クラシックのタグまとめ

クラシック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシック」タグの記事(325)

  1. 2021.8.6発売Alice Sara Ott - Echoes Of Life - 春ときどき日記&音楽 ~ 週末ブログ

    2021.8.6発売Alice Sara Ott - ...

    I'm looking forward her new album!インタビューより・・・(前略)Three years ago, I started to experience physical symptoms that alarmed me, because they had an effect on my fine motor skills and I feared tha...

  2. 7月18日(日)入荷!80s Sports wear 両面総柄 チャイコフスキーTシャツ! - ショウザンビル mecca BLOG!!

    7月18日(日)入荷!80s Sports wear ...

    珍しい総柄のチャイコフスキーTシャツ!インパクト大大大!!80sぐらいの年代でしょうか?サイズL MADE IN U.S.A

  3. めげずにがんばれ! - 午後四時

    めげずにがんばれ!

    ソクラテスがいたら彼に「歌うことがDNAにないとはどういうことか?」、「さらに歌うということはどういうことか?」と聞いたかもしれない。今までこの人の演奏を聞いたことがあるようなないような、、、。なぜかバイオリン音楽はあまり好きではなくて、でもパールマンはよく聞いた。この生徒さんも災難だな。まあ若いし、めげずにがんばってほしい!「歌うことがDNAにないということは、つまり歌うということがDNA...

  4. お昼のミニコンサート7月と唇型チョコ - jujuの日々

    お昼のミニコンサート7月と唇型チョコ

    可愛いチョコレートしつこい感は否めませんが母に声掛け断られ主人をお供にミニコンサート帰りに母へお土産ちょこっとチョコをね

  5. 挿し木用に紫陽花を切った事と今日の音 - バラやらナンやら

    挿し木用に紫陽花を切った事と今日の音

    今日は暑かったなぁ(毎日夜中更新やけど)セミの鳴き声が聞こえだしましたってのんブログ内でも時々見るようになってきたうちはまだやわぁうんともすんとも2番花レイニーブルーはこれから先ずっとこんな感じで伸びちゃあ咲いてを繰り返す結構黒星病が出るバラやのよなぁさて今日月曜日は音楽と花を載せさせてもらう基本音楽です今日は一日プレリュードの日やったそれもポゴレリチの演奏若い時のポゴレリチなんつう男前!!...

  6. Ólafur Arnolds & Alice Sara Ott / The Chopin Project (2015) - 春ときどき日記&音楽 ~ 週末ブログ

    Ólafur Arnolds & Alice ...

    最近このアルバムを気に入って聴いているのだけど、なかなかに聴く人を選んでしまうアルバムではないかと思う。曲が難解なわけではなくむしろ親しみやすいのだけど。主役は、Ólafur Arnalds。アイスランドの作曲家らしい。ポスト・クラシックというのだろうか、ミニマルでアンビエントな作風の人である(なぜか元メタルバンドのドラマーらしい!)。曲の核は弦楽四重奏だったりピアノだったりなのでとても心地...

  7. シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ - バラやらナンやら

    シスターエリザベスの2番花と退屈なショパンのワルツ

    今日は降ったり止んだり昨日と今日頭痛薬を手放せない二日間朝昼晩服用しているけど飲んで3時間経つとまたもズキズキズキズキこりゃあ完全に片頭痛やねこれは去年の一番花ERのシスターエリザベスやよ今年のんは探したけどなかった・・・ということは多分雨風でやられて見れたもんじゃあなかったんかも咲いてたには咲いてたってことで今日撮った2番花ERを鉢で育てるのんって難しいよなぁ特にこーゆー垂れるワサワサ系う...

  8. ザッツ・エンターテーナー - たかさん通信

    ザッツ・エンターテーナー

    学園祭だから許されたんでしょうかそれとも普段から自由な校風なんだろうかいずれにしても技術があるからこそできる技クラシック界のエンターテーナーそのものクラシック音楽は敷居が高く素人には誰が弾いても同じに見えますがこんな演奏を見せられたらクラシック音楽食わず嫌いな人も少しは箸が伸びるかな

  9. 雨だれの前奏曲が雨だれじゃなかったら - ピアノとおんがく

    雨だれの前奏曲が雨だれじゃなかったら

    2021年の梅雨入り、北陸地方は6月18日でした。まだ梅雨入りしたばかりで、あのジメジメはまだ感じない今日は晴れ&曇り。梅雨時期のおんがくをテーマにするならやっぱり「雨」かな。ということで、ショパンの「雨だれの前奏曲」を久々に弾いていました。初めて弾いてみたのが中学生の時で、それからも度々楽しんでいる曲です。「雨だれ」はショパンの《24の前奏曲Op28》の15曲目。1839年に保養先のスペイ...

  10. 音楽と出会う 21世紀的つきあい方 - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    音楽と出会う 21世紀的つきあい方

    先日書いたこの記事・音楽を聴く、歌う、createするとは この記事を書いた後、音楽を聴いてはいますが、ここに書いたことは何一つ解決していない。音楽を聴くこととcreateすることをどうしたら繋げられるのかわからないし、声楽の練習もしていないし…。音楽を聴いていて、「好き」とというのも怖くなった。「好き(taste)」が「世界を狭め他人を排除する」。合っているとは思う。「好き」が同じもの同士...

  11. お昼のミニコンサート6月とピエールガニェールパンエガトー - jujuの日々

    お昼のミニコンサート6月とピエールガニェールパンエガトー

    お昼のミニコンサート懲りずに母を誘いますが今回もパス主人とおデートに相成りますオンライン配信もあるからでしょうか?オルガンが舞台へおろしてありました今回は2階の正面席色々楽しんでいます帰りがけにお隣のANAインターコンチネンタルホテル内で母の頼まれ物のイチゴジャムとパンを数種類アイスカフェラテをお持ち帰りしましたお支払い後スイーツを眺めていると後からいらしたお客様がコンサートチケットを出して...

