グレン・フォードのタグまとめ

グレン・フォード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはグレン・フォードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「グレン・フォード」タグの記事(25)

  1. トランプのロシア疑惑とは何か - 九天のブログ

    トランプのロシア疑惑とは何か

    ポール・クレイグ・ロバーツは   ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 1の中で、『ロシアはドナルド トランプと共謀して米国大統領選挙に不正にアクセスした』というのは嘘である、と切り捨てています。こちらからでは、よくわからないこの疑惑はずうっと騒がれ続け、株価に影響を与えたりしています。ポール・クレイグ・ロバーツは繰り返してこれは嘘だと言ってきましたが、グレン・フォードの論考が出ましたので、こち...

  2. ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 5 - 九天のブログ

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラス...

    (ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 4 からの続き)『始めたのは共和党の州知事でしたが、バラク・オバマ政権によって促進された、デトロイトの黒人に対して進行中の拷問は、ほとんどの白人アメリカ人が理解している社会的稠密性を乱しません。』白人アメリカ人の大多数は根っからの人種差別主義者ーー色々な尺度でわかるようにーーです、しかしだからと言って白人アメリカ人は白人...

  3. ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 4 - 九天のブログ

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラス...

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 3 からの続き『アメリカ(白人政治形態)の一部として考えられていない米国住民の社会的きずなは、弱いか、存在しないか、否定的な(敵意を持つ)ものです。』こうして、ハリケーン・カトリーナの後、十万人を超える黒人が、ニューオリンズから永久に立ち退かされました、その後民主党の大統領顧問は大災害の中に希望の光を見出だしました、それは...

  4. ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 3 - 九天のブログ

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラス...

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 2 の続き『『アメリカ人』の間に真の社会的稠密性がないことは、金持ちの階層は自分たちの仲間(人種がどうであれ)に恩義を感じないことを意味しています。』金持ちが持っている文化を指導する力はほぼ絶対的とも言えますが、マスコミと教育の手段を支配することで維持されています。そして、自己礼賛を身につけた資産所有貴族が、人間の言語ーー...

  5. ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 2 - 九天のブログ

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラス...

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 1 からの続き『資産所有貴族は『例外的な』地位ーー人間行為のすべての道義と規範からの免除ーーを要求する。』米国の外交政策は、米国の無法性・例外主義者・白人至上主義者の歴史の流れに沿っています。米国は、世界初の完全なブルジョア共和国として誕生しました。約一世紀の間、盗み取った一つの大陸の土地と盗み取った別の大陸の人々を活用し...

  6. ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスべガス大量殺戮 1 - 九天のブログ

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラス...

    ニューオリンズ・デトロイト・サンファンを通して見たラスベガス大量殺戮グレン・フォード   2017年(平成二十九年)10月5日『有色人種の人々の人間性を歴史的に否定してきた社会において、他の人間との連帯が自然に現れることはない。』人間性は、公正な親しみやすい社会契約を切望している、そしてグローバルな調和が直ちに達成されないならば、生物種として失敗するでしょう。生物圏自身が、破滅的で帝国主義的...

  7. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 6 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 6

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 5 からの続き『サンダースは、他国の主権を米国が侵害することの合法性に、触れていませんーーというのもサンダースは国際法を尊重しない帝国主義者だからです。』バーニー・サンダースはイラン核取引を支持しました。多数の共和党員もそうでした。しかし、『取引』は帝国主義者の道具です、これは米国諜報局すら破棄したウソに基づいています。2007年(平成十九...

  8. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 5 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 5

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 4 からの続き『バラク・オバマは大言壮語でグローバリストを演じる一方、あらゆる国際法と慣例を破りました。』サンダースは、サウジアラビアのイエメンに対する戦争を米国が支持していることに、反対しています。しかし、昨年のこと、サンダースは地域においてもっと積極的になるようサウジアラビア人に奨励しているのです。(サンダースは、サウジアラビア人にシリ...

  9. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 4 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 4

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 3 からの続き『バーニー・サンダースはロシアに対する制裁を支持し、シリアの組織的大虐殺に近いオバマ-クリントンの政権交代戦争を支持しました。』サンダースの反ロシアの大げさな言葉は、サンダースの講演の中で進歩的に聞こえる言い回しの大部分を否定しています。とにかく、サンダースの発言は、今燃え上がっている問題に対する本質的なことはほんのわずかしか...

  10. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 3 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 3

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 2 からの続き『ほとんどのアメリカの「進歩派」は、他の人々が自己決定する権利の意味を理解することが本当にできません。』一部の黒人アメリカ人は困ったことに同じ病にかかりました。私がかつて『歴史上、白人至上主義を最も積極的に擁護した一人であった』と評したオバマの下で、米国権力と一体化した八年間の後に、かかりました。オバマはこの間、米国に本拠を置...

  11. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 2 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 2

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 1 からの続き『帝国主義者は自分自身とその「例外的な」母国のために、残りの人類の運命を決める権利を留保しています。』チャーチルがイギリス植民地の捕虜たちのために、福祉国家を作ろうと思ったことはありませんし、サンダースが米帝国の無視されている国民のためにそうすることもありません。しかし、帝国主義者は自分自身とその『例外的な』母国のために、残り...

