クロサイのタグまとめ

クロサイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクロサイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クロサイ」タグの記事(61)

  1. 愛媛・とべ動物園でクロサイ誕生 2019.9.2 - ごきげんよう 犀たち

    愛媛・とべ動物園でクロサイ誕生 2019.9.2

    9月2日、愛媛のとべ動物園でクロサイの赤ちゃんが誕生。(C):とべ動物園2月の八木山動物公園での誕生に続いて、今年国内2頭目とは嬉しい。国内では、8年ぶりの男の子。母 クー :2000.9.26 金沢動物園生まれ父 ストーム:2002 1.11 安佐動物公園生まれ日本では、2011年のライ♂の誕生以後、クロサイは女の子の誕生が続いていたので将来は引く手あまたになりそう。2011年以降に生まれ...

  2. ロンとローラ - bonsoir

    ロンとローラ

    金沢動物園で暮らすクロサイ、ロンとローラロンローラ木陰の木漏れ日キラキラゆらゆら動物達の夏のことでもひと頃よりはずっと涼しく赤いトンボもロンとローラの傍までそっと訪れてロンとローラどうしたのロンとローラずっとここでロンとローラ時々子供も一緒のときがいつか別れて、また二人ずっと二人ロンとローラ見つめ合いの終わりかなローラ、静かに後ずさりちゃぷちゃぷっと池の中ロンとローラ二人のことはときに二人だ...

  3. 慣れだして、静かにそっと微笑んで - bonsoir

    慣れだして、静かにそっと微笑んで

    ズーラシアで暮らすクロサイ、アキリなかなか出られなかった庭へと出てこれるようになってもうどのくらいきっと初めは本当の不安ばかり出入り口の近くで佇むだけのアキリそれがこうして(7/3の撮影です)飼育係さんを追って庭の真ん中あたりへと頑張るアキリ今、水たまりは歩かない頑張ったねと、みんなで笑顔アキリはだんだん慣れだして、静かにそっと微笑んで美味しそうな青い草ご褒美ってわけじゃないのんびり気分も落...

  4. クロサイ・マキを悼む茨城かみね動物園 2019.07.27 - ごきげんよう 犀たち

    クロサイ・マキを悼む茨城かみね動物園 2019.07.27

    かみね動物園はクロサイのマキ♀を今年2月26日に失ったばかり。マキとメトロのペアは共に1990年生まれでした。マキのことを悼むパネルが設置されています。マキのお姉さんのローラは、横浜の金沢動物園にいます。メイは1998年5月21日誕生2008年10月3日、仙台の八木山動物園に移動してまもなくの12月28日に死亡。マロは、2000年2月17日誕生2001年6月18日、上野動物園に移動。サニーは...

  5. 茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27 - ごきげんよう 犀たち

    茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27

    かみね動物園の最寄りの日立駅は、海に面してとても明るく見晴らしがよかった。現在、かみね動物園にはオスのクロサイが1頭飼育されている。名前はメトロ、28才。アメリカ生まれだが、実はメトロのお父さんは、広島の安佐動物公園のクロとハナの最初の子、1977年生まれのトシ!トシはその後、米マイアミ・メトロ動物園に移動し7頭の子をもうけた。その6番目の子が今、日本にいるこのメトロ。1993年8月20日、...

  6. 親子その2 - 動物園へ行こう

    親子その2

    クロサイの子供(2019/2/5生、メス)に会いたくて。しかも父親が横浜金沢のアースだし。ユキとラン親子生えてくる角のあたりが特に可愛い。こちらはアースです。カバのおしりもあります。

  7. 金沢動物園のクロサイ 2019.06.22 - ごきげんよう 犀たち

    金沢動物園のクロサイ 2019.06.22

    金沢動物園に着いた12時過ぎは雨脚が強かったです。ロンも濡れて、黒いサイに!こういう時は、盛大な泥浴びが見られることが多いが今日はタイミングが合いませんでした。土曜の午後2時半からは、クロサイ・ガイド。雨も上がった。クロサイ・ガイドの最後におやつの枝をもらって満足そうなロン。クロサイもインドサイも、きっとシロサイも雨でぬれた角を硬いもので擦るのが大好き。ローラさんもやってます!ヒトでもお風呂...

  8. アキリ - bonsoir

    アキリ

    ズーラシアで暮らすクロサイ、アキリ少し特殊な部屋と庭の位置の動物園練習のかいあって、表で会えるようになったアキリまだまだそっと、静かに静かに眺めてあげなければいけないアキリ、出入り口近くをてくてくとお客さんのことをときおりそっと見つめたりして晴れた日、梅雨の合間にねアキリはどこか、どこかを眺めて一休み遠くのキリンか、流れていく夏の雲か木陰でアキリ、一休みアキリ、ドイツからやって来た女の子今は...

  9. 八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06

    八木山動物公園のクロサイの屋内展示スペースはガラス越しでなく直に近くから見られるところがとてもよいです。寝ているランちゃんの後ろの柵の向こうにお父さんのアースが見えます。可愛い!ランちゃんの足の裏はまだあまり使ってないからツルツルです!アースの前は、オシッコ防御のためにビニールシートが張られています。見えにくいのは残念ですが、それだけ距離が近いということ。シートでよく見えないので、手を伸ばし...

