クラシックのタグまとめ

クラシック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクラシックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クラシック」タグの記事(345)

  1. 祀る~死んだ男の残したものは - 原語から見える聖書のイメージ

    祀る~死んだ男の残したものは

    昨日読んだこの記事が面白かったです毎日お世話になるトイレットペーパーなどが傑作とにかく発想が豊かで意味が深いなと思いました焼き鳥の櫛とアイスの棒なんかまるで卒塔婆(笑)いわゆるナントカフォビアみたいな病的なものでもないんです集めるアーティストというとピカソを思い出しますがご本人の言葉がいいなと思いましたーー戌一さんにとって「集める」とは?記録というか、記念というか、感謝というか。もし我々が人...

  2. 9月~シューベルトのピアノソナタ第21番変ロ長調 - 原語から見える聖書のイメージ

    9月~シューベルトのピアノソナタ第21番変ロ長調

    1828年9月に作曲された最後のピアノソナタ節目となる2018年の9月を意識してこの曲を積読CDで聴いてましたこの年の11月にシューベルトが亡くなりますから、曲想とあいまってどこかモーツァルトの孤独で清らかな境地とも重なる気がしますコワセヴィッチの解説によると出版は1839年シューベルトが捧げる予定だったフンメルもその時はすでに他界していて、あのシューマンに献呈されることになったのも不思議な...

  3. 武満徹のカシオペア~小澤征爾指揮 - 原語から見える聖書のイメージ

    武満徹のカシオペア~小澤征爾指揮

    シューベルトの21番のピアノソナタを聴こうかなと思ってましたが9月1日は小澤征爾の誕生日なんだって、と小耳にはさんだので・・体調が心配されますね特にファンではないので申し訳ないのですが、武満徹のカシオペアがとても好きなので、小澤征爾というとこのアルバムが強烈です武満徹のメモリアルコンサートで初めてライヴで聞きましたがパーカショニストのパフォーマンスがスリリングでエキサイトしましたあのときの女...

  4. ベートーヴェンのピアノソナタ第4番変ホ長調雑感~オピッツ - 原語から見える聖書のイメージ

    ベートーヴェンのピアノソナタ第4番変ホ長調雑感~オピッツ

    オピッツのベートーヴェン・ピアノソナタ全集も積読3枚目のCDから初期の作品を中心に聞き始めました録音がホールトーンでとっても心地よいですね3枚目は9番ホ長調、10番ト長調が作品14で対になり19番ト短調20番ト長調が作品49で対になり作品14は3楽章形式作品49は2楽章形式とこれまた対照的その最初に4番が置かれてますなかなか聴きごたえがあるのでこれを繰り返して聴いてますまず変ホ長調13番、1...

  5. BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その4 [9月] [随時追記あり] - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リ...

    ロンドンで大盛況開催中の音楽祭、BBC Proms(プロムス)。7月に始まった時は9月なんてまだまだ先…と思っていたら、もう9月です。あんなに盛りだくさんの毎日のプロム(各公演)もあっという間に過ぎていきます。音楽とは儚い。とはいえ、9月も盛りだくさんです。最後のラストナイトまでノンストップです。最後の瞬間まで、プロムスを楽しみつくしましょう!現在、何週遅れてるんだと思うぐらいの、オンデマン...

  6. グールドのヒンデミット雑感 - 原語から見える聖書のイメージ

    グールドのヒンデミット雑感

    積読CDを聴いてます昨日はグールドのヒンデミットを聴いてみました彼、9月25日が誕生日9月先取りで聞いてるので(笑)、縁がありましたなぜか苦手な作曲家だったので敬遠してましたひととおり聞いてみて、また聴きながらアップしてますが、やはり風変りな印象いつも椅子に低く腰かけて演奏するグールドみたいに、どこか不自然なところがスタイルなんでしょうねもともと無調とか十二音音楽は好きなのでそういうタイプは...

