クラシックギターのタグまとめ

クラシックギター」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシックギターに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシックギター」タグの記事(54)

  1. きっと、感嘆してくれる - モルゲンロート

    きっと、感嘆してくれる

    2台あって1台は要らないので、と言って友だちがギターを贈ってくれました。中学のとき、小遣いを貯めてフォークギターを買い、弾いていましたが――練習を始めてすぐ、ハ調に移調すればたいていの曲は易しいコードで済むことに気づいてしまい、上達は止まってしまいました。(^_^;)が、孫はまだ上手・下手の識別ができず、きっと、「うわー、グランパじょうずぅー!」と感嘆してくれると思います。(^_-)Wさん、...

  2. グワッ!ここ腰が〜・・・ - 陽の輝る日・・・この後の日々を綴る

    グワッ!ここ腰が〜・・・

    「ギックリ腰」になりました。昨日は、定期診察日。午前6時に起床。で、いつもの様に布団を上げていました。我が家は、ベットの様な洒落たものはありません。と言うか、物心ついた時から「ベット」で寝ていました。小学校から高校そして職場の学校と、常にベット。畳に布団は、独身寮に入って初めて経験したのです。いや〜良かったですね。なんか落ち着く。で、家を若くして建てましたが寝室は設けずに座敷に布団が就寝スタ...

  3. 第30回ストリングコンサート - 只管打楽

    第30回ストリングコンサート

    今年のストリングコンサートが終わってそろそろ一ヶ月になります。時の経つのは早いです、今年は特にそれを感じることが多かったです。このコロナ禍の中今年も開催するべきなのかどうなのか、参加する団体が皆悩みました。それでも参加したいという団体が集まって、ギリギリまで協議をして、入場制限、参加者、入場者の検温、会場の消毒等出来る限りのコロナ対策も実施してなんとか開催できました。いつもと異なる雰囲気、少...

  4. 世にも奇妙なぞ物語 - 1人多重奏 - HOWOW-40- OFFICIAL BLOG | 鳳凰-40-

    世にも奇妙なぞ物語 - 1人多重奏

    今回は 番外編 で世にも奇妙な物語の音楽を 1人多重奏 してみました。や〜面白いですよね〜!!タモさん最高!!特に好きなのが「来世不動産」「ズンドコベロンチョ」「懲役30日」「ハイヌーン」「昨日公園」「23分間の奇跡」などなどって挙げたらキリがないので割愛!!!!他に 週間ストーリーランド も好きでっす(*´ω`)ノhttps://www.youtube.com/watch?v=xkK0cv...

  5. Aus tiefer Not schrei ich zu dir - 只管打楽

    Aus tiefer Not schrei ich z...

    バッハのコラール BWV38より Aus tiefer Not schrei ich zu dir。前回は生徒さんに手伝ってもらいましたが今回は一人での多重録音。左側が1stと2ndを右側が3rdと4thを演奏したもので、バラバラに演奏した動画を合成しました。コラールも渋くてかっこいいのですが、BWV38全体がすごく印象深い音楽です。バッハは毎週の日曜礼拝の為に合唱団の指導をしながら曲を書い...

  6. Spiegel im Spiegel - 只管打楽

    Spiegel im Spiegel

    久しぶりに動画作成で夜更かしです。一つの動画の中に複数の動画を入れ込むことが出来ることが最近判明して色々と実験してました。スペックギリギリのmacbookをブオンブオン唸らせながらなんとか完成しました。毎年秋に開催されているストリングコンサート、今年は開催が危ぶまれてはいますがまだ開催の予定で進んでいます。そのコンサートで演奏できないかなと思ってアルヴォペルトの ”鏡の中の鏡” をギター3台...

  7. カルカッシ op60-6 - 只管打楽

    カルカッシ op60-6

    カルカッシop60-6です。60-1と同じくハ長調で上下の声部の対話と共通点が多いですが、スケールで進行して上下が交互に進行していく60-1とは違って、この曲は1対4の対位法で進行して途中で上下がひっくり返る構成になっていて、対話する曲でも違うタイプの曲にしているところに工夫を感じます。今も昔もコンクールの課題曲になることが多くて、大学時代にテープ審査の為に録音したのを思い出して懐かしかったです。

  8. カルカッシ op.60-1 - 只管打楽

    カルカッシ op.60-1

    このコロナの自粛期間、多くのギタリストが様々な録音を残してましたが、その中にこのカルカッシの25の練習曲集を録音されている方もおられました。この曲集はソルと並んで古典期を代表する練習曲集、クラシックギタリストの必須科目の一つと言えます。しかし私はこの曲集の特定の番号はよく指ならしで使ってはいるものの、全部をしっかりと練習したことは無かったのです…面目ない。この機会にちょっと見てみようかなと改...

  9. コンサート中止のお知らせ - 只管打楽

    コンサート中止のお知らせ

    5/31に予定していたリサイタルですが、改めて言うのもなんですが、この騒ぎの中で開催するのは困難と判断し、中止することになりました。ホールの受付で中止を決定して、いつも音響を担当して頂くホールスタッフの方に"また次回お願いします"とお願いした時、仕方が無いといいながら寂しそうに笑っているスタッフの方を見た時に涙が溢れそうになりました。いつもコンサートを開催するたびに、こん...

  10. Nun lob, mein Seel, den Herren - 只管打楽

    Nun lob, mein Seel, den Herren

    こんな機会もあまりないと思うので、以前からやっていたバッハのコラールの録音を再開することにしました。それも折角だから周りの人に協力してもらいながら。やり方としては・4thだけを録音して、それを録音できる人に送る。・録音してもらったパートを合成して次の人に送る。このやり方で完成を目指します。今回は私が4thと2ndを録音して1stと3rdを他の人に録音してもらいました。3rdはギターではなくマ...

