クロコノマチョウのタグまとめ

クロコノマチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクロコノマチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クロコノマチョウ」タグの記事(33)

  1. 地元の公園のムラツ越冬集団 - 蝶超天国

    地元の公園のムラツ越冬集団

    12月2日朝晩の気温が下がってきましたが、日中は12月とは思えない暖かさです。そんな中、ムラサキツバメの集団を見つけたと連絡を頂いたのでいつもの公園へ・・・・まずは教えてもらった木を探すと・・・・・すぐに見つかりました。これでも7頭くらいいるようです。決して大きな集団ではりませんが、この公園ではこんなものかなと・・・・一通り公園を周ってからコンデジを柄の先につけて上からも撮影しました。その次...

  2. ヒメアカタテハ成虫越冬?ほかin2018.11.10~12.02埼玉県 - ヒメオオの寄り道

    ヒメアカタテハ成虫越冬?ほかin2018.11.10~...

    見沼区のiさんが灯籠上の樹上高い場所で複数頭で越冬している珍しいウラギンシジミを観察していると樹上の葉の裏に「ヒメアカタテハ」が止まったとのことで私もコンデジ+1脚で撮影しました。如何に気温が低くても飛ぶヒメアカタテハとは言え8℃程度で舞っていたのは吃驚です。この場所は、生息地の近くとは言え発生地から高さで20m程度高い小高い丘の上です。さらに写真の通り地面から3.5m程度の樹上というのも吃...

  3. 11月の蝶たち - 不思議の森の迷い人

    11月の蝶たち

    今年も晩秋から初冬に季節が移るときを迎えました。11月初旬に里山を歩くと、だいぶ草臥れた蝶たちが増えていました。ベニシジミもすっかり紅の色が褪せてしまった個体が多いのですが、中には羽化したばかりの個体も見られます。センダングサの花にはヤマトシジミの雄がたくさん見られます。比較的綺麗な個体を選んでカメラを向けます。センダングサの花にはシロチョウたちもやって来ます。モンシロチョウです。モンキチョ...

  4. トラツグミとクロコノマチョウ - あだっちゃんの花鳥風月

    トラツグミとクロコノマチョウ

    地元の公園に久しぶりに行ってみました。柿の実が極端にありません。まだたくさんあったし、鳥も滅多に来ませんでした。私有地にある柿の木だから、持ち主が収穫したのかもしれません。柿の実はいくらも残っていませんでした。今日も鳥との出逢いは期待出来そうもありません。黄葉した葉が逆光で綺麗でした。紅葉が綺麗なメグスリノキの葉もやっと色が変わりだしました。S大まで行って撮れたのは、山茶花に来たメジロだけ。...

  5. クロコノマチョウ - Mag's DiaryⅢ

    クロコノマチョウ

    隣の家の屋根に止まるクロコノマチョウ、11月4日16時16分の画像である。クロコノマチョウは成虫で越冬をするチョウだ。この近くで越冬するのだろうか、真冬に姿を見てみたいねえ。

  6. クロコノマチョウ再訪(2018/10/20)比企丘陵② - 里山便り

    クロコノマチョウ再訪(2018/10/20)比企丘陵②

    暗~い、日が射し込まな~い、翅表が撮りた~い,,,,,今回は翅表を確認するだけの撮影になります。恥ずかしながら、決して '飛翔' ・ '飛び立ち' などとは言えない代物を掲載です。 .....(ー_ーゞ イヤァ,,,,, .....(*v.v)。ハズカシイ~.....。眼をつぶってご覧ください。オス個体の翅表は真っ黒ですね。フィールドガイドでし...

  7. 天気予報は晴れのち曇り(壱) - 不思議の森の迷い人

    天気予報は晴れのち曇り(壱)

    秋も深まった10月下旬、天気予報は晴れのち曇り、最高気温は22度になるとか。朝から青空が広がっていました。午前中に近くのショッピングセンターに出かける予定だったので、カメラを持って行くことにしました。公園で見つけたヒメアカタテハです。いつもなら10分ほどで着くショッピングセンターですが、今日は30分かかりました。上の写真、右の空き地にはセイタカアワダチソウの花が咲いています。ここでもヒメアカ...

