コウゲンヒョウモンのタグまとめ

コウゲンヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコウゲンヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コウゲンヒョウモン」タグの記事(15)

  1. 極めて区別が難しいコヒョウモン、コウゲンヒョウモンほかヒョウモンチョウの仲間in2021.07.20~08.05長野県 - ヒメオオの寄り道

    極めて区別が難しいコヒョウモン、コウゲンヒョウモンほか...

    本日は、上高地、中信の山、東信の高原で撮影した極めて区別が難しいヒョウモンチョウの仲間です。今回掲載したヒョウモンチョウの仲間はコヒョウモンと最近ヒョウモンチョウから分けられたコウゲンヒョウモン、キタヒョウモンの区別が難しくウラギンスジヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンも近似しているので直観でウラギンスジヒョウモンとしました。更にサトウラギンヒョウモンとヤマウラギンヒョウモンとの区別につ...

  2. コウゲンヒョウモン他8月1日 - 超蝶

    コウゲンヒョウモン他8月1日

    ゴマシジミの保護地で出会えたチョウ達です。タテハチョウの仲間はコウゲンヒョウモンワレモコウに産卵中クジャクチョウウラギンヒョウモンオオミスジホシミスジジャノメチョウこの地では、そばチョウと言って歓迎されています。わちゃわちゃでした。

  3. 高原撮影第6弾、ソロソロ出番かな? コヒョウモンモドキ(2021/07/17)群馬遠征⑤ - 里山便り

    高原撮影第6弾、ソロソロ出番かな? コヒョウモンモド...

    下山も楽ではなかった。例年だと下山しながら 'ギンボシヒョウモン' 等見られるはずなのだが、この時期にしては花が少なく殆どの蝶が通過するのみだった。やっと1頭現れたのが 'ウラギンヒョウモン' では食指が沸かなかった。驚いたのは 'モンキチョウ' の数の多さだった。2週間前にも訪れていて全く期待外れだった、渓流沿いの小さな牧場...

  4. 高原撮影第5弾、何だか此方も、証拠撮りの山、タテハチョウ達(2021/07/16)群馬遠征③ - 里山便り

    高原撮影第5弾、何だか此方も、証拠撮りの山、タテハチョ...

    'ネット・マン' に圧倒されて少し離れた平原で 'ヒョウモン類' を撮影する事にしたが、何だか肩透かし,,,,,'オオウラギンヒョウモン' は?'オオウラギンスジヒョウモン' は?それどころか蝶の姿が少ない。行きかう 'CM彡達' も首を振っている。コウゲンヒョウモン(高原豹紋)★★★...

  5. コヒョウモンモドキ他 - 風任せ自由人

    コヒョウモンモドキ他

    この時期是非とも出会いたい蝶の一つがコヒョウモンモドキ。ミヤマシロチョウ撮影行の後、そしてミヤマモンキチョウ撮影行の後にも、その姿を求めて何ヵ所かのポイントを巡った。コヒョウモンモドキコヒョウモンモドキを探していて紛らわしいのはコヒョウモンとコウゲンヒョウモン。大きさはコヒョウモンモドキが一番小さいかな。そして飛び方も少し違うように感じるが、色もよく似ていて、留まってくれないと見分けが難しい...

  6. 高原撮影第4弾、雨の中のコヒョウモン達(2021/07/14)中信~褄恋遠征① - 里山便り

    高原撮影第4弾、雨の中のコヒョウモン達(2021/07...

    余りの長雨が我慢できず、悪天候の中ダメ元覚悟で、「池之端組」 '天空撮り Ori彡'、'池之端のご隠居 Tn翁'、'里山の案内人 Kj彡' 達と遠征です。当初、中信 'K高原' で撮影するはずだったのですが、現場は雨と濃霧で撮影不能、やも得なく早々と撤収、道行を褄恋に定め下ってきたのはいいのですが、此方もポイ...

  7. ホシミスジ他 - 風任せ自由人

    ホシミスジ他

    ウスイロオナガシジミなどを撮影した高原ではホシミスジなども撮影した。ホシミスジコウゲンヒョウモンクジャクチョウ

  8. 高原撮影第3弾、今時のタテハチョウ達(2021/07/10)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第3弾、今時のタテハチョウ達(2021/07/...

    ゼフィルス狙いの合間にも少し離れたポイントにもご案内戴いた。先週訪れた時には花が全く咲いていなかったが、今回は色々な花が咲いていた。残念ながら高原の花に訪花吸蜜シーンは撮れなかった。まだ蝶達も出始めだったのかな?入口の四阿でチョット一息入れてからのスタートでした。ホシミスジ(星三筋)★★★☆☆The Dod-dash Sailer [Neptis pryeri]時系列はさかのぼりますが...

