クラシック音楽のタグまとめ

クラシック音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシック音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシック音楽」タグの記事(129)

  1. シャブリエ;スペイン狂詩曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シャブリエ;スペイン狂詩曲

    シャブリエは19世紀のフランスの作曲家。エマニュエル・シャブリエ。彼は53歳で没したが、音楽活動は僅か14年間。その前はサラリーマンだったという。シャブリエの音楽は軽妙で楽しい。

  2. サラサーテ;ツィゴイネルワイゼン - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    サラサーテ;ツィゴイネルワイゼン

    サラサーテは、19世紀のスペインの音楽家。作曲家としても、ヴァイオリニストとしても知られる。サラサーテ。彼の代表曲が「ツィゴイネルワイゼン」。悲しい、ジプシーの曲である。中学生の時に、音楽の授業で鑑賞して以来、その旋律が耳を離れることがない。葉加瀬太郎さんが弾いている。

  3. ムソルグスキー;交響詩「はげ山の一夜」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ムソルグスキー;交響詩「はげ山の一夜」

    ロシアの作曲家のムソルグスキー。結構、裕福に育ったようだが。ムソルグスキーの代表曲の一つ、交響詩「はげ山の一夜」。symphnicpoem~anightonbaremountainリムスキー=コルサコフが編曲している。名曲であることは間違いない。

  4. ムソルグスキー;展覧会の絵 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ムソルグスキー;展覧会の絵

    ムソルグスキーは、19世紀のロシアの作曲家。ムソルグスキー。代表曲は「展覧会の絵」。元々、ピアノ曲であるが、ラヴェルが管弦楽曲に編曲している。カラヤン指揮、ベルリンフィル。貴重な映像。

  5. モーツァルト;トルコ行進曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    モーツァルト;トルコ行進曲

    ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。古い時代なので、写真はない。肖像画のみ。モーツァルトの「トルコ行進曲」を知らない人はいないだろう。フジ子・ヘミングが弾いています。

  6. シューベルト;白鳥の歌より「セレナーデ」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;白鳥の歌より「セレナーデ」

    「歌曲の王」シューベルトの晩年の歌曲集「白鳥の歌」より、代表曲の「セレナーデ」。シューベルト。枯葉、梅毒に罹患していた。31歳の若さで死去したのもそれが原因。梅毒がシューベルトの評価を貶めるものではないが、一見、真面目そうなシューベルトが梅毒とは直接、結び付け難い。「白鳥の歌」は、シューベルト晩年の歌曲集。その中の「セレナーデ」は秀逸である。

  7. 2月10日(日)はらっぱ館にて、ワンコイン・コンサートを開催します。 - ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

    2月10日(日)はらっぱ館にて、ワンコイン・コンサート...

    2月10日(日)はらっぱ館にて、ワンコイン・コンサートを開催します。今回で、第21回目となります、蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク内「はらっぱ館」で行うコンサート。今回のテーマは「心の冬景色」と題して、私(Shinonome西塔…しののめさいとう)が、全曲ピアノソロでお送りします。「冬に弾いたらマッチするような曲」を選びました。どうぞ、お誘いあわせの上ご来場ください。カーナビでいらっしゃる...

  8. ベートーヴェン;交響曲第7番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ベートーヴェン;交響曲第7番

    偉大な音楽家、ベートーヴェン。LudwigvanBeethoven。交響曲は9つあるが、第7番も有名、副題は付いていない。ベートーヴェンの交響曲では、軽快な部類であろう。カラヤン指揮;カリスマ指揮者だった。演奏;ベルリンフィル。小澤征爾さんは、カラヤンの弟子である。

  9. ハチャトゥリアン;ヴァイオリン協奏曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ハチャトゥリアン;ヴァイオリン協奏曲

    ハチャトゥリアン。この作品は、当時は革新的な評価だったようだ。今から30年位前にCDが出始めの頃に、ギドン・クレーメルの演奏で、この曲を聴いた。ハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲。

  10. ベートーヴェン;交響曲第5番「運命」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ベートーヴェン;交響曲第5番「運命」

    今回のクラシック音楽は、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」。謂わずと知れた、ベートーヴェンの代表曲である。LVBeethoven。ベートーヴェンの偉大さはクラシック音楽を、それまでの宮廷音楽から、普遍的な一般人民の音楽へと確立したところにある。小澤征爾さんの指揮で~NHK響の名演奏。

  11. ハチャトゥリアン;仮面舞踏会より「ワルツ」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ハチャトゥリアン;仮面舞踏会より「ワルツ」

