クモガタヒョウモンのタグまとめ

クモガタヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクモガタヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クモガタヒョウモン」タグの記事(55)

  1. この高原はヒョウモンの季節? - 蝶超天国

    この高原はヒョウモンの季節?

    8月9日つづき午後は違う場所でもヤマキチョウを探しましたが・・・またしても成果はありません。その代り・・ここではヒョウモン類が時々吸蜜していました。ウラギンスジヒョウモンは♂も♀も新鮮な個体がいました。♀は前翅の先にある白紋が良いですね。他の♂は少し擦れていて・・・こんな感じです。コウリンカが似合います。ここでは少ないオオウラギンスジヒョウモンにも出会えました。アザミの花はまだ少なく感じまし...

  2. 高原撮影第9弾、酷暑の中のクジャクチョウ(2020/08/11)群馬 - 里山便り

    高原撮影第9弾、酷暑の中のクジャクチョウ(2020/...

    少し下がって群馬側の林道を探蝶した。林道では「浅間の煙彡」とお会いする。いつもの露岩壁には 'アサギマダラ' の姿はないが、林道には何頭も 'ヒヨドリバナ' で吸蜜していた。今回最も多く見られたのは 'コムラサキ' であったが、止まる様子がなく、たまに静止するときは殆んど側溝の中だった。..........POTD........

  3. 今日の蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日の蝶達

    朝から晴れ時々曇り、午後4時40分、突如、雷鳴と共に土砂降りの雨でした。今日は全国的に熱中症アラートなるものが発せられて、相当に気温が上がったでしょう。幸い、浅間高原では差ほどに暑くなく、炎天下でなければ比較的しのぎやすい1日だった。午前中、庭に飛んできたのはスジグロチャバネセセリ♂だった。庭ではオニヤンマ2匹が飛び交っていた。フィールドでは、ヤマキチョウの新生個体が発生しているけど、我が家...

  4. 高原で出会ったタテハ類 - 風任せ自由人

    高原で出会ったタテハ類

    ベニヒカゲが主目的だった蝶行では多くの蝶との出会いがあった。今回がその蝶行の最後の記事となるが、既に掲載済みのベニヒカゲ、クジャクチョウ、サカハチチョウ以外のタテハ類についてだ。今年はコヒョウモンとの出会いが少ない。途中の道沿いでイブキジャコウソウに何かが吸蜜に来ていたので車を停めて撮影。現場ではコヒョウモンだと思っていたが、帰宅後にPCの画面で見るとコウゲンヒョウモンのようだ。コウゲンヒョ...

  5. ご近所の蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ご近所の蝶達

    本日、曇り時々晴れ、午後4時頃にはにわか雨と雷鳴があったが直ぐに晴れて来た。午後、外のフィールドには出ることなく、居住区内のご近所の蝶を観察してました。昨夏8月下旬、クジャクチョウが大量発生していたアスターコリアナの咲く散歩道に行ってみた。まだ開花はこれからでしが、それでもスジボソヤマキチョウ、クモガタヒョウモン、ミドリヒョウモンが吸蜜に来てました。今日の自宅のベルガモットにはミヤマカラスア...

  6. 朝のゼフテリ張狙い+α - 蝶超天国

    朝のゼフテリ張狙い+α

    6月27日朝一番にはジョウザンミドリシジミのテリ張を見に行きました。とても綺麗な感じですが・・・崖になっているので正面からは狙えません。バリアングルでムリヤリ撮ってみましたが・・・輝きは再現できません。裏も撮っておきました。最初は大人しく静止していましたが・・・周りで飛び出すと・・・・卍が続き・・・テリ張の開翅が撮れません。雰囲気だけですが・・・卍の様子です。この日は思いのほか沢山の個体が卍...

  7. セセリとヒョウモンの天国 - 蝶超天国

    セセリとヒョウモンの天国

    6月21日つづき早朝の散歩を終えて次に向かったのは渓谷の林道です。普通種とは言えチョウが多くゆっくり散歩しただけで・・・・メモリーもストロボの電池も無くなるほどシャッターを押しました。ナワシロイチゴに吸蜜するヒメキマダラセセリ♀です。イボタに吸蜜するのは♂のようです。ウツボグサには沢山のヒメキマダラセセリがやって来ます。コチャバネセセリが林道上を何十頭もあちらこちらでハエの様に飛び回っていま...

  8. 標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2020/06/mid) - 里山便り

    標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2...

    目的の蝶を探しながら少しずつ高度が上がってきた。幾つかのカーブの先に手頃な草葉が広がっていて、'ヒョウモン達' が行きかっていた。今期、平地、低山地と尽く撮影機会を逃してきた、 'クモガタヒョウモン' が何頭か目に入る。よく見ると皆新鮮個体達でした。..........POTD.........I・TA・DA・KI・MA~SU!!嬉しいですね。--...

  9. そのほかのチョウたち - 野鳥がいるから

    そのほかのチョウたち

    ヒメシジミ以外にもいろいろなチョウが見られました1匹だけでしたがクモガタヒョウモンが現れました摺れ、破れしか見た事が無かったので割りと綺麗なので嬉しい出会いです裏面も見れたのが尚良いですねアサマイチモンジが多く見られました油断をしていると普通のイチモンジチョウも混じっていたりします10日あまり前にはたくさん見られたギンイチモンジセセリはほとんどいなくなっていました体力がないのか吸蜜しているも...

  10. ヒョウモンまつり - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヒョウモンまつり

    午前中、晴れ、午後、曇り時折晴れ間あり。昨日のこと、ヒョウモン類が沢山見られたので、ヒョウモン柄をUPしておきます。以上、Y邸バタフライガーデンにて

  11. 2020.6.5東京・奥多摩ウラクロシジミ2020.6.12 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.6.5東京・奥多摩ウラクロシジミ2020.6...

