クリップオンストロボのタグまとめ

クリップオンストロボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクリップオンストロボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クリップオンストロボ」タグの記事(30)

  1. 2019/02/16FOSOTOから215cm超軽量ライトスタンドが登場!:その2 - shindoのブログ

    2019/02/16FOSOTOから215cm超軽量ラ...

    既にポチッとしてしまった方。ごめんなさい!!FOSOTOさまより1000円お安く購入可能なプロモーションコード20人分の提供がありました!!一人ひとり申し出に対して別々のコードをお教えしても良いのですが・・・取り敢えず一挙20人分のプロモーションコードコードを公表しちゃいます。購入は下のAmazonサイト、使用可能期限は2/25一杯となります。VRZ7-AWF7S8-WSRJCZVRWQ-X...

  2. 2019/02/15FOSOTOから215cm超軽量ライトスタンドが登場! - shindoのブログ

    2019/02/15FOSOTOから215cm超軽量ラ...

    2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンドと過去にもFOSOTOのスタンドを取り上げましたが、私達の願いが叶ったということですね!w2本のスタンドが立っていますが、低いほうが前回紹介した製品。高いほうが今回の製品、写真の状態で実測212cm。重量は630g!この高さがあれば、殆どのケースで問題は感じないと思います。スタンドは4段から5段に変更され、ロック部分にも変更が見られます。新...

  3. 2019/01/16カーボンライトスタンド新兵器! - shindoのブログ

    2019/01/16カーボンライトスタンド新兵器!

    12年間愛用していたスリックの小型カーボン三脚カーボンスプリント614pro。これはこれで良かったのですが・・・一度新しい小型カーボンを見てしまうと物欲を抑えることが不可能になってしまします。その新しい小型カーボンは同じスリックのE53。左写真の左がカーボンスプリント614pro。右側がE53。一見ほぼ同じ仕様かと思いましたがカーボンパイプが全体に2mm程スリムになっています。重量は740g...

  4. 2019/01/09210cm超軽量ライトスタンド! - shindoのブログ

    2019/01/09210cm超軽量ライトスタンド!

    イタチさんがAliexpressで探し当てた超軽量スタンドが下です。縮長49cm、伸長210cmまで高くなり26ドル!とお買い得!!アルミ製で620gです。カーボンよりもアルミ製のほうが揺れにくい?これはスグレモノかも知れませんね!!

  5. 2019/01/08KINGカーボンスタンド+UNPLUGGED折り畳みアンブレラ - shindoのブログ

    2019/01/08KINGカーボンスタンド+UNPL...

    昨日の続きです。新宿の伊藤さんに教えていただいたUNPLUGGED折り畳みアンブレラが今朝到着!早速の報告です。Sブラケットにアンブレラを取り付けた様子。直径115cm、丁度よいサイズです!生地もシッカリとしていて、ホワイトも問題なし!折りたたみなのでセンターポールも伸縮します。結構ポールが邪魔になることが今までありましたが、これならば邪魔になりません!!赤丸部分で伸縮します。下が全景です。...

  6. 2018/12/29超軽量ライトスタンド、3本対決! - shindoのブログ

    2018/12/29超軽量ライトスタンド、3本対決!

    さて、昨日に続きライトスタンドの話題です。昨日のスタンドはFOSOTO超軽量アルミスタンドでした。今日紹介するのはKING超軽量カーボンスタンド。友情出演のスタンドが、Neewer軽量アルミスタンド。左からNeewer、FOSOTO、KINGの順番ですが、想像以上に高さに差があります。Neewerでさえ、もう少し高ければよいのに・・・と思っていましたが矢張りFOSOTOはちょっと低い。KIN...

  7. 2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンド - shindoのブログ

    2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンド

    機材軽量化は、カメラマンにとって極めて重要な命題です!www特に電車移動の方にとっては大問題。車移動ですら軽いに越したことはありません。さて、先日友人のK氏からお教え頂いたスタンドが下の写真。何と重量が550g!!(実測値)驚異的な軽さです。写真を見てどこかで見たことがあると思いませんでした?実はカーボンスタンドでこの作りとよく似た製品がニッシンやトキスター、キングから販売されていますが重量...

