クーデターのタグまとめ

クーデター」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはクーデターに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「クーデター」タグの記事(80)

  1. もう無理 - モルゲンロート

    もう無理

    軍事政権が流すテレビのニュースと、現実のヤンゴン!新聞、テレビしか情報手段がなかった昔なら国民を騙せましたが、ネットの時代には無理ですねぇ。(^_-)

  2. 地方でも - モルゲンロート

    地方でも

    ヤンゴンの様子は日本のニュースで知ることができますが、これはきのう、2月7日のダウェイという町(ヤンゴンから南へ600km、人口14万人)の、クーデターに反対するデモだそうです。(教え子のフェイスブックより。)軍政への怒りは、やはり文字どおり全国民的なものなのかも。

  3. えっ、警官まで?! - モルゲンロート

    えっ、警官まで?!

    教え子のフェイスブックより。

  4. 広範さ - モルゲンロート

    広範さ

    ミャンマーの教え子たちのフェイスブックを見て瞠目するのは、さまざまな職種の、実に広範な人たちが起ちあがっていることです。

  5. 鍋、釜を叩いて - モルゲンロート

    鍋、釜を叩いて

    ミャンマー語はまったく解さないので(1年間も暮らしていたのに…英語身ぶり手ぶりで何とかなったので。(^_^;))、フェイスブックの文は、フェイスブックについている翻訳機能を使って大意を読みとっています。が、なんといっても解りやすいのは、絵、画像ですね。(^o^)y

  6. クーデターの背後に、中国が - モルゲンロート

    クーデターの背後に、中国が

    今日の日経に注目すべき記事が出ていました。「狙いすましたクーデター、直前に中国と接触」というタイトルで――「中国は、かつて西側諸国が軍政を批判し、制裁をつづけていた際にも、軍の装備を提供し、『親しい友人』でありつづけた」が、今回も、「ミャンマー国軍が中国に事前通告せず、クーデターを起こしたはずがない、と多くの専門家はみる」現に、「中国の王毅外相が、クーデターのわずか数週間前にミャンマーを訪問...

  7. ごくごく普通の子たちが - モルゲンロート

    ごくごく普通の子たちが

    ミャンマーの何十人という教え子が、続々と、フェイスブックにこういう絵を掲げています。皆、ふだんはごくごく普通の男の子たち、女の子たちで、クーデターに抗議する世論の広さ、深さ、意志の強さを知らされます。ひとりひとりの顔が浮かび、胸が痛みます。

  8. クーデター、否定せず - モルゲンロート

    クーデター、否定せず

    いま見たニュースによると、先の総選挙で大きく後退したミャンマー国軍が、記者会見で、「国軍はクーデターを起こす可能性があるのか」との質問に、「そうでないとは言えない」と答えたとのこと。↓とりあえずは脅しのレベルかもしれませんが、過去が過去だけに強く危惧します。どこの国でもそうですが、とりわけ自分の教え子が暮らす国は、絶対、中国や北朝鮮のような国に逆戻りしてほしくないです。(-_-;)

  9. これをよその国ならクーデターと呼ぶ - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    これをよその国ならクーデターと呼ぶ

    今日、1月6日は連邦議会で選挙人団投票結果の開票と認定がされていました。もう既に11人の共和党の議員が認定に反対すると声明を出していました。今朝、その開票の最中に、トランプに扇動された民衆が国会議事堂に入り込んでデモをするという始末。写真は全部お借りしています。恥さらしです。何の根拠もないのに選挙に不正があったと言い張り、民衆を扇動する―よその国ならこれをクーデターと呼びます。民主主義のアメ...

  10. バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は出来ない - あんつぁんの風の吹くまま

    バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は...

    武漢ウイルスの大流行の御蔭で、日本人は平和惚けからようやく目覚める事が出来ました。しかし、それは日本人に限った事ではなく、米国や欧州等の民主主義国の人々にも同様の事が云えると思います。それまではグローバリズム(全体主義)こそが自由民主主義の原理であるとして、ナショナリズム(民族主義)を白い目で見る風潮が蔓延していました。それがパンデミック(疫病の大流行)の御蔭で吹き飛んでしまったのです。(キ...

  11. 首長によるリコール運動はクーデターだ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    首長によるリコール運動はクーデターだ

    首長によるリコール運動はクーデターだ名古屋では昔、河村たかし名古屋市長による議会リコール運動があり、これは成功した。今回は河村による大村知事リコール運動が失敗に終わった。だが、運動参加者の男が大阪で殺人未遂事件を起こした。そもそも、リコールとは一般市民が権力者の首を切るためにおこなうものである。権力者がその地位を利用してやれば、それはクーデターだ。クーデター運動から、意見のちがう相手を殺害し...

  12. 日食の9日後に高市帝暗殺するクーデターを敢行し藤原王朝を固めた藤原不比等 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日食の9日後に高市帝暗殺するクーデターを敢行し藤原王朝...