  9.  高原撮影第2弾、ヒヨウモン類と遭遇(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第2弾、ヒヨウモン類と遭遇(2021/07/...

    'ヒメシジミ' ばかりでなく、気温が上がってきたら、'ヒョウモン達' が数多く出てきた。まだ慣れていない 'OM-D' でテスト撮り。今期高原での初見の '蝶達' を怖がらずに撮影してみました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......個人的にいい感じで撮れたと思っています。吸蜜に時間を...

  10. 高原撮影第2弾、タテハチョウ達(2020/07/05)群馬遠征①_2 - 里山便り

    高原撮影第2弾、タテハチョウ達(2020/07/05)...

    お気に入りの 'シジミチョウ' 撮れました。さあ、次は何を!?前後しますが、 'コウゲンヒョウモン' から投稿です。お天気が良くてもそれほど多く見られた事は無かったが、今回は撮影に困る事は無かった。一歩踏み出せば数頭飛び出す場面もあり、充分堪能できた。雨や濃霧で湿気が多く空気が重いことが幸いしたのか?活発に飛んでロストすることが無かった。........

  11. 高山の蝶たち-2(ミヤマモンキチョウとタテハ達:2019/7/26) - 小畔川日記

    高山の蝶たち-2(ミヤマモンキチョウとタテハ達:201...

    7月26日、ミヤマシロチョウ以外に撮影した蝶たちです。ミヤマシロのポイントに着く前、ヒョウモンチョウがフウロの花に止まっていた。近くではウラギンヒョウモンも吸蜜している。ここは標高2000m。近くの発生地で観察した限りでは、7月中旬に発生して8月中旬には産卵を始める。移動も夏眠もしないようだ。ここのはヤマウラギンと判断している。自宅近くの発生地は標高40m、6月中旬の発生。夏眠に入るのかすぐ...

  12. 高原のヒョウモンチョウ達(2019/07/25)群馬遠征② - 里山便り

    高原のヒョウモンチョウ達(2019/07/25)群馬遠征②

    'ミドリヒョウモン' の撮影が出来て、林道の探索をまた始めた。細い林道を暫らく走ると少し開けた場所に車が1台止まっていた。あたりを見回してもそれらしき場所がなかった。同行の 'Tkdさん' は良く知っている。藪漕ぎをして入った形跡を見逃さなかった。機材をセットして入り込む。ややあって少し開けた場所にたどり着く、初めて見る場所だったのですが、暫らく歩く...

  13. 高原の蝶達、コウゲンヒョウモンも舞う(2019/07/13)群馬遠征③ - 里山便り

    高原の蝶達、コウゲンヒョウモンも舞う(2019/07...

    ..........POTD.........曇り日でも数多くみられ、飛び立ちチャンスは多々あった。それでは,,,,,-------------------------------------------------------------ゼフィルスの ’テリ張’ を待つ間に、三人で近場のカシワ林に移動です。早速発見です。平地には居ない蝶、しかもダメージの無い新個体、テンションが上がり...

  14. ヒョウモンチョウ(コウゲンヒョウモン)・コヒョウモン(2018/07/16)東信遠征③ - 里山便り

    ヒョウモンチョウ(コウゲンヒョウモン)・コヒョウモン...

    目の前に突然飛来してきた。中型の蝶であるが下がりきれず大きく撮ってしまった。やや撮影には不向きであったが、取りあえずの証拠撮りです。ヒョウモンチョウ♂(豹紋蝶)準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)The Marbled Fritillary [Brenthis daphne]この角度ではもう少し絞り込めばよかったのですが、咄嗟の事でシャッターを切るのみ,,,,,'イブキジ...

  15. 中信の蝶-2(ミヤマモンキチョウ他:2018/7/10) - 小畔川日記

    中信の蝶-2(ミヤマモンキチョウ他:2018/7/10)

    いつものミヤマシロチョウのポイントに着くと、ミヤマシロチョウの姿がない。代わりにクジャクチョウが出てきてくれた。ニコンD500ニッコール70-200途中の道ではコヒョウモンがよく見られた。ニコンD500ニッコール70-200ニコンD500ニッコール70-200吸水している個体がいたけど、コヒョウモンの吸水は初めて撮影した。ニコンD500ニッコール70-200ミヤマシロチョウは出てこないので、...

総件数:15 件

似ているタグ