  7. デュプレのブラームスのチェロソナタ第1番ホ短調からの雑感 - 原語から見える聖書のイメージ

    デュプレのブラームスのチェロソナタ第1番ホ短調からの雑感

    昨年のことかと思いますが、ベルリンにダニエル・バレンボイムの肝いりで完成したピエール・ブーレーズ・ホールのこけら落としコンサートがBSでありましたこの放送だけは消去しないで最近また見てます確か指揮者としてはフルトヴェングラーを尊敬しているそうですが、音楽性はアポロン的で天高く澄んでますねピアノを聴いていてもそう感じます秋めいてきて最近シューベルトのピアノソナタなどを聴き始めましたが、たまたま...

  8. 『ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集第139回』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ミューザ川崎シンフォニーホール&東京交響楽団名曲全集...

    昨日は半年も前に取ったチケットで2年ぶりのミューザ川崎へ行ってきました。ちょっと遠いのが玉に瑕ですが、お気に入りのホールです。今回の出演は指揮:大友直人、ヴァイオリン:大谷康子、ピアノ:横山幸雄、ヴォカリーズ:小林沙羅、そして管弦楽は東京交響楽団(コンサートマスター:グレブ・ニキティン)。東京交響楽団のコンサートそのものを聴くのは3年ぶりかな。コンサート1曲目は東京交響楽団の委嘱作品である「...

  9. CDで楽しむクラシック音楽 - 中山教会便り

    CDで楽しむクラシック音楽

    礼拝の午後は1:15より薮田兄による教育講座「CDで楽しむクラシック音楽」がありました。長年クラシックに携わってこられた薮田兄のお話は興味深く楽しいものでした。音楽そのものの魅力だけではなく、オーケストラの有名な指揮者とのエピソード等も聞かせて頂いたり、思い出の写真を披露してくださったり、素晴らしい午後のひと時となりました。音楽プロデューサー協会参与藪田益資が運営しています。https://...

  10. BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その3 [8月後半] [随時追記あり] - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リ...

    ※この記事は新しい情報が入り次第随時追記しています。ロンドンで大盛況開催中のBBC Proms (プロムス)。8月前半分の私の聴きたい、気になる、興味あり、注目、オススメの公演(プロム)リストです。8月後半も盛りだくさんです。オンデマンドを溜めないようにしてはいますが…溜まってしまっています…なかなか難しい…盛りだくさん過ぎです(褒めてる◇BBC Proms 公式サイト・7月の記事:BBC ...

  11. オート~雷鳴と電光 - 原語から見える聖書のイメージ

    オート~雷鳴と電光

    昨夜は流れ星ではなくて稲光いなびかりで変換したら稲が出たのでびっくり電光でイナビカリかと思ってました(笑)。。。台風のあとの高温についていけずフラフラお風呂も沸かさないではいってますが、39度でも熱中症みたいにどうもヘンいわゆる自律神経がきになるので英語を調べてみたらautunomic nerveあのオートですよねautoはたぶんギリシャ語だろうと調べたらいつもよく見てる3人称単数代名詞か...

  12. 火星が地球に大接近 - 夜つぐみの鳴くところで

    火星が地球に大接近

    火星は15年~17年の周期で地球に大接近するんですね。南東の空にオレンジ色に輝く姿は肉眼でも十分楽しめます。でも昔から火星が地球に近づくと戦争が起こると云われてきたんですよ。グスターヴ・ホルストGustav Holst (1874年9月21日 - 1934年5月25日)イギリスの作曲家であり最も知られた作品は管弦楽のための組曲 「惑星」 である。占星術から着想を得た壮大なテーマを火星から海王...

  13. BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その2 [8月前半][随時追記あり] - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リ...

    ロンドンで大盛況開催中のBBC Proms (プロムス)。8月前半分の私の聴きたい、気になる、興味あり、注目、オススメの公演(プロム)リストです。8月も盛りだくさんです。今年も前半と後半に分けます。◇BBC Proms 公式サイト・7月の記事:BBC Proms (プロムス) 2018 私選リスト その1 [7月][随時追記中] 【お知らせ】NHKFMで、Prom1、ファーストナイトを放送し...