    本日6月21日は部分日食がありました。696年8月4日(九州倭国年号大化2年7月1日)、日食。9日後の8月13日(旧7月10日)、くらもちのみこ=藤原不比等らは倭国・高市帝を藤原京大極殿に暗殺するクーデターを敢行。いまに続く実質的な藤原王朝日本が固まったとみられます。古代は日食に乗じてのクーデターはよくあったのだろう。

  13. 森友の2・26事件 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    森友の2・26事件

    2・26事件とは、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが下士官兵を率いて起こした日本のクーデター未遂事件である。先般の2・22森友集会で、奇しくも、森友事件史における2つの「2・26」に気付く。2012年と、その5年後の2017年である。一つ目の2012年2月26日は大阪で大阪府教育基本条例シンポジウムが開かれた日である。これは右派の日...

  14. 19日月曜は1953年のイランのクーデター勃発の日 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    19日月曜は1953年のイランのクーデター勃発の日

    1953年の8月19日、民主的に選ばれたイランのモサデグ政権に対して、アメリカCIAが起こしたクーデター。国外に逃げていたモハンマドレザー・パフラヴィー皇帝を復帰させました。しかし、人びとは憤慨し、1979年のイラン・イスラム革命へとつながります。こんなことをされたのでは、イランの人びとが今に至るまで、アメリカを警戒するのは当たり前です。19日月曜は1953年のイランのクーデター勃発の日ht...

  15. 首班は安倍晋三「自衛隊内の秘密組織」民主党政権をクーデターによって転覆する計画があった!総理大臣も防衛庁長官も存在を知らない自衛隊内の秘密組織 - 日々物語エキサイト

    首班は安倍晋三「自衛隊内の秘密組織」民主党政権をクーデ...

    首班は安倍晋三「自衛隊内の秘密組織」民主党政権をクーデターによって転覆する計画が暴露された!総理大臣も防衛庁長官も、存在を知らない、活動内容も知らない自衛隊内の秘密組織=別班の恐ろしい実態(東海アマ)総理大臣も防衛庁長官も、存在を知らない、活動内容も知らない自衛隊内の秘密組織=別班の恐ろしい実態(東海アマ) てんさい(い) (記事は下記に)フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwi...

  16. 7月15日 - Serendipi''tea''  セレンディブログ

    7月15日

    2年前から、7月15日はトルコの歴史に残るメモリアルデーになり、新しい国民の祝日となりました。(今年は日曜日にあたるから関係ないですが。。。)たまたま私たちがバンコクに来ていたあいだに起こったクーデターにより、革命記念日となったのです。でも私にとってはそんなことよりワールドカップ決勝戦もしもクーデター特番で決勝戦がテレビで流れないなんてことになったら、それこそテレビ局に爆弾投げ込みにいったろ...

  17. クーデター成功か>稲田大臣辞任? - 見たこと聞いたこと 予備3

    クーデター成功か>稲田大臣辞任?

    yahoo:「求心力なく、大臣辞任想定内=ミサイル警戒も関係なく―稲田氏、無言で車に・防衛省」稲田朋美防衛相が辞任する意向が伝えられた27日、陸上自衛隊の日報問題に揺れる防衛省内からは「辞めるのは予想通り」との声とともに、北朝鮮の弾道ミサイル発射警戒が続く中、「トップ不在でも影響ないことの証し」と冷ややかな声が聞かれた。稲田氏は午後8時すぎ防衛省から退庁する際、記者団から辞意を問われても、無...

  18. 日報隠しの「主犯」は安倍総理か?「文民統制」どころか「文民暴走」の総理は直ちに辞任を - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日報隠しの「主犯」は安倍総理か?「文民統制」どころか「...

    南スーダン派遣の自衛隊の日報隠し問題。その主犯は、安倍総理その人であった可能性が高くなりました。24日の笠井亮議員の質問では1月18日(水)に総理が防衛次官と会っていたことが明らかになっています。総理は、報告は受けていない、とシラを切っていますが、なぜ、「次官」が直接総理に会ったのか?よほど、大事なことではなかったのか?日報があれば、撤退を余儀なくされ、総理が固執している南スーダンでの安保法...

  19. 64年ぶりに機密文書公開米政府が民主政権打倒のイランクーデターに直接関与 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    64年ぶりに機密文書公開米政府が民主政権打倒のイランク...

    アメリカが、1953年のイランのクーデター(モサデグ政権打倒)に、これまで考えられていた以上に深く関与していたことが明らかになりました。結果としては親英→モサデグ(民主的な反米)→パーレービー皇帝による親米独裁という推移になり、イギリスからアメリカに帝国主義の主流が完全移行したことを印象づける形にもなりました。ちなみに、日本の出光は、モサデグ政権がイギリスの制裁で困っていたとき、日章丸を出し...

  20. 「安倍みたいな馬鹿にやらせるくらいなら賢い俺らがやってやろう」と勘違いする輩が続出する危険 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「安倍みたいな馬鹿にやらせるくらいなら賢い俺らがやって...

    森友学園、加計学園、山口敬之被疑者の準強姦逮捕状握りつぶし。安倍ジャパンの腐敗ぶりは天下に広まりつつある。安倍ジャパンを一刻も早く打倒すべきなのは明らかだ。しかし、もうひとつ怖いことがある。「安倍(稲田)みたいな馬鹿にやらせるくらいなら賢い俺(わたし)たちに独裁的にやらせろ」と勘違いする輩が続出しかねないことだ。安倍ジャパンが倒れても、「小池百合子東京都知事」の「都民ファースト」による独裁が...

総件数:80 件

似ているタグ