    2020.6.5ウラクロシジミは手強い。昨年は神奈川に行ったけれど、暗い中をとまらずキラキラと飛び続けるのを呆然と眺めるだけだった。そして今回もそれに近く、とまったのは2回、開翅したのは1回だけだった。それも遠いところで。少し早く着いたので近くをぶらつく。対岸の朴の木にヒオドシチョウが飛んできた。葉の上で何やら吸汁していた。渓流の砂地部分におびただしいほどのテングチョウが集まっていた。簡単に...

  12. ヤマキチョウの母蝶には出会えた - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウの母蝶には出会えた

    昨夜は雨が降ったらしいけど、朝には上がっており、1日通して曇り時々晴れでした。午前中、ヤマキチョウの探索でしたが、曇りがちなので余りチャンスは無かったけど、母蝶には出会えた。草地を飛び回るので追いかけます。小さなクロツバラを探しながら周回するので、草被りでシャッターチャンスを見つけるのが難しい。ヨモギの中にクロツバラが見えてますが、こんなに小さなクロツバラだって探し出します。こんな草むらを飛...

  13. 季節の進みが一月遅れの林道 - 風任せ自由人

    季節の進みが一月遅れの林道

    誰も来ないであろうやや標高の高い所に出かけて、林道を車で走りながら蝶を探した。季節の進みは完全に一月遅れの感じだった。最初に見つけたのはサカハチチョウだった。夢中になって撮影したが、後でもっときれいな個体が見つかった。次は嬉しい今年初のクモガタヒョウモン。それからアサギマダラも林道沿いに飛んできて短時間だったが、吸蜜をしてくれた。カラスアゲハは数匹目撃した。最初に撮影したのは左前翅に少し欠け...

  14. クモガタヒョウモン / ギンイチモンジセセリ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    クモガタヒョウモン / ギンイチモンジセセリ

    関東圏は雨の予報だったが、唯一、関東圏では嬬恋村は雨は降らない予報だった。朝から曇り時々晴れ間もあったが、午後はドン曇りでした。午前中、Y邸バタフライガーデンを訪れた。ドーム型ケージの中でヒョウモンチョウがバタバタと飛んでいるのが見えた。ケージ内に入って見ると羽化したばかりのクモガタヒョウモンのオスでした。そのままではケージ内に吸蜜源が無いので、捕虫網で捕獲して外に出してやった。直ぐには飛ん...

  15. ヤマキチョウの求愛 / クモガタヒョウモン - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウの求愛 / クモガタヒョウモン

    晴れ時々曇り、初夏の暑い1日でした。午前中、ヤマキチョウの探索に出かけた。ヤマキチョウが活動できる日は意外と少ない、観察できる日は大事にしたい。初夏の青空でモンシロチョウと絡んで飛翔するヤマキチョウのオスでした。探雌飛翔を繰り返していたオスが草地からメスを探し出し追尾を始めたので、こちらも老いた体でそれに続いて追いかけた。求愛行動は草地の中なのでシャッターチャンスが難しい。おっと!オスにメス...

  16. お天気相変わらずですね - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    お天気相変わらずですね

    今日も朝から曇り、午後3時から雨です。相変わらずスッキリしない日が続きます。午前中、アサマシジミ観察でした。今シーズン初のクモガタヒョウモン、何だか変な傷みが見られました。

  17. 初夏のタテハ-1(2020-05-17) - 小畔川日記

    初夏のタテハ-1(2020-05-17)

    5月17日はクモガタヒョウモンを撮影しに秩父へ。9時少し過ぎにポイントへ着くけど何もいない。もう発生しているはずだと思いながらうろうろ20分くらい探していたら、ようやくクモガタヒョウモンが少し先の草に止まったのが見えた。急いで近づいてシャッターを押して、やれやれこれで零敗は免れたと一安心。ところが後が続かない。姿は見えても全く止まらずシャッターが押せない。30分くらいして次にシャッターを押せ...

  18. 道の駅のアサギマダラ(2019/10/26) - 小畔川日記

    道の駅のアサギマダラ(2019/10/26)

    10月24日の新聞の地域面にアサギマダラの写真が載っていた。記事を読むと、秩父の道の駅あらかわで、フジバカマを植えてアサギマダラを呼び、道の駅の名物にしようという試みをしていて(それでここでは実名を出すことにしました)、かなりの数のアサギマダラが来ているという。今月いっぱいならみられるらしいので、どんな感じかなと思って天気の回復した26日に出掛けてみることにした。道の駅の入り口に1か所フジバ...

  19. 平地のヒョウモン達、まだまだ健在(2019/09/late)At various locations - 里山便り

    平地のヒョウモン達、まだまだ健在(2019/09/la...

    月末に彼方此方で撮影したヒョウモン達の掲載です。擦れてはいるのですが、原型を保っていた個体を中心に掲載です。..........POTD.........背景がうざいですが、もっともダメージの少ない個体なので,,,,,-------------------------------------------------------------'ノハラアザミ(野原薊)"N...

  20. 藤袴に秋の名残りのタテハチョウ達(2019/09/29)東信遠征③ - 里山便り

    藤袴に秋の名残りのタテハチョウ達(2019/09/29...

    'アサギマダラ' の他にも沢山の蝶達が乱れ飛んでいた。もっとも多かったのが 'キタテハ秋型' でした。今期平地では 'キタテハ秋型' の数が激減、探さないと見られない事もしばしです。..........POTD.........何処に行っても多く見られた。思い切ってベタ撮りです。------------------------...

総件数:55 件

似ているタグ