グリム童話のタグまとめ

グリム童話」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはグリム童話に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「グリム童話」タグの記事(18)

  1. 映画「ヘンゼル&グレーテル」 - ブログするために一念発起

    映画「ヘンゼル&グレーテル」

  2. リスベート・ツヴェルガー:燕さんが素敵 - Books

    リスベート・ツヴェルガー:燕さんが素敵

    リスベート・ツヴェルガーの「おやゆびひめ」から燕さんが素敵♡このイラストが大好きなのに絵本を持ってなかった!!ということに気づき早急に注文した(笑)たまにあるある持ってる気になっている。他の本と勘違いして持ってる気になっていることも、、、こんな調子で求めている本も結構あります(爆)*

  3. そら豆の季節のたびに - K's Sweet Kitchen

    そら豆の季節のたびに

    “時季ならではの食材を見かけると、その食材が食べたくなる”ことがありますが、“時季になると、その食材がなぜか食べたくなる”こともあります。食べたくなるという現象には、四季の変化に対して、その食材の持つ力を身体が欲している、ということがあるので、なるべく素直に応えるように努めています。そら豆は、私にとっては前者のほうでしょうか。早春に、鹿児島指宿産を見かけ、それを嬉々として手に入れることから、...

  4. Book:ながいかみのラプンツェル - Books

    Book:ながいかみのラプンツェル

    グリム童話「ながいかみのラプンツェル」フェリクス・ホフマン/絵せた ていじ/訳福音館書店 1970年初版2011年6刷なんで、今まで魅了されなかったのかが、わかった(笑)コレ、この絵なのね。初めて見たときの印象がよいものではなかったみたい(笑)↓怖い、しかも暗い魔女のおばあさんもだけど生きてる人までコワイんだもん(汗笑)でもって改めて読んだラプンツェル。ラプンツェルって「レタス」のことなんだ...

  5. Book:ねむりひめ - Books

    Book:ねむりひめ

    フェリクス・ホフマンに惹かれて、二冊目に求めたのはグリム童話の「ねむりひめ」近所のショッピングモールに入ってる書店の絵本コーナーでもよく見かけていたこんなに身近で求められるのにね、なんで今まで惹かれなかったのかホント不思議(笑)トキメキにもタイミングがあるのかな?グリム童話「ねむりひめ」フェリクス・ホフマン/絵せた ていじ/訳福音館書店1963年初版 1996年52刷表紙もとっても素敵。まだ...

  6. Book:七わのからす - Books

    Book:七わのからす

    このページの絵に惹かれて求めた絵本。誰の絵か辿ったらフェリクス・ホフマン(1911-1975)だった。グリム童話「七わのからす」せた ていじ/訳1971年初版2003年7刷このお話から「言霊」が思い浮かんできました。何気ない気持ちで悪意ある言葉を口にしたら、それが呪いとなって本当のことになってしまった。7羽のカラス、実はある少女のお兄さんたちでした。腕白すぎて両親からもあきれられていました。...

  7. Book:バーバラ・クーニー画「Little Brother and Little Sister」 - Books

    Book:バーバラ・クーニー画「Little Brot...

    1982年、グリム童話の「兄と妹」をクーニーが絵本にしました。最初、これも「ヘンゼルとグレーテル」?って思ってしまう紛らわしいタイトル。グリム兄弟がこの話を収集する時に「ヘンゼルとグレーテル」も同一タイトルで呼ばれていたため混乱が生じ、「ヘンゼルとグレーテル」の方を改名したようです。では、「兄と妹」って、どんなお話?この絵本を手にするまで知りませんでした(;^^)クーニーの素晴らしい挿絵だけ...

  8. グリムのお話灰かぶり姫(シンデレラ) - ○○○ Pause ○○○  Comfortable daily Life

    グリムのお話灰かぶり姫(シンデレラ)

    上の作品は灰かぶり姫(シンデレラ)が舞踏会3日目に行く身支度を整えたところです。ドイツのグリム童話ではガラスの靴ではなく金の靴。Little Stitchさんで展示している「グリムのお話とクリスマス」今月末の29日まで。開店日は火曜日から金曜日なのであと8日となりました。毎週水曜日は初めての方々、友人、作家活動をはじめて間もないころから私のことを知っている方々がわざわざ会いに来てくださったり...

  9. 藤田あつ子「誘う女」本当は残酷なグリム童話2019年4月号掲載 - 越劇・黄梅戯・紅楼夢 since 2006

    藤田あつ子「誘う女」本当は残酷なグリム童話2019年4...

    ぶんか社シリーズ、昔は追いかけるのにずいぶん苦労しましたし、雑誌掲載されても文庫収録されるかが不安でしたが、今はどちらも改善。電子書籍で続刊はすぐわかるし、単発の文庫も悪女シリーズ7巻など発刊と、この十数年の藤田先生作品が存分読めて幸せ!近刊の本当は怖いグリム童話4月号に、イソップ寓話をもとにした「誘う女」があって読んでみました。主人公への当て馬の美女が、紅楼夢の林黛玉を思い出す設定。あの聡...

