クラシックのタグまとめ

クラシック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシック」タグの記事(172)

  1. 巻きセル(セル巻き)タイプメガネです -     イカワメガネ店                    0120-653-123       東京都青梅市東青梅2-11-19<P有>

    巻きセル(セル巻き)タイプメガネです

    こんにちは!青梅の井川眼鏡店です。チタンフレームのリム部分の内側にプラスチック製のリムを巻いたフレームですHAND MADE ITEM 品番H-3054 サイズ42□22-145 カラーC-5ブラック/ブラウンデミmade in japan日本製です一個智(スパルタ智)と削り出しテンプル、先セル無テンプルです小さめサイズなので小顔のかた、強度度数の方にもお薦めです玉型ですテンプルデザインクリ...

  2. 92歳のピアニスト (PART 2) - デンマンのブログ

    92歳のピアニスト (PART 2)

    92歳のピアニスト (PART 2)【レンゲの独り言】(manila07.gif)ですってぇ~。。。あなたも、カール・ベーム率いるウィーン・フィルハーモ二ーが奏でるモーツァルトの『交響曲40番ト短調』を聴いて、室井さんのように心が震えて、涙が止まらなくなるほど泣きましたか?(girlcry5.gif)(bohm01.jpg)ええっ。。。「そんなことはどうでもいいから、他にもっとも面白いことを...

  3. クラシック 馬鹿の見本 (PART 1) - デンマンのブログ

    クラシック 馬鹿の見本 (PART 1)

    クラシック 馬鹿の見本 (PART 1)(classic102.jpg)(fool911b.jpg)■『現実主義者 馬鹿の見本』&amp;nbsp(ireba03.jpg)(laugh16.gif)(ohta03.png)デンマンさん。。。、あの馬鹿の見本がどういうわけでクラシックと関係あるのですか?(kato3.gif)オマエは、僕が馬鹿の見本を取り上げることが不満なのォ~?できれば、オイ...

  4. 【モーツァルトが皆同じに聞こえるのはアンタッチャブル】 - お散歩アルバム・・薔薇の季節

    【モーツァルトが皆同じに聞こえるのはアンタッチャブル】

    せんだってアイネクライネ夜曲とフィガロを間違えて小っ恥ずかしい思いをした、音楽音痴の白玉団子です。でも、むっかしからモーツァルトの曲ってどれも似ているよねと、思っていたのは確かでして、お風呂場でトルコマーチとアイネクライネとフィガロの序曲を続けて歌っても1つの曲のようで、全く違和感ないよねと、改めて思ひますた。特にアイネクライネナハトムジークは何処に挟み込んでも繋がって行くよ&amp;#12...

  5. 世界で一番悪い国 (PART 2) - デンマンのブログ

    世界で一番悪い国 (PART 2)

    世界で一番悪い国 (PART 2)【レンゲの独り言】(manila07.gif)ですってぇ~。。。あなたも、『地獄の黙示録』という映画を観ましたか?(valky06.jpg)ええっ。。。「そんな事はどうでもいいから、もっと面白い話をしろ!」あなたは、世界に地獄が広まってもいいのですか?分かりましたわァ。。。では、話題を変えます。たいていデンマンさんは太田さんに対してかなり辛らつな批判をしてい...

  6. From the New World【 20195/1(水) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    From the New World【 20195/1...

    今日から令和の幕開けですが、西暦派なのでサラッと行きます(爆)時代は変わっても決して色褪せることのないのが20世紀の音楽遺産です。32歳の若きケルテスがVPOと初めて対峙した 「デビュー作」 とも言うべき記念碑的作品。オーケストラの流れに委ねながらもここぞという所では決して譲らないケルテス両者の駆け引きが心地よい緊張感を生み出しています。ウィンナー・ホルンの素朴な響きもドヴォルザークの土臭さ...

  7. 『読売日本交響楽団第216回土曜マチネーシリーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『読売日本交響楽団第216回土曜マチネーシリーズ』

    ここのところコンサート付いていますが、今回も当日券狙いで東京芸術劇場へ。S、A、B、Cとチケットは4種類。残席はそれほどなかったので、中途半端に隅っこのSやAよりも、と思ってB席を購入(C席は完売だったのかな?)。初めて3階席の、しかも最上段に近いところに座りましたが、さすがにステージが遠い遠い。でも音は綺麗に聞こえてきました。今回のプログラムは前半がプロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作...

