クロコノマチョウのタグまとめ

クロコノマチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクロコノマチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クロコノマチョウ」タグの記事(177)

  1. クロコノマチョウ秋型シーズン到来⑤(2021/10/10)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型シーズン到来⑤(2021/10/...

    今度は 'ジュズダマ(数珠玉)Job's tears [Coix lacryma-jobi]' 絡みで撮ってみました。..........☆ My Cup of Tea ☆.........得意そうにポーズをとっている。何回も撮っているのに魅せられる、「里山の貴公子」の凛とした姿が撮れたかな。------------------------------...

  2. クロコノマチョウ - 飛騨山脈の自然

    クロコノマチョウ

    夏に迷蝶のクロコノマチョウ♀を見たところへ行ってみた。夏型♀を目撃・撮影した場所近くを秋に調べたが、今までどこの地も秋型成虫は見つけることが出来ていない。夏に♀を見たからと言って秋型成虫が発生する確証はないが、現地に行って調べてみたい衝動にかられた。廃別荘地の荒れた道を歩いていると飛び出した。割と綺麗そうに見えるクロコノマチョウ♂だ。暗いところに行ったのでストロボを使った。明るい所にも来てく...

  3. クロコノマチョウ秋型シーズン到来④(2021/10/10)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型シーズン到来④(2021/10/...

    今度は 'マルバルコウ(丸葉縷紅)Star glory [Ipomoea coccinea]' 絡みで撮ってみました。クロコノマチョウ秋型(黒木間蝶)★★☆☆☆玄(げん)The Dark Evening Brown (Autumn‐morphs) [Melanitis phedima]短いレンズを持つようになってから、立ち位置は何時も最前線、お仲間に皮肉言われながらが...

  4. クロコノマチョウの羽化ぶら下りから開翅その2 - 蝶超天国

    クロコノマチョウの羽化ぶら下りから開翅その2

    10月9日前日に引き続きクロコノマチョウの羽化狙いです。今回は2頭の羽化直を見つけることが出来ました。こちらは先日と同じ♀です。数時間前に羽化したと思いますが・・・・角度を変えたので、そろそろ飛び出しそうです。暫くすると翅をパタパタさせながら歩き出しました。蛹からどんどん葉の先に向けて歩きながら開翅します。葉っぱの先まで来ました。そして・・・翅を閉じたまま動かなくなりました。もう1頭は黒っぽ...

  5. クロコノマチョウ秋型シーズン到来③(2021/10/10)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型シーズン到来③(2021/10/...

    いよいよショ-・タイム。今回のステージは、'オオオナモミ(大雄粘実、大葈耳)Rough cocklebur [Xanthium occidentale]' の葉の上で .....walk down a catwalk..... の始まりです。今回も映像を、クリック👆してご覧ください。全て大きい映像になります。もう一度クリック&#12807...

  6. クロコノマチョウ秋型シーズン到来②(2021/10/10)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型シーズン到来②(2021/10/...

    最近腰が重くなりました。夏の疲れが出たのかな?それでも 'クロコノマチョウ' の羽化は待ってはくれません。早朝 '蝶友' の 'M彡' から今日の予定を聞かれ、スイッチが入れ変わった。さあ! 出かけるぞ~!!現場に到着すると既に 'Ku-彡' や 'Take-chang' が先行で撮影中、早速...

  7. クロコノマチョウ秋型シーズン到来①(2021/10/06)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型シーズン到来①(2021/10/...

    数日前から地元の 'CM彡達' が、"instagram" に載せ始めてきた。いよいよ 'クロコノマチョウ' のシーズンが到来したようです。前期は大発生、大撮れで大勢の撮影者を楽しませてきたが、ポイントは個人の畑中、撮影者は畦道から撮影する事になります。今期早い時期に畑を改良、大型重機が入り全て3面あった畑の「数珠玉」が刈り取ら...

