クロサイのタグまとめ

クロサイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクロサイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クロサイ」タグの記事(104)

  1. とべ動物園のクロサイの子フーくんとクー母さん・屋内篇 2019.11.27-28 - ごきげんよう 犀たち

    とべ動物園のクロサイの子フーくんとクー母さん・屋内篇 ...

    9月2日に愛媛・とべ動物園に生まれたクロサイの男の子、フー(風)ちゃんに会いに行きました。生後ほぼ3ヶ月のフーちゃん クー母さん。フーちゃんは、横浜・金沢動物園生まれのクー母さんの2番目の子。2011年に生まれた最初の子のライくんは、現在、大阪の天王寺動物園にいます。室内の親子の様子を見ることができます。フー坊、用足し中。お母さんと角突きごっこ。となりのお父さんのにおいが気になるのかな?「...

  2. クロサイvsジャガー - アニマル情報202X

    クロサイvsジャガー

    『ジャガー対クロサイ』最大級のクロサイと大型のジャガーの大きさの比較映像。巨大クロサイの肩の高さ(肩高)は概ね1.8m(恐らく史上最大級)。対するジャガーの肩高は約80cm(かなりの大型)。なお、両者の生息地は異なっている(アフリカ大陸とアメリカ大陸)アメリカ大陸最大のネコ科動物であるジャガーは非常に強力な肉食獣でカイマン(ジャガーより小型の場合が多い)等も獲物に出来るが、流石にアフリカ屈指...

  3. クロサイvsライオン - アニマル情報202X

    クロサイvsライオン

    『ライオン対クロサイ』巨大なクロサイ(約1.8m)と大型のライオン(約1.1m)を比較した映像。両者の生息地は、実際に重なっているので様々な事例が報告されている。基本的に、クロサイ(平均で概ね800-1000kgで雄と雌の体格差はあまりない)はライオンの通常の獲物ではないと殆どの資料で述べられている。但し、ライオンの群れが亜成獣のクロサイ等を捕食した事例も報告されている。逆に、クロサイが有力...

  4. 泥んこアキリ - bonsoir

    泥んこアキリ

    ズーラシアで暮らすクロサイ、アキリアキリ、秋の庭角に泥んこたっぷりと駆けた、跳ねた泥んこアキリ秋風、秋の草をそよっと揺らしアキリを少し元気づけ角の泥んこ、葉っぱもついた吹き抜ける風の中腰にスタンプ、どうついた駆けて跳ねて風に追いつけ泥んこアキリ庭駆けて向こう側、広いサバンナもし走り回れたら楽しいんだろうねニルと一緒ならもっと楽しいんだろうね

  5. ラミーのアイスクリー... - ゾウは勘定にいれません2  to say no thing of the elephant

    ラミーのアイスクリー...

    ラミーのアイスクリームです。ラミーとバッカスって季節になってきました。んで、やっとこさ秋らしくなってきましたね季節ものはラミーだけではなくさつまいものプレゼントもはじまりました、幼稚園の園庭やかぐや媛さんの畑で育ててくれたサツマイモを、いっぱい事…感謝、感謝です。んで、クールダウンはハートランドビール少し高級なビールです。ご褒美って感じですかね(^_^)v赤い栓抜きはサンディエゴを園内してく...

  6. こんにちはーってよっ... - ゾウは勘定にいれません2  to say no thing of the elephant

    こんにちはーってよっ...

    こんにちはーってよってきてくれるけど遊んであげられない寂しさがありますねー工事で伐採された樫の木を入れてもらってました。でかいので汎用性が少ないそこんとこだよねクロサイの赤ちゃんお母さんのまねしてごはんをモゴモゴしてます。かわいいねぇ~もうすぐ命名式です。どんな名前になるのかなぁ~明日はおでんこさんが京都からクロサイの赤ちゃんに会いに来るとか紅葉も一緒かな?ご安全に‼️貴女はどんなん?

