クリップオンストロボのタグまとめ

クリップオンストロボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクリップオンストロボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クリップオンストロボ」タグの記事(33)

  1. 2019/05/20FOSOTOカーボンライトスタンドB型キット - shindoのブログ

    2019/05/20FOSOTOカーボンライトスタンド...

    FOSOTOからカーボンライトスタンドキットが登場しました。カーボンスタンド単体も販売されています。スタンド部分の重量は565g。実用的な最伸長は2m辺り。今までにもこの手のカーボンライトスタンドは販売されていましたが実は、このスタンドには必殺技が隠されているのです!先ず、ポール部分ですが・・・根本から外すことが可能です!一脚的な使用が可能で先端にストロボをセットして手持ちでライティングとか...

  2. 2019/05/02クリップオンストロボのモデリングランプ - shindoのブログ

    2019/05/02クリップオンストロボのモデリングランプ

    クリップオンストロボで唯一足りていない部分はモデリングランプでしょう。AD200では、辛うじて装備されていますが気休め程度で実用的とは言い難い。人物撮影ならばモデリングライトも不要ですが、物撮りでは映り込みをチェックするためにも可能ならば欲しいものです。で、先日バシラーになったLEDが写真下左のAD200風LED(自転車用)Elekin製。5200mAhのリチウムバッテリー!(内部をチェック...

  3. 2019/04/21Godox TT350を試してみました - shindoのブログ

    2019/04/21Godox TT350を試してみました

    ストロボを使用する際、Godox Xproをコマンダーとして撮影をしていますが儀式が必要なのです・・・α9の電源をオンにし、更にXproもオンにする。そのままカメラのシューにエイヤッと装着する。電源OFFのまま装着すると、ほぼ100%コマンダーとしての機能を発揮しない・・・何故かウチではこうなのです。大したことがないと言えばそうなのですがチョット不安ですよね?そこで登場するのがTT350!(...

  4. 2019/04/15Godoxを使用したストロボ講座を4/20に開催します - shindoのブログ

    2019/04/15Godoxを使用したストロボ講座を...

    開催日は4月20日(土曜日)午後15:00スタート終了時間は、18:00辺りと思います。場所は、新藤事務所(不動前スタジオ)西五反田5-31-6です。こちらで用意するGodox製品はV850(1型)TT600(V850を単3で駆動するタイプ)TT685(V860を単3で駆動するタイプ)AD200(出力200Ws)AD600ProXPro1−sSブラケット、バンクライト、スリットライト、アンブ...

  5. 2019/03/14クリップオンストロボ実践講座を3/23日に開催! - shindoのブログ

    2019/03/14クリップオンストロボ実践講座を3/...

    お待たせいたしました!!久しぶりに写真教室を開催いたします!今回は、クリップオンストロボの基本的な使用法の講座ですがオンカメラからオフカメラまで、テーブルフォト、人物撮影を網羅する予定です。日時は3/23日(土曜日)15時スタート。終了は17:00〜17:30を予定しています。多少延長する場合も有りえます。募集人数は、6名。費用は6000円です。(最小開催人数を3名とします)懇親会も開催予定...

  6. 2019/02/22Godox AD200で思うこと・・・ - shindoのブログ

    2019/02/22Godox AD200で思うこと・・・

    遥か昔、私がアシスタント時代の話なので・・・40年近く前の話。バッテリー駆動式の200Wsストロボを自作した。チューブとコンデンサーはミニカムに分けてもらった。当時、ミニカムにはスーパージャイアントという400Wsのストロボがあったのだが確か値段が15万、チャージタイムが15秒、出力はフルとハーフの切り替えのみ。これでは使いにくいと自作したのだ。完成したマシンはスーパージャイアントよりも若干...

  7. 2019/02/16FOSOTOから215cm超軽量ライトスタンドが登場!:その2 - shindoのブログ

    2019/02/16FOSOTOから215cm超軽量ラ...