  8. 筑波山のツマグロキチョウ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    筑波山のツマグロキチョウ

    2021年10月10日(日),曇り時々晴れ.そろそろツマグロキチョウが見られる時季になったので筑波山へ.柿の木にはキタテハが数頭集まっていた.セイタカアワダチソウにも数頭のキタテハ.ウラギンシジミ♂と♀.ウツボグサが1輪だけ咲いていた.ミゾソバで吸蜜していたメスグロヒョウモン.鳥の糞で吸汁するチャバネセセリ.綺麗なヤマトシジミ♀を見つけた.センダングサに移動したので撮ろうとすると直ぐに♂が飛...

  9. 嵐山・蝶の里でクロコノマチョウ - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    嵐山・蝶の里でクロコノマチョウ

    今日はお天気よく、真夏の様に暑い日でした。お昼時に嵐山・蝶の里へクロコノマの発生を確認に出かけた。とにかく暑過ぎてバテバテになりながら、1時間あまり数珠玉畑の蛹や暗い林床のクロコノマをヒメオオさんと探して回った。ジュズダマには沢山の蛹が見つかった。これから続々と羽化するのでしょう。暗い林床のクロコノマの追い出しはヒメオオさんにお任せで、此方は飛び出し個体の行方を見定めるだけの状況でした。やは...

  10. クロコノマチョウの羽化ぶら下りから開翅 - 蝶超天国

    クロコノマチョウの羽化ぶら下りから開翅

    10月8日二十四節気の「寒露」と言うことで露が冷たく感じられるころ・・・朝晩は過ごし易いといっても、日中は季節が戻ったような暑さが続いています。陽がさす前が良いので・・・・いつもより少し早めにクロコノマチョウの生息地に出掛けました。今回こそ羽化直をと思っていいると・・・・狙い通りぶら下がり個体を見つけました。まだ羽化して間もない様子です。少し絞ってみるとジュズダマに囲まれた周囲の環境がなんと...

  11. 独断と偏見の「クロコノマチョウ色図鑑」、再編成(2021/10) - 里山便り

    独断と偏見の「クロコノマチョウ色図鑑」、再編成(202...

    今年前期に投稿してあるのですが、大きくリメイクしてもう一度投稿します。前回は撮影を忠実に再現しながらのお届けでしたが、今回は向きの違う映像を全て反転させてみました。気が付いてみたら、フォントもまちまち、此方も統一してみました。自信が無いのですが、雄・雌も分けてみました。型だけで 'オス・メス' の同定をしていたのですが、実際に現場では当てはまらない事も多々ありました。&#...

  12. クロコノマチョウとキタテハ - 風任せ自由人

    クロコノマチョウとキタテハ

    2つ前の記事で先日クロコノマチョウの様子見をしたことに触れ、幼虫と蛹の写真も掲載したが、本日は、そろそろ成虫も見られるだろうと思って、その場所に行った。仲間も何人か来られていて、既に見つけていた個体を教えてもらった。その個体は翅形からすると夏型のようだが、ピッカピカの新鮮個体だったので驚いた。その後、ジュズの中を覗き込んだりして探していると、羽化直が見つかった。嬉しいことに蛹の抜け殻のすぐ近...

  13. クロコノマチョウ、羽化直の開翅を逃す - 蝶超天国

    クロコノマチョウ、羽化直の開翅を逃す

    10月3日朝から気持ちよく晴れあがり夏のような暑い日になりました。先日、秋型の発生を確認したクロコノマチョウの様子を見に行きました。自宅近くなので油断して寝坊してしまい・・・生息地は既にジリジリと陽ざしが・・・そんな訳で・・・狙っていた蛹ぶら下りの羽化直は見られませんでしたが・・・ジュズダマの茂みから何頭かが飛び出してきました。どれも敏感でなかなか良い写真がとれません。陽のささない暗がりに数...