  12. バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 1 - 明日への日記

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせない 1

    バーニー・サンダースは帝国の貪欲さを振り落とせないグレン・フォード   2017年(平成二十九年)9月28日『サンダースはウェストミンスターで自分の野卑な好みを明らかにしました。』先週のUN一般総会での、ドナルド・トランプのパフォーマンスは、二十一世紀の米帝国の貪欲さのための修辞法の障害を、低くさせましたーーしかしヒラリー “来た、見た、奴は死んだ” クリントンはモラルの堕落においてもちろん...

  13. シャーロッツビルの二人 - 明日への日記

    シャーロッツビルの二人

    シャーロッツビルの事件に関して、ポール・クレイグ・ロバーツの記事   シャーロッツビル 1と、一方でグレン・フォードの記事(出た順)   トランプとアメリカのファシストである先祖 1   黒人はアンクルサムの清掃チームになってはいけない 1   ブラックパンサーはシンボルとは闘わないを読み比べて、重いしこりが胸につかえてしまいました。ポール・クレイグ・ロバーツの結論部分   シャーロッツビル...

  14. トランプの主権は『無法』である(オバマと同じ) 4 - 明日への日記

    トランプの主権は『無法』である(オバマと同じ) 4

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 3 からの続き『トランプの世界観ーー米国公衆の大多数によって共有されているーーでは、アメリカの高い主権は非国家的組織によって制約されない。』バラク・オバマは2015年(平成二十七年)にUNの一般総会で『法』という語を七回言ったが、その都度まったく偽善的にだった。しかし演説の言葉を管理する基準から発せられたのだ。侵略者が原則を捨て去っていても、侵...

  15. トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 3 - 明日への日記

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 3

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 2 からの続き『911以来、政権交代は米国の熱心な運動に高められた、「対テロ戦争」のボロで覆い隠されて。』トランプの世界の見方に目新しいことは全くないーー国際的な公衆の前でこのようなむき出しの言葉で米国の『例外主義』を述べたこと以外は。ほとんど全ての国際会議で原則に対してリップ・サービスをするにもかかわらず、UN設立以降のバラク・オバマ以下全て...

  16. トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 2 - 明日への日記

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 2

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1 からの続き『トランプの外交政策には前任者の外交政策と本質的な違いはない;同じ無法さと野蛮さである。』トランプは、世界が考えていることに不満を言い立てるふりをする、のにさえ苦労している。国内視聴者へ向けた彼の話(『株式市場は常に高値である・・・米国ではかつて無かった程により多くの人々が働いている』)の後だが、トランプは集まった外国人に直接話し...

  17. トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1 - 明日への日記

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ) 1

    トランプの『主権』は無法である(オバマと同じ)グレン・フォード   2017年(平成二十九年)9月21日『政権交代は米国の外交政策実行における原則である。』今週はじめのUNの一般総会におけるトランプの悲喜劇的なパフォーマンスは、米国の外交政策の当局者を恥ずかしさで身のすくむ思いにさせた。超田舎臭くて厚かましい白人至上主義者で、クイーンズから来た不動産王が、自分が望むどこにでも米国は軍事介入す...

  18. ブラックパンサーはシンボルとは闘わない - 九天のブログ

    ブラックパンサーはシンボルとは闘わない

    ブラックパンサー(黒豹)はシンボルとは闘わないグレン・フォード   2017年9月13日『風景の上のジョニー・レブの足跡は、米国のクレータをなす5,000の州および連邦の刑務所・拘置所に比べたらごくわずかである。』今週、ニューヨーク州刑務所の看守が、69歳の元ブラックパンサー党員のハーマン・ベルを襲って重傷を負わせた、40年以上の刑務所暮らしの後の仮釈放の機会をダメにするように、正当な理由の...

  19. トランプとアメリカのファシストである先祖 3 - 明日への日記

    トランプとアメリカのファシストである先祖 3

    トランプとアメリカのファシストである先祖 2 からの続き『アメリカのファシズムは、ヨーロッパの新種のファシズムに先行しており、しかも長く続いた。』民主党はこの米国産のファシズムを創り出したが、今や、国内の人種的および民族的『他者』のための避難場所とみなされている。しかし、民主党は国の和解を追求し続けてはいる、かつてジム・クロウがあった時に共和党が追求していたように。両党の支持者の人種は入れ替...

  20. トランプとアメリカのファシストである先祖 2 - 明日への日記

    トランプとアメリカのファシストである先祖 2

    トランプとアメリカのファシストである先祖 1 からの続き『奴隷制生産システムのすさまじい利益が、米国をグローバル経済パワーにした。』 1857年に、トーニーが判決を下した時、全米の奴隷の価値は、国境の内側にある土地を除いた国全体の資産、よりも大きいとしたーー土地自体が先住民から盗んだものだがーー、そして奴隷労働なしでは土地のほとんどは無価値であるとした。奴隷制生産システムのすさまじい利益が、...

1 - 20 / 総件数:25 件

似ているタグ