コハクチョウのタグまとめ

コハクチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコハクチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コハクチョウ」タグの記事(104)

  1. 2018冬を感じ― - 綺麗な野鳥たち

    2018冬を感じ―

    近くの池にコガモが集まり始めています。コハクチョウも4羽来ていました。池が雪で覆われるまでここに留まってくれるでしょう。ことしの冬を感じる情景です。

  2. 調整池から遊水地まで - 今日の鳥さんⅡ

    調整池から遊水地まで

    今季最終訪問のつもりで調整池へあれ、こんな水深の浅そうな所に白鳥が居るとはちょっと驚きシギはというとかなり遠くて撮っても証拠写真にもなりませんのであきらめ近くの手すりに来たハクセキレイなんかにレンズを向け結構、物怖じしない鳥だがこんなに近くで撮るのは初めて。そのうち上空が賑やかになって今日は晴れて綺麗な青空がある一方、厚い雲もあって日が射していても雨がポツポツ来たり、旋回するコハクチョウ向き...

  3. コハクチョウ来たる - 今朝の一枚 石狩川の朝

    コハクチョウ来たる

    2018/03/286:585.3℃

  4. もうひとつの趣味。 - 40にして芝とたわむる -Season3-

    もうひとつの趣味。

    今日は暖かく青空が広がったので、ちょっとゴルフから離れてもうひとつの趣味を楽しんできました。それは野生動物の写真撮影。ゴルフを始める前…というか長男が生まれる前は、毎週末のように野鳥や動物の撮影に出かけていたんですけど、子どもが生まれてからは子育て優先でパッタリ行かなくなっていました。で、子どもがそれなりに大きくなってそこそこ自分の時間がとれるようになったころ、今度はゴルフにはまってしまいま...

  5. さらば美しきコハクチョウⅨ - 野鳥との出会い

    さらば美しきコハクチョウⅨ

    コハクチョウは4,000kmも日本から離れた北緯50度以北のシベリアから、日本へ約2週間で渡って来る。シベリアと日本の間をノンストップで渡って来る訳ではなく、何度も中継地で休みながら渡り、そのコースは、カムチャツカ半島から千島列島を経て北海道へ渡るコースと、サハリンを経て北海道へ渡るコース。帰りはどちらのコースを選択するか、繁殖を務め、来期も無事に渡って来てほしい。さらばよ漢字名:小白鳥英名...

  6. はばたく*3 - photographism

    はばたく*3

    春が近づいて別れの瞬間もまた近づいてくるずっとコハクチョウたちを撮り続けているとたんなる被写体としてだけでなくいとおしくすら感じるようになる来年もまた無事にここで会えますように

  7. 美しきコハクチョウⅧ - 野鳥との出会い

    美しきコハクチョウⅧ

    漢字名:小白鳥英名:Tundra Swan科属:カモ目/カモ科全長:L120cm時期:冬鳥。環境:湖沼、河川、内湾など。命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と呼びよせるが、それも鳴き声から。ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた(再掲載×多数)山と渓谷社刊日本の野鳥、野鳥の名前よりその1その2その3その...

  8. 旅立ちの前に−2ー - 流れのほとり

    旅立ちの前に−2ー

    コハクチョウたちに会えたビオトープからさらに北へと走る。夕景で有名なこの場所でも、美しい姿を見ることができた。夢中になって撮ってしまうこんな光景。風が強くなってきた・・・。空は怪しい雲に覆われていく・・・。今日は美しい夕焼けを見ることはできなさそう・・・。でもやっぱり見ていたい。来年また会えるのを楽しみにしている。ご訪問ありがとうございます。

  9. コハクチョウ - 旅のかほり

    コハクチョウ

    午後の沼で伸びやかなコハクチョウたち水面滑走は後ろ姿ばかり北帰行のときにみられるような水面を滑走する姿をみたかったのですが・・みんなのんびりしていました

  10. コハクチョウ2 - *ハルイロ*

    コハクチョウ2

  11. コハクチョウ1 - *ハルイロ*

    コハクチョウ1

  12. 湖北のコハクチョウ - チョウ!お気に入り

    湖北のコハクチョウ

    前回の続きです。そろそろ北帰が始まっているコハクチョウですがまだ多くの個体を見ることができました。今日はうまい具合に近くに飛んできてくれました。今日は飛翔を中心に記載します。まずは水鳥とコラボ。何枚か撮った中にミコアイサが写っていました。現地では気付かなかったのが残念です。うまい具合にこちら向けに飛び出してくれました。いい感じです。真横を通過。こちらも良い感じです。2018.02.25 滋賀...

