り

    ギンイチモンジセセリ夏型、飛翔・吸蜜(2019/0...

    今回も撮影順不動でお届けです。飛翔・吸蜜シーンを主体に掲載です。..........POTD..........何時もの組み映像です。-------------------------------------------------------------'ギンイチ' はストレスを感じているのでしょうが、此方ははストレスなく撮影です。 .....(*^m^*) ムフッ....

  19. ギンイチモンジセセリ夏型、今期は見逃さず。(2019/07/06)荒川① - 里山便り

    ギンイチモンジセセリ夏型、今期は見逃さず。(201...

    前年夏型の発生時に猛暑、連日の「熱中症注意報」の発令で、自宅前と言え撮影は叶わなかった。全くいなかったわけではないのですが、あまりの暑さに撮影意欲を失っていた。今年は雨続き、どうなる事やらと思いながらポイントに向かう前に、自宅から3分、”いつもの小径” を登りきると、何頭か目に入った。'チャリ' を横倒し、急いで機材をセットする。..........POTD.........

  20. 小畔川便り(雨の合間の撮影:2019/7/5) - 小畔川日記

    小畔川便り(雨の合間の撮影:2019/7/5)

    7月5日は曇り、4日は一日雨だった。九州ではかなりの雨が降って被害も出たようで、終日そのニュースが流れている。11時頃に家を出て、道路を横切って土手に入るとすぐに、ギンイチモンジセセリのオスが飛んできた。曇りですぐに止まるけど、少し傷んできている。結局この日はこの一頭しか見つからなかった。いつもの川原まで歩く途中では、モンシロチョウが産卵植物を探して飛んでいる。左にある小さい丸い点々の葉が食...

総件数:89 件

似ているタグ