    既にポチッとしてしまった方。ごめんなさい!!FOSOTOさまより1000円お安く購入可能なプロモーションコード20人分の提供がありました!!一人ひとり申し出に対して別々のコードをお教えしても良いのですが・・・取り敢えず一挙20人分のプロモーションコードコードを公表しちゃいます。購入は下のAmazonサイト、使用可能期限は2/25一杯となります。VRZ7-AWF7S8-WSRJCZVRWQ-X...

  8. 2019/02/15FOSOTOから215cm超軽量ライトスタンドが登場! - shindoのブログ

    2019/02/15FOSOTOから215cm超軽量ラ...

    2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンドと過去にもFOSOTOのスタンドを取り上げましたが、私達の願いが叶ったということですね!w2本のスタンドが立っていますが、低いほうが前回紹介した製品。高いほうが今回の製品、写真の状態で実測212cm。重量は630g!この高さがあれば、殆どのケースで問題は感じないと思います。スタンドは4段から5段に変更され、ロック部分にも変更が見られます。新...

  9. 2019/01/16カーボンライトスタンド新兵器! - shindoのブログ

    2019/01/16カーボンライトスタンド新兵器!

    12年間愛用していたスリックの小型カーボン三脚カーボンスプリント614pro。これはこれで良かったのですが・・・一度新しい小型カーボンを見てしまうと物欲を抑えることが不可能になってしまします。その新しい小型カーボンは同じスリックのE53。左写真の左がカーボンスプリント614pro。右側がE53。一見ほぼ同じ仕様かと思いましたがカーボンパイプが全体に2mm程スリムになっています。重量は740g...

  10. 2019/01/09210cm超軽量ライトスタンド! - shindoのブログ

    2019/01/09210cm超軽量ライトスタンド!

    イタチさんがAliexpressで探し当てた超軽量スタンドが下です。縮長49cm、伸長210cmまで高くなり26ドル!とお買い得!!アルミ製で620gです。カーボンよりもアルミ製のほうが揺れにくい?これはスグレモノかも知れませんね!!

  11. 2019/01/08KINGカーボンスタンド+UNPLUGGED折り畳みアンブレラ - shindoのブログ

    2019/01/08KINGカーボンスタンド+UNPL...

    昨日の続きです。新宿の伊藤さんに教えていただいたUNPLUGGED折り畳みアンブレラが今朝到着!早速の報告です。Sブラケットにアンブレラを取り付けた様子。直径115cm、丁度よいサイズです!生地もシッカリとしていて、ホワイトも問題なし!折りたたみなのでセンターポールも伸縮します。結構ポールが邪魔になることが今までありましたが、これならば邪魔になりません!!赤丸部分で伸縮します。下が全景です。...

  12. 2018/12/29超軽量ライトスタンド、3本対決! - shindoのブログ

    2018/12/29超軽量ライトスタンド、3本対決!

    さて、昨日に続きライトスタンドの話題です。昨日のスタンドはFOSOTO超軽量アルミスタンドでした。今日紹介するのはKING超軽量カーボンスタンド。友情出演のスタンドが、Neewer軽量アルミスタンド。左からNeewer、FOSOTO、KINGの順番ですが、想像以上に高さに差があります。Neewerでさえ、もう少し高ければよいのに・・・と思っていましたが矢張りFOSOTOはちょっと低い。KIN...

  13. 2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンド - shindoのブログ

    2018/12/28FOSOTO超軽量アルミスタンド

    機材軽量化は、カメラマンにとって極めて重要な命題です!www特に電車移動の方にとっては大問題。車移動ですら軽いに越したことはありません。さて、先日友人のK氏からお教え頂いたスタンドが下の写真。何と重量が550g!!(実測値)驚異的な軽さです。写真を見てどこかで見たことがあると思いませんでした?実はカーボンスタンドでこの作りとよく似た製品がニッシンやトキスター、キングから販売されていますが重量...