    ハチャトゥリアンは20世紀の作曲家。ハチャトゥリアン。今回、「仮面舞踏会」の「ワルツ」を掲載。古典的な中にも、現代音楽風の性格がある秀逸作品である。女子フィギュアスケートの音楽に使われたりするので、旋律は有名。

  12. チャイコフスキー;組曲「白鳥の湖」より「情景」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;組曲「白鳥の湖」より「情景」

    偉大な音楽家、チャイコフスキー。眼光鋭い、紳士然としたお顔。凛々しいと言っていい。三大バレエ音楽の1つ、「白鳥の湖」は余りにも有名であり、言を待たない。バレエ組曲;白鳥の湖より、「情景」。

  13. チャイコフスキー;組曲「眠れる森の美女」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;組曲「眠れる森の美女」

    チャイコフスキーのバレエ三大音楽の1つ、「眠れる森の美女」SleepingBeautyチャイコフスキー、何処か、芥川龍之介に似た眼光の鋭さ、共通点があるのかも・・・組曲「眠れる森の美女」も素晴らしい音楽作品、本来ならバレエと共に聴くべき作品なのかも知れない。計り知れない、素晴らしい音楽芸術。※ここでは、Waltzのみの画像です。

  14. チャイコフスキー;’くるみ割り人形’組曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;’くるみ割り人形’組曲

    チャイコフスキーのバレエ音楽も秀逸。チャイコフスキー。「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」が三大バレエ音楽である。ここでは、「くるみ割り人形」を掲載。何度聴いても、楽しい。チャイコフスキーは天才であるなぁ。偉大な音楽芸術。

  15. チャイコフスキー;交響曲第5番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;交響曲第5番

    ロシアの天才作曲家、チャイコフスキー。チャイコフスキー。彼の交響曲の中で、第6番「悲愴」の次に有名なのが、交響曲第5番であろう。秀逸な作品であり、小生は大好きである。指揮;カラヤン演奏;ウィーンフィル名演奏である。この鮮烈な作品を聴いてみよう。

  16. チャイコフスキー;イタリア奇想曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;イタリア奇想曲

    ロシアの作曲家、チャイコフスキー。その偉大さは論を待たない。チャイコフスキー。この鋭い眼光を見よ!チャイコフスキーが如何に研ぎ澄まされた精神の持ち主だったか、想像出来る。数々の優れた音楽作品があり、掲載し切れない・・・・ここでは、「イタリア奇想曲」を。曲風は、如何にもイタリア風である。ロシア人であるチャイコフスキーが、イタリアを表現する~。その才能はとめどない。何度聴いても、新しい発見がある...

  17. リスト;リゴレットパラフレーズ - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    リスト;リゴレットパラフレーズ

    リストは、ハンガリー出身のピアニストで作曲家。「ピアノの魔術師」の異名がある。リスト。ショパンとは色々な意味で対比されて面白いが、リストの曲には情熱と激しさがある。「リゴレットパラフレーズ」はヴェルディの歌劇「リゴレット」からリストなりの編曲を加えて作曲したものでリストらしさが出ていて素晴らしい。YundiLIさんの演奏。

  18. ラフマニノフ;楽興の時・第4番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ラフマニノフ;楽興の時・第4番

    ロシアの作曲家、ラフマニノフ。ピアノの名手でもあった。以前、このBlogで、「ピアノ協奏曲第2番」、「パガニーニの主題による変奏曲」を掲載している。ラフマニノフ。なかなかの美男子であるなぁ。今回は。ピアノ曲、「楽興の時;第4番」を掲載。ラフマニノフが20歳の時の作品で、若さや激しさを感じることが出来る、名曲である。

  19. モーツァルト;フルートとハープのための協奏曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    モーツァルト;フルートとハープのための協奏曲

    モーツァルトは音楽の「神童」、音楽史上はそういう位置付けである。WolfgangAmadeusMozart旋律の美しさでは比類がない、旋律の天才である。夥しい作品群の中で、小生の一押しの作品がこれ、「フルートとハープのための協奏曲」である。聴く度に、切なくなって、悲しくなって泣きたくなる。まさに、モーツァルトの真骨頂の名曲。MozartはScatologistでもあった。人間の多面性をそこに...

  20. シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」

    「歌曲の王」シューベルトの面目躍如たる作品。ピアノ五重奏曲「鱒」。第4楽章の旋律は独立した歌曲として歌われる。中学生の頃、音楽の授業で観賞した思い出がある。FranzSchubert。偉大な音楽家で、Beethovenの後のロマン派音楽を発展させた功績は大きい。ピアノ五重奏曲「鱒」を掲載しておく。Schubertの才能の素晴らしさよ!!!今回は第4楽章のみである。

総件数:129 件

似ているタグ