ケタミンのタグまとめ

ケタミン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはケタミンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ケタミン」タグの記事(17)

  1. 後方脊椎固定術でのケタミンとデクスメデトミジンの持続投与が急性術後疼痛におよぼす影響の比較 - 麻酔科医の日々

    後方脊椎固定術でのケタミンとデクスメデトミジンの持続投...

    ・後方脊椎固定術(PSF)の手術後において最も困難な課題のひとつが、患者の回復を促進するのに適切な疼痛管理対策を提供することである。我々の目的として、麻酔維持中におけるケタミンとデクスメデトミジンの持続投与がPSF手術での急性術後疼痛におよぼす影響を比較しようとした。・二重盲検無作為化臨床試験にて、87人のPSF手術予定患者が3群に無作為化して割りあてられた。麻酔プロトコルは全群で以下のもの...

  2. ミダゾラムとケタミンは疼痛を感じているなかで記憶・疼痛・恐怖のネットワークにおける明らかな神経変化をもたらす - 麻酔科医の日々

    ミダゾラムとケタミンは疼痛を感じているなかで記憶・疼痛...

    ・ミダゾラムとケタミンのよく知られた、鎮静や記憶障害といった臨床的効果にもかかわらず、こうしたヒトにおける独特な薬剤の神経メカニズムは完全に理解されていない。著者らの仮説として、両方の薬剤とも記憶符号化・疼痛処理・恐怖学習といった脳システム構成要素間での記憶想起・タスク関連脳活動・長距離結合を減少させる、とした。・この無作為化対象内横断研究では26人の健康成人を対象とし、著者らは行動測定と機...

  3. 心拍出量に対するケタミンの立体選択的な効果:健康ボランティアにおける集団薬物力学/薬物動態的モデル研究 - 麻酔科医の日々

    心拍出量に対するケタミンの立体選択的な効果:健康ボラン...

    ・ケタミンは心臓興奮性副作用がある。現在のところ、ケタミンや代謝産物の濃度が心拍出量におよぼす影響に関するデータは不足している。そこで我々は、無作為化臨床試験からえられたデータをもとに薬物動態的モデルを作成した。この研究は、ニトロプルシドナトリウムがケタミンによる幻覚作用を減弱させる効果を評価した、より大規模な臨床研究の一部である。・20人の健康男性ボランティアが、エスケタミンとラセミ体ケタ...

  4. 脊椎手術患者の術後疼痛管理に対する周術期メサドンとケタミン - 麻酔科医の日々

    脊椎手術患者の術後疼痛管理に対する周術期メサドンとケタミン

    ・マルチモーダルな疼痛管理戦略を適用するにもかかわらず、脊椎固定術をうける患者は重度の術後疼痛を訴えることが多い。メサドンとケタミンはN-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるが、術後疼痛管理を容易にすることが立証されている。そこで、この研究で検証した一次仮説として、脊椎固定術から回復していてケタミンとメサドンを投与された患者は、術後初日のヒドロモルフォンの使用がメサドンのみを投与され...

  5. 結腸直腸癌手術におけるケタミンの免疫調節効果:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    結腸直腸癌手術におけるケタミンの免疫調節効果:無作為化...

    ・ケタミンのN-メチル-D-アスパラギン酸受容体への抑制作用と抗炎症効果が悪性腫瘍手術に有利な免疫調節作用をもたらす可能性がある。我々は、結腸直腸癌手術をうける患者のナチュラルキラー(NK)細胞活性と炎症におよぼす、デスフルラン麻酔の補助薬としてのケタミン麻酔域下用量の効果を検証した。・合計100人の患者が無作為に対照群かケタミン群へわりつけられた。ケタミン群では、手術開始前5分にケタミン0...