  7. 普通の毎日 - bonsoir

    普通の毎日

    薄茶色はすっかり白く、身体は大きく角もだんだん伸びてきて飼育係りさんは枝葉を付ける今日のクロサイ、外へはロンロンと、ローラ、同居は終わりすぐに出て、来なかった静かな朝にロン一人静かにロン普通の毎日、ロン一人台風強く、アフリカ区も景色が少し変わってしまうそれでもみんなこうしてなんとか普通の毎日たまの台風、季節の一つただ、大きな被害は悲しくて動物園に必要なのは普通の毎日ただ美味しく、のんびりとた...

  8. 八木山動物公園でサイ保護イベント実施 2019.9.15 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園でサイ保護イベント実施 2019.9.15

    9月15日(日)仙台の八木山動物公園で、「9/22世界サイの日・World Rhino Day」に先駆けて、サイ保護のための啓蒙イベントをNPO「アフリカゾウの涙」と八木山動物公園との共催で実施。八木山動物公園では、今年2月に初めてクロサイの赤ちゃんが誕生しサイへの関心が高まっているのでサイの密猟問題を伝える啓蒙イベント実施には最高のタイミングでした。イベント実施場所は、動物園の西門を入って...

  9. 愛媛・とべ動物園でクロサイ誕生 2019.9.2 - ごきげんよう 犀たち

    愛媛・とべ動物園でクロサイ誕生 2019.9.2

    9月2日、愛媛のとべ動物園でクロサイの赤ちゃんが誕生。(C):とべ動物園2月の八木山動物公園での誕生に続いて、今年国内2頭目とは嬉しい。国内では、8年ぶりの男の子。母 クー :2000.9.26 横浜・金沢動物園生まれ父 ストーム:2002 1.11 広島・安佐動物公園生まれ日本では、2011年のライ♂の誕生以後、クロサイは3頭、女の子の誕生が続いていたのでBaby Boy の将来は引く手あ...

  10. ロンとローラ - bonsoir

    ロンとローラ

    金沢動物園で暮らすクロサイ、ロンとローラロンローラ木陰の木漏れ日キラキラゆらゆら動物達の夏のことでもひと頃よりはずっと涼しく赤いトンボもロンとローラの傍までそっと訪れてロンとローラどうしたのロンとローラずっとここでロンとローラ時々子供も一緒のときがいつか別れて、また二人ずっと二人ロンとローラ見つめ合いの終わりかなローラ、静かに後ずさりちゃぷちゃぷっと池の中ロンとローラ二人のことはときに二人だ...

  11. 慣れだして、静かにそっと微笑んで - bonsoir

    慣れだして、静かにそっと微笑んで

    ズーラシアで暮らすクロサイ、アキリなかなか出られなかった庭へと出てこれるようになってもうどのくらいきっと初めは本当の不安ばかり出入り口の近くで佇むだけのアキリそれがこうして(7/3の撮影です)飼育係さんを追って庭の真ん中あたりへと頑張るアキリ今、水たまりは歩かない頑張ったねと、みんなで笑顔アキリはだんだん慣れだして、静かにそっと微笑んで美味しそうな青い草ご褒美ってわけじゃないのんびり気分も落...

  12. クロサイ・マキを悼む茨城かみね動物園 2019.06.27 - ごきげんよう 犀たち

    クロサイ・マキを悼む茨城かみね動物園 2019.06.27

    かみね動物園はクロサイのマキ♀を今年2月26日に失ったばかり。マキとメトロのペアは共に1990年生まれでした。マキのことを悼むパネルが設置されています。マキのお姉さんのローラは、横浜の金沢動物園にいます。メイは1998年5月21日誕生2008年10月3日、仙台の八木山動物園に移動してまもなくの12月28日に死亡。マロは、2000年2月17日誕生2001年6月18日、上野動物園に移動。サニーは...

  13. 茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27 - ごきげんよう 犀たち

    茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27

    かみね動物園の最寄りの日立駅は、海に面してとても明るく見晴らしがよかった。現在、かみね動物園にはオスのクロサイが1頭飼育されている。名前はメトロ、28才。アメリカ生まれだが、実はメトロのお父さんは、広島の安佐動物公園のクロとハナの最初の子、1977年生まれのトシ!トシはその後、米マイアミ・メトロ動物園に移動し7頭の子をもうけた。その6番目の子が今、日本にいるこのメトロ。1993年8月20日、...