  8. ピアノのショスタコーヴィチ24の前奏曲とフーガ - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    ピアノのショスタコーヴィチ24の前奏曲とフーガ

    このところ、ショスタコーヴィチをよく聴いています。海外ネットラジオでもショスタコーヴィチの交響曲があちらこちらでオンデマンド配信されていて聴いています。思えば、今年の正月にBSプレミアムで放送された玉木宏さんのショスタコーヴィチ「交響曲第7番」のドキュメンタリーが面白くて、とても辛くて、もっとショスタコーヴィチ作品を聴きたいと思った。元々ショスタコーヴィチの音楽は好きです。でも、まだまだ聴い...

  9. チラシ作成文字の間違いを気を付けるためにリスト作成 - 歌とハープの日々

    チラシ作成文字の間違いを気を付けるためにリスト作成

    今週はPCに向かう日々何だか疲れてしまいました・・頭は痛くぼーっとしてます・・。チラシのデザインの仕方はネットで配置など勉強。文字の配列など人の目の動きを考え作ってます。そして最近は立体感を出すようにしてます。例えば文字、イラスト、写真などどこか一つでも立体的に見えるようイラストだと1つ目を淡くして配置しそのちょっと上に普通のイラストを配置。影ができちょっと立体的になります。**でも、最近は...

  10. 『渋谷交響楽団第66回定期演奏会』 - 【徒然なるままに・・・】

    『渋谷交響楽団第66回定期演奏会』

    以前別のコンサートで貰ったチラシを持参すると無料!ということで、今日はすみだトリフォニーホールへ行ってきました。まあチラシがなくてもチケット¥1,000だから行くつもりではありましたが。パンフを見ると「渋谷区民の第九」の伴奏オーケストラとして出発したアマチュアオケだそうで、結成が1983年というからかなりの歴史。年に二回の定演と年末の第九の演奏をこなしているとのこと。演奏プログラムは前半が、...

  11. 利口な女狐 (PART 2) - デンマンのブログ

    利口な女狐 (PART 2)

    利口な女狐 (PART 2)【レンゲの独り言】(manila07.gif)ですってぇ~。。。あなたは、どのような女狐を思い浮かべましたか?ええっ。。。「そんな事はどうでもいいから、もっと面白い話をしろ!」あなたはヤナーチェクの≪利口な女狐の物語≫のことなど、どうでもいいのですか?分かりましたわァ。。。では、話題を変えます。たいていデンマンさんは太田さんに対してかなり辛らつな批判をしています。...

  12. BBC Proms Dubai 2019 まとめ - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    BBC Proms Dubai 2019 まとめ

    この秋、日本でBBC Promsが開催されますが、ドバイでは2回目のプロムスが開催されました(3月19日~22日)。その録音は、BBC Radio3で聴けます。BBC Proms JAPANに行く方も、行かない方も、本家のロイヤル・アルバート・ホール以外でのプロムスの雰囲気を聴いてみてください。◇Prom1 (3月19日):Radio3 in Concert : BBC Proms Duba...

  13. セルフプロデュースの際他の奏者さんとどう進めていくか - 歌とハープの日々

    セルフプロデュースの際他の奏者さんとどう進めていくか

    おはようございます♪春ですね~私の地域も桜満開★なんとも嬉しいもんです。+++さて、大きな本番が無事終了。いや~大変でしたよ・・でも色々勉強になりました。改めて思う事は他の奏者さんとやるって大変ですね。それぞれお忙しいですからその中どう作り上げていくかこれは人それぞれ違う為合わないのが普通私の場合は私が企画して立ち上げ雑用等は私がやる為私のやり方に沿って頂く事になってしまいます。(プロデュサ...

  14. マハエラ的名画館『未知との遭遇ファイナル・カット版』今となっては楽観的な宇宙人感 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    マハエラ的名画館『未知との遭遇ファイナル・カット版』今...

    午前十時の映画祭ファイナルで上映中 1978年3月、高校生だった僕は期待に胸をときめかせながら日比谷の有楽座へ向かった。 そこで観た映画は、今までの映画では体験したことがない、圧倒的な映像だった。 ネットどころか家庭用ビデオもない時代、僕がこの映画を追体験できるのはサウンドトラック版しかなく、しばらく家でそれを毎日聴いて、頭の中で追体験をしていた。 スティーブン・スピルバーグの作品の中で一番...

