クモガタヒョウモンのタグまとめ

クモガタヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクモガタヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クモガタヒョウモン」タグの記事(58)

  1. 朝のゼフテリ張狙い+α - 蝶超天国

    朝のゼフテリ張狙い+α

    6月27日朝一番にはジョウザンミドリシジミのテリ張を見に行きました。とても綺麗な感じですが・・・崖になっているので正面からは狙えません。バリアングルでムリヤリ撮ってみましたが・・・輝きは再現できません。裏も撮っておきました。最初は大人しく静止していましたが・・・周りで飛び出すと・・・・卍が続き・・・テリ張の開翅が撮れません。雰囲気だけですが・・・卍の様子です。この日は思いのほか沢山の個体が卍...

  2. セセリとヒョウモンの天国 - 蝶超天国

    セセリとヒョウモンの天国

    6月21日つづき早朝の散歩を終えて次に向かったのは渓谷の林道です。普通種とは言えチョウが多くゆっくり散歩しただけで・・・・メモリーもストロボの電池も無くなるほどシャッターを押しました。ナワシロイチゴに吸蜜するヒメキマダラセセリ♀です。イボタに吸蜜するのは♂のようです。ウツボグサには沢山のやって来ますが・・・集団はバレてしまいました。コチャバネセセリが林道上を何十頭もあちらこちらでハエの様に飛...

  3. 標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2020/06/mid) - 里山便り

    標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2...

    目的の蝶を探しながら少しずつ高度が上がってきた。幾つかのカーブの先に手頃な草葉が広がっていて、'ヒョウモン達' が行きかっていた。今期、平地、低山地と尽く撮影機会を逃してきた、 'クモガタヒョウモン' が何頭か目に入る。よく見ると皆新鮮個体達でした。..........POTD.........I・TA・DA・KI・MA~SU!!嬉しいですね。--...

  4. そのほかのチョウたち - 野鳥がいるから

    そのほかのチョウたち

    ヒメシジミ以外にもいろいろなチョウが見られました1匹だけでしたがクモガタヒョウモンが現れました摺れ、破れしか見た事が無かったので割りと綺麗なので嬉しい出会いです裏面も見れたのが尚良いですねアサマイチモンジが多く見られました油断をしていると普通のイチモンジチョウも混じっていたりします10日あまり前にはたくさん見られたギンイチモンジセセリはほとんどいなくなっていました体力がないのか吸蜜しているも...

  5. ヒョウモンまつり - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヒョウモンまつり

    午前中、晴れ、午後、曇り時折晴れ間あり。昨日のこと、ヒョウモン類が沢山見られたので、ヒョウモン柄をUPしておきます。以上、Y邸バタフライガーデンにて

  6. Y邸バタフライガーデンの蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    Y邸バタフライガーデンの蝶達

    近所のY邸バタフライガーデンを訪問して見ました。ミドリヒョウモンが羽化してました。今期初です。スイカズラの葉に留まった。ウラギンヒョウモンは今日も見られました。クモガタヒョウモンは毎日見られる。先日はメスグロヒョウモン♂も見られたので、ここで見られるヒョウモンは全て揃った。ウスバシロチョウが毎日飛び交ってます。交尾嚢が見られます。生息環境を研究されてるので、季節ごとに沢山の種が発生したり、や...

  7. 2020.6.5東京・奥多摩ウラクロシジミ2020.6.12 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2020.6.5東京・奥多摩ウラクロシジミ2020.6...

    2020.6.5ウラクロシジミは手強い。昨年は神奈川に行ったけれど、暗い中をとまらずキラキラと飛び続けるのを呆然と眺めるだけだった。そして今回もそれに近く、とまったのは2回、開翅したのは1回だけだった。それも遠いところで。少し早く着いたので近くをぶらつく。対岸の朴の木にヒオドシチョウが飛んできた。葉の上で何やら吸汁していた。渓流の砂地部分におびただしいほどのテングチョウが集まっていた。簡単に...

  8. ヤマキチョウの母蝶には出会えた - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウの母蝶には出会えた

    昨夜は雨が降ったらしいけど、朝には上がっており、1日通して曇り時々晴れでした。午前中、ヤマキチョウの探索でしたが、曇りがちなので余りチャンスは無かったけど、母蝶には出会えた。草地を飛び回るので追いかけます。小さなクロツバラを探しながら周回するので、草被りでシャッターチャンスを見つけるのが難しい。ヨモギの中にクロツバラが見えてますが、こんなに小さなクロツバラだって探し出します。こんな草むらを飛...

  9. 季節の進みが一月遅れの林道 - 風任せ自由人

    季節の進みが一月遅れの林道

    誰も来ないであろうやや標高の高い所に出かけて、林道を車で走りながら蝶を探した。季節の進みは完全に一月遅れの感じだった。最初に見つけたのはサカハチチョウだった。夢中になって撮影したが、後でもっときれいな個体が見つかった。次は嬉しい今年初のクモガタヒョウモン。それからアサギマダラも林道沿いに飛んできて短時間だったが、吸蜜をしてくれた。カラスアゲハは数匹目撃した。最初に撮影したのは左前翅に少し欠け...

  10. クモガタヒョウモン / ギンイチモンジセセリ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    クモガタヒョウモン / ギンイチモンジセセリ

    関東圏は雨の予報だったが、唯一、関東圏では嬬恋村は雨は降らない予報だった。朝から曇り時々晴れ間もあったが、午後はドン曇りでした。午前中、Y邸バタフライガーデンを訪れた。ドーム型ケージの中でヒョウモンチョウがバタバタと飛んでいるのが見えた。ケージ内に入って見ると羽化したばかりのクモガタヒョウモンのオスでした。そのままではケージ内に吸蜜源が無いので、捕虫網で捕獲して外に出してやった。直ぐには飛ん...

