クロコノマチョウのタグまとめ

クロコノマチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクロコノマチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クロコノマチョウ」タグの記事(119)

  1. ニンニン! 木の葉隠れ! - 夜つぐみの鳴くところで

    ニンニン! 木の葉隠れ!

    ジャノメチョウ亜科のクロコノマチョウ(黒木間蝶)です。前翅長32~45ミリもある大型のタテハチョウです。角張った翅や模様や色などもう枯れ葉にソックリですね。木漏れ日のイチモンジチョウ(一文字蝶)

  2. クロコノマチョウの幼虫と蛹ほか - 蝶超天国

    クロコノマチョウの幼虫と蛹ほか

    9月21日沖縄にいる台風の影響で不安定な空模様です。午前中に仕事を片付け・・・午後は自宅近くの里山に行ってみました。狙いはジュズダマを食すクロコノマチョウの幼虫です。沢山いたので顔(頭部)の模様の比較写真を撮ることにしました。代表的な模様は網羅したつもりです。同じ種なのにこれだけ模様が違うのが面白いですね。ここでは小川沿いのジュズダマやススキでも幼虫を見ることが出来ます。周囲の環境も背景に入...

  3. クロコノマチョウ秋型、大発生の予感(2019/09/15)比企丘陵 - 里山便り

    クロコノマチョウ秋型、大発生の予感(2019/09/1...

    「暖蝶寒鳥撮り師」 'Tkdさん' からご一報があった事を思いだし、急遽方向転換、 'クロコノマチョウ' 狙いに切り替えです。..........POTD.........何枚目かのお気に入り映像です。ヒカゲ類でも特に暗い所で出会う蝶、やも得ずの ISO感度上げ、背景の粒子が粗れますが、お気に入りのテンションが下がる事はありません。---------...

  4. 嵐山・蝶の里 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    嵐山・蝶の里

    3連休中日、今日は雨が降る予報だったと思うけど、日中は全く雨は降らず、午前中は晴れてました。午前中、久しぶりに蝶の里へ出かける。狙いはナガサキアゲハとクロコノマチョウだった。クロコノマチョウは車を止めた場所で早々に出会えたが夏型の様でした。数珠玉のポイントでもクロコノマが飛んだけど水路の向う岸だったので証拠写真程度。数珠玉のポイントは草刈がされておらず、凄い藪になっていて、その中に1頭見つけ...

  5. カジノキのゴマダラチョウ(2019/9/7) - 小畔川日記

    カジノキのゴマダラチョウ(2019/9/7)

    9月7日はカジノキの実に来るゴマダラチョウを撮影しようかと思って出かける。ところが、高速に乗ろうとしたら事故渋滞の情報が。そこで予定を変更して、一般道で行くクロコノマの様子を見ることにする。車を止めて歩き始めるけど何もいない。家内が途中でクロヒカゲがいたというけどもちろん無視。ジュズダマが繁茂している場所に行くけどやはり何もいない。うろうろしていたら、同じく撮影に来ておられた方が幼虫がいます...

  6. お花には危険が待ち構えている - *la nature*

    お花には危険が待ち構えている

    吸蜜に夢中の蝶たち一瞬、ゼフィルスかと見間違えました^_^;(今の時期にいるわけないよね・・・)ルリシジミってこんな模様だったっけ?別の場所でも頭を突っ込んで^^お花の一部みたいになっています*こちらはヤマトシジミ翅がとても綺麗です*結局、お顔は見えず・・・^_^;カッパ池付近にひっそりと身を潜めていたのはクロコノマチョウ地味すぎて蛾みたい仮面ライダーみたいなお顔のツチイナゴ幼虫そんな中、オ...

  7. ■クロコノマチョウ成蝶と幼虫19.9.3 - 舞岡公園の自然2

    ■クロコノマチョウ成蝶と幼虫19.9.3

    いつ雨が落ちてくるか不安定な天気だったが、5日ぶりに散策に出た。蒸し暑く虫の姿が少ない中で、クロコノマチョウの姿が目についた。クロコノマチョウ119.9.3FUJIFILM X-T2 80mm/macro ISO3200 1/40,F8山道を降りてくると黒い蝶が下草の間に飛び込んだ。明るい所には出てくれない。〃2〃〃ISO1600 1/100,F8狐久保の石畳路、クモバチの動きを追っていると...

  8. 雨宿り - Mag's DiaryⅢ

    雨宿り

    秋雨前線が停滞、雨の日が続く。チョウも庭で雨宿りだ。弟の家の庭で、ヒカゲチョウ。ヒメジャノメもいる。クロコノマチョウがいたので、これは追っかけた。否、違った、正しく書こう。クロコノマチョウがいたので、追っかけて撮った。クロコノマチョウだけでは寂しいので、ヒカゲチョウとヒメジャノメも撮ることにした。サトキマダラヒカゲもいたのだけれど逃げられた。そしてやぶ蚊に7ヶ所刺された。

  9. 11クロコノマチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    11クロコノマチョウ「蝶図鑑」

    神出鬼没な蝶、クロコノマチョウです。薄暗い農道脇や公園などで、足元からバタバタと飛び立ちます。

  10. スミナガシ8月8日 - 超蝶

    スミナガシ8月8日

    残暑お見舞い申し上げます!昨日、久々のフィールドです。8月6日、7日と台風8号の影響を少し受けた土佐の高知、8日は朝からピーカン実家近くの樹液酒場を覗いてみました。ゴマダラチョウに交じってスミナガシが1頭きていました角度により七変化する表翅が魅力的です。驚いたのか、葉裏に張り付きました。クロ͡コノマチョウも来たサトキマダラヒカゲもミヤマクワガタ?も実家の庭で、ヤクシマルリシジミ♀

  11. ホソバセセリとクロヒカゲモドキの発生確認 - 蝶超天国

    ホソバセセリとクロヒカゲモドキの発生確認

    7月12日この時期は選択肢が多い時期ですが・・・・地元の生息地を知ってからはクロヒカゲモドキを優先にしています。今年も12日午後に下見として状況確認に行きました。林道を行くと道端の草地にホソバセセリが飛んでいました。こちらは縁毛が綺麗です。例年クロヒカゲモドキの時期はホソバはスレているのに今回、ホソバが新鮮なのでクロヒカゲモドキの発生が心配になります。しかし、いつもの場所で新鮮なクロヒカゲモ...