  14. 親子その2 - 動物園へ行こう

    親子その2

    クロサイの子供(2019/2/5生、メス)に会いたくて。しかも父親が横浜金沢のアースだし。ユキとラン親子生えてくる角のあたりが特に可愛い。こちらはアースです。カバのおしりもあります。

  15. 金沢動物園のクロサイ 2019.06.22 - ごきげんよう 犀たち

    金沢動物園のクロサイ 2019.06.22

    金沢動物園に着いた12時過ぎは雨脚が強かったです。ロンも濡れて、黒いサイに!こういう時は、盛大な泥浴びが見られることが多いが今日はタイミングが合いませんでした。土曜の午後2時半からは、クロサイ・ガイド。雨も上がった。クロサイ・ガイドの最後におやつの枝をもらって満足そうなロン。クロサイもインドサイも、きっとシロサイも雨でぬれた角を硬いもので擦るのが大好き。ローラさんもやってます!ヒトでもお風呂...

  16. アキリ - bonsoir

    アキリ

    ズーラシアで暮らすクロサイ、アキリ少し特殊な部屋と庭の位置の動物園練習のかいあって、表で会えるようになったアキリまだまだそっと、静かに静かに眺めてあげなければいけないアキリ、出入り口近くをてくてくとお客さんのことをときおりそっと見つめたりして晴れた日、梅雨の合間にねアキリはどこか、どこかを眺めて一休み遠くのキリンか、流れていく夏の雲か木陰でアキリ、一休みアキリ、ドイツからやって来た女の子今は...

  17. 八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06

    八木山動物公園のクロサイの屋内展示スペースはガラス越しでなく直に近くから見られるところがとてもよいです。寝ているランちゃんの後ろの柵の向こうにお父さんのアースが見えます。可愛い!ランちゃんの足の裏はまだあまり使ってないからツルツルです!アースの前は、オシッコ防御のためにビニールシートが張られています。見えにくいのは残念ですが、それだけ距離が近いということ。シートでよく見えないので、手を伸ばし...

  18. 八木山動物公園「通路」のクロサイ母娘 2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園「通路」のクロサイ母娘 2019.06.06

    八木山動物公園のクロサイは細い通路を通って屋内の寝室スペースに帰って行きます。その通路はアフリカ園の売店前のテラスから見ることができます。お母さんのユキが先に放飼場から出て来ました。続いてランちゃんも。大きな背中と小さな背中!あらっ、寝室に帰ったかと思ったらまた通路に戻って来ました。ランちゃんは、ちょっとママから離れました。ランちゃんが気になっているものは何かな?ユキ&ラン親子は放飼場から出...

  19. 仙台・八木山動物園のクロサイのアースくん 2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    仙台・八木山動物園のクロサイのアースくん 2019.0...

    2月に生まれたクロサイの赤ちゃん、ランちゃんのお父さんがアースくん。アースは地球の Earth です。アースは2005年1月24日生まれ、2009年10月5日横浜の金沢動物園から仙台の八木山動物公園へ。それから、2016年6月にユキちゃんが広島の安佐動物公園から来るまでの7年間、パートナーを待ち続けました。そして、3年後にランちゃんが誕生。アースより7才年下のユキ。アースとユキは、いとこ同士...

  20. 可愛い!仙台のクロサイ BABY ランちゃん 。 - ごきげんよう 犀たち

    可愛い!仙台のクロサイ BABY ランちゃん 。

    現在、ランちゃんは生後4か月。ユキママと比べるとこれくらいの大きさです。ママが大好き!でも、何でも気になります。地面のことも調べてみなくちゃ!将来のためには枝の観察も大切!小さいながら後ろ姿は意外とマッチョでしょ!?頭を上げてサイらしくちょっとエラそうにもできるよ。気になるニオイがあればもうフレーメンだってできるもん!ちょっとお休みしようっと。これは今日のわたし、明日のわたしにも会いたいでしょ?

総件数:104 件

似ているタグ