クリーム瓶のタグまとめ

クリーム瓶」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクリーム瓶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クリーム瓶」タグの記事(57)

  1. やっぱりいけんのぅ。 - 拾うたんじゃけえ!

    やっぱりいけんのぅ。

    秋も終わりのある日、女房殿の目を盗んでお山へ徘徊へ。だってこの廃集落、まだ探索すべき場所がけっこう残ってるので気になってしょーがない。何度も見たはずのこの廃屋の周辺からスタート。(ブルーシートがすでにダメダメ感を醸し出してるが...。)どこ行ってもこんなのはあるんだけどね~。(割れてます)これは時々あるびんで囲った花壇のなれの果て。このびんしかありませぬベンジンかな?時代が若すぎる。見切りを...

  2. クラブ・ホルモンクリームの蓋 - 拾うたんじゃけえ!

    クラブ・ホルモンクリームの蓋

    今回はちょっとミニ知識を。ぽってり丸くってピンク色のガラスびん本体と蓋が可愛い、クラブ・ホルモンクリームです。女性の皆さんを中心に人気のあるこのびんですが、今も昔のままのデザインで販売されてるのはご承知のとおり。こちらは戦後ですが古い物です。箱には伝統の「美身クリーム」の文字がありますが、もともとはこの名前で販売していたようです。本体には「ホルモンクリーム」のラベルが貼ってありますね。こちら...

  3. 久々にS君の海ハケじゃ! その4 - 拾うたんじゃけえ!

    久々にS君の海ハケじゃ! その4

    今回はクリーム瓶他。平べったい手前二つのアラバスターガラスのは固煉白粉系のびんでしょうね。こちらおなじみのレートクレームです。数タイプありますがぷっくりで小さめサイズは初めてです。ヽ(^o^)丿ヤタッ!しっかり欠けてました。( T▽T) ハハハ...。こっちは資生堂。ラベルも蓋も無いとちょっと寂しいデザインです。底には花椿。あと、こんなの掘り出しちゃったんですが...。気持ちよくお休み中です...

  4. 久々にS君の海ハケじゃ! その1 - 拾うたんじゃけえ!

    久々にS君の海ハケじゃ! その1

    少し前にS君の海ハケを二人で掘ってきました。ここを一緒に掘るのは二回目です。S君は合間に少し掘っていて感じをつかめていたようです。あまり出ないかもしれないと言いますが、わたしゃ良質のハケを掘るのは久々なので断然期待がふくらみます!「よっしゃぁ!絶対ええの出すどーーーーーっ!!」と、密かに心に誓う、拾い人55歳であった...。(; ・`д・´)ゞ ヨシッ!うんうんいつ来ても、よ~ハケっとるのぉ...

  5. 組み合わせはこうじゃっ! - 拾うたんじゃけえ!

    組み合わせはこうじゃっ!

    今回のネタはご存じ「パピリオ」の陶器びん← (またかよ!)以前の記事と重複しますが新しく見て頂いてる方のためサラっとおさらいしておきます。(*´з`)=31904年創業の伊藤胡蝶園が前身となります。紆余曲折を経て「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」として生き続けています。この陶器びんのロゴデザインは、当時パピリオの重役で洋画家として有名な佐野繁次郎氏によるものです。こちら戦前の製...

  6. あんまり出んのぉ...。 - 拾うたんじゃけえ!

    あんまり出んのぉ...。

    アップするほどじゃないけど、ネタが無いのですきま記事を...。(^^;)ちょこっと前に川に行ったとき拾ったものです。無理やりの二けた戦利品。洗ったけどね~。(一部捨てました)ただの面白みのないクリーム瓶と思ったらエンボス文字がありました。「登録商標 レメドール」思った通り検索にヒットせず。(ーー;)ナンナンダ...。これはまったく川とは関係のない、とあるお山で拾ったインクびん。最初の画像の...

  7. 救いの一個じゃ! - 拾うたんじゃけえ!

    救いの一個じゃ!

