クマゼミのタグまとめ

クマゼミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクマゼミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クマゼミ」タグの記事(28)

  1. 2021年8/20クマゼミ、コチャバネセセリ - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年8/20クマゼミ、コチャバネセセリ

    低い枝にクマゼミが止まっていました。クマゼミ大きくて黒いセミ、子供だった頃からよく見かけていたので私にとってはお馴染みのセミですが、昔は関東にはいなかったらしいですね。ミンミンゼミは、こちらでは平地では声すら聞くことができない、山のセミでしたが、関東に行くと街中でも泣いていて驚いたことがありました。コチャバネセセリ突然降り出した雨を避けるかのように、葉陰で雨宿りしているのを見つけました。羽化...

  2. 8月28日の「とり・むし・はな」② - 清治の花便り

    8月28日の「とり・むし・はな」②

    総裁選面白きかな秋の陣総裁選不出馬株高秋の午後歩地爺8月28日大森町の続きです他にも沢山のカタツムリヒヨドリジョウゴゴイシイジミヨシノアザミクマゼミ目の前にどこか解らぬ秋の蝉歩地爺ゲンノショウコこの辺り紅白のあり医者いらず歩地爺ミズヒキ青げらの竹叩く音澄みにけり歩地爺イノコズチ(牛膝・ふしだか・こまのひざ)ゐのこづちくっつきむしと子ら遊ぶ歩地爺?ヤブランニホントカゲ道中に尻尾短き蜥蜴かな歩地...

  3. クマゼミ - 虫のひとりごと

    クマゼミ

    今年はクマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミと一斉に鳴きだした気がするな。

  4. スマホでマクロ撮影 - スポック艦長のPhoto Diary

    スマホでマクロ撮影

    洗濯もんを干すときにクマゼミがちょっかい出して寄ってきた今年はクマゼミが我が家の庭から沢山羽化してそのうちの一匹かもしれない朝早くから煩いほどにシャアシャア大合唱だ温暖化の影響かクマゼミが大量発生して他のセミを駆逐しているのだろうか九州で子供時代を過ごしたがあちらではたくさん発生していた大阪に引っ越してきたときはまだ珍しかったと思ったがクマゼミ前線はどんどん北上を続けているらしいさすがのスマ...

  5. セミの夏 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    セミの夏

    暑いですね。セミの大合唱が、世界を余計に暑くしているような気がしますが、まあ、仕方ありませんね。彼らにとってはたった一度の夏ですからね。こっち(北九州)の町中で鳴くのは、ほとんどクマゼミ。クマゼミは東日本にはほとんどいないそうですが、最近は気温上昇のせいか、分布を北の方に広げつつあるそうです。鳴くのはオスで、当然メスを呼んで鳴くわけですが、ウグイスみたいに啼き方を工夫するわけでもなし、ただワ...

  6. キボシカミキリ見た目そのまま - 居座り君の畑

    キボシカミキリ見た目そのまま

    今日の収穫変わり映えなしミニトマトは終わりが見えてきたバジル花瓶用バジル水耕栽培日当たりのある場所で根が出てきたキボシカミキリ柑橘・イチジクなどの害虫困ったちゃんですクマゼミオス渋柿で鳴いていました

  7. 蝉の季節 - 今日もひとつだけ

    蝉の季節

    早朝からシィシィシィシ〜ユーチューブで調べたらクマゼミの鳴き声のようだひとしきり鳴いてはしばらく休んでまた起きてはみたものの身体は、エアコンでぐったりだるいでもつけなきゃ暑くて眠れんちょっと草むしりする気力なし無理はやめようと勝手に休みにしたそのかわり手元のPHP読んで小休憩開いたページが、昨夜テレビに出てたひとのエッセイでこのタイミングのよさと自分の心の居場所がぴったしきて醍醐味でしたさて...

  8. クマゼミや 手抜きをしない鳴き姿 - 月はひとり 星は二人で見上げたい - 人生は第四コーナーから

    クマゼミや 手抜きをしない鳴き姿

    写真は毎度おなじみ 鰹のタタキからニンニクすりおろしすぎてちょっと夜に眠れませんでした。。ムスメさん誕生日で ケーキを届けてムスコが嬉しそうに食べている写真が届く夏の暑い日もう三十年以上昔の夏の朝あのころは 吸入器の開発チームにいたのか血圧計だったのか三十年後にどんな人生を送るのかということなどそれほど きちんと考えていなかった(自分)それが若者なのだろう。。私の人生にスポットライトの注がれ...

  9. 短い命は今日から始まる - スポック艦長のPhoto Diary

    短い命は今日から始まる

    我が家の狭い庭でも毎年羽化が2~3匹見られます然し抜け殻は見るのですが今まで羽化の瞬間は見た事が有りません最近facebookでセミが鳴きだしたとアップされているので昨日夜遅くに庭に出て探してみると上記の羽化直後の個体を発見LEDの懐中電灯とマクロレンズを持ちだしてあーでも無いこーでも無いと四方八方撮影してみましたつぶらな眼とまだ濡れているような羽化直後の綺麗な羽何とも神秘的なThe Bir...

  10. 8/15近所散策ジャコウアゲハ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    8/15近所散策ジャコウアゲハ、他

    自宅周辺をカメラを持って探索しました。ヤマトシジミ食草のカタバミへ産卵していました。ジャコウアゲハいつも見かけるポイントへ行ってみると、カンカン照りの炎天下ではまったく飛んでいません。暑い日差しを避けて休んでいるならあそこだろうと、目星を付けた木陰へ行ってみると、予想どおり下草に止まっていました。樹からはうるさいくらいのセミの声が降ってきます。アブラゼミ声の主はアブラゼミでした。クマゼミクマ...