  8. クロコノマチョウ再訪(2018/10/20)比企丘陵① - 里山便り

    クロコノマチョウ再訪(2018/10/20)比企丘陵①

    前回撮れ高充分であったが、自己責任でファイルの大半を失ってしまった。幸い現場が近く、今回の再訪に及んだ。 'クロコノマチョウ' はオス・メスだけでなく翅色にバラエティーがある。地域色満載の蝶なので楽しめる。前回の失敗を踏まえてむやみに足を踏み入れなかった。 .....stealthy footsteps..... 、が今回は肩透かし、いない。しかし焦る必要が無かった。既...

  9. 埼玉県中北部の公園のクロコノマチョウほかin2018.09~10 - ヒメオオの寄り道

    埼玉県中北部の公園のクロコノマチョウほかin2018....

    「クロコノマチョウ」は南方系のチョウなので埼玉県内では南部ほど観察しやすいですが、今年は埼玉県中北部の公園で何度か観察出来ました。この日は発生地から離れた薄暗い森の中で見つかりました。近づいて写そうとすると林縁部を飛び回ってくれたので魚眼レンズで何とか撮りこみました。この日は「サトキマダラヒカゲ」も登場してくれました。in2018.09.08埼玉県中北部の公園ジュズダマでクロコノマチョウの幼...

  10. クロコノマチョウ大発生(2018/10/17)比企丘陵① - 里山便り

    クロコノマチョウ大発生(2018/10/17)比企丘陵①

    既に10月6日前後から羽化が始まった様で、各ブロガーさん達が一斉に掲載を始めた。諸事情により直ぐに駆けつけられなかったが、 'クロコノマチョウ' はロング・ライフであるので、慌てる必要が無かった。既に知人からピン・ポイントの場所を教えて戴いてあった。羽化から10日遅れの訪問ですが、しっかり確認をとりました。到着直後想像したポイントにいきなり足を踏み入れてしまい...

  11. クロコノマチョウ雑木林でひっそりと - 蝶のいる風景blog

    クロコノマチョウ雑木林でひっそりと

    今日は最高の秋晴れだった。テレビのニュースを見ていると富士山は真っ白だった。先日三つ峠に妻を連れて行った時、こんな天気だったらなあ、などとついぼやきが出てしまう。ちょっと出足は遅くなってしまったが、クロコノマチョウでも探してみるか、と千葉市の公園に出かけた。房総まで出掛ければ、この蝶もよく見られるが、近場の公園ではなかなか見ることは出来ない。市川市のジュズダマの公園は先日空振りしたばかり。今...

  12. クロコノマチョウの幼虫その後 - 蝶超天国

    クロコノマチョウの幼虫その後

    9月16日つづき夕方は自宅近くのクロコノマチョウの幼虫を確認に行きました。前回訪れたのは・・・8月中旬でしたが、卵と羽化直後の幼虫でした。今回はどれくらい大きくなっているのでしょうか?周りの草丈が伸びたり、一番幼虫が多かった食草のジュズダマが刈られたりと環境が変わっていました。それでも草刈りをしていない草地では・・・・・ジュズダマは腰丈から背丈以上の高さになっており、食痕のある葉の裏に大きな...

  13. ミヤマシジミの状況確認 - 蝶超天国

    ミヤマシジミの状況確認

    9月1日つづき途中で雨が降ったので予定より遅くなってしまい・・・どうしようかと思いましたが、久しぶりにミヤマシジミの状況を確認しようと生息地に出向きました。まず探したのが幼虫ですが・・・すぐに見つかりました。大小様々な大きさの幼虫がいましたが、一番大きかったのが下の写真です。幼虫を見つけるには蟻を探すのが一番です。成虫はあまり飛んでいませんでしたが、よく見ると佇んでいる姿が見えてきます。こん...