  8. 2018/12/03GodoxでのFP発光(HSS) - shindoのブログ

    2018/12/03GodoxでのFP発光(HSS)

    室内で窓を背にして人物撮影をすることがしばしばありますので、そこを先ず前提にして下さい。夕方時や曇日ならば、FP発光に頼る必要はありません。また、外の景色がすっ飛んでOKならば、それも同様。時に、ピーカンの素晴らしい天気、借景が素晴らしい場合など・・・なるべく同時に写して欲しいと思うことは人情。実現してあげたいと思いますよね?そんな時に、もし室内の照明だけに頼れば、それは先ず不可能でしょう。...

  9. 2018/12/01本郷式フラッグフレームと軽量化 - shindoのブログ

    2018/12/01本郷式フラッグフレームと軽量化

    11/28日の続編です。何とか更に軽量化をしたい!!と思い組んでみたのが下です。Bのストロボのスタンドをクランプとフレキシ棒(小)に。ついでにアンブレラ+AD200にはフレキシ棒(大)に。Aの部分。フレキシ棒は、パンプロダクトで購入しました。こうすることでディフューザーにライトが近づき効率アップが可能でしょう。また、Bを加えることで光の心を作ることが可能となります。1灯でも不可能ではないので...

  10. 2018/11/28クリップオンストロボのモデリングランプに・・・ - shindoのブログ

    2018/11/28クリップオンストロボのモデリングラ...

    以前にもお見せしてますが、もう一度おさらいを。クリップオンストロボやAD200のようなストロボの場合。ネックとなるのはモデリングランプでしょう。特に物撮りの場合には厳しいことがありますよね?そんな時に写真下のようなLEDライトを取り付ければ驚くほど撮影が快適になります!ストロボで照明したようなライティングを肉眼で確認することができます。AD200にはアンブレラをセットし、Sブラケットでスタン...

  11. 2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点:その3 - shindoのブログ

    2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラで...

    実践編です。実際にどの程度の違いがあるのかを検証してみましょう。使用した機材はα9+55/1.8太陽光モードISO2001/250F3.5Godox TT-685をTTL発光。ストロボの後部からモデルまでは60cm、モデルから背景までも60cmです。■ダイレクト>アンブレラ■オムニバウンス>アンブレラ■ワイドパネル>アンブレラ■メンディングテープ>アンブレラ■トンガリコーン>アンブレラ以上が...

  12. 2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点:その2 - shindoのブログ

    2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラで...

    昨日の続きです。発光部に各種の拡散パーツを取り付け試してみましたがその時の光量はどうなのか?という声がありましたので検証してみました。テストは基本的に昨日と同様。露出計の位置はストロボの後部から1.5mです。ISO100ストロボは1/4出力。全てアンブレラを使用しての値です。ダイレクトF4.0オムニバウンスF2.8+0.7ワイドパネルF2.8+0.9メンディングテープF2.8+0.9トンガリ...

  13. 2018/09/24クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点 - shindoのブログ

    2018/09/24クリップオンストロボ+アンブレラで...

    クリップオンストロボを使う際に、アンブレラを使用することは多いことでしょう。ですが、チョットした工夫でその光は大いに違うものなのです。その違いを今からお見せします。使用機材α9+55/1.8Sブラケット+クリップオンストロボGodoxTT-685(V860の単3バージョン)クリップオン先端から傘までの距離35cm■1左が直で傘に当てた場合右はオムニバウンスを使用した場合■2左はワイドパネルを...

