ケスハマソウのタグまとめ

ケスハマソウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはケスハマソウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ケスハマソウ」タグの記事(10)

  1. ケスハマソウ - Mag's  DiaryⅣ

    ケスハマソウ

    いつもはあまり歩かない道を歩いたら、ケスハマソウがまだ咲いていた。ピンク色の花も。濃いピンク色の花もあった。来年は、この道を歩こうっと。おまけはヒメフウロ。最近見なくなっていたので、嬉しい出会い!(^^)!

  2. 3月29日帝釈峡の花② - Mag's  DiaryⅣ

    3月29日帝釈峡の花②

    オニシバリが咲いていた。やっと、2度目の観察。ケスハマソウがまだ咲いていて、嬉しい。シロバナネコノメソウもまだ咲いていた。キビシロタンポポ満開。これはなあに? ジュウニキランソウという花があるんだけれど・・・。キバナノアマナも咲いていた。チョウジザクラが満開。チョウセンヒメツゲの花を初めて見た(*'ω'*)

  3. ケスハマソウ - Mag's  DiaryⅣ

    ケスハマソウ

    山裾にまだ雪が残る渓谷に、ケスハマソウを観察に行った。前回訪れたときは天気が悪くて花が閉じていたので、今年2度目の観察だ。晴れたら、やっぱりきれいに開いている。そういえば、土砂降りの雨があがった翌日に訪れて、泥跳ねのついた花を撮ったこともあったなぁ。今回はとびっきりのきれいな花が観察できた。幸せな時間(*^-^*)

  4. ケスハマソウ - Kochikuro12's Blog

    ケスハマソウ

    真っ白なケスハマソウ。(ケスハマソウだと思います。ミスミソウ、スハマソウなど色々あるようですが、ここのものは、皆さんがケスハマソウとおっしゃっているので。)少し寒い空気の中で、この花をゆっくりと見るのは、ここ数年、年中行事になりつつあります。この場所の白いケスハマソウには、かわいいとかの賛辞より、清楚という言葉が似合うかな。薄紅色のものもいいけれど、蕊まで白いのもいいでしょう。

  5. 3月4日三次市の花 - Mag's  DiaryⅣ

    3月4日三次市の花

    3月4日、セツブンソウのお花見に行った折、吉舎町安田のユキワリイチゲのお花見もしました。斜面の奥の方にはたくさん花が咲いていましたが、手前の花はもう終わっていて、みんなうなだれておりました。花の管理人さんに「はあ、くたびれとるんよ、もっと早うに来んさいや。」と言われてしまいました。そうなんです。今年は出遅れています。向かいの杉林にセリバオウレンは満開でした。セツブンソウもまだ花が元気でした。...

  6. ケスハマソウ② - Mag's DiaryⅢ

    ケスハマソウ②

    自生地①ピンク色の花が少なくなった。自生地②の花はめしべが赤い。自生地③満開の帝釈峡。民家の裏山に植栽されたもの、こんな色の花もある。

  7. ケスハマソウ - Mag's DiaryⅢ

    ケスハマソウ

    この場所には葉先がとがっているものがある。こんなに尖っていたら、ミスミソウだといいたくなる。こちらは丸っこい。葉の表裏に毛がある。広島県に咲くのはケスハマソウだと『広島の山野草』にある。葉の形はいろいろ変化があって、決め手にならないとか、ややこしいねえ。

  8. 回り道 - Mag's DiaryⅢ

    回り道

    3月24日、お出かけのついでに遠回り、そろそろ咲く頃だろうと訪れたお寺の桜は5分咲きかな。もう一カ所、民家の桜はまだ蕾だった。この辺で一度見たことがあるよと寄った江の川に、カワアイサ4羽。飛び立つ時はカワウとおんなじだ。昔は赤い花もあったケスハマソウの自生地、ピンクを2本見つけた。こちらは帰り道にぐるっと回って、今年も咲いていると確認。この花をついでに見るなんてね、この花だけを目的に何度も通...

  9. フクジュソウ - Mag's DiaryⅢ

    フクジュソウ

    フクジュソウは盛りを過ぎていた。ここは民家の裏山、きれいに手入れされて黄金色に輝いている。花に興味を持ち始めたころ、観光バスで訪れたことがある。以来、2度目の訪問。庄原市にはフクジュソウの自生地がたくさんある。ここにはケスハマソウもあった。

  10. ケスハマソウ - Mag's DiaryⅢ

    ケスハマソウ

    ひさしぶりに、赤い花色のケスハマソウを見に行った。白い花が普通だけれど、赤い花もある。

総件数:10 件

似ているタグ