  10. グリム童話に寄せて - ヒグラシの日記  (あぁ、しあわせな日々)

    グリム童話に寄せて

    「本当は怖いグリム童話」という本がありました。確かに食べられちゃったり、殺されちゃったり、現代なら大事件。それにしても、よくあれだけのいろいろなストーリーを考え付いたものだと思います。 このワンシーンは、原稿を書いてくださったワインショップ店主のイメージです。彼女の中でこの作品と決まったものはなかったらしい。いわゆる「グリム童話」。ですから、なんとなくドイツの雰囲気がある建物の中庭で、ワイ...

  11. 西ドイツ時代の切手達 - 東欧雑貨店 Glucklich (グリュックリッヒ)の日記

    西ドイツ時代の切手達

    こんにちはGlucklich(グリュックリッヒ)です本日は当店でも人気のあるシリーズ、西ドイツ時代の切手を14点アップしましたグリム童話のシンデレラやいばら姫、7匹の子ヤギなどどれも絵本の世界に引き込まれるような可愛さですコレクションやコラージュはもちろん、小さな額に入れて飾ると小さな絵になりとても素敵ですよこども心を思い出してワクワクする一枚を是非見つけにきてくださいね「読んだよ」の印に押...

  12. ブレーメンの音楽隊 - 本多ボクシングジムのSEXYジャーマネ日記

    ブレーメンの音楽隊

    グリム童話が好き、息子が幼い頃、眠る前に読み聞かせしていたのがブレーメンの音楽隊です。一人ぼっちは寂しいけれどみんなでちから合わせれば寂しさなんか飛んでいってしまいなんだって出来るんだね〜って締めていた^_^。この日曜日、なんだろう?やたらと、ブレーメンの音楽隊が脳裏をよぎっていました。良き理解者である二人の親友が石川次郎さんに逢いに来てくれて、優しい笑顔で語りかけてくれ嬉しい父は、しっかり...

  13. 藤田あつ子『中国復讐賢婦伝』(2017) - 越劇・黄梅戯・紅楼夢 since 2006

    藤田あつ子『中国復讐賢婦伝』(2017)

    タイトルの訳のわからなさと表紙の既視感はあるものの、ぶんか社様のグリム童話シリーズのおかげで藤田作品の中国話が読めるので大感謝!!!今年の9月発売、新刊です🎵『姉妹の運』(2014)イソップ童話「ケガをした狼と羊」鉄板の姉妹間の嫉妬もの。ただここでは片方は遠縁の娘を養子にしており血縁は薄目です。美人で性格の悪い妹が幸せをつかむかに見えたが、、、姉の人柄の良さが、あまり...

  14. 藤田あつ子『中国美醜譚』(2016) - 越劇・黄梅戯・紅楼夢 since 2006

    藤田あつ子『中国美醜譚』(2016)

    2010年代のものまで収録。今までより善人が幸せになる話が多かったような。中国民話、民謡原作のものもあり楽しいです。去年に発売されていたのに今気づきました。アラートとか設定できないものか(´д`)『鏡占い』イソップ童話「アリとキリギリス」(2007)傲慢な美人で嫡女(姉)と、性格がよい庶女(妹)が、清末という時代のもと大きくことなる人生を歩むことに…。清末は衣装がやはりいいてすね、丈の短いレ...

  15. Disney「白雪姫」のコンセプトアートから - Books

    Disney「白雪姫」のコンセプトアートから

    *Concept art for Snow White and the Seven Dwarfs (1937)幻想的で見惚れてしまった。アニメーションとはまた違う世界観を楽しめるDisneyのコンセプトアート。*

  16. コスプレ衣装販売 ディズニーの詳細ページとなります - コスプレ衣装 専門店

    コスプレ衣装販売 ディズニーの詳細ページとなります

    ディズニー オーダーメイド 衣装,コスプレ衣装販売 ディズニー,コスプレ衣装 人気店 ディズニー,ディズニー風 衣装 通販,ディズニー シンデレラ コスプレ,ドレス オーダーメイドディズニー,コスプレ 衣装 ショップ ディズニー http://www.fashioncosplay.com/products/detail.php?product_id=1624高品質なグリム童話ディズニー映画白...

  17. ブレーメンの音楽隊がやっぱり人気ー 保育園で借りた絵本たち ー - 子どもと一緒に毎日絵本

    ブレーメンの音楽隊がやっぱり人気ー 保育園で借りた絵本...

    さてさて、保育園で借りてきた絵本たち。一体どれが子どもにウケたかと言うと、「ブレーメンの音楽隊」でした。まあそうですよね。動物出てくるし、なんてったって世界の名作だし。しかし親としての一押しは他の2冊でした。「おしゃべりなたまごやき」のほうは絵が長新太さんだったので、私が読みたかった。長新太さんの絵本、以前子どもと行った耳鼻科で読んだ「キャベツくん」という絵本がすご~くおもしろくて。買いたい...

  18. 保育園で借りた絵本たち - 子どもと一緒に毎日絵本

    保育園で借りた絵本たち

    みなさんのおうちにある絵本は書店で買ったものですか?最近だとamazonなどネットで購入する人もいますよね。あとは人からのもらいものの絵本、とかでしょうか。我が家はと言うと、おさがりでもらったものもありますが大抵は書店で購入したものです。ただ、絵本が好き好き言っても、高いものだと1冊1,000円以上するのが絵本。雑誌のようにそんなにしょっちゅうは買えません。(いや、雑誌もそんなに買わないけど...

総件数:18 件

似ているタグ