  6. ケタミンの薬物動態 - 麻酔科医の日々

    ケタミンの薬物動態

    ・ケタミンの薬物動態を説明するモデルのいくつかがモデルの構造と複雑性の差で発表されている。文献の系統的レビューをおこない、薬物動態データのメタ分析や生データセットの薬物動態モデル構築を量的と質的におこなうとともに、既存のケタミン薬物動態モデルを評価し、一般的なケタミン薬物動態モデルを構築した。・文献から抽出した薬物動態変数(分布容積とクリアランス)を標準化して研究間で比較を可能にした。メタ分...

  7. 急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻酔疼痛治療学会・米国疼痛治療協会・米国麻酔科学会からのコンセンサスガイドライン - 麻酔科医の日々

    急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻...

    ・ケタミン投与は何十年も急性疼痛治療に使用されてきているが、昨今の使用増加によりケタミン投与が救急部・治療困難な疼痛患者の周術期・オピオイド耐性患者において主力となっている。患者選択・治療変数・モニタリングで大きくばらつきがあるため、コンセンサスガイドライン作成がもとめられる。・急性疼痛ケタミンガイドラインの作成は慢性疼痛ケタミンガイドラインの派生からうまれた。急性疼痛ケタミンガイドライン作...

  8. 麻酔後シバリング予防に対する予防的ケタミン使用の有効性と安全性:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    麻酔後シバリング予防に対する予防的ケタミン使用の有効性...

    ・麻酔後シバリングは麻酔のよくある合併症で、術後患者に大きな不快となり、高リスク患者では術後合併症を増加させる可能性がある。質の高いエビデンスに欠けているため、最適な抗シバリング薬について結論をだすのは困難である。このメタ分析の主要な目的として、麻酔後シバリング予防に対する予防的ケタミン使用の有効性と安全性を分析し評価しようとした。・我々は以下のデータベースを検索した:Medline・Emb...

  9. 小児麻酔におけるリドカインを併用したケタミンの効果 - 麻酔科医の日々

    小児麻酔におけるリドカインを併用したケタミンの効果

    ・我々のおこなった無作為化臨床試験では、補助薬剤のリドカインがケタミンで鎮静された小児患者の有害事象頻度を減少させるかどうかを検証しようとした。・この症例コントロール研究では、586人の麻酔を必要とする連続した小児患者を対象とした。そこでは、収縮期血圧・心拍数・呼吸数・血液酸素飽和度が観察された。アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)・アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)・尿...

  10. 痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミン:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミン:系統的レ...

    ・ケタミンは静注のフェンサイクリジン麻酔薬で、CNSにおいてN-メチル-d-アスパラギン酸受容体とHCNチャンネルをブロックする。最近、ケタミンを低用量で使用するようになり、いくつかの研究により整形外科手術において鎮痛効果が示された。我々の目的として、大きな痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミンの使用に関する現在のエビデンスを注意深く評価して統合した。・検索として無作為化比較試験(RC...

  11. 心臓手術後の慢性疼痛を予防するプレガバリンとケタミンの長期周術期使用 - 麻酔科医の日々

    心臓手術後の慢性疼痛を予防するプレガバリンとケタミンの...

    ・術後慢性疼痛はよくあることで、QOLに影響をおよぼす。仮説として、プレガバリンとケタミンを使用すると心臓手術後の慢性疼痛を予防する、とした。・この無作為化二重盲検プラシーボ比較試験を英国にある2つの心臓手術センターでおこなった。慢性痛がなく胸骨切開で待機的に心臓手術をうける成人を、通常ケアか、プレガバリン(150mgを術前と術後14日間一日二回)のみか、プレガバリンと術後48時間静注ケタミ...

  12. ケタミンにフェンタニルを加えることで救急部での挿管における血行動態・挿管コンディション・死亡を向上させるか:系統的レビュー - 麻酔科医の日々

    ケタミンにフェンタニルを加えることで救急部での挿管にお...

    ・ケタミンは救急医療現場の全身麻酔によく使われる導入剤である。血行動態が安定化すると一般的には考えられているが、高血圧や頻脈を引きおこすことがあり、ショックを招いたり悪化させる可能性がある。ケタミンの効果は導入剤にフェンタニルを加えることで向上する可能性がある。我々は系統的レビューをおこなって、ケタミンと筋弛緩薬の導入薬剤にフェンタニルを加えることで挿管後の血行動態・挿管コンディション・死亡...