  14. 2018/12/03GodoxでのFP発光(HSS) - shindoのブログ

    2018/12/03GodoxでのFP発光(HSS)

    室内で窓を背にして人物撮影をすることがしばしばありますので、そこを先ず前提にして下さい。夕方時や曇日ならば、FP発光に頼る必要はありません。また、外の景色がすっ飛んでOKならば、それも同様。時に、ピーカンの素晴らしい天気、借景が素晴らしい場合など・・・なるべく同時に写して欲しいと思うことは人情。実現してあげたいと思いますよね?そんな時に、もし室内の照明だけに頼れば、それは先ず不可能でしょう。...

  15. 2018/12/01本郷式フラッグフレームと軽量化 - shindoのブログ

    2018/12/01本郷式フラッグフレームと軽量化

    11/28日の続編です。何とか更に軽量化をしたい!!と思い組んでみたのが下です。Bのストロボのスタンドをクランプとフレキシ棒(小)に。ついでにアンブレラ+AD200にはフレキシ棒(大)に。Aの部分。フレキシ棒は、パンプロダクトで購入しました。こうすることでディフューザーにライトが近づき効率アップが可能でしょう。また、Bを加えることで光の心を作ることが可能となります。1灯でも不可能ではないので...

  16. 2018/11/28クリップオンストロボのモデリングランプに・・・ - shindoのブログ

    2018/11/28クリップオンストロボのモデリングラ...

    以前にもお見せしてますが、もう一度おさらいを。クリップオンストロボやAD200のようなストロボの場合。ネックとなるのはモデリングランプでしょう。特に物撮りの場合には厳しいことがありますよね?そんな時に写真下のようなLEDライトを取り付ければ驚くほど撮影が快適になります!ストロボで照明したようなライティングを肉眼で確認することができます。AD200にはアンブレラをセットし、Sブラケットでスタン...

  17. 2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点:その3 - shindoのブログ

    2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラで...

    実践編です。実際にどの程度の違いがあるのかを検証してみましょう。使用した機材はα9+55/1.8太陽光モードISO2001/250F3.5Godox TT-685をTTL発光。ストロボの後部からモデルまでは60cm、モデルから背景までも60cmです。■ダイレクト>アンブレラ■オムニバウンス>アンブレラ■ワイドパネル>アンブレラ■メンディングテープ>アンブレラ■トンガリコーン>アンブレラ以上が...

  18. 2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点:その2 - shindoのブログ

    2018/09/25クリップオンストロボ+アンブレラで...

    昨日の続きです。発光部に各種の拡散パーツを取り付け試してみましたがその時の光量はどうなのか?という声がありましたので検証してみました。テストは基本的に昨日と同様。露出計の位置はストロボの後部から1.5mです。ISO100ストロボは1/4出力。全てアンブレラを使用しての値です。ダイレクトF4.0オムニバウンスF2.8+0.7ワイドパネルF2.8+0.9メンディングテープF2.8+0.9トンガリ...

  19. 2018/09/24クリップオンストロボ+アンブレラでの注意点 - shindoのブログ

    2018/09/24クリップオンストロボ+アンブレラで...

    クリップオンストロボを使う際に、アンブレラを使用することは多いことでしょう。ですが、チョットした工夫でその光は大いに違うものなのです。その違いを今からお見せします。使用機材α9+55/1.8Sブラケット+クリップオンストロボGodoxTT-685(V860の単3バージョン)クリップオン先端から傘までの距離35cm■1左が直で傘に当てた場合右はオムニバウンスを使用した場合■2左はワイドパネルを...

  20. 2018/09/16クリップオンの光について考える - shindoのブログ

    2018/09/16クリップオンの光について考える

    今ではプロの方でも多くの方がクリップオンストロボを使用していますがクリップオンの光についておさらいしてみたいと思います。■ダイレクトに照射させる彩度が高くコントラストの高い写真が撮れますが、ドギツイ影が嫌われ気味。しかしながら、オフカメラで使用すれば影を活かした撮影が可能。また、デイライトシンクロ等では、光量の問題からダイレクトに当てることが多い。■オムニバウンスニコンのクリップオンに純正付...

総件数:33 件

似ているタグ