  13. 旅立ちの前に ~コハクチョウ~ - Eye Love Photo*

    旅立ちの前に ~コハクチョウ~

    静かな湖畔でそっと お見送りこれから約2週間の旅無事に目的地までたどり着けますように・・残り少なくなったコハクチョウ達を見送りたくなって急遽出かけてきました片道2時間半はキツかった・・^^;

  14. 美しきコハクチョウⅥ - 野鳥との出会い

    美しきコハクチョウⅥ

    漢字名:小白鳥英名:Tundra Swan科属:カモ目/カモ科全長:L120cm時期:冬鳥。環境:湖沼、河川、内湾など。命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と呼びよせるが、それも鳴き声から。ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた(再掲載×多数)山と渓谷社刊日本の野鳥、野鳥の名前よりその1その2その3その...

  15. コハクチョウの飛び立ち(過去画像から) - 野鳥公園

    コハクチョウの飛び立ち(過去画像から)

    町おこしとしても取り組んでいて、町のHPでも逐次情報を発信している【コハクチョウ】の飛び立ち(過去画像)です。この頃は毎朝、朝日と一緒に飛び立って行きました。まだいるようですが、だんだんと数が減ってきているようですね皆が帰っちゃう前に、もう一度会いに行ってこようかな!また色々な野鳥との出会いを願って!野鳥写真のブログランキングに参加してみました。下の二つの写真をポチッ!とするとこのブログの、...

  16. 川霧のなかのコハクチョウ・・・ - 赤いガーベラつれづれの記

    川霧のなかのコハクチョウ・・・

    コハクチョウさんたちは、ねぐらのまとまりから、えさ場に飛び立つために、三々五々場所を移動します。ちょうど昇る太陽で川面はオレンジに輝くのですが・・・そのオレンジの中に影絵のように浮かび上がるコハクチョウさん。もっともっと濃いオレンジにと願いましたが・・・この日は少し残念。川霧もオレンジに染められて、本当にステキな夜明けです。コハクチョウさんたちもあと一月はいないかも知れません、また北の地に向...

  17. はばたく*2 - photographism

    はばたく*2

    飛ぶ姿も鳴き声も何度見ても聞いても癒されるもともと鳥が好きだったけど最初にコハクチョウを見たときから魅了され続けています羽ばたく姿に心踊りその鳴き声に不思議と癒される

  18. 美しきコハクチョウⅤ - 野鳥との出会い

    美しきコハクチョウⅤ

    中国のマスコミによると昨日の結弦君の舞はオオハクチョウの舞のようだと表現していた。きっと県中央部のコハクチョウも応援していたことだろう。漢字名:小白鳥英名:Tundra Swan科属:カモ目/カモ科全長:L120cm時期:冬鳥。環境:湖沼、河川、内湾など。命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と呼びよせるが、それも鳴き声から。ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻など...

  19. はばたく - photographism

    はばたく

    何度見ても見飽きない優雅で力強い羽ばたきコハクチョウを撮り始めて3年目ようやく飛び立つ前の動きがわかってきました「アイツが飛ぶ・・・」飛ぶ前の動きをしたコハクチョウにカメラを向けて予想通り飛び立った瞬間は他のどのコハクチョウよりも愛おしく思えるのです

  20. 画像、いただきました。 - オイラのよにわり日記

    画像、いただきました。

    今はもう、なくなった自然。悲しいものです。いただいた画像は、2017年2月17日のものです。

総件数:104 件

似ているタグ