ギンイチモンジセセリのタグまとめ

ギンイチモンジセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはギンイチモンジセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ギンイチモンジセセリ」タグの記事(136)

  1. 2021.4.12東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセリ2021.4.21 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.12東京・多摩川河川敷ギンイチモンジセセ...

    2021.4.12消滅したいつものポイントより上流に行く。かなり歩いた所で、土手と河原の間で局所的に飛び交っている所があった。しかし、午前中はまるでとまらず、正午が過ぎてからようやくとまり出した。思ったより傷んでおり、きれいなものを後で選んだ。前回と違って、開翅する個体は少なかった。気温が影響しているのだろう。実は、ギンイチよりもツバメの青♀。しかし、青♀は見つからなかった。青くなくても新鮮...

  2. 2021.4.9東京・多摩川河川敷ツバメシジミ2021.4.19 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2021.4.9東京・多摩川河川敷ツバメシジミ2021...

    2021.4.9毎年ギンイチモンジセセリを撮影していた場所は、1か月ほど前に電車の窓から見た時、すっかり砂利が敷き詰められていた。昨年は全く来なかったのでわからなかったが、2019年の台風19号の後始末の河川敷工事によるものと思う。そこで、このポイントがどうなったか確認に行ったわけだが、やはり完全に消滅していた。その下流はノイバラに多い尽くされ、ヒメウラナミジャノメだけが目についた。まあ、覚...

  3. ミヤマチャバネセセリ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ミヤマチャバネセセリ

    2021年4月18日(日),快晴.予報では強風のため地元のポイントでは吹き曝しで撮影できないと判断し風が避けられるポイントへ出かけた.このポイントは5年前に風を避けて沢山飛んでいるギンイチモンジセセリを見つけた所.案の定この左側の篠で風が避けられ強風が当たらない所に多くのチョウが集まっていた.ギンイチモンジセセリが今年も沢山見られた.ギンイチモンジセセリを眼で追っているとツマキチョウが飛んで...

  4. ギンイチモンジセセリ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ギンイチモンジセセリ

    2021年4月17日(土),曇り.今年も自宅近くの花室川へギンイチモンジセセリの確認へ行った.ここも毎年のようにギンイチの数が減っていて,今日はわずか2頭しか確認できなかった.ベニシジミは沢山見つかった.ギンイチモンジセセリ.気温が低くて開翅してくれないので飛翔を撮った.午後から植物園へ.今が見頃のシャクナゲ.マイヅルソウタカネエビネクロユリ目的のクマガイソウ.例年と比べ1週間以上早い開花.

  5. ソロソロ終盤? 両セセリ達(2021/04/08) - 里山便り

    ソロソロ終盤? 両セセリ達(2021/04/08)

    それほど多くの数は出なかったが、お越しいただいた 'スペ・ゲス彡' と共に撮影に困ることはなかった。同じ様な映像が続いたので割愛して投稿です。ギンイチモンジセセリ春型♂(銀一文字挵)★★★☆☆The Silver-lined Skipper (spring‐morphs) [Leptalina unicolor]準絶滅危惧(NT) (環境省レッドリスト)少々お窶...

  6. ギンイチモンジセセリチガヤの川原で苦戦 - 蝶のいる風景blog

    ギンイチモンジセセリチガヤの川原で苦戦

    ギンイチモンジセセリを探しに行った。以前行っていたところは一昨年の台風で壊滅してしまった。別の川原に行ってみるといた、いた。ギンイチモンジセセリがチラチラ飛んでいた。翅の裏に銀色の線がすっと一文字に入っているこの蝶はとてもかわいらしい。しかし、チガヤの中を飛ぶばかりでなかなか止まらない。撮影は意外と難しいのだ。朝早くなら比較的止まるのだが、今日はやっぱり苦戦した。チガヤをかき分けて入って行っ...

  7. 吸蜜ポイントの、ギンイチモンジセセリ I(2021/04/08) - 里山便り

    吸蜜ポイントの、ギンイチモンジセセリ I(202...

    一雨ごと、一風ごとに鮮度が落ちて行きます。ここのところ特に寒気を伴った、川を舐めて吹き上がってくる風にギンイチモンジセセリ達の鮮度が見る見るうちに落ちてきました。チガヤ・フィールドから離れて吸蜜に訪れる個体が増えてきます。そんな吸蜜に訪れる個体達を追ってみました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......何時もと違って、背景が五月蠅いのが楽しかった。数々の野の...

