コキマダラセセリのタグまとめ

コキマダラセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコキマダラセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コキマダラセセリ」タグの記事(28)

  1. カラスシジミと夏のセセリ - 蝶超天国

    カラスシジミと夏のセセリ

    7月24日つづき予報に反して曇り空が続いていたので・・・もう一箇所周ってみることにしました。ハルニレが多いカラスシジミの生息地に隣接したヒメジョオンを探してみると・・・一番奥に1頭だけ見つけることが出来ました。花に隠れていたので全身が出てくるのを待ちました。紛らわしいことにミヤマカラスシジミも居ました。更に、同じような感じで吸蜜していたのがトラフシジミでした。この付近の草地には各種のセセリが...

  2. 草原環境 - 飛騨山脈の自然

    草原環境

    山が急峻で草原のがないところはスキー場や河川敷が草原環境になるが、そんなスキー場の1つを訪ねた。大雨で道路陥没があったりで作業員が多く出ている状況なので邪魔しないようにした。上流ではもっとすごい状態になっているようで、ヘリコプターが物資を運んでいた。綺麗なベニシジミがいたが、古びた個体がネジバナで吸蜜した。コキマダラセセリは♀だったのでまだ綺麗な状態だった。ルリシジミは込み入った葉上で休んで...

  3. ミヤマモンキチョウ(2020/7/19) - 小畔川日記

    ミヤマモンキチョウ(2020/7/19)

    7月19日は最初にミヤマモンキチョウの撮影に行った。駐車場に車を止めてふと見ると、エルタテハが壁に止まっているの気にが付いた。あわててカメラを取り出して撮影。近くではノビネチドリにミドリヒョウモンが来ていた。家内撮影ミヤマモンキのポイントに歩いていく途中にクロヒカゲが獣糞に来ている集団が見えた。その時は何気なく撮影したけど、後で写真を見て、あれっと思った。真中にいるのはなんだろう。クロヒカゲ...

  4. 兎平に青い蝶を探して - 不思議の森の迷い人

    兎平に青い蝶を探して

    高原の夏のブルーのシジミチョウの仲間の中で、ヒメシジミは最も普通の蝶かもしれません。でも今回、私がどうしても逢いたかったのはこのヒメシジミなのです。その普通のシジミチョウが中々見つからなかったのです。この前来たときには、草原一面にシロツメクサの花が咲いていて、そこには無数のヒメシジミが…そんな記憶が蘇ります。調べてみると、数年前のつもりは2010年の7月、なんと10年も前のことでした。変って...

  5. 雨中の高原 - 飛騨山脈の自然

    雨中の高原

    連日天気が悪いので出かけるのを控えていたが、雨に会う覚悟で出かけた。盛期はとうに過ぎているし雨の続く毎日なので汚損していると思われた。それでもまだ綺麗なコキマダラセセリが吸蜜していた。コヒョウモンモドキを時間かけて探したが採集されたようでこの個体しかいなかった。ヒメシジミは見たものすべてボロ個体だったが奇跡的に1♂だけ新鮮だった。コチャバネセセリもこの個体だけ綺麗だった。照度の低い中シオヤト...

  6. 09コキマダラセセリ「蝶図鑑」 - 超蝶

    09コキマダラセセリ「蝶図鑑」

    キマダラセセリ族の中で♂の表翅が最もイエローな蝶コキマダラセセリです。

  7. 草原のセセリたち - 蝶超天国

    草原のセセリたち

    8月4日つづきキマダラモドキのあとは広い草原でセセリを探すことにしました。この時期は何と言ってもアカセセリの時期です。広い草原で花が咲いている場所を見て回るとアカセセリを見つけることが出来ました。縁毛が綺麗に揃っているので新鮮な個体だと思います。飛ぶと一瞬で見失い探すのが大変ですから、2,3カット撮影するのがやっとでした。別個体ですが、切り株に止ったところも・・・・少し場所を移動してホシチャ...