    けっこうな量の雨が降ったので洗い出された瓶を期待してまたまた川へやってきました。豪雨で砂が貯まりすぎて戦利品が出なくなったやや上流側も今回は見てみます。じゃけえどが全面川底が埋まってしもうとるのぉ。やっぴゃあお宝はこの下かのぉ。(ーー;)まだ小さいフナ虫さんたちが出迎えてくれました。\( ̄ー ̄ )ゴクロウ!洗い出されたと思われる瓶が淡々と粛々と砂に埋もれていってます。これはどうでもいい首な...

  8. 梅雨明けの川 3 - 拾うたんじゃけえ!

    梅雨明けの川 3

    第三段いきま~す!(~o~)/まずはコレ、おなじみの「レートフード」です。戦前の代表的化粧品のひとつですね~。1878年(明治11年)創業の株式會社平尾賛平商店から1914年(大正4年)に発売された乳白美容料です。右のは首が逝っちゃってるのが残念。本来は華やかなラベルが貼られていたはずです。片面に入ったエンボス。「レートフード」もう片面。「LAITFOOD」底裏のエンボスは今回は双方とも小さ...

  9. 本日の業務連絡 - 拾うたんじゃけえ!

    本日の業務連絡

    一般読者のみなさんスミマセン。一個人様にあてた業務連絡です。(^^;)○○さん、そちらで見たのはこれの陶器瓶かなぁ?似てるけど昔は類似品だらけだったから何とも言えないですけどねぇ。ちょっと寸詰まりだし。(ーー;)「Ubigan」って、入ってるけどどっちみちよくわかんないです。(´・ω・`)?そのまま読めば「ウビガン」。フランスの香水ブランドで「ウビガン」ってのが今もあるようだけど、スペルは「...

  10. 王蟲 - 小さなたからものを探して

    王蟲

    王蟲。嘘です。ハツユキダカラFD←使ってみたいだけ(^_^)aパビリオ宮殿を破壊しようとする王蟲のはやめて、白美クリーム宮殿に突進する王蟲。母ちゃんは1人遊びが上手ですね。

  11. 白いクリーム瓶 - 小さなたからものを探して

    白いクリーム瓶

    白いクリーム瓶も好きです。昔の容れ物の方がなんだか効き目がありそうな、(*´꒳`*)気がしませんか?レートクリームチビ瓶はおそらく試供品だったのでしょう。試供品だけど、しっかり瓶のデザインも凝ってます。かーらーのーチビチビ試供品シリーズ (o^^o)1番左なんて、ほんのひとすくいで使いきりそうですね。まるでおままごとの道具です。(๑˃̵ᴗ˂̵)ちょい、ちょーい。母ちゃんのほーれーせんに効くん...

  12. 川にも行ってみたんじゃが - 拾うたんじゃけえ!

    川にも行ってみたんじゃが

    山が続くと他も気になるというもの。なのでいつもの川へふらっとやってきました。潮はドンピシャで良かったんですが成果がまったく出なかったので...。最近行ってない別の河口の海ハケへ。こちらもまだ十分潮は引いてます。いつもながらウミニナさんたち多いなぁ...。ちょろちょろ転がってるけどここのは新しいのがほとんどで、僅かに古いのが混ざる程度。地元の人の話では昭和40年代に、色んな人がここに捨てに来て...

  13. 困ったときはSハケじゃ! その4 - 拾うたんじゃけえ!

    困ったときはSハケじゃ! その4

    その4は化粧瓶いきます!まずこれ、「沈丁香」とエンボスが入ってます。多分香油。新しくても昭和20年代後半かな?そこそこ古いです。ゴージャスなデザインが魅力ですネ。( ̄▽ ̄)狐憑き?さんからコメントを頂きました。沈丁香は横山化学工業所の香油の可能性が高いようです。穴はいらんっちゅうに!(;´д`)いまいち面白みに欠けるけど、これもそこそこ古い。微妙なのばかり...。底には「アピア」とエンボス文...

  14. パピリオ陶器瓶 - 拾うたんじゃけえ!

    パピリオ陶器瓶

    手持ちの瓶を続けま~す(`^´)今回は「パピリオ クレーム」の陶器瓶です。白いので磁器のようにも見えますが磁器と違って透明性が無く、硬質陶器と呼ばれるもののようです。一昨年書いた記事とダブりますが種類が増えたのでまた取り上げます。「パピリオ」は1904年創業の伊藤胡蝶園を前身としています。紆余曲折を経て、実質的には現在存在しない会社ですが、「ピアス」が商標権を獲得し、「パピリオ株式会社」とし...