  12. ツマミヤガラス(TMG)-085(The オオムラサキ days 2019  part.4オオムラサキ他)2019.07.25記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-085(The オオムラサキ...

    関東では梅雨が終わっていないとはいえ、晴れる日も多くなった。そんな中、今回もオオムラサキが撮れたので、掲載する。とは言っても、4日ぐらい前のの内容となってしまうが(^_^:)オオムラサキ焦点距離: 130mmF値: F/5.0S: 1/640ISO: 2200クロコノマチョウ焦点距離: 112mmF値: F/5.0S: 1/160ISO: 1100キタテハ焦点距離: 185mmF値: F/6...

  13. オオムラサキさびしい樹液酒場 - 蝶のいる風景blog

    オオムラサキさびしい樹液酒場

    毎日、雨が降っている。本当にひどい天気だ。九州では鹿児島市、霧島市など全域に避難指示が出た。今日も予報はあまり良くなかった。しかし、朝食を摂っていると薄日が射してきた。これならオオムラサキも飛び出すかもしれない。そう思ってあわてて地元の公園に出かけた。発生木のエノキの大木の梢にはオオムラサキが3、4頭舞っていた。しかし、まったく下に降りて来ない。近くにはクヌギの林があって昨年は樹液にオオムラ...

  14. コジャノメ他GW 高知市にて - 超蝶

    コジャノメ他GW 高知市にて

    GW高知市で出会えたジャノメチョウ達です。コジャノメ、交尾を見たのは初めてでした。ヒメウラナミジャノメクロコノマチョウ

  15. 桜の散る頃に - 不思議の森の迷い人

    桜の散る頃に

    今年の春は桜の開花は早かったのですが、その後気温が下がったからか、ずいぶんと長く花がもちました。それが、今日の強い風でまさに桜吹雪の言葉通り花弁が舞っていました。午後からやっと春の里山を歩く時間がとれました。朝は雨でしたが、午後から晴れるという予報でした。春の蝶は陽が射さないと姿を現しません。タンポポで吸蜜するのはキアゲハです。里山の普通種ですからあまり注目されることはありませんが、後翅の青...

  16. 地元の公園のムラツ越冬集団 - 蝶超天国

    地元の公園のムラツ越冬集団

    12月2日朝晩の気温が下がってきましたが、日中は12月とは思えない暖かさです。そんな中、ムラサキツバメの集団を見つけたと連絡を頂いたのでいつもの公園へ・・・・まずは教えてもらった木を探すと・・・・・すぐに見つかりました。これでも7頭くらいいるようです。決して大きな集団ではりませんが、この公園ではこんなものかなと・・・・一通り公園を周ってからコンデジを柄の先につけて上からも撮影しました。その次...

  17. ヒメアカタテハ成虫越冬?ほかin2018.11.10~12.02埼玉県 - ヒメオオの寄り道

    ヒメアカタテハ成虫越冬?ほかin2018.11.10~...

    見沼区のiさんが灯籠上の樹上高い場所で複数頭で越冬している珍しいウラギンシジミを観察していると樹上の葉の裏に「ヒメアカタテハ」が止まったとのことで私もコンデジ+1脚で撮影しました。如何に気温が低くても飛ぶヒメアカタテハとは言え8℃程度で舞っていたのは吃驚です。この場所は、生息地の近くとは言え発生地から高さで20m程度高い小高い丘の上です。さらに写真の通り地面から3.5m程度の樹上というのも吃...

  18. 11月の蝶たち - 不思議の森の迷い人

    11月の蝶たち

    今年も晩秋から初冬に季節が移るときを迎えました。11月初旬に里山を歩くと、だいぶ草臥れた蝶たちが増えていました。ベニシジミもすっかり紅の色が褪せてしまった個体が多いのですが、中には羽化したばかりの個体も見られます。センダングサの花にはヤマトシジミの雄がたくさん見られます。比較的綺麗な個体を選んでカメラを向けます。センダングサの花にはシロチョウたちもやって来ます。モンシロチョウです。モンキチョ...

  19. トラツグミとクロコノマチョウ - あだっちゃんの花鳥風月

    トラツグミとクロコノマチョウ

    地元の公園に久しぶりに行ってみました。柿の実が極端にありません。まだたくさんあったし、鳥も滅多に来ませんでした。私有地にある柿の木だから、持ち主が収穫したのかもしれません。柿の実はいくらも残っていませんでした。今日も鳥との出逢いは期待出来そうもありません。黄葉した葉が逆光で綺麗でした。紅葉が綺麗なメグスリノキの葉もやっと色が変わりだしました。S大まで行って撮れたのは、山茶花に来たメジロだけ。...

  20. クロコノマチョウ - Mag's DiaryⅢ

    クロコノマチョウ

    隣の家の屋根に止まるクロコノマチョウ、11月4日16時16分の画像である。クロコノマチョウは成虫で越冬をするチョウだ。この近くで越冬するのだろうか、真冬に姿を見てみたいねえ。

総件数:119 件

似ているタグ