  8. 暑いフィールドでの散策 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    暑いフィールドでの散策

    今日も暑かったですが、午後、ミヤマシジミのフィールドへ出かけた。ミヤマシジミの2化が発生をして綺麗な個体がそれなりに見られました。今日はメスのみ撮影しましたが暑くて全ての個体は全く開翅することはなかった。ウラギンヒョウモンの綺麗な個体が飛んで来た。コキマダラセセリのオスも1頭アザミで吸蜜していた。コキマダラセセリに酷似していますが、これはアカセセリのオスでした。アサマシジミのメスの生き残りも...

  9. 2019.7.24山梨県・富士山麓(2)ホシチャバネセセリ2019.7.29 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.7.24山梨県・富士山麓(2)ホシチャバネセ...

    2019.7.24標高を上げ富士山に少し近づいたせいか、ほとんど曇り空になってしまい気温も低い。ただ、時おり薄日が差し、時間がたつにつれ青空が出始めた。日がカッと照り付けると高原といえどもかなりの暑さで、思わずザックからタオルを取り出した。最初に出てきたのはホシチャバネセセリ。手前のススキの葉がじゃまで撮るのが難しかった。このセセリとは2回目の遭遇だが、開翅した時の斜め上からのがいい感じだと...

  10. 夏の高原のワンシーン - 蝶超天国

    夏の高原のワンシーン

    7月6日つづきコヒョウモンモドキを撮影した高原はいつもヒメシジミが沢山飛んでいます。この日は交尾も沢山見ました。ヒメジョオンの花の上で・・・・綺麗な♂と♀交尾しているカップルにちょっかい出す♂も・・・・・・ススキにぶら下がるカップルも・・・ススキの上で別のカップル・・・・4カップルを撮影しました。夏の盛りを感じさせるコキマダラセセリも既にいましたこちらは♀ですね。次のポイントに移動しようとし...

  11. 仲良くね~ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    仲良くね~

    左、コキマダラセセリ(たぶん)右、ヒメシジミクガイソウの蜜を吸う。仲が良いかどうかは、、、わからんなぁ。。。

  12. 飛騨山脈の高原 - 飛騨山脈の自然

    飛騨山脈の高原

    高原というにはあまりにも狭いところだが初夏のチョウがいろいろ見られた。コキマダラセセリは出始めだった。1頭だけだったが♀も見られた。ヒメウラナミジャノメは沢山いたが傷のないものは見つからなかった。綺麗なヒメキマダラセセリが飛んできた。鱗粉がはげ縁毛も擦れたヒメシジミが逞しく生きていた。減少傾向にあるコヒョウモンモドキが1♂だけ見られた。コチャバネセセリ♀がシロツメクサで吸蜜していた。発生期を...

  13. 白化型のクロシジミなど - 自然を楽しむ

    白化型のクロシジミなど

    7/6 前夜飲み会があったため、この日は少し遅めの出発。目的はクロシジミ♂の開翅と白化が進んだ♀の撮影。その道中での出来事。国道を走っている時に、前方の道路わきの工事現場方向から黒い物体が現れ、道路を横切って山の中へ消えていった。紛れもなく、クマさん。さすが野生のクマ、こちらの方は見向きもせず、慌てることなく、堂々としていた。運転中で写真を撮れなかったのが残念だったが、蝶探索中に現れたりしな...

  14. 今日の蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日の蝶達

    お天気悪くても何とか観察できる蝶は居るものです。午前、午後の観察で見られた今日の蝶達です。このところ、セセリ類やヒョウモン類の種が目立って多く飛び始めてます。今一番多いセセリはヒメキマダラセセリです。コキマダラセセリも1頭飛んでいた。同じくオオチャバネセセリも1頭だけでしたが飛んでいた。今シーズンはヒョウモンチョウが目立って多く感じられます。ウラギンヒョウモンも多く見られます。ホシミスジも見...