  15. やっぱり川じゃぁ! - 拾うたんじゃけえ!

    やっぱり川じゃぁ!

    正月四日目は息子も京都に帰って行ったので午後から川に行ってきました。(やっと瓶を探せる)(≧▽≦)だけど土嚢が度々の氾濫を表してるなぁ...。(ーー;)なじんだこの風景に胸が高鳴ります。いいのが出るといいな~♪しっかし異常な大雨で溜まった砂の下に、どれだけ埋まってしまったお宝があることやら。厚いところは30㎝以上は溜まってるもんなぁ。川が氾濫しやすいので砂の撤去を地元の方たちが要請してるらし...

  16. 続 ひさびさのビーチコーミング - 拾うたんじゃけえ!

    続 ひさびさのビーチコーミング

    冬の終わりに拾いに行って9月24日にアップしたビーチコーミングネタ。持ち帰ったのをどこに置いたか忘れてたのが倉庫の奥から出てきたので洗ったのをアップします。↑今更っ!尚、99%貝殻なので瓶好きの方はご容赦ください。(_ _)こんな場所とかで....。こういったわずかな貝だまりなどで、拾った貝たちです。(状態が悪かったり地味すぎて既に捨てたのもあります)それじゃ、いってみましょうか。いつでもど...

  17. しつこく川へ(クリーム瓶と試供品の瓶) - 拾うたんじゃけえ!

    しつこく川へ(クリーム瓶と試供品の瓶)

    今回はクリーム瓶と試供瓶行きまっす!(-ω-)/おなじみ左はクラブの「ホルモンクリーム」好きな瓶なので何個も貯めこんでます。しかしいっつも蓋が無いんですよね~。蓋があったのは三個だけです。現行品を買って蓋だけ使っちゃおうかな~。確か合うはずなので。この瓶は「美身クリーム」ホルモン配合の名称のもあったり白いアラバスター瓶で「LYRA リーラクリーム」というのがあったり、歴史のある会社なのでやや...

  18. 無理やりの川じゃけぇ!(クリーム瓶) - 拾うたんじゃけえ!

    無理やりの川じゃけぇ!(クリーム瓶)

    今回は化粧瓶の続編、クリーム瓶(ジャー)です。青文字はブログアップ後にmaicaさんやKitsunetsukiさんに教えて頂いた物です。今回の一番のお気に入りはコレ!アラバスターガラスでポンデリング風のデザインが可愛らしいです。どんな蓋やラベルだったんでしょうねぇ。(´ー`)日本では1963年(昭和38年)創業のレブロン株式会社です。比較的新しい会社ですね。1932年(昭和7年)にチャールズ...

  19. また川じゃあっ!(クリーム瓶) - 拾うたんじゃけえ!

    また川じゃあっ!(クリーム瓶)

    予告通りクリーム瓶をいくつか行きます。左の瓶は「D.D.G.」の瓶です。(どこ?)右は何度か出ている太陽製薬株式会社の薬粧品「強アネホルモンA」です。底裏のD.D.G.のエンボス。(だからどこのどんな会社?)こちら御存知メヌマポマード。戦前、戦後共によく見かけます。今回は大小共に戦後のようです。左はポーラ、右はベルマンです。このベルマンの瓶を調べようと検索していたらこのブログの以前の記事が出...

  20. 川のを洗ったどぉ! (化粧瓶) - 拾うたんじゃけえ!

    川のを洗ったどぉ! (化粧瓶)

    お化粧瓶関係行きまっす!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ左は椿油の香油瓶でしょうね。背の高い低いはありますが大体こんな形。右は......。また拾ってしまった。モナの葉緑素アストリンゼント系の瓶です。(どこでも出るなコレ。多すぎてしまえないのでゴミの日に何本も出しちゃったんだけど)左のニード、右の不明瓶ともにベークライト樹脂の蓋が残っていました。ニードは現在も現役の会社で明治31年(1898年)、大阪市に...

総件数:57 件

似ているタグ