グリーンブックのタグまとめ

グリーンブック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはグリーンブックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「グリーンブック」タグの記事(18)

  1. Stay Home はサブスクで - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    Stay Home はサブスクで

    「Stay Home 週間」。楽しくとまではいかないが、いまのところなんとかサブスクのおかげで乗り切れている。いくつも観た映画の中で、いまのところ爵士的イチオシはこれ、「グリーンブック/Green Book」。1962年、まだ人種差別が残る公民権前のアメリカ。ニューヨークに住むイタリア系アメリカ人のトニーは、クラブの用心棒をしていたが、改装でしばらく職がなくなる。そんなときに、カーネギー・ホ...

  2. その壁は高くても - 瑠璃色古雑貨店

    その壁は高くても

    アメリ嬢の介護やら仕事やらで、すっかり観遅れた?映画「グリーンブック」をやっと観ることができました。1962年、今では信じられないような黒人差別が公然と残っていた頃のアメリカ。イタリア系の(白人)トニー・リップは、ちょっとがさつで無教養。でも家族や親族を大切にする明るい人気者です。口の達者さと腕っ節の強さで高級クラブの用心棒の仕事をしていますが店の改装工事中はその職がなくなってしまうというの...

  3. グリーンブック - 風路のこぶちさわ日記

    グリーンブック

    きょうは石和に定期健診。終わるのが早ければ、甲府で映画を観る・・・♪前回、ボヘミアンラプソディーを観て以来、味をしめたこのパターン!?病院と薬局の終わる時間がその日によって違うので、観たい映画の始まる時間をチェック。思ったよりスムーズに終わったので・・・甲府のセントラルBe館へGO!もう一回見てもいいなぁと思っていた「ボヘミアンラプソディー」と「金子文子と朴烈」もやっていましたが、きょうは「...

  4. 竹 - 散歩

  5. グリーンブック - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    グリーンブック

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング今話題のグリーンブック、観に行って来ました。黒人天才ピアニストの苦悩。グリーンブックという題名の意味。いつの時代にも、存在する差別意識。考えさせられる映画でした。本日も最後まで読んで頂きありがとうございましたお気に入りの一着を探しにお立ち寄り下さい電話でのお問い合わせもお...

  6. 日々雑感3月18日「グリーンブック」の知ることへの入り口なスタンスが好きだ。 - Suzuki-Riの道楽

    日々雑感3月18日「グリーンブック」の知ることへの入り...

    ●私はキュアロンの「ROMA」も好きだし、作品的には高度なことをしていると思う。ただ分かりやすく差別などを描く「グリーンブック」は見ていてとても多幸感があり海外でも批判が上がっているが、ちょっとそれは…と思うところも。●もちろん差別された側の方から見ると色々引っかかる要素はあるだろう。ただ「白人が救世主になって…」と言うのは作品を見てそうは思わなかった。主人公のトニー・バレロンガを演じるのは...

  7. 「グリーンブック」 - ここなつ映画レビュー

    「グリーンブック」

    心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには黒人が宿泊できる…宿泊してもいいホテルが書かれている。本作では、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、当時人種差別が最も激しかった南部にコンサートツアーに出る際に同行した...

  8. グリーンブック - 新 LANILANIな日々

    グリーンブック

    ※画像は公式サイトからお借りしました。デブ症のオットを外に連れ出す作戦(笑先に映画館で予告を見てたときに、「このドライバーの役の人、デンゼルワシントンのクリムゾン・タイドに出てた当時はもっと痩せてたけど」と言ってて調べたら、兵器システム将校の役で出演してた。(彼はこの映画のために20kgくらい増量したそうです、すごいね!)この映画の監督は、メリーに首ったけ、で有名であの映画のキャメロン・ディ...

  9. グリーン・ブック - 映画でござる

    グリーン・ブック

    アカデミー賞に選ばれちゃったばっかりに 変な方向に悪目立ちしちゃってる気の毒な今作 ヴィゴ様目当てだったはずが、悪評の理由探しにすり替わってしまった己を戒めつつ...^^; ぽっちゃりヴィゴ様がとってもチャーミング!♡ インテリジェンス漂う渋いジェントルマンのイメージが今回はその真逆 ちょっぴりお下品なヴィゴ様もまた素敵 ピエール瀧に激似だったとしても許しちゃう♡ (電グルファンの私といたま...

  10. 『ラブリーホラブリー』のロケ地他 - 韓国ホリックかも?

    『ラブリーホラブリー』のロケ地他

    昨日は雨の中、仲間とランチ。美味しく、楽しい集いだった。その後、移動して見たのがこちら↓の映画。TVでPRしていたのもあるけれど、心惹かれるテーマで。暗いかと思いきや、クスクス笑える所も多くて、面白かった!ほろりと泣く場面もあって、大満足だった。久々の大満足^^最近は、録画してすぐ観ることの少なくなった韓国ドラマ。『テリウス』が終わってからは、すぐに追いかけているのが次の2作品。『ラブリーホ...

