クラシック音楽のタグまとめ

クラシック音楽」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシック音楽に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシック音楽」タグの記事(150)

  1. ベートーヴェン;交響曲第3番「英雄」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ベートーヴェン;交響曲第3番「英雄」

    ベートーヴェンは偉大な作曲家。それまでの、宮廷雇われ作曲家・音楽家を脱して、最初に職業音楽家・作曲家として成立した人物である。ロマン派クラシックの基礎は、ベートーヴェンにある。小生のクラシック音楽好きは、彼から始まっているのだ。ベートーヴェン。9つある交響曲の中で、最初に名声を得たのは交響曲第3番「英雄」であろう。「英雄」・Eroica~とはナポレオンのことである。交響曲第3番には、それ以降...

  2. ショパン;別れの曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ショパン;別れの曲

    ショパンの曲は、ピアノ協奏曲第1番、第2番を既に掲載している。今回は「別れの曲」を~。悲しくも、甘く切ない、別れの曲である。生あるもの、出会いもあれば別れもある。永遠の生は有り得ない。ショパンは、その別れを美しく表現している。これが芸術というものであろう。未来永劫ということは、有り得ない。この宇宙にさえ、終わりというものがあるだろう。何時かは別れ、そして消えて行く。

  3. ラフマニノフ;パガニーニの主題による狂詩曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ラフマニノフ;パガニーニの主題による狂詩曲

    ラフマニノフはロシアの、作曲家にしてピアノの名手。最も好きな曲は、前掲のピアノ協奏曲第2番だが、「パガニーニの主題による狂詩曲」も捨て難い。この曲は、かつてNHKFMのクラシック番組のオープニングテーマ曲であった。パガニーニの主題を素晴らしい才能で狂詩曲にしている。美しい旋律に、酔いしれるのである。じっくりと、落ち着いて観賞したい曲である。名曲として、挙げておきたい。

  4. 2018-12-11、オペラ座友の会が発足しました。 - 大阪オペラ座友の会

    2018-12-11、オペラ座友の会が発足しました。

  5. ブリテン;青少年のための管弦楽入門 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ブリテン;青少年のための管弦楽入門

    イギリスの音楽家、ブリテンも、小生は好きである。32歳の時だったか、岩手県民会館で聴いた、ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」が忘れられない。ブリテン。BenjaminBritten(1913~1976)20世紀に生きたイギリスの音楽家である。「青少年のための管弦楽入門」は、Orchestraの各部門が主題を演奏して、素人の小生には、まさにOrchestraの入門編である。その旋律の美しさ...

  6. メンデルスゾーン;春の歌 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    メンデルスゾーン;春の歌

    メンデルスゾーンも傑出した音楽家で、尊敬する人物。正統派のドイツロマン派音楽の巨匠である。ユダヤ人であるための迫害も受けたらしいが、その苦しみは、凡人たる小生には窺い知れない。メンデルスゾーン。Mendelssohn・・・直訳すればメンデルの息子という意味になる。ここでは、ピアノ曲の「春の歌」を挙げておく。美しい小曲である。掲載したい名曲は数えきれないが、第1弾としてこの曲を聴きたい。

  7. ブラームス;大学祝典序曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ブラームス;大学祝典序曲

    敬愛するブラームス、その中の「大学祝典序曲」。小生の受験時代には、ラジオ番組の、大学受験講座で流れていた曲である。尤も、その当時は無知であり、曲名を知る余地はなかったが~。ヨハネス・ブラームス。大作曲家たる所以は、曲の構成~variationの豊かさであろう。大学の入学式などで、この名曲が流れることが多いはず。聴く程に、味わい深い。

  8. シューベルト;アヴェ・マリア - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;アヴェ・マリア

    シューベルトも偉大な作曲家の一人。「歌曲の王」と学校時代には習った記憶がある。シューベルトの交響曲も好きである。シューベルト。ウィーンにある、SchubertHausを機会があれば一度行ってみるといい。シューベルトも夭逝したが、シューベルトもの人生は、真面目そのものであったようである。小生、少年期に映画「未完成交響楽」を観て涙したものである。前回はグノーのアヴェ・マリアを掲載したが、対比させ...

  9. グノー;アヴェ・マリア - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    グノー;アヴェ・マリア

    グノーはフランスの作曲家。19世紀の人物。グノー。フランスの歌曲の父と呼ばれている。最も有名なのが、「アヴェ・マリア」(AveMaria)であろう。ラテン語で、「マリア様、おめでとう」とか、「マリア様、こんにちは」程度の意味とか。KathleenBattleの歌う、動画を貼り付けて置く。

  10. チャイコフスキー;ピアノ協奏曲第1番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    チャイコフスキー;ピアノ協奏曲第1番

    チャイコフスキーはロシアの音楽家。ロシアでは最も有名な音楽家であろう。繊細かつ大胆な曲風。哲学的という表現が合うだろう。チャイコフスキー。偉大な作曲家である。ここでは、小生の大好きなピアノ協奏曲第1番を掲載。壮大なピアノ協奏曲である。そのscaleに於いて、比類無し。まさに、名曲中の名曲である。ピアノ演奏は太田糸音さんである。

  11. ラフマニノフ;ピアノ協奏曲第2番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ラフマニノフ;ピアノ協奏曲第2番

    ロシアの作曲家のラフマニノフ、ピアノの名手でもあったらしい。小生の尊敬する音楽家の一人。ラフマニノフ。ピアノ協奏曲第2番は、中でも最も大好きな曲。哀愁と迫力、甘美と切なさ、全てが網羅された名曲。こんなに美しい曲はそうそうあるものではない。画像のピアノ演奏は辻井伸行さんである。

  12. 2019-01-20(日)14:00開演でアランフェス・カフェ・コンサートを開催します!! - ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

    2019-01-20(日)14:00開演でアランフェス...