  10. 八木山動物公園「通路」のクロサイ母娘 2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園「通路」のクロサイ母娘 2019.06.06

    八木山動物公園のクロサイは細い通路を通って屋内の寝室スペースに帰って行きます。その通路はアフリカ園の売店前のテラスから見ることができます。お母さんのユキが先に放飼場から出て来ました。続いてランちゃんも。大きな背中と小さな背中!あらっ、寝室に帰ったかと思ったらまた通路に戻って来ました。ランちゃんは、ちょっとママから離れました。ランちゃんが気になっているものは何かな?ユキ&ラン親子は放飼場から出...

  11. 可愛い!仙台のクロサイ BABY ランちゃん 。 - ごきげんよう 犀たち

    可愛い!仙台のクロサイ BABY ランちゃん 。

    現在、ランちゃんは生後4か月。ユキママと比べるとこれくらいの大きさです。ママが大好き!でも、何でも気になります。地面のことも調べてみなくちゃ!将来のためには枝の観察も大切!小さいながら後ろ姿は意外とマッチョ姿でしょ!?頭を上げてサイらしくちょっとエラそうにもできるよ。気になるニオイがあればもうフレーメンだってできるもん!ちょっとお休みしようっと。これは今日のわたし、明日のわたしにも会いたいでしょ?

  12. 仙台・八木山動物公園のクロサイ母娘ユキ&ラン 2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    仙台・八木山動物公園のクロサイ母娘ユキ&ラン 2019...

    仙台の八木山動物公園のクロサイ母娘に行きました。母の名はユキ、広島の安佐動物園で2012年1月14日に生まれた若いママです。娘の名はラン、今年2月5日に誕生しました。ユキは、サキ母さんが安佐動物園で赤ちゃんを育てているときにやっていたように、いつも周囲の音や気配に注意を払い子供を自分の後ろにおいてを守ろうとしていました。ママの後ろに細い足が4本見えています。ランちゃん、寝てしまいました。ラン...

  13. ライとサミア - bonsoir

    ライとサミア

    天王寺動物園で暮らすクロサイ、ライそしてサミア春の終わり二人、同居中雨の動物園サミアがとことこ向かう先ライ君、一人何かをしてるかまってくれないライ君でサミアも途中Uターン高速道路のすぐ脇の、自動車の音ばかりが聞こえる雨の庭いつもどおりこのくらいの雨なら雨音静か自動車の音ばかりライ君、一人何かをしていてばかり自動車の音ばかり不思議と静かライ君、何かを話そうよサミア、近づく雄のライ君ライ君ライ君...

  14. クロサイvsクロサイ - アニマル and ゲームちゃんねる

    クロサイvsクロサイ

    『クロサイ対クロサイ』雄のクロサイたちが戦う。https://africageographic.com/blog/video-rhinos-fight-deep-end/

  15. 2019年1月天王寺動物園その2 - ハープの徒然草

    2019年1月天王寺動物園その2

    ひゃっほー

  16. アフリカ区の入り口で - bonsoir

    アフリカ区の入り口で

    金沢動物園に入ればそこはアフリカ区の入り口で朝一番で変わらない風景でクロサイ出てきて、今日はロン春の訪れ、天気は色々この日は晴れと曇りの間の大空目の前、工事が気になるか早く工事が終わらないのかそんなアフリカ区の入り口でモモイロペリカン、ワカメとモモいつもどおりの小競り合いいつも二人、すぐ傍となり工事の音だけ聞こえ続けるアフリカ区枝葉を齧って帰ります齧って咥えて、ゆっくりゆっくり戻ります工事を...

  17. 2018年12月とべ動物園その4 - ハープの徒然草

    2018年12月とべ動物園その4

    ペンギン舎

  18. クロサイ5頭がヨーロッパの動物園からルワンダの国立公園へ! - ごきげんよう 犀たち

    クロサイ5頭がヨーロッパの動物園からルワンダの国立公園へ!

    来年6月頃に、ヨーロッパの動物園からオス2、メス3の合計5頭、2才から9才までの若いヒガシクロサイが、アフリカのルワンダの Akagera National Park に送られることになった。一度に5頭ものサイががヨーロッパからアフリカに移送されるのは前例がないこと。この移送計画はチェコのドブル・クラロベ動物園が中心になって、EAZA(ヨーロッパ動物園・水族館協会)を説得し実現したもので、飼...

  19. 上野のハンサムボーイのクロサイ@上野動物園 2018.11.20 - ごきげんよう 犀たち

    上野のハンサムボーイのクロサイ@上野動物園 2018....

    上野のクロサイのマロは可愛い目の甘いマスク。コンクリートで擦って角研ぎ中。新しい説明パネル。以前のは記載されていた英語がちょっと変で気になっていたのでよかった。

  20. 今日は機嫌がよくて表情すっきりのアルゴ@上野 2018.11.20 - ごきげんよう 犀たち

    今日は機嫌がよくて表情すっきりのアルゴ@上野 2018...

    動物園のサイは、限られた狭いスペースでやれることも少ないので、同じように見えることも多い。でも、今日はちょっと不機嫌とか、ちょっと元気がないとか、気分がよさそうとか感じることがある。疑いなくこの日のアルゴは、表情が爽やかでとても機嫌がよさそうと確信できて、私も気分がよかった。あとで写真を見てもやはりそうだったと思う。もし、サイの足は太くて不格好と思われているとしたら、それは間違いということが...

総件数:61 件

似ているタグ