  15. 名盤レビュー/ジョニ・ミッチェルその7『ミンガス』- Mingus(1979) - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    名盤レビュー/ジョニ・ミッチェルその7『ミンガス』- ...

    アサイラムレコード最後のスタジオアルバム(この後にライブアルバムはあるが)。 ジョニの70年代を締めくくる作品でもある。 ジャズ嗜好を強めていったジョニは、ジャズの巨人チャールズ・ミンガスとのコラボアルバムを作る予定で進めていったが、ミンガスの病状の悪化と死去(1979年1月5日)、アルバムの制作方針の転換などがあり、途中でミュージシャンを入れ替えて、ミンガスの死後に完成。 音楽の合間に、...

  16. マハエラ的名画館『男と女の詩』1973年/フランス映画 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    マハエラ的名画館『男と女の詩』1973年/フランス映画

    『男と女』のクロード・ルルーシュ監督作品。冒頭、主人公である初老の宝石強盗シモンが刑務所で見ている映画が同じルルーシュの『男と女』であることから、この邦題がついたが、原題は「La Bonne Annee(新年)」。 新年の特赦で刑務所を出獄したシモンが、かつての恋人フランソワーズに会いに行く。しかしそれは警察の罠だった。 シモンは警察の追っ手を巻き、フランソワーズの家に行くが、彼女はすでに...

  17. 「らららクラシック」で「トムとジェリー」 - 気まぐれ感想文

    「らららクラシック」で「トムとジェリー」

    「トムとジェリー」の音楽に関しては、以前にもこことここで感想をあげたことがあるんだけど、そういった「トムとジェリー」好きにはたまらない内容の番組が、先週Eテレで放送されました。いやー、いい内容でしたねー。ベルリン・フィルの「トムとジェリー」、二度目の鑑賞だけど笑いました。超楽しい。限りなく贅沢です。作曲したブラッドリーの技法の解説は勉強になりました。犬の首が一人でトコトコ歩いていくシーンの音...

  18. 『青山シンフォニーオーケストラ第32回定期演奏会』 - 【徒然なるままに・・・】

    『青山シンフォニーオーケストラ第32回定期演奏会』

    情報誌からピックアップしていた公演に、当日券狙いで行ってきました。青山シンフォニーオーケストラは青山学院管弦楽団のOB・OGを中心に結成されたアマオケで、30年以上の歴史があるとのこと。結成当初から指導してきた常任指揮者・汐澤安彦が今回を持って勇退という記念公演のようで、当日券も残り僅かという状況でした。東京芸術劇場が一杯になるなんて大した集客力です。コンサートは前半がワーグナーのジークフリ...

  19. マハエラ的名作映画館『恐怖の報酬』『雨の訪問者』やっぱりフランス映画が好き! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    マハエラ的名作映画館『恐怖の報酬』『雨の訪問者』やっぱ...

    まずは1953年のアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の傑作『恐怖の報酬』。 ベネズエラの油田で起きた火災を鎮火するために、4人の男たちがニトログリセリンをトラックで運ぶ。 映画の最初の1時間は、ベネズエラの村で行き場を失った男たちの描写が、痴話喧嘩のようにつづられ、後半の1時間はトラックによる運搬のサスペンスの2幕構成。 昨年完全版が公開されたフリードキン版も面白いが、このオリジナル版は名...

  20. 『第二回 Tokyo Ring Orchestraコンサート/宇宙の旅路』 - 【徒然なるままに・・・】

    『第二回 Tokyo Ring Orchestraコン...

    昨秋に行ったコンサートで貰ったチラシをふと思い出し、チケットを購入してすみだトリフォニーホールへ。2~3週前に取ったにしてはかなり良席で大満足。このオーケストラは「指輪物語」の音楽を演奏するために結成されたアマチュアオーケストラなんだそうです。2015年にはヨハン・デ・メイの「交響曲第1番 指輪物語」や映画「ロード・オブ・ザ・リング」の音楽を取り上げた演奏会を実施。そこで一旦は解散したものの...

総件数:172 件

似ているタグ