  14. 埼玉県中部の公園のクロコノマチョウin2021.10.08 - ヒメオオの寄り道

    埼玉県中部の公園のクロコノマチョウin2021.10.08

    「埼玉県”中北部”の公園では今秋初めに「クロコノマチョウ」の蛹が沢山有り抜け殻も見つかった。」と諸先輩のブログに記載がありました。本日、「埼玉県”中北部”の公園」へ出かけてみようとしましたが・・・・大宮駅に着くと昨晩の地震でJRが止まって再開のめどがたたないとのことで止む無く”中北部”ほどではないものの過去に「クロコノマチョウ」の実績のある「埼玉県中部の公園」に変更しました。2021.10....

  15. クロコノマチョウの秋型の発生確認 - 蝶超天国

    クロコノマチョウの秋型の発生確認

    9月29日そろそろ秋型が発生するころだと思い・・・台風が来る前に自宅近くのクロコノマチョウの様子を見に行きました。ジュズダマの中から1頭飛び出して、暗がりに静止しました。もう1頭飛び出しましたが遠くに逃げられました。幼虫や蛹の様子を見てみると・・・・羽化殻もありました。(下写真の左上にも殻が写っています。)もちろん、これからダラダラ発生なので蛹もまだまだありました。(下写真に2つの蛹が写って...

  16. クロコノマチョウノーベル賞に真鍋さん - 蝶のいる風景blog

    クロコノマチョウノーベル賞に真鍋さん

    ノーベル物理学賞に真鍋淑郎さんが選ばれた。今は米国籍というが90歳だそうだ。うれしいニュースだ。朝7時に庭に出るともうツマグロヒョウモンが元気に飛び回っていた。交尾も2回見ているのでもうすぐ産卵もするのだろう。せっかく産卵しても幼虫が育つスミレはもうまったくないぞ。庭をうろうろしている幼虫もいて、妻が「かわいそう」と気の毒がっている。それもそうだ。園芸店に行ってパンジーを10株買って来た。庭...

  17. 地元でクロコノマチョウの卵から蛹まで観察 - 蝶超天国

    地元でクロコノマチョウの卵から蛹まで観察

    9月18日福岡に上陸した台風が静岡沖を通過したころです。台風の中心はすぐそこのはずですが・・・・雨も止んで風もおさまっていたので市内のクロコノマチョウを見に行きました。成虫がちょうど飛んで来て産卵しましたが、この時カメラを持っていなかったので撮影できず・・・・産卵直後の卵を探して撮影しましたが、2卵だけでした。普通はもう少し大きな卵塊ですが、カメラを撮りに走った時に驚いて逃げたかもしれません...

  18. 木陰で - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    木陰で

    植物園の林の中ヒラヒラとはっぱが枯れ落ちてきたのかなと思いましたが大きな黒い蝶クロコノマチョウでした昨日エントリーのナガサキアゲハ同様もともと南の温かいところの蝶です関東で見られるようになったのは10数年前からのようですなかなか翅をひらいてくれない種なので余計に地味に感じますね

  19. アカボシゴマダラ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    アカボシゴマダラ

    2021年9月18日(土),雨のち曇り.午後3時ごろにようやく雨が上がったので散歩がてら1時間ほど近くの里山へ出かけた.歩き始めるとアカボシゴマダラの♀が飛び出す.すると直ぐに♂が飛んできてクルクル絡みながら降りて来た.交尾が成立するかと思ったがこの後♀が飛び立って行った.オオチャバネセセリがヤブガラシで吸蜜.クロコノマチョウは2頭いたが撮れたのは1頭のみ.アカボシゴマダラが産卵していた.卵...

  20. 北茨城の山へ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    北茨城の山へ

    2021年8月28日(土),曇り.この時季に北茨城へ行った記憶がなかったのでどんなチョウがいるのか確認へ.寄り道をしながらチョウが出そうな場所を流していると最初にクロコノマチョウが出て来てくれた.この辺はヤマキマダラヒカゲが多い.アサマイチモンジイチモンジチョウオクモミジハグマヌマトラノオで吸蜜するオオチャバネセセリ.ツリフネソウオナガアゲハミヤマカラスアゲハは綺麗な個体も飛んでいたが全く止...

総件数:177 件

似ているタグ