  12. 赤バラ白バラそして音楽 - バラやらナンやら

    赤バラ白バラそして音楽

    リアルな知人の事は敢えて気にしないようにしている昔から集団が苦手でかと言って個人的付き合いもそこまで得意ではないなにごとも付かず離れずというのが一番良いと思っているのに我ながら時折突拍子もない付き合い方をしてしまう事がある(パパメイアン)そして本音の本音では時々『気になって仕方のない人』ってのが居る人間として気になる一つ一つ問い正したいような気持ちになる昔アルバイトをしていて2歳年下の子(同...

  13. されど椎茸 - 今日もひとつだけ

    されど椎茸

    サラダになっちゃたけど焼いたら縮んでしまった椎茸を生姜醤油で食べたかったんだぁ、何でもクラシックをかけながら育てた椎茸とラベルにあったんで早速焼きたてパクリ耳を傾けながら目をつぶってう〜んわからんけどいつも食べてるのより繊細な優しい椎茸のあの味かな?椎茸は焼きたて野菜は、採れたてそしてひと汗かいていつもの場所でいただくこれがいいかも今日もおだやかな日で…^ ^

  14. フィンランド指揮者大移動 まとめメモ - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    フィンランド指揮者大移動 まとめメモ

    ヨーロッパのオーケストラは昨年秋から始まった2020/2021年シーズンが終わりです。コロナ禍の中、思うように演奏できない状況が続いたシーズンでした。そんな中、フィンランド指揮者の"大移動"が始まっています。これまでのオーケストラのポストを退任する指揮者が何人も。なぜか退任のタイミングが重なってしまいました。2年ぐらい前から、これからもそんな退任と、新たなポストへの就任が...

  15. 本日2本目は音楽についてです(植物は載せてません) - バラやらナンやら

    本日2本目は音楽についてです(植物は載せてません)

    こないだ大豆田とわ子(ドラマ)を観ていたら眠れない夜は数学の問題を解くってのがあったあるわぁ~~無心になれるやつ例えばピアノアタシはトッカータを弾いたり聴いたりすると無心になれる指をクルクルしてトンボ捕まえるみたいにトッカータを弾いたり聴いたりするとまるで自分がそのトンボになったかのようになる今回は人が実際に弾いているのばかり集めてみた必ずしもどれも一番凄い!って訳ではないけどそれでもジーー...

  16. お昼のミニコンサート5月と憧れの田村正和さん - jujuの日々

    お昼のミニコンサート5月と憧れの田村正和さん

    5月のミニコンサート今回も母を誘ったのですがワクチン接種目前でコロナに限らず体調悪くしてはいけないと家籠りで今回も主人に付き合って貰いました毎日ホリデーの主人ですがここの所国内外の(元)お仕事のご用がありなんだか忙しそう弁護士さんの様に30分いくら・・・な~んてないわよね・・・・中学生頃からかしら?憧れ続けた俳優さん田村正和さんとアランドロン何年前になるのでしょうか最後の眠狂四郎声もかすれ見...

  17. 待ってました! - お茶畑の間から ~ Ke-yaki Pottery

    待ってました!

    また、久しぶりでした💦日曜午後、「Classics as Jazz」を開催♬やはり生演奏を聴けるのは贅沢ですね!ピアノ🎹の萩野さん、ベース🎻の多田さん、本当に嬉しそうに、そして安全を気にかけてくださりながら演奏してくださいました🎼前回(2020年2月)はパンデミックが始まった頃のスケジュールでした...

  18. 花径13センチ強の黄色のバラとバッハ - バラやらナンやら

    花径13センチ強の黄色のバラとバッハ

    一日中雨やったねぇバラも結構散ってるわなぁでも雨の日は家に居るならそんなにキライじゃない独特の閉じた感じがインドア派としては凄く心地良いんよなぁバラと音楽交互で載せていこうかと思うのでお時間ある方はよろしゅうに↑これはカーディナル・ド・リシュリュー結構咲くんよオールドローズで一季咲きだけどねぇほんでまた散るのんも早いんやけどねぇ先日買ったリナルドとリシュリューを交替しようかと鬼のように思って...

  19. ゲルギエフ「春の祭典」レコード入荷 - 僕たちのオーディオ by SOUND PIT

    ゲルギエフ「春の祭典」レコード入荷

    サウンドピットです。ステレオサウンドから発売された「ゲルギエフ指揮、マリインスキー劇場管弦楽団:春の祭典」のLPが入荷してまいりました。言わずと知れた名盤。意外なことに、今回が初LP化です。個人的にも「春の祭典」の面白さ、すごさ。そしてストラヴィンスキーの魅力について知ることができた、思い出深い一枚。やや誇張気味の表現が、いい意味でキャッチ―かつインパクトのある、聴きやすい盤だと思います。も...

  20. 「もうサッサと咲いとこ」っと思ったのか風が強くても咲き出すオールドローズと曲 - バラやらナンやら

    「もうサッサと咲いとこ」っと思ったのか風が強くても咲き...

    「どやった?」次男が訊いてくるから『マカロニ鳴らしてるみたいやった』と言ったら少し笑いながら「わからんわぁ」と首を傾げるもんだから『ホンマは土管鳴らしてるみたいって言おうかと思ってんけどちょっと遠慮した』いつものように床に寝っ転がり座布団枕にしてIpadのジグソーパズルをしながら夜は完全に次男の部屋となってしまったピアノのレッスン室で次男の弾くギターを聴く「わかったわ笑弦すぐ張り替えるわ」意...

総件数:325 件

似ているタグ