クオータ制のタグまとめ

クオータ制」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクオータ制に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クオータ制」タグの記事(8)

  1. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録2 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録2

    4月20日に開かれた「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」の講演録2です。この前段は講演録1をどうぞ。■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」講演録1■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道2■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言■国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して④(...

  2. 本旨を生かして男女同数候補者を! - FEM-NEWS

    本旨を生かして男女同数候補者を!

      ▲「候補者男女均等法」の成立を受けて全国フェミニスト議員連盟が出した宣言 ▲2018年5月16日、国会前で喜ぶ全国フェミニスト議員連盟。同連盟は1992年以来、クオータ制をめざして政党や世論に働きかけてきた。「候補者均等法」はクオータ制を退けたものの前進への小さな一歩となった(写真提供:伊藤正子)■祝!「政治分野における男女共同参画法」成立■参院内閣委員会 政治分野における男女共同参画推...

  3. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」報道

    4月20日の国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が、「I 女のしんぶん」に報道された。代表的比例代表の国ノルウェーは、法でクオータ制は規制されていないが、政党の多くがクオータ制を導入している。ニュージーランドは世界初の女性参政権獲得国だが、比例代表併用制に変わって女性議員が増えた。韓国は、日本と同じ小選挙区比例代表並立制だが、比例区にクオ...

  4. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して② - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して②

    「選挙を変えれば暮らしが変わる」という国際シンポジウムに参加してきました。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の大使館の方がいらして、選挙システムについてのお話が聞けました。3カ国の驚くばかりの女性の参加率に、本当に日本はどれだけ遅れているんだろうと思いました。政府は、女性に輝け、とか言いながら、政権の中心いる男性達の女性蔑視が毎日のようにニュースになる日本です。財務省の麻生大臣は、次官のセク...

  5. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国

    4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。スピーチ内容を要約して、国ごとに紹介する。■韓国「クオータ制とその実態を選挙制度から見て」(講師:キム・デ・イル参事官兼選挙官、通訳:オ・ヨンテ在外選挙担当官)韓国にクオータ制が導入されて...

  6. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序

    加計・森友改ざん事件、自衛隊の日報隠ぺい事件、財務次官のセクハラ事件…など問題が噴出する国会。この場に、女性はどの程度進出しているだろう。国際比較に使われる衆院に、女性はわずか1割しかいない。一方、北欧ノルウェーは4割を超え、ニュージーランドは約4割、おとなりの韓国は2割に届こうとしている。代表的な比例代表制選挙の国ノルウェーは、100年間、国会も地方議会も比例代表制である。ニュージーランド...

  7. イタリア国会の女性議員約36%(下院) - FEM-NEWS

    イタリア国会の女性議員約36%(下院)

    イタリアで、3月4日総選挙があった。反EUのポピュリズム政党「五つ星運動」が躍進したらしい。さて、女性議員は増えたのだろうか。The Localによると、下院630人のうち女性議員は225人。史上最高の35.71%となった。昨年、選挙法が変わっただけでなく、政党候補者リストの上部に女性40%のクオータ制を入れさせた結果だろうか。イタリアは、単純な比例代表制だった。しかし、比例代表制での小政党...

  8. 力ずくで変えていった(『ノルウェーを変えた髭のノラ』感想) - FEM-NEWS

    力ずくで変えていった(『ノルウェーを変えた髭のノラ』感想)

    『ノルウェーを変えた髭のノラ』(三井マリ子著、明石書店)を読みました。ヨーロッパは、昔から女性にも人権があるものだと思っていましたら、なんとノルウェーでも30年前は今の日本と大差なかったと言うことを、この本で初めて知りました。現在の北欧の女性の活躍を見聞きして、女性が人権を得たのはごく最近だなんて思えなかったので、衝撃でした。では、なんで、北欧と日本で、これほどまでに大差がついてしまったので...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