  14. 2018/09/16クリップオンの光について考える - shindoのブログ

    2018/09/16クリップオンの光について考える

    今ではプロの方でも多くの方がクリップオンストロボを使用していますがクリップオンの光についておさらいしてみたいと思います。■ダイレクトに照射させる彩度が高くコントラストの高い写真が撮れますが、ドギツイ影が嫌われ気味。しかしながら、オフカメラで使用すれば影を活かした撮影が可能。また、デイライトシンクロ等では、光量の問題からダイレクトに当てることが多い。■オムニバウンスニコンのクリップオンに純正付...

  15. 2018/08/29Godox V850(1型)を分解してみる! - shindoのブログ

    2018/08/29Godox V850(1型)を分解...

    Godox V850、言わずと知れた人気のクリップオンストロボ。多くのプロカメラマンから支持され愛されている優れもの。そのV850は、いつの間にやら私の手元に5台も存在する!そして、その5台はどれもが現在のところ健在だ。先ず、外観から。NEEWERと書かれているがGodox製である。wボディ下部前面をバラすとこんな感じ。昇圧回路が現れる。ヘッドの左側に位置する黒い四角い物体は昇圧トランス。ト...

  16. 2018/07/27ネコスタ吉岡さんからAD200のアイデアを頂きました! - shindoのブログ

    2018/07/27ネコスタ吉岡さんからAD200のア...

    新藤さんご無沙汰しております福岡のネコスタです毎日ブログ楽しみに見ております影響を受けてAD200を導入してみてよかったなーと楽しく仕事で使っていてある程度運用できるようになったので参考になればと思い工夫してるとこを画像でお送りさせていただきますiphoneでさっと取ったので荒いですが雰囲気は伝わるかなと重量や使い勝手を考慮して雲台はマンフロットのものをシューがいいのものがなかったのでホムセ...

  17. 2018/07/26Godox互換TARION TF600到着す! - shindoのブログ

    2018/07/26Godox互換TARION TF6...

    左がTARION TF600(Godox的名称ならばTT600)右はGodox TT685。一昨日のAmazonでTF600が破格の2199円だったのでポチった次第。wこの時、TF685は3599円だったか?先程Amazonをチェックすると在庫0、入荷の見通しは不明と表示。まあ、余りに太っ腹の価格設定・・・この破格の値段は、TARIONの在庫一掃だったのか?16台買っても35184円!国産純...

  18. 2018/07/05カーボンモビスタンド - shindoのブログ

    2018/07/05カーボンモビスタンド

    A:カーボンモビスタンド620gB:サンテックジュニアスタンド1140gC:スリックカーボン三脚930gD:エツミ改造スタンド820g機材軽量化は、電車移動の際には極めて重要なファクター!最近は、BCDを良く使用しているのですが・・・優れた軽量のカーボンスタンドの登場を待ち望む一人なのです。上の4本を伸ばすとこんな感じ。モビスタンド、健闘しています!!225cmまで高くなるのです。物撮りでし...

  19. 2018/06/08AD200をクリップオンストロボ的に組んでみた・・・ - shindoのブログ

    2018/06/08AD200をクリップオンストロボ的...

    室田さんから質問をいただきました。いつもブログ大変参考にさせて頂いてます。EC200ですが、カメラのホットシューに付けた時シャッターレリーズで発光するのでしょうか?AD200使用時、どうしてもオンカメラ状態でストロボ使う必要が出る時の為に現場に純正ストロボやAD360を持って行ってるのですがEC200を使うことでオンカメラ状態で発光させられるのならAD200だけでいけるのかなぁと。確かにクリ...

  20. 2018/04/11アンブレラホルダー、大きいけど使いやすい! - shindoのブログ

    2018/04/11アンブレラホルダー、大きいけど使い...

    数年前から所有していて何故か殆ど使用していなかったもの・・・多くの方が既にご存知とは思いますが、このアンブレラホルダーです。GodoxやNEEWERから売られていますよね。で、何が優れていて、何処に問題があるのか?クリップオンストロボを確実にセット可能。ボーエンズマウントなので各種リフレクターやソフトライトボックスが使用可能。ツバの部分が遮光という点で思ったよりも効果がある。マウント部がプラ...

総件数:30 件

似ているタグ