コノハチョウのタグまとめ

コノハチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコノハチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コノハチョウ」タグの記事(13)

  1. アケビコノハ初見Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アケビコノハ初見Byヒナ

    この夏は日陰の林道で昆虫探しをすることが多かったので、今までにない出会いが幾つかありました。アケビコノハもその一つです。薄暗い道に足を踏み入れると、特徴的なオレンジの後翅がひらひらと舞い上がるのが見え、以前から見たいと思っていたアケビコノハと気づきました。以前から見たいと思っていたので、見失わないように後を追い、止まったところを確認。止まると目立つ後翅は隠れ、葉っぱにしか見えません。これは凄...

  2. 沖縄本島北部遠征その8コノハチョウ - Sky Palace -butterfly garden- II

    沖縄本島北部遠征その8コノハチョウ

    時期が良かったのか、各地でコノハチョウがよく見られました。低くても目線より上でテリトリーを張るので、翅裏の写真は撮れるのですが、上から翅表の写真を撮ることができません。リュウキュウウラボシシジミを撮影している場所は、1か所だけ小さな陽だまりがありました。リュウキュウウラボシシジミを熱心に撮影していると、フラッとコノハチョウが舞い降りてきて、その陽だまりにとまり、翅を広げました。心の中でうおお...

  3. コノマチョウと柿メジロ - あだっちゃんの花鳥風月

    コノマチョウと柿メジロ

    お天気がハッキリしない日が続いていた頃。退屈で地元の公園に行ってみました。カメラマンが2人いて、マミチャジナイとアカハラがいるという。暗い、被り物が多い、撮った写真はろくなものがなかった。すぐ諦めた。コノマチョウがいたから撮る。階の実に来たメジロを撮って帰る事にした。

  4. コノハチョウ - 飛騨山脈の自然

    コノハチョウ

    沖縄には10数回行っているがコノハチョウにはあまり会えていない。今回は端境期だったのか、擦れた個体や破損個体ばかりだったが多くの個体を目撃できた。アメリカから日本に返還されるまで、沖縄では琉球郵便の名称で1959年コノハチョウの切手が発行された(13¢)。ところが頭を上にして枝に止まっているデザインだったので、コノハチョウは頭を下にしてとまる習性があると異論が出て、1960年頭を下にしたデザ...

  5. 06コノハチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    06コノハチョウ「蝶図鑑」

    この蝶、翅を閉じていたら枯れた葉っぱみごとな擬態です。コノハチョウ多摩昆虫館にて。

  6. コノハチョウ石垣島を訪ねて③ - 蝶のいる風景blog

    コノハチョウ石垣島を訪ねて③

    石垣島のこの時期の天候は気まぐれで、案外むつかしい。今回は3日のうち、雨に降られたのは1日だけで恵まれていたが、帰京した翌日から梅雨入りになった。昨年は6月に計画したが、石垣島が豪雨で着陸出来ず、せっかく島の上空まで来たのに1時間半旋回して、そのまま成田に引き返すことになってしまった。夏はいつ台風がやって来るか分らない。一番いいのは蝶も多く、天候が安定している10月なのだろう。13日から15...

  7. 2019年3月中旬台湾 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2019年3月中旬台湾

    2019年3月15日木生昆蟲博物館仕事で台湾に出張。最終日、帰りの飛行機までに時間があるので、木生昆蟲博物館に行きました。開園9:00に到着。120台湾ドル(約360円)。ミドリメガネトリバネアゲハのデザインの切符です。お姉さんの案内で、蝶温室へ。オオゴマダラの蛹が一つピンで止められていました。今は蛹が少ないようでした。あまり金色に光っていませんでした。成虫は最も多くいました。が、気温が低く...

  8. 伊丹市昆虫館へ行ってきました - チョウ!お気に入り

    伊丹市昆虫館へ行ってきました

    前から行きたいと思っていた伊丹の昆虫館です。温室では多くの南方系のチョウが飼育されています。沖縄は学生時代に行ったきりなので、琉球のチョウが飛ぶフィールドにまた行きたくなってきました。入口の扉に書かれている通り温室に入るといきなりレンズが曇ります。レンズが周りの気温になじむまでは目で見て楽しむことにします。ようやくレンズの曇りが撮れたところでまずはリュウキュウアサギマダラです。目を引くのはツ...

  9. 石垣島の蝶 - 風任せ自由人

    石垣島の蝶

    今回の石垣島ではあまり多くの蝶に出会うことができなかった。ウスイロコノマチョウカバマダラ雄ヤエヤマイチモンジ雄そんな中、どこにも沢山いたのがヤエヤマイチモンジ。ウスキシロチョウ雌ウスキシロチョウは元気に飛び回り、産卵している雌も見かけた。マルバネルリマダラ今回もマルバネルリマダラに出会うことができた。ツマムラサキマダラ雄ヤエヤマカラスアゲハ雄&雌ナミエシロチョウ雌スミナガシ蜻蛉に期待して山中...

  10. ☆コノハチョウ・イシガケチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆コノハチョウ・イシガケチョウ☆

    今回の遠征で、どうしても見たかったコノハチョウです。一人では見つけられなかったと思いますが、同行の皆さんのお蔭で出会えました。翅を畳むと木の葉そっくりです。食草は、セイタカスズムシソウ、オキナワスズムシソウ(キツネノマゴ科)イシガケチョウは、知多半島で発見され、新聞に載った事があります。普通は見られません。地面にピタッと止まるので画になりませんが、葉の上で見る事が出来ました。食草は、イヌビワ...

  11. ~葉っぱじゃないよ~ - My  Photo  Life

    ~葉っぱじゃないよ~

    コノハチョウ枯葉擬態のナゾ?自然の不思議。透過光で見える外側の色。暖かな温室では、いつも春?リュウキュウアサギマダラ

  12. タテハチョウ色とりどり:東京→長野→埼玉→八重山諸島 in2017.03~05 - ヒメオオの寄り道

    タテハチョウ色とりどり:東京→長野→埼玉→八重山諸島 ...

    ツシマウラボシ飼育のお手伝いで都心の公園に出かけてみると青空高くオレンジ色のやや大きなチョウが舞い上がっていきました。止まったのでコンデジで接写すると左下翅に欠損があるのが残念ですが、初々しい「ツマグロヒョウモン」雄個体でした。ツマグロヒョウモン雄と同じ場所で飛んでいる大きな白いチョウは「アカボシゴマダラ白化型」です。ツシマウラボシ飼育場所の近くでも産卵するために飛び回っている個体が観察出来...

  13. 八重山番外編新年の蝶(つづき) - 蝶のいる風景blog

    八重山番外編新年の蝶(つづき)

    2016年の八重山はマルバネルリマダラやヒメアサギマダラなどの迷蝶がかなり見られた。長男も何とかマルバネルリマダラに出会いたいと思っていたようだが、残念ながら叶わなかったようだ。この時期比較的蝶の多い平久保のポイントを教えようかとも思ったが、車高の低いレンタカーで、でこぼこ道で車がおかしくなっても大変だと思って教えなかった。於茂登林道でコノハチョウがいて、ちょっとボロだったけど撮影していた。...

総件数:13 件

似ているタグ