クリエイティブのタグまとめ

クリエイティブ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクリエイティブに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クリエイティブ」タグの記事(14)

  1. 【矛盾の中のクリエイティブ】20190728 - UZU

    【矛盾の中のクリエイティブ】20190728

    矛盾を矛盾として受け入れることができれば面白い。それができれば全く新しい価値観が生まれるような気がする。その時、矛盾は矛盾でなくなっているのだろうが。今ある現象や理論を分析し行動するだけではあまりおもしろくない。真のクリエイティブは、矛盾の中に存在しているのかもしれない。

  2. クリエイティブもマネジメント - 原初のキス

    クリエイティブもマネジメント

    絵を描くなどというとえらくクリエイティブなことをしているような印象を与えるものとは思うが、実は真にクリエイティブなところは一部にすぎない(例えば「構想」の部分とか)。支持体の下処理だの、自分の使い勝手のよいように絵具に混ぜる水分量を工夫するだの、明度(明るい暗い)の調整やら、構図だのなんだのだって、結局は技術を学びつつその実行を確実にすべく鍛錬してなるべくエラーレスにマネージできる状態に置い...

  3. クリエイティブについて - けーすけの部屋

    クリエイティブについて

    どうもこんにちは。いつもけーすけの部屋を見てくれてありがとう!!いつも記事を書いているけーすけですが、新しく、限定公開で、ちょっと私の考えるクリエイティブ性についていくつか考えたことをメモ程度で書いて見ようかなって思いました!!まず、私は、新しいことを考えるときは、固定概念を取り除くべきだと私は考えます。例えば、ここは××置き場って決まって要るところに別のものを置くって決める時に、種類の違う...

  4. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。8 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。8

    私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。ある日、真悟くんが、同世代の女性を連れてきた。岡田:片山くん、田中さん、丁度お昼なので、パワーランチにしようか?片山:パワーランチ?奈々:仕事の打ち合わせをしながらとるランチのことよ、元々は、経営者が投資家を招待して行うビジネスランチなどをさすコトバ。ランチミーティングですよね。TQM(株)には、ランチに使える場...

  5. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。7 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。7

    私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。ある日、真悟くんが、同世代の女性を連れてきた。片山:岡田さん、紹介します。彼女は、田中奈々、僕と違って、新人研修をトップ通過して、海外部に配属されたエリート候補だそうです。奈々:岡田さん、初めまして、田中菜々です。片山くんが言ったことは、大げさすぎます。ただ、英語が好きなので、海外部に配属されたことは不本意ではな...

  6. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。6 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。6

    私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。岡田:片山くん、僕は人は「自分の技を磨きながら人格を磨いている」と思うんだ。「人格を磨く手段として、才能と時間が与えられた。自分の技で隣の人を笑顔に出来た瞬間、生まれてきてよかった」と思えるんだよ。片山:岡田さん、技を磨く手段に効率を求めてはいけないんでしょうね?岡田:技を磨くためには、途轍もない時間がかかること...

  7. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。5 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。5

    私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、本来、管理職の仕事である新人教育も仰せつかっている。そんなある日、私が勤務している、それなりに大きく、それなりに儲かっている「TQM(株)」に、一人の新入社員が入って来た。彼の名は、片山真悟。芸大を始めとする美大をことごとく落ち、東京にあるデザインの専修学校に通っていたらしい。彼は、入社試験で提案した照明のアイデアが、デザイン部の部長の目に留ま...

  8. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。4 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。4

    私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、本来、管理職の仕事である新人教育も仰せつかっている。今回のテーマは「仕事の進め方」だ。最近は、良い人材が採用できるようになった「TQM(株)」なので、中には、勘の良い新人も少なくないが、殆どは、組織の目的や目標、それを達成するための手段について、繰り返し話さなければ身につかない。私のモットーは、管理される仕事の進め方から、自ら管理する仕事の進め...

  9. 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。3 - incalzando

    物語の舞台は、とある企業の、とある部門。3

    私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、商品の企画・開発に関する会議があると、ファシリテーターとして派遣される。ファシリテーターとは、会議に参加する人たちの知恵、情報、経験などを最大限に引き出すために、全員が平等に参加できる場をつくる役割である。会議では、おうおうにして上司の意見が通ってしまいがちだ。上司は、ある意味その組織で実績がある人物であるわけだが、だからこそ過去の成功に捕らわ...

  10. 東京蚤の市! - M-space diary

    東京蚤の市!

    友達に教えてもらい、一緒に蚤の市に行ってきた。場所は京王多摩川駅の改札出を出てすぐ。フランスのアンティークから、日本の骨董品、お花屋さん、家具屋さん、ランプ屋さん、服屋さん個性的でおしゃれなブースがいっぱい!売っているものも興味深かったけれど、売っている人も魅力的だった。何にも買わなかったけれど、見ているだけで楽しかった。天気も良く気持ちのよい風が吹いていて、会場の野外ライブの歌声もいい感じ...

  11. 負けるものか! - 毎日ワクワク・ポジティブに 癒しのフラ 

    負けるものか!

    なにやっとる!!どこからともなく喝が入る。ここ最近刺激になる経験や出会い執着は捨てた心に秘めていたクリエイティブさメラメラとワクワクすることが徐々にやってきたやってみる。自分のことは自分で変えるを応援していますダンスだけじゃないのよ~フラ教室は静岡県東部伊豆神奈川県西部で活動HP心とカラダ癒しのフラブログ

  12. クリエイティブ・マインドセット - よしだのmemo

    クリエイティブ・マインドセット

    久々に読み返した名著。読むたびに新しい発見あり。今回はリーダーシップに関しての一説がグサグサ刺さる。自分もこんな増幅型リーダーを目指したいなと。このようなリーダーを表わす言葉のひとつとして、「増幅型リーダー」(multiplier)というものがある(注19)。この言葉は、私たちが作家でエグゼクティブ・アドバイザーのリズ・ワイズマンと話をしているときに聞いたものだ。組織行動論を学んだ経験を持ち...

  13. いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書) - incalzando

    いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)

    いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)著者 : 有馬トモユキ講談社発売日 : 2015-04-24ブクログでレビューを見る»・かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。・この本は、かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。デザインは、消費者の感性に働きかけたり、行動を変...

  14. クリエイティブとプロデュースの狭間で、何が出来るか考えた結果と自分ができること - Limpide Lumiere

    クリエイティブとプロデュースの狭間で、何が出来るか考え...

    これは、特に最近考えることでもあります。私はライター歴がもう13年目ということで、年齢としては30歳を越えているわけです。20代の頃はとにかく、途切れることなく仕事が欲しかった。ちょっと苦しいくらいのスケジュールで、シナリオを吐き出すように書くことが好きでした。でもそれも30代になると、何を残せてきているのだろうか、と考えることも多くなりました。普通に書いて普通に納品して、普通にそれを繰り返...

総件数:14 件

似ているタグ