  11. Home - まほろば日記

    Home

    一見、平事に見える有事。外はなにも変わらない、美しい春の日々なのに何故?と何度も思います。皆様、それぞれにご不安やお疲れを感じていらっしゃることと思っています。営業停止と保障がセットになっている国々とは違い、自粛の裏側で計り知れないほどの損害やご不安を抱えていらっしゃる方が沢山いらっしゃることを想うと、いたたまれない気持ちになりますが、それでも、人との接触を極力抑えることが、感染拡大の最大の...

  12. 新年度レッスン生募集中 - 鈴木一葉ギター教室のブログ

    新年度レッスン生募集中

    コロナウイルス対策で大変なパニック状態ですね。我が家の高校生双子も突然の臨時休校で家ごもりの毎日です。この状態が早く終息するといいですね。こんな時になんですがギターを始めてみてはいかがですか?家ごもりには最適です。いろんなサイトで当ギター教室の宣伝が掲載されており中にはテキトーな情報もあるのでここであらためて紹介させていただきます。・クラシックギター専門の教室です・月曜~土曜朝9時~夜9時一...

  13. 日々、練習。 - 山と音楽とコーヒー

    日々、練習。

    ギターを買ってから約1か月。前回のレッスンから始めたヘンツェのノクターン。とても美しい曲。なんとなく左手は押さえられるようになったけど、いくら意識しても力んでしまい、両手ともなかなか思い通りにならず日々苦戦。豚に真珠と分かりつつも購入したカズオサトー/プレステージ。音を聴けば初心者ながらすごい楽器であることがわかる。ただただ弾いてることが楽しいと思える。この楽器を弾いてることが恥ずかしく思わ...

  14. 第29回ストリングコンサート終了! - 只管打楽

    第29回ストリングコンサート終了!

    ストリングコンサート、無事に終了しました。ギター教室が今年取り組んだ”ボヘミアンラプソディー”は今まで取り組んだ曲の中で一番完成度が危ない出来でした。なにせ当日までまともに通った感じがありません…リハーサル時にも各パートがそれぞれボロボロでこりゃ本番どうなるものやらと思いましたが、本番までの時間でのみなさんの追い込みと土壇場での開き直り(この辺りは先生譲りだと思われます。)が功をそうして、贔...

  15. 第29回ストリングコンサート - 只管打楽

    第29回ストリングコンサート

    気がつけばもう二日後に迫ってきました。今年もやりますストリングコンサート。姫路市の弦楽器団体8団体+全団体合同の計9組の熱い演奏が繰り広げられます。我らがギター教室YYストリングスは昨年大ヒットした映画”ボヘミアンラプソディー”よりタイトル曲、ボヘミアンラプソディーに挑戦します。昨年かなり難しいと思われた”雨のあるキューバの風景”が弾けたので、これくらい楽勝だと思ってたらとんでもなかったです...

  16. つまぶきゆみ - 只管打楽

    つまぶきゆみ

    10/27に参加する姫路ミュージックストリートの情報です。今年はトリオ ”つまぶきゆみ” で参加する事になりました。自分の参加するグループに名前をつけたのは大学でボサノバのバンドを組んでから以来でしょうか…フルート、ギター、チェロでアンサンブルをやってみるというのは長年の夢の一つでした。フルートとギター、チェロとギターという組み合わせは個別にやったことはありますが、高音域を自在に歌うフルート...

  17. 展覧会の絵 - 只管打楽

    展覧会の絵

    激闘146ページ。やっと終わった…途中で何度もこれ終わるんだろうか…という不安に駆られましたが、ラベルの原曲へのリスペクトに溢れるオーケストレーションの巧みさ、なによりムソルグスキーの原曲の素晴らしさに助けられながらなんとか最後まで辿り着きました。しんどかったけど、楽しい仕事でした。展覧会の絵、本当に素晴らしい曲です。勿論言わずと知れた名曲ですし、聞いた事も数知れずです。でも実際に見てみると...

  18. 第44回GLC学生ギターコンクール - 只管打楽

    第44回GLC学生ギターコンクール

    少し前の話になりますが、当教室で学んでいる神田陽さんが8/6(火)に豊洲シビックセンターホールにて開催された第44回GLC学生ギターコンクールの大学生部門に挑戦し、見事一位入賞しました。おめでとうございます!学生ギターコンクールは村治佳織、木村大といった著名なギタリストも入賞者に名を連ねており、その入賞者の中には現在第一線で活躍している方が数多く見受けられます。このコンクールの歴史はそのまま...

  19. 秋の音楽〜花座でクラシック〜 - Natural Harmny Soleil

    秋の音楽〜花座でクラシック〜

    おはようございます。急に涼しくなり、朝晩は特に秋の気配を感じるようになりました。ソレイユの理恵です。今日は、秋のオススメの演奏会のご案内をさせていただきます。以前にもブログで何度かご紹介しておりますが、友人でもあり、大好きなクラシックギター演奏者の佐藤正隆さんの花座演奏会。花座でクラシックソプラノ歌手の鈴木美紀子さんとの演奏は毎回感動します。落語の会場でもある花座で演奏会というのも、なんとも...

  20. カタルーニャのギター音楽〜二回目 - 只管打楽

    カタルーニャのギター音楽〜二回目

    "カタルーニャのギター音楽"二回目が終了しました。有り難い事に多数のお客様にご来場頂けました。ありがとうございます。先ずはこの企画を提案して頂いた、姫路市立美術館と市の方々に心より感謝申し上げます。これだけスペイン、しかもカタルーニャにこだわったプログラムは初めてで、困難もありましたが、クラシックギタリスト冥利に尽きる仕事でした。タレガ、リョベート、アルベニス、グラナドス...

総件数:54 件

似ているタグ