  14. ようやく例年並み - 紀州里山の蝶たち

    ようやく例年並み

    MYフィールドのジュズダマ林では、今年もクロコノマチョウの孵化が見られました。近くでは、羽化直後で翅がまだ伸びきっていないヒメウラナミジャノメと出会いました。

  15. クロコノマチョウの卵塊と若齢幼虫 - 蝶超天国

    クロコノマチョウの卵塊と若齢幼虫

    8月中旬夏休み後半は遠征の時間がとれず自宅付近のクロコノマチョウの生息地の確認しました。小さな沢沿いの湿潤地に、ススキやジュズダマに卵を産む場所があります。卵は塊状に産みますが、24個の卵塊を見つけたので写真をまとめました。卵塊の形や数のバラツキがよく分かります。今回の調査結果ですが・・・サンプル数は24、平均で4.75卵、最大9卵、最小2卵、標準偏差1.59でした。アップで見てもツルツルな...

  16. ウラナミジャノメ他8月18日 - 超蝶

    ウラナミジャノメ他8月18日

    今日、土曜日の朝活でウラナミジャノメの発生状況を見に行きました(^ω^)・・・早速1頭、トントン飛翔を発見無事今季2化の発生が確認できました。今日出会えたのは1頭のみヒメウラジャノメも極少でした。違和感のある眼状斑紋ノーマルタイプコジャノメクロコノマチョウストロボ使用ヒカゲチョウキマダラセセリダイミョウセセリイチモンジセセリムラサキシジミ昨日位からめっきり涼しくなってきました。

  17. やっと6月の紹介。徒歩圏内の公園でミドリを堪能〜2018年6月2日 - 蝶・花・山~自然の色使い

    やっと6月の紹介。徒歩圏内の公園でミドリを堪能〜201...

    さらに5から6月のストックを引き続き紹介。近場、徒歩圏内の公園で5月20日にはミドリシジミに会えなかったのもあり、6月2日に再びこの公園を訪れた。今回はやや翅の傷みがある個体もあったが、割合多くミドリシジミが見られた。角度によって、黄緑から青緑まで色が変化するのは見ていて飽きない。ミドリシジミ以上4つの写真はどれも同一個体。色の変化が面白い。ミドリシジミこうして木の上で開翅する個体も少なくな...

  18. オオムラサキクヌギ林の樹液酒場で - 蝶のいる風景blog

    オオムラサキクヌギ林の樹液酒場で

    蝶友から地元のオオムラサキの情報を教えて頂いた。早速訪ねたいと思ったが、沖縄の旅で半ば熱中症になり、安静に務めた。回復するとうずうずして来た。昨日は晴れたが風が20メートルを超す強風が吹き、これではちょっと無理と思った。今日こそと思ったが、朝起きると小雨が降っていた。迷ったが、昼過ぎから晴れるという予報を信じて出かけることにした。しかし、やっぱり天気はどんよりと曇り、蝶が飛びそうな雰囲気では...

  19. 4月の夏の日に - 不思議の森の迷い人

    4月の夏の日に

    4月というのに関東でも熊谷など各地で30℃を超えたとニュースで報じられていましたが、佐倉市でも最高気温が28℃でした。初夏どころか真夏の午後、いつもの里山を歩いてみました。木陰に現れたのはコジャノメです。とても地味な蝶ですが、新鮮な個体はよく見ると中々お洒落です。ジャノメの周りと翅の縁の線は黄色なんですね。この暑さ、越冬したタテハには厳しいのでしょう。でも、キタテハは元気に飛び回っていました...

  20. 11月の森 - つれづれ日記

    11月の森

    キッコウハグマの咲いている場所は2か所あります(知っているのは)。前回は追分市民の森。今日は瀬谷市民の森です。クロコノマチョウ。

総件数:33 件

似ているタグ