ゲノム編集のタグまとめ

ゲノム編集」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゲノム編集に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゲノム編集」タグの記事(15)

  1. スーパーの広告を見て。 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    スーパーの広告を見て。

    昨日、新聞折り込みのスーパーのチラシを見て、ドッキリいたしました。”養殖真鯛、愛媛産”、本日のおススメ特売品とありました。一瞬、私の頬は引きつりました。なぜって、それは、この田舎のスーパーにもう、ゲノム編集されたマッスル真鯛が出回っていると思ったから。冷静になって、ネットでマッスル真鯛の養殖されている場所を調べてみました。はっきりとはわかりませんでしたが、近畿大学、京都大学のゲノム研究は、和...

  2. 夏には登場、ゲノム編集された物 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    夏には登場、ゲノム編集された物

    とうとう危惧してきた”ゲノム編集”された食べ物が、市場に出回ることになりました。どうしてこうも容易くたいした議論を尽くしたわけでもなく、海外の動向をも無視して簡単に”ゲノム編集”された食べ物が安心だとして市場に堂々と出せるのか。中日新聞の社説を読むと、ゲノム編集食品に関しては、作り方によっては、開発情報を任意で届け出るだけでよく、遺伝子組み換え食品のような審査を受ける必要がないことにするとい...

  3. GABA15倍のゲノム編集トマト - 共同購入スタッフのつぶやき

    GABA15倍のゲノム編集トマト

    先日のゲノム編集の講演会のあった日の日経新聞記事によると、年内にも市場にでるかも??20190310

  4. タイムリーな本をご恵贈多謝 - 大隅典子の仙台通信

    タイムリーな本をご恵贈多謝

    タイムリーな本をご恵贈多謝生命倫理がご専門の石井哲也先生の近著。ちょうど中国でゲノム編集された子どもが生まれたという、まさにそのタイミングでの出版。「核移植」の技術が確立し、クローン動物を作ることができるようになってカズオイシグロの「私を離さないで」が書かれた頃から、さらに違うレベルになっていると思います。生命科学分野の研究者や学会がきちんとした議論を行うべきと思います。

  5. ゲノム編集も利益優先 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ゲノム編集も利益優先

    本日の中日新聞17面”時のおもり”池内了氏の記事を読み、ほとほと今の政権のやることに呆れ果てました。倫理が後回しになる時代現在という時代は、倫理と利益のジレンマの中で、倫理は後回しとなって利益を優先することが当たり前となりつつある時代と言えようか。首相をひたすら守ったエリート官僚が倫理や矜持を失い、自己保身という利益のため首相に尽くす存在となってしまった。このような当面の利益を優先するのが当...

  6. ダウドナ先生を仙台にお連れしました - 大隅典子の仙台通信

    ダウドナ先生を仙台にお連れしました

    ダウドナ先生を仙台にお連れしました台風の影響により、移動が1日早くなり、陸路で仙台に移動。熱海付近を通過した頃が一番雨足が強かったですが、ダウドナ先生は投稿前の論文執筆に没頭されてました。こういう時間の使い方や集中力は大事ですね。画像は、昨日の夕食会にて、クリスパー配列を発見された石野先生が持ち込まれたゲノム編集の書籍にダウドナ先生がサインをしているところ。このお二人を仙台で初めて引き合わせ...

  7. ジェニファー・ダウドナ先生の基調講演 - 大隅典子の仙台通信

    ジェニファー・ダウドナ先生の基調講演

    ジェニファー・ダウドナ先生の基調講演第41回日本神経科学大会@神戸にて、ゲノム編集技術の創出者であるジェニファー・ダウドナ先生の特別講演がありました。冒頭で「日本で講演ができて嬉しい。なぜならクリスパーという配列はもともと、ここ日本で発見されたからです」と話されました。懇親会では鏡開きをされました。本日、ダイバーシティ委員会主催のランチョンセミナーにもご参加頂いた後で、仙台に移動します。明日...

  8. ダウドナ先生シンポジウム@仙台(7/29) - 大隅典子の仙台通信

    ダウドナ先生シンポジウム@仙台(7/29)

    日本神経科学大会@神戸のPlenary Lectureをされるジェニファー・ダウドナ先生を7月29日(日)に仙台にお呼びしてシンポジウムを開催します。参加希望、ポスター発表希望の方はお早めに登録下さい。Special Lectures on Genome EditingDate: Sunday, July 29Time: 1:00 - 5:30pmVenue: Tohoku Universi...