  11. ヤマキチョウの求愛 / クモガタヒョウモン - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ヤマキチョウの求愛 / クモガタヒョウモン

    晴れ時々曇り、初夏の暑い1日でした。午前中、ヤマキチョウの探索に出かけた。ヤマキチョウが活動できる日は意外と少ない、観察できる日は大事にしたい。初夏の青空でモンシロチョウと絡んで飛翔するヤマキチョウのオスでした。探雌飛翔を繰り返していたオスが草地からメスを探し出し追尾を始めたので、こちらも老いた体でそれに続いて追いかけた。求愛行動は草地の中なのでシャッターチャンスが難しい。おっと!オスにメス...

  12. お天気相変わらずですね - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    お天気相変わらずですね

    今日も朝から曇り、午後3時から雨です。相変わらずスッキリしない日が続きます。午前中、アサマシジミ観察でした。今シーズン初のクモガタヒョウモン、何だか変な傷みが見られました。

  13. 初夏のタテハ(2020-05-17) - 小畔川日記

    初夏のタテハ(2020-05-17)

    5月17日はクモガタヒョウモンを撮影しに秩父へ。9時少し過ぎにポイントへ着くけど何もいない。もう発生しているはずだと思いながらうろうろ20分くらい探していたら、ようやくクモガタヒョウモンが少し先の草に止まったのが見えた。急いで近づいてシャッターを押して、やれやれこれで零敗は免れたと一安心。ところが後が続かない。姿は見えても全く止まらずシャッターが押せない。30分くらいして次にシャッターを押せ...

  14. 道の駅のアサギマダラ(2019/10/26) - 小畔川日記

    道の駅のアサギマダラ(2019/10/26)

    10月24日の新聞の地域面にアサギマダラの写真が載っていた。記事を読むと、秩父の道の駅あらかわで、フジバカマを植えてアサギマダラを呼び、道の駅の名物にしようという試みをしていて(それでここでは実名を出すことにしました)、かなりの数のアサギマダラが来ているという。今月いっぱいならみられるらしいので、どんな感じかなと思って天気の回復した26日に出掛けてみることにした。道の駅の入り口に1か所フジバ...

  15. 平地のヒョウモン達、まだまだ健在(2019/09/late)At various locations - 里山便り

    平地のヒョウモン達、まだまだ健在(2019/09/la...

    月末に彼方此方で撮影したヒョウモン達の掲載です。擦れてはいるのですが、原型を保っていた個体を中心に掲載です。..........POTD.........背景がうざいですが、もっともダメージの少ない個体なので,,,,,-------------------------------------------------------------'ノハラアザミ(野原薊)"N...

  16. 藤袴に秋の名残りのタテハチョウ達(2019/09/29)東信遠征③ - 里山便り

    藤袴に秋の名残りのタテハチョウ達(2019/09/29...

    'アサギマダラ' の他にも沢山の蝶達が乱れ飛んでいた。もっとも多かったのが 'キタテハ秋型' でした。今期平地では 'キタテハ秋型' の数が激減、探さないと見られない事もしばしです。..........POTD.........何処に行っても多く見られた。思い切ってベタ撮りです。------------------------...

  17. 秋晴れの一日でした - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    秋晴れの一日でした

    今日の浅間高原はスッキリした秋晴れの一日でした。朝から晴れていたので、午前10時頃、近所のトンボ池へキトンボの発生状況を確認に出かけた。キトンボは他の赤とんぼと違って、晴れないと飛び出さない。オス3匹を確認した。池の畔にメスが羽化してヒラヒラと動いていたのが見えた。今期、初めてのメスが羽化直だった。キトンボのメスは成熟しても赤くならない、手乗りにも応じてくれた。最後はヒラヒラと上昇して高い樹...

  18. 15クモガタヒョウモン「蝶図鑑」 - 超蝶

    15クモガタヒョウモン「蝶図鑑」

    ヒョウモンチョウ類はフィールドで出会うと、なんだろうと判定しにくいことがよくありますが、その中ではクモガタヒョウモンは個性的な翅型をしています。

  19. 高原でも蝶影が濃くなって来ました - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    高原でも蝶影が濃くなって来ました

    相変わらず梅雨空、雨も降るし、止めばドン曇、しかし、午後は一時晴れ間もあった。近場の牧場に出掛けて見たら、思いの他、蝶影が濃くて驚いた。ヒョウモン類やヒメシジミがナワシロイチゴに群がってました。ヒョウモン類はウラギンヒョウモンが一番多い。おっと!ギンボシヒョウモンも紛れ込んでました。奥がギンボシ、手前がウラギン2頭揃ってギンボシヒョウモン。クモガタヒョウモン♀もアヤメで吸蜜してました。ヒメシ...

  20. ヒョウモン類と遊ぶ - 蝶超天国

    ヒョウモン類と遊ぶ

    6月22日、23日つづきクロミを狙った近くの草地ではウラギンスジヒョウモンが見られました。少し移動するとヒョウモンチョウにも出会えました。最近の分類ではコウゲンヒョウモンだとか・・・・私には違いが分かりません。複数のクモガタヒョウモンが地面で吸水している場所もありました。近くでは♀も見られました。獣糞に集まるキマダラヒカゲの中にもクモガタヒョウモンがいました。鮮やかさがひと際目立ちます。ウラ...

総件数:58 件

似ているタグ