    2019年1月20日(日)13:30開場14:00開演アランフェスにて私、Shinonome西塔と山形交響楽団所属のチェロ渡邊研多郎さんと、ヴァイオリンの平澤海里さんで、ピアノトリオとヴァイオリンとチェロの2重奏、ピアノソロのコンサートを行わせていただくことになりました。今回は、アランフェスのマスターの誕生日のお祝いに、マスターがこの世で一番好きなクラシックの曲…ベートーヴェンのピアノトリオ...

  13. ショパン:ピアノ協奏曲第1番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ショパン:ピアノ協奏曲第1番

    かつて、迫害され続けた祖国ポーランドの、希望になったショパン。彼の生涯はポーランドの為にあった。ショパン。前回はピアノ協奏曲第2番を掲載したので、今回は、第1番を。ピアノ協奏曲第1番は、小生にとってはショパンの入門編のようなものだった。美しいピアノとオーケストラとの合体。これ以上の曲はショパンにはあるまい。まさに、至極の作品である。美しさに感動して、涙さえ出るのである。

  14. ショパン;ピアノ協奏曲第2番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ショパン;ピアノ協奏曲第2番

    ショパンはピアノの詩人と呼ばれる程の、ピアノの名曲だらけの作曲家である。ポーランドでは、国民にとって「英雄」であるらしい。ピアノ曲もいいが、私が好むのは、ショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番である。これは、ショパン国際コンクール決勝の課題曲でもある。特に、ピアノ協奏曲第2番が好きである。ショパンの音楽でOrchestraが入るのはピアノ協奏曲しか知らない。じっくりと聴きたい名曲である。

  15. ホルスト;交響組曲「惑星」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ホルスト;交響組曲「惑星」

    ホルストの交響組曲「惑星」も有名な曲である。ホルスト(GustavHolst)はイギリスの作曲家。ホルスト。この中の「木星」を平原綾香さんが数年前にarrangeして歌ってヒットしたのでクラシック音楽に興味のない人も旋律は知っていることであろう。壮大なScaleを感じる名曲である。マエストロ;シャルル・デュトアの指揮も秀逸。

  16. ブラームス;ハイドンの主題による変奏曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ブラームス;ハイドンの主題による変奏曲

    ブラームスは、小生の最も敬愛する作曲家。どの曲も素晴らしい。偉大な音楽家である。ハイドンの主題による変奏曲は、小生が30歳代に、岩手県民会館での東芝AurexConcertでLiveで聴いた名曲。今現在、Sirの称号を持つSimonRattleが若い時代に来日して盛岡で公演した、思い出の曲。主題のvariationに、ブラームスの才能を窺い知れる。まさに、感動の名曲である。何度聴いても、飽き...

  17. エルガー;「威風堂々」第1番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    エルガー;「威風堂々」第1番

    エルガーはイギリスの作曲家、かなり、尊敬される人物らしい。エドワード・エルガー。代表曲の1つが、今回の「威風堂々」第1番。原題は、pompandcircumstancemarch、「威風堂々」とは上手く訳したものであると、感心する。PROMSを観ていると、イギリス人が、如何にこの曲を愛しているかがよく分る。第2の国歌とも呼ばれるらしい。イギリス人は、この曲で大合唱する。「Landofhope...

  18. ウェーバー;舞踏への勧誘 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    ウェーバー;舞踏への勧誘

    ウェーバーの名曲、様々あるが、「舞踏への勧誘」は秀逸。ウェーバー。この曲は、ウィンナーワルツの源流になった貴重さもある。ウェーバーが妻に捧げた名曲である。実に美しい旋律であり、聴く度に新しい感動がある。AufforderungzumTanz

  19. イーヴォ・ポゴレリチ・ピアノリサイタル/サントリーホール - まほろば日記

    イーヴォ・ポゴレリチ・ピアノリサイタル/サントリーホール

    先日、サントリーホールで行われた、イーヴォ・ポゴレリチのリサイタルに足を運びました。ホールの前には、彩られたクリスマスツリー。以前、ブログでも触れたことがありましたが、ポゴレリチは、私にとり特別なピアニストの一人で、20歳頃からCDやリサイタルなどで聴きこんできました。彼のほとんどすべてのCDを繰り返し聴き、90年代の来日公演には何度か足を運び、その後欧州でもリサイタルには接していましたが、...

  20. サラサーテ;カルメン幻想曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    サラサーテ;カルメン幻想曲

    サラサーテはスペインの作曲家、ヴァイオリニスト。「ツィゴイネルワイゼン」はその旋律の物悲しさ・優美さで余りにも有名な代表作。サラサーテ。今回はビゼーの名曲「カルメン」を原曲にした。「カルメン幻想曲」を取り上げておく。旋律・迫力共に素晴らしいものがある。CarmenFantasiaリッカルド・ムーティの指揮も魅力的だ。

総件数:150 件

似ているタグ