  9. スーパー麹菌!?また遺伝子操作ですか? - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    スーパー麹菌!?また遺伝子操作ですか?

    NHKのサイエンスZEROという番組を観ました。とうとう遺伝子操作が麹菌にまで及んでいることに、驚愕し心配しています。前にゲノム編集によって、”マッスル真鯛”という食欲を抑制する遺伝子部分をゲノム編集により操作し、がつがつとあさましいほど、狂ったように食べている真鯛をこの番組で観ました。正直好きなお魚さんですから、それを観て哀しくなりました。😢その”マッスル真鯛”は養...

  10. ゲノム編集で造られる食べ物 - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    ゲノム編集で造られる食べ物

    さすがに呆れてしまいました。(/ω\)ゲノム編集食べ物それは人が人の都合のいいように作物、🐡、お肉などの遺伝子配列の変えたい部分を狙い撃ちして、遺伝子の一部を壊しているのです。京都大学の助教は、私の大好きな真鯛の筋肉の肥大化を抑える遺伝子を壊し、餌をせっせと食べまくり巨大に太らせた、”マッスル真鯛”なるものを造り出しています。その真鯛は気持ち悪いぐらい肥大化した、ずん...

  11. 週刊ダイヤモンド連載コラム第115回:ヒトの臓器を動物で作る 射程に入ったキメラの実現 - 大隅典子の仙台通信

    週刊ダイヤモンド連載コラム第115回:ヒトの臓器を動物...

    今週発売している4月29日号の週刊ダイヤモンドに拙連載コラム第115回が掲載されています♬「iPS細胞Xゲノム編集でどこまでできるか?」という時代に突入したことをヒシヒシと感じる今日このごろです……。大人のための最先端理科【生命科学】【第115回】 ヒトの臓器を動物で作る 射程に入ったキメラの実現

  12. 2017年日本国際賞生命科学分野受賞者の言葉:基礎研究をする喜び - 大隅典子の仙台通信

    2017年日本国際賞生命科学分野受賞者の言葉:基礎研究...

    一つ前のエントリーの続きです。2017年の日本国際賞生命科学分野の受賞者二人の生い立ちや共同研究に至る経緯などを説明した動画が国際科学技術財団のHPより視聴できます。動画はYouTubeにアップされています。最後の部分で、若い方々へのメッセージが載っていますので、こちらにもクリップしておきます。ダウドナ博士の最後の部分、英語では下記のようになっています。The joy of making d...

  13. 2017年日本国際賞生命科学分野の授賞はゲノム編集研究者に!:生命倫理についての早急な議論と合意が必要 - 大隅典子の仙台通信

    2017年日本国際賞生命科学分野の授賞はゲノム編集研究...

    4月19日に2017年の日本国際賞の授賞式が行われました。今年は客席からの参加でしたが、自分が分野検討委員会の最後の年に定義文(後述)作成から関わったという意味でも、また、ゲノム編集という画期的な技術に対する授賞としても、その対象が女性研究者2名だったという点においても、感慨深いものがありました。今年33回目となる日本国際賞は、現天皇がまだ皇太子殿下であった時代に設立され、数年前までは陛下ご...

  14. 育メンです。 - 白血球数にこだわっています。

    育メンです。

    四国徳島からです。「抗菌薬の適正使用」の一助になればと思い、当ブログを続けています。当院では使用基準(暫定)を設けて対処しています。顆粒球1万以上、リンパ球3千以下、白血球1.3万以上、です。 急性中耳炎・急性副鼻腔炎は、繰り上げ100%ウイルス感染症です。40歳代の患者さん。月単位で繰り返す急性副鼻腔炎で受診されております。今回は、右中鼻道に大量膿性鼻汁です。抗菌薬は要りません。モンテ...

  15. 大人のための最先端理科第100回:ヒトへの応用も始まったゲノム編集の未来と倫理 - 大隅典子の仙台通信

    大人のための最先端理科第100回:ヒトへの応用も始まっ...

    ただいま発売中の週刊ダイヤモンド「大人のための最先端理科」の連載第100回を担当しました。「ゲノム編集」シリーズの最終となる第3回目で、うちの元大学院生の関係した論文のことも、少しだけ触れています♬ご笑覧あれ!週刊ダイヤモンドのオンライン版でも読めます♬大人のための最先端理科第100回:ヒトへの応用も始まったゲノム編集の未来と倫理

総件数:15 件

似ているタグ