  11. 夏だ! 猛暑だ! 熊ちゃんだ!【 20208/8(土)  】 - 夜つぐみの鳴くところで

    夏だ! 猛暑だ! 熊ちゃんだ!【 20208/8(土) 】

    oh!モーレツ! すさまじい爆音で鳴く クマゼミ軍団(熊蝉)です。自分たちが子供の頃には関東にいなかったセミですが、どうやらこの栴檀の木は南方から移植されたものらしいです。ここで見掛けてからすでに11年目、もはや完全に定着しています。温暖化でドンドン北限を拡げているんですね。軍団が一斉に鳴く様はまさに騒音レベルなのですが、何故か太陽が高くなる頃には鳴き止んでしまいます。朝日が昇ってから昼近く...

  12. クマゼミ - 虫のひとりごと

    クマゼミ

    死骸をよく見かけた。鳴き声も少ない。アブラゼミはよく鳴いている。

  13. セミの初鳴き(クマゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミ)+ゴマダラチョウ - 東京いきもの雑記帳

    セミの初鳴き(クマゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミ)+ゴ...

    中村です。今朝はクマゼミの声で目が覚めました。夏の間に聞くと暑さが増しますが、初鳴きは別です。うれしいものですね。つづいて朝の愛犬散歩中にはミンミンゼミ、同じく夕方の散歩中にはアブラゼミの声も聴くことができ、一気に夏が近づいていることが感じられました。あ、あと新左近川親水公園ではゴマダラチョウが飛んでいました。最近数が少ないので、姿を見るだけで嬉しくなってしまいます。残念ながらセミもゴマダラ...

  14. 散歩道 - 老いの小文

    散歩道

    散歩道は蝉しぐれの中。いつの頃からかアブラゼミの鳴き声が少なくなり、クマゼミの‶シャンシャンシャン”(文字で表すのはムツカシイ)ばかりが降り注ぎます。それでもまだ蝉の盛期には至っていないのか、目を凝らして探すも姿は中々見つからない。散歩道の公園植え込みの其処此処に百日紅が咲きだした。クマゼミにかわってツクツクボウシが鳴き始める頃、百日紅の実が目立ち始める頃、その頃までは長い暑い日々が続きます...

  15. 梅雨前線 - Hair Produce TIARE

    梅雨前線

    梅雨前線が停滞して九州から中部地方まで、豪雨によって各地で甚大な被害が出てしましました。まだ前線は停滞するそうで今後の雨量によっては再び被害が拡大してしまうかもしれません。今年はコロナ問題があるうえにこんなにも酷い災害まで起きてしまい、人々の復興への気持ちもお互いに応援しなくてはいけませんね。何かできることからはじめましょうか。そんな中、いっとき雨が止んだ時間帯に外から聞こえてくる声が。。。...

  16. まだ鳴き足りないクマモンです - 夜つぐみの鳴くところで

    まだ鳴き足りないクマモンです

    こちら九州から移植されたセンダン(栴檀)です。セミたちにとって今年の夏は短かった様ですよ。夏休みも終わったのにクマゼミたちはまだ盛んに鳴いています。もうその音量たるや凄い!シャッター音が全然聞こえません(爆)隣には今が盛りのフヨウ(芙蓉)です。

  17. ~クマゼミいたよ~ - My  Photo  Life

    ~クマゼミいたよ~

    今日は、天気予報通りの雨天。今朝は晴れ間が出たり・・・黒い雲に、急な雨風もおさまり薄暗い昼間です。九州では大変な雨の被害など想像以上で、心配ですね。昨日は、近場の河原をゆっくり歩きながら木々にいる昆虫を探していると、やや大きめの力強そうなセミが・・・「見慣れない。何だろう?」家に帰って調べると、ナガサキアゲハと同じく北上、関東でも見られるようになった”クマゼミ”のようです。nariさんから聞...

  18. 蝉の夏 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    蝉の夏

    夏と言えばセミ!ですが、ここに来て、そのけたたましさも少々和らぎ始めたようです。ジージーと、それこそ油炒めのようにうるさいアブラゼミに代わって、ツクツクボウシや、物悲しいヒグラシの方が多く聴かれるようになった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?ということで、アブラゼミです。この茶色の翅が油紙のようだからアブラゼミ、という説もあるようです。長い口(口吻)を幹に刺して樹液を吸ってます。セミ...

  19. 昆虫、カエルから考えられること。 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    昆虫、カエルから考えられること。

    なになに、今回は虫とカエルの話なの?はい、そうです。なんて言いますか、いわゆる環境の悪化ですかね、温暖化や土壌汚染が関係しているのではないか。我が家は田舎なのですが、周辺にアマガエルがそこそこいるんですね。近くの田んぼが埋め立てられて家が建った時、しばらくアマガエルを見かけなくなり、どうしたのかと心配しました。去年あたりから、アマガエル、ヒキガエルを見るようになりましたが、いつまでたっても小...

  20. クマゼミ 羽化-2 - オヤヂのご近所仲間日記

    クマゼミ 羽化-2

    ■クマゼミの羽化撮影も最終今回の訪問では羽化個体は4頭程。ここでの羽化もほぼ終了の様で、定位からの羽化撮影はまた来年へ。定位個体も見つからず、既に翅が伸び切っていた個体を撮影し、これで今季の最終。●クマゼミ(♀) PhotohitoリンクSONY α7RIII+FE 90mm F2.8 Macro G OSS■今回の結果●クマゼミ羽化撮影は今季終了既に羽化も終盤で、定位からの羽化撮影は望めな...

総件数:28 件

似ているタグ