  15. 2018.7.26 - 8.5北海道旅行(7)札幌・小樽2018.8.23 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.26 - 8.5北海道旅行(7)札幌・小...

    2018.8.214時必着の予定で北見から札幌へ。手持ちの道路地図にもナビにも入っていない高速道が、いつのまにか旭川から東に伸びており5時間で行くことができるという。問題は高速道への入りかた。北見で聞くと尋ねる人によってそれぞれ異なる。最終的にはガソリンを入れた時に教えてもらったルート(北見→仁頃→遠軽→瀬戸瀬)に従ったが、途中2回も間違ってしまった。案内がなく瀬戸瀬ICから入れず、次の丸瀬...

  16. ヒョウモンチョウ 北海道亜種、その他(2018/08/04~05) - Sky Palace -butterfly garden- II

    ヒョウモンチョウ 北海道亜種、その他(2018/08/...

    カラフトルリシジミとゴマシジミを撮影した際に一緒に撮影したチョウを紹介します。北海道ではよくヒョウモンチョウ・コヒョウモン同定問題が発生しますが、根室ではヒョウモンチョウしか棲息していないので、安心してご紹介できます。ただ、本当に本土のヒョウモンチョウ同種なのか疑わしくなるほどオスが小さくて、ホソバヒョウモンといい勝負しておりました。結局オスは撮りそびれたのですが、メスを撮影できました。■ヒ...

  17. ホシチャバネセセリ・コキマダラセセリ・ホソバセセリ(2017/07/24) 富士山麓遠征 ② - 里山便り

    ホシチャバネセセリ・コキマダラセセリ・ホソバセセ...

    いよいよ此処からがこのポイントの本命の登場です。昨年ご一緒した時には濃霧に小雨交じり、今年は猛暑のカラカラ天気時々雲も交じりますが、いかがでしょうか?探索中に 'dandaraさん' と逸れてしまい、携帯で発見の知らせを受けるも、電波の都合で上手くコミニュケーションが撮れず、やっとつながっても場所が解らない。一旦最初の場所に戻り合流できた。一報から時間が経過するもまだ残...

  18. 近場のフィールド - 飛騨山脈の自然

    近場のフィールド

    毎日あまりにも暑いので遠くは止めて近くのフィールドに出かけた。少ないながらスジグロチャバネセセリが見られた。近年大変少なくなっているキマダラセセリは1頭しか見られなかったが出会えたことはとても嬉しかった。オオウラギンスジヒョウモンはスレが目立ってきた。コキマダラセセリの産卵を目撃できた。最盛期過ぎのスレ個体ばかりだったがエゾミドリを捉えることが出来た。この個体は前足で眼を掃除?しているかのよ...

  19. 飛騨の草原(2) - 飛騨山脈の自然

    飛騨の草原(2)

    草原の代表種と言ってよいほどコキマダラセセリは少ないながら見られる。オカトラノオと同じサクラソウ科のクサレダマ(イオウソウ)が見ごろだった。最初のコキマダラセセリは♂だがこれは♀個体。スキー場は唯一の草原が保たれているところだが、近年スキー人口の減少で閉鎖するところが多く、整備・管理しなくなってどんどん森林化している。このままだと草原がなくなり直ぐに林になってしまいます。地主に許可を頂いて仲...

  20. ジリジリ暑い高原にて - 蝶超天国

    ジリジリ暑い高原にて

    6月30日続き朝のゼフ観察の後はコヒョウモンモドキを狙って高原に移動しました。以前沢山いた場所では見られず、少し離れた草地に少しだけいました。ここではヒメジョオンがお気に入りのようです。この黒っぽいのは♀です。こちらは♂です。翅裏の模様が綺麗です。求愛らしき行動も見られたのですが・・・交尾には至りませんでした。ヒョウモンチョウも久しぶりに見ることが出来ました。クガイソウにはウラギンヒョウモン...

総件数:28 件

似ているタグ