  8. 新フィールドにて、ギンイチモンジセセリIII(2021/04/06) - 里山便り

    新フィールドにて、ギンイチモンジセセリIII(2...

    曇り時折晴間、穏かだが肌寒い。好条件とはいかなかったが、丁寧に探ってみた。.........☆ My Cup of Tea ☆.......う~ん⁉ワイルド感満載。大分擦れた個体ですが、何だかお気に入りです。-------------------------------------------------------------自宅から近いから出かけましたが、この天候では遠征して撮るのだっ...

  9. ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ他 - 風任せ自由人

    ギンイチモンジセセリとミヤマチャバネセセリ他

    前回の「アゲハとコミスジ」についての記事でも触れたが、その日の主目的はギンイチモンジセセリだった。訪問した河川敷にギンイチモンジセセリはかなりの数が確認できた。しかし、この蝶は草の生い茂った中を飛び続け、なかなか撮影させてくれない。そんな中、草花の多い草原に飛んできて、吸蜜をしてくれる子もいたので、それは楽しく撮影することができた。既に翅に傷みが見られる子も多かった。ギンイチモンジセセリを探...

  10. 新フィールドにて、ギンイチモンジセセリII(2021/04/03) - 里山便り

    新フィールドにて、ギンイチモンジセセリII(20...

    前日は二人で探索したが、今回は一人で行動です。フィールドの足元整理、纏わりつく 'ノイバラ(野茨)Japanese rose [Rosa multiflora]' をカットしました。作業中に我等が「蝶鳥追っかけ撮影隊」の 'Sit彡' から "業務連絡"、比企丘陵に 'ウスバシロチョウ' が発生したと,,,...

  11. 新フィールドにて、ギンイチモンジセセリ(2021/04/02) - 里山便り

    新フィールドにて、ギンイチモンジセセリ(2021...

    前期のフィールドが野焼きにあって全滅。その前年度は台風の被害で水没と、散々な目にあい、今期果たして撮れるのか?危惧していた 'ギンイチモンジセセリ' が、「里山のJiiji-Kt彡」にフィールド造りのお手伝いを戴き、幅5mx70mと5mx20mのフィールドを取り敢えず作っている最中に寄ってきた 'ギンイチモンジセセリ' を今回ご紹介します...

  12. ORAGA里山の大事な宝物、ギンイチモンジセセリ(2021/04/01) - 里山便り

    ORAGA里山の大事な宝物、ギンイチモンジセセリ(...

    早くも出現です。ツマキチョウ狙いで待ち受けていたら、突然現れました。"ゼフィルス" の 'ウラゴマダラシジミ' と共に貴重な 'ORAGA里山' の宝物の出現に早くもモチベーションが上がってきました。前年度作った絶好のフィールドは、皆さんにお越しいただき、十分に楽しめましたが、今年に入り "野焼き" ...

  13. 地球温暖化!ギンイチモンジセセリ&ミヤマチャバネセセリ舞うin2021.04.02~03見沼田んぼ - ヒメオオの寄り道

    地球温暖化!ギンイチモンジセセリ&ミヤマチャバネセセリ...

    まだデータを纏め終わっていませんが鳥居ムラツ集団も3月末には完全に解消してしまいました。コロナ禍の下、混雑した駅や電車を使って探蝶は怖いのでフライング覚悟で3月末から見沼田んぼの「ギンイチモンジセセリ」、「ミヤマチャバネセセリ」に挑戦してみました。すると・・・・4月2日までは全く見つかりませんでしたが、地球温暖化の影響か本日4月3日10時過ぎにまず「ギンイチモンジセセリ」(右やや下)↓が1~...