  13. オピオイド使用障害患者の整形外科手術後における急性疼痛管理の周術期全身性リドカインと全身性ケタミンの比較 - 麻酔科医の日々

    オピオイド使用障害患者の整形外科手術後における急性疼痛...

    ・オピオイド使用障害患者は、オピオイド耐性やオピオイド離脱症候群のために急性疼痛管理において大きな困難をともなう。これまでの研究では、こうした患者では補助薬の使用を推奨している。この研究では、こうした患者の術後疼痛管理において静注リドカインとケタミンの効果を比較した。・この無作為化臨床試験では、180人のオピオイド使用障害患者が全身麻酔下に整形外科手術をうけて、無作為に3群に割りつけられた。...

  14. 高齢成人の主要手術後におけるうつ症状を予防する術中ケタミン:国際多施設二重盲検無作為化臨床試験 - 麻酔科医の日々

    高齢成人の主要手術後におけるうつ症状を予防する術中ケタ...

    ・ケタミンは麻酔域下用量で抗うつ効果をもつ全身麻酔薬である。我々の仮説として、術中のケタミン投与が手術患者の術後うつ症状を予防または軽減する、とした。・我々のおこなった国際無作為化臨床試験では、術中ケタミン投与[0.5mg/kg(Lo-K)か1.0mg/kg(Hi-K)]と対照[生食プラシーボ(P)]を全身麻酔下で主要手術をうけた60歳以上の患者を比較検証した。患者健康質問票-8(PHQ-8...

  15. 脊髄くも膜下麻酔後のシバリング予防に対するケタミン・トラマドール・デクスメデトミジン予防的使用の比較 - 麻酔科医の日々

    脊髄くも膜下麻酔後のシバリング予防に対するケタミン・ト...

    ・脊髄くも膜下麻酔後のシバリングはよくおこる合併症で、区域麻酔後患者の40%〜70%ほどにおこる可能性がある。このシバリングが、生理学的効果や血行動態効果とは別に、手術疼痛よりもずっと悪いものとみられてきた。この研究の目的として、脊髄くも膜下麻酔後のシバリング予防に対して、静注(IV)ケタミン・デクスメデトミジン・トラマドール予防的使用の有効性を評価して比較した。・200人の米国麻酔科学会術...

  16. 骨髄生検をうける就学前小児の前投薬としての噴霧化されたデクスメデトミジン・ケタミン・ミダゾラムの比較 - 麻酔科医の日々

    骨髄生検をうける就学前小児の前投薬としての噴霧化された...

    ・我々の研究の目的として、骨髄生検と骨髄穿刺をうける就学前小児の全身麻酔30分前に噴霧器で投与される鎮静作用のある前投薬としてのデクスメデトミジン・ケタミン・ミダゾラムの有効性を比較した。・90人の3〜7歳である小児が無作為に3つの同等の群に割り付けられ、噴霧化されたケタミン2mg/kg(K群)か、デクスメデトミジン2μg/kg(D群)か、ミダゾラム0.2mg/kg(M群)で前投薬をうけた。...

  17. 外傷集団における迅速導入薬としてのケタミン:系統的レビュー - 麻酔科医の日々

    外傷集団における迅速導入薬としてのケタミン:系統的レビュー

    ・迅速導入(RSI)において外傷患者の気管内挿管を円滑にする薬剤の選択は生存に影響をおよぼす可能性がある。ケタミンはたいてい血行動態の不安定な外傷患者で用いられるが、副作用が懸念される。このレビューでは、ケタミンが外傷患者のRSIで他の導入薬より好まれて用いられるべきかどうかを調べようとした。PubMed・Embase・the Cochrane Libraryを系統的に2016年9月19日に...

総件数:17 件

似ているタグ