  14. マーラーを語る 名指揮者29人へのインタビュー - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    マーラーを語る 名指揮者29人へのインタビュー

    クラシック音楽を聴くようになって10数年ぐらい(大人になってからなので、全然日は浅い)になるが、なかなかお近づきになれない作曲家が何人かいる。そのひとりが、グスタフ・マーラー。クラシックを聞き始めた頃、交響曲が苦手だった。「重い」「長い」「難しい」から。マーラーの交響曲はまさにそのどれにもあてはまる。しかも、マーラーといえば交響曲が圧倒的に演奏回数が多い(歌曲や室内楽もあるのに)。指揮者、オ...

  15. 『都響第859回 定期演奏会Cシリーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『都響第859回 定期演奏会Cシリーズ』

    昨日は午前中で所要を済ませ、午後は予定が空いたので東京芸術劇場コンサートホールへ。無事に当日券も買え、東京都交響楽団の演奏を聴いてきた。「バーンスタイン生誕100年記念、ガーシュウィン生誕120年記念」と題された今回のコンサートのテーマは「異文化との出会い」だそうで、プログラムは何れもアメリカ、アメリカ人を取り上げたものばかり。前半はドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95 b.17...

  16. クラシック鑑賞 20 (PART 2) - デンマンのブログ

    クラシック鑑賞 20 (PART 2)

    クラシック鑑賞 20 (PART 2)【レンゲの独り言】(manila07.gif)ですってぇ~。。。今日は、太田さんの奥さんをデンマンさんは持ち出してきませんでした。太田さんはクラシックについての造詣が深いですけれど、お仕事はコンピューター関連ですわァ。。。クラシックは趣味だそうです。。。たいていデンマンさんは太田さんに対してかなり辛らつな批判をしています。太田さんにしてみれば、コケにされ...

  17. HJ Limの平均律を初めて聴いて - 原語から見える聖書のイメージ

    HJ Limの平均律を初めて聴いて

    最近、バッハの平均律クラヴィーア曲集の一番最初のプレリュードハ長調あの有名なメロデイをなんとか弾けるようになったんですが、蒸し暑くて寝られないのでYouTubeにアップされてる有名無名を問わずいろんな方の演奏を聴いていたら突然ぶっ飛ぶような演奏に出会いましたHJ Limなにこれ!同じ楽譜から、全然違う風景が広がってきますねグールドの衝撃も消し飛ぶような新鮮さを感じますこういうの大好きなので夢...

  18. BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リスト その1 [7月][随時追記中] - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    BBC Proms ( プロムス ) 2018 私選リ...

    ※この記事は、新しい情報が入り次第随時追記中です。7月になりました。7月、今年も待ってました、ロンドンで2ヶ月にわたって開催される世界最大級の音楽祭「BBC Proms」(プロムス)がはじまります!今年は、7月13日~9月8日(グリニッジ標準時)まで。ロイヤル・アルバート・ホールを中心に、毎日コンサート。クラシックが中心ですが、フォークミュージックあり、テクノミュージックあり、現代作品も新曲...

  19. シューベルト叶わぬ恋の幻想曲 - 夜つぐみの鳴くところで

    シューベルト叶わぬ恋の幻想曲

    フランツ・ペーター・シューベルト 言わずと知れたオーストリアの大作曲家である。Franz Peter Schubert (1797年1月31日 - 1828年11月19日 31歳没)各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく「歌曲王」と呼ばれることもある。そんな彼が最晩年に残した 「幻想曲ヘ短調 D.940」 は、亡くなる直前に発表したピアノ連弾曲である。四手のためのピア...

  20. リコーフレックス - 見る聞く歩く

    リコーフレックス

    敗戦間もない日本で爆発的な人気を博した「リコーフレックス」というカメラがありました。これはその「Ⅶ」型。1954年の発売です。食うや食わずの段階を何とか脱し、より豊かな暮らしを目指した人々が買い求めたカメラです。一万円を下回るとはいえ、決して安いとはいえないものでしたが、少し無理をすればサラリーマンでも買えたようです。販売店には大行列ができたという逸話が残っています。ブリキ細工のおもちゃのよ...

総件数:345 件

似ているタグ