  14. 小雪朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) - 紀州里山の蝶たち

    小雪朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)

    皆さん、おはようございます。今日で11月も最終日、明日から師走です。今週からは、何となく掲示できなかったファイルをUpして一年を振り返ります。最初は、ギンイチモンジセセリです。大和路探索(5/5)でやっと春型と初見できました。現地到着時は、まだまだ肌寒くて、昼前気温が上がり始めてから、「チラチラ」と飛び始めました。

  15. 5/5ギンイチモンジセセリ、フタスジサナエ、ヨツボシトンボ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    5/5ギンイチモンジセセリ、フタスジサナエ、ヨツボシトンボ他

    この日は蝶友さんと一緒のリベンジでプチ遠征。先日の下見の成果があったので自信を持って。天気もチョウの探索日和で暖かく、これは楽勝やなぁ。と思っていたのに…。先日の探すコツを活かしつつ探しましたが、おかしい。見つからない。主役を探しつつ、脇役たちを楽しみます。ベニシジミこの時期ながらの鮮やかな朱色。しかも新鮮。ヤマトシジミ残念ながらややスレ気味でした。ツバメシジミ控えめに青色鱗が乗った♀と、ス...

  16. 5/2ギンイチモンジセセリ、コサメビタキ、スッポン - ブログ和歌山の里山便り2

    5/2ギンイチモンジセセリ、コサメビタキ、スッポン

    ゴールデンウィーク前に蝶友さんとプチ遠征したとき、フライングだったチョウ。再挑戦を前に下見に行ってきました。結果は、無事発見。ギンイチモンジセセリ少し傷が付いていたけれど、きれいに縁毛が揃っていて、十分満足できる個体でした。やはりこの一週間ほどの間で羽化したんでしょう。春型の白いラインも鮮やかです。探し方も何となくわかったようにも思うし、蝶友さんとのリベンジも自信を持って臨めるというものです...

  17. 小畔川便り(チャバネセセリの産卵他:2020/9/5-9) - 小畔川日記

    小畔川便り(チャバネセセリの産卵他:2020/9/5-9)

    9月5日は晴れで、最高気温は34℃くらい。9時10分くらいから川原へ。ふと気がつくとキタテハが秋型になっていて数も多い。ヒメアカタテハもよく見るようになってきた。ジャコウアゲハは雌雄とも飛んでいるけどメスは傷みが目に付く。キアゲハは3,4頭飛んでいるけど、きれいなオスが目に付いた。6日は、骨折で1か月ほど入院していた義母が退院したというので甲府へ。入院中はコロナ関係で見舞いはできないと言われ...

  18. 小畔川便り(ギンイチとウラナミシジミの産卵:2020/9/2.3) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチとウラナミシジミの産卵:2020/...

    8月28日にギンイチのオスがいたけど撮影できなかったので、9月2日もに自宅前の川原に10時過ぎに出かける。最初に見掛けたのはいつも通りキアゲハ。元気にコスモスで吸蜜している。1V3の広角で飛び立つところも撮影する。ヒメアカタテハも吸蜜に来た。ギンイチモンジセセリが飛んできたので何とか撮影。ここのところ夜に少しだけ雨が降るようになったけど、8月に全く雨が降らなかったので、花が遅く咲くピングのコ...

  19. 小畔川便り(ギンイチ3化とキアゲハ:2020/8/25) - 小畔川日記

    小畔川便り(ギンイチ3化とキアゲハ:2020/8/25)

    8月25日は晴れ、朝は25℃位か。少し雲があって、一時よりはしのぎやすい感じ。23日にギンイチモンジセセリが撮影できなかったので、飛翔の証拠写真でもいいから撮影したいと、9時半くらいから川原に出かける。この日もジャコウアゲハが多かったけど、少し傷んだ個体が多かったので、きれいなメスにだけカメラを向ける。吸蜜しているキアゲハの所にオスが飛んできた。右前翅がやや羽化不全気味の個体だ。吸蜜していた...

  20. 見沼田んぼギンイチ夏型&信州のヒメキマダラセセリほかin2020.06.27~07.26 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼギンイチ夏型&信州のヒメキマダラセセリほかi...

    「ギンイチモンジセセリ」夏型は、①関東平野など暖地のみにしか生息していない(寒冷地は春型1化のみ)②春型に比べて個体数が少ない(と感じる)③草の背丈が伸びているので春より見つけにくい④草原性のチョウなので陽射しを遮るものがなく暑い中探すのが大変⑤更に春型に比べて地味なので探す意欲が湧きにくいといことでここ数年探していませんでした。しかしながら今年は、久しぶりに見沼田んぼでギンイチモンジセセリ...

総件数:136 件

似ているタグ