  11. ヘルプ~心をつなぐストーリー - 下り坂からの風景 - A View from the Downhill -

    ヘルプ~心をつなぐストーリー

    先日、WOWOWで「ヘルプ~心をつなぐストーリー」を見ました。グリーンブックを見た後だったので、感動もひときわ。この作品の方が先に公開されているので適当な表現ではないですが、グリーンブックの女性版といいますか、両方見ると相乗効果となって、それぞれの作品への理解が深まります。「ヘルプ~心をつなぐストーリー」は、キャスリン・スケットの小説を基に映画化され、2011年に公開されました。1960年代...

  12. グリーンブック - 抵抗は無意味だにょ【映画メモ】

    グリーンブック

    『グリーンブック』「アカデミー賞獲得ノウハウ』みたいな教科書があったりしたら、まさにその教科書に則って作られたような作品。ただその教科書の作りが異様に良いので、出来上がったものもとても良いです。と言うわけで、いかにもアカデミー賞好みな作りではありますが、めちゃくちゃ良い映画です。面白いです。随所にちりばめられた小さな伏線を綺麗に、わざとらしくなく回収する辺りはさすがハリウッド!と言わざるをえ...

  13. グリーンブック観てきました。 - 遅ればせながら・・・

    グリーンブック観てきました。

    昨日の寒さから一転朝から暖かい陽射しが洗濯・掃除日和ですが・・・あさイチでグリーンブックを観てきました。アカデミー賞の作品賞で話題になりましたね。ご覧になられた方もいらっしゃると思います・・・いかがでしたでしょうか。映画館でチケットを購入、混雑はしていないのですがなかなか買う順番が、この時間帯シニアがほとんど発券できるまで手間取ってしまうようでした。急がなくて良いんですよ、私も同じです・・・...

  14. 休みにて - 美容室Feliz

    休みにて

    こんばんは、眼科行ってきましたフェリースです‼️膿を出してもらいやっと痛みから解放されましたが、しばらく気をつけないとー終わってからふと思いつきソレイユまで映画を観に行ってきました。黒人ピアニストとイタリア人運転手の旅をしながらの友情物語。実話です!いくら素晴らしい才能の持ち主でも黒人と言うだけで差別をされる時代で、どれだけの悲しい我慢を強いられ生きていたか?沸々としてしまいます。差別って、...

  15. オススメ!アカデミー受賞作品「グリーン ブック」 - ♪ミミィの毎日(-^▽^-) ♪

    オススメ!アカデミー受賞作品「グリーン ブック」

    3/3アカデミー賞3部門で最優秀賞を獲得した「グリーン ブック」を観てきました。黒人の天才ピアニストのドクター・シャーリーに、血の気が多いイタリア系の白人トニーが運転手として雇われ、アメリカ南部のコンサートツアーを一緒に回って行く。。。グリーンブックとは、まだ黒人差別が色濃く残っている南部地域を黒人が旅行する時のガイドブックことだそうです。上品な黒人と粗野な白人という面白い組み合わせの2人。...

  16. グリーンブック見てきました - 下り坂からの風景 - A View from the Downhill -

    グリーンブック見てきました

    アカデミー賞作品賞を受賞した「グリーンブック」を見てきました。「ロード・オブ・ザ・リング」三部作でアラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセンが主演しているとのことで日本で上演されるのを首を長くして待っていました。そもそもタイトルになっている「グリーンブック」って何なのかご存知でしたか?グリーンブックとはNY出身のアフリカ系アメリカ人のグリーン氏が1936年から1966年までの間、毎年作成出版して...

  17. 最近の読書とか映画とか - 下り坂からの風景 - A View from the Downhill -

    最近の読書とか映画とか

    生活のエンジンはなかなかかかりませんが、読書スィッチ・映画スィッチはやや暴走気味かなと思うほど快調です。ブロ友さんが紹介されていた桜木紫乃さんの本を読み始めることに。まずは、起終点駅ターミナルから。あれ?なんか馴染みのある話…結末も想像できる…こういうの年取ったってことなのかもしれませんが、佐藤浩市氏主演で映画になってましたね。それを見ていたからストーリーがわかったのですが、ほぼ終わりまで同...

  18. 【アメリカ映画】旧正月休みに初めて行った映画館で観た2本の映画『グリーンブック』と『セレニティー:平穏の海』 - メイフェの幸せ&美味しいいっぱい~in 台湾

    【アメリカ映画】旧正月休みに初めて行った映画館で観た2...

    普段から映画は大好きで良く観ています。映画館でも家でも。旧正月のお休みに映画館で2本の映画を観ました♪『幸福綠皮書(邦題:グリーンブック)』と『驚濤佈局(邦題:セレニティー:平穏の海)』です♪まずは『グリーンブック』。最近観た映画の中で一番いい映画でした観たあとに一緒に観に行った朋と「いい映画だったね~」とハモりました。3月1日から日本でも公開なので是非観て欲しい~!!!公開前なので詳しい内...

総件数:18 件

似ているタグ