コバヤシのタグまとめ

コバヤシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコバヤシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コバヤシ」タグの記事(34)

  1. ヒトチカオープンハウス #【goj】 - ヒトチカ日記

    ヒトチカオープンハウス #【goj】

    オープンハウスのお知らせです。みやま市にて計画しておりました house goj が間もなく竣工します。川や段々畑が美しい里山で、みかん畑を継ぐための住宅です。ここで若い家族が暮らすには、今の感覚と伝統のすり合わせが大切で、これがなかなか難しい。しかも敷地は母屋と倉庫の間の狭小地。それならいっそ楽しみながらつくろうとワークショップで設計したら、機能や常識にとらわれず、欲しいところに欲しいもの...

  2. 2018 夏期休業のご案内 - ヒトチカ日記

    2018 夏期休業のご案内

    16年前に「もうこんなに暑いめに会うのはこれっきりだろう…」と、インドのジャイサルメールで溶けていたのですが、まさか日本が40度になろうは思いもよりませんでした。さて、人の力設計室では下記の期間を夏期休業とさせて頂きます。休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、よろしくお願い致します。夏期休業期間:2018年8月13日(月)~8月16日(水)※8月17日(木)から平常どおり営業...

  3. 御礼 #【kwk】 - ヒトチカ日記

    御礼 #【kwk】

    長期予報では週末の天気は崩れるとなっていましたが、はじまってみれば青空に恵まれた内覧会となり、ありがたいことに多くの方々が足を運んでくださりました。そしてなぜだかハダパレのOBや学生もたくさん来てくれて、盛況なオープンハウスをとあいなった次第です。 【kwk】は施主様の「食」を中心とするライフスタイルがそのまま形となった住宅です。強いこだわりから生まれた形だったのですが、メインプログラムであ...

  4. 住み継ぎの系譜 - ヒトチカ日記

    住み継ぎの系譜

    鮮やかに塗り替えられた一面の壁、日記に書き留めようと色の名前を調べてみました。日本の伝統色で近かったものは「瓶覗(かめのぞき)」で、「白に近いごく薄い藍色」とあります。白い布を少し浸した程度に染めただけ、あるいは甕をちょっと覗いただけという意味で付けられたそうです。良い色に生まれ変わった壁を見て、施主様と現場監督と喜びを分かちあいました。これとは対照的にそのまま残された壁もあります。上質な紙...

  5. 全書にkaorimasu - ヒトチカ日記

    全書にkaorimasu

    ヒトチカ全書にkaorimasuを掲載しました。budbrandが撮影した写真の他に、製作や出展の風景も載せいています。■ヒトチカ全書・kaorimasu –カオリマス–・【KM】製作風景から・【KM】出展風景から現在kaorimasuは田中工藝さんによって、商品化へ向けた最終調整へ入っているようです。【コバヤシ】もんちゃん最後の一仕事、よろしくおねがいいたします。

  6. 笑顔の数と乾杯の数 - ヒトチカ日記

    笑顔の数と乾杯の数

    人の生き方は千差万別だから、多様な価値が受け入れられる、そういう時代であってほしい21世紀。可能ならば、笑顔と乾杯を集めて生きてゆくことをのぞみます。この日は縁のある人たちで集まって、縁をつなげてくださった方のお祝いの席でした。サプライズに吹かれた低音パートによるバースデーソング。一品一本持ち寄ったお料理とお酒たち。ご家族の味と空気が集まってはしゃいだ、気持ちの良い時間でした。【コバヤシ】K...

  7. 床塗りのご褒美 - ヒトチカ日記

    床塗りのご褒美

    ハダパレの学生が助っ人に来てくれたおかげで、早く終わった床塗りの後は…そう、【isd】名物! 居酒屋コーーーージ!!毎度のことながら、陽が沈まないうちにゆっくりと呑みはじめます。写真は「おとなの焼肉」と銘打たれた一品。なぜにトマトなのか?このあとに判明するのですが、汗をかくトマトがなんとも涼しげで、ビールがすすんでしまいます。点検で訪ねるたびに嬉しく思うことがあります。それは、丁寧な暮らしが...

  8. bud brand 2017 報告会にて - ヒトチカ日記

    bud brand 2017 報告会にて

    bud brand 2017の報告会へ出展者を代表して、マツケンホームの松下さん、菊祥陶器の木下さんと一緒に登壇してまいりました。久しぶりの木下さんは相変わらずリーゼントがばっちりで気合十分。会はアルコールが入りながらプレゼンする演出で、話す方も聞く方もざっくばらんに交わることができました。まずは本年度のサポートをしてくださった企業の皆さまへ感謝の気持ちをお伝えし、波佐見での製作過程やミラノ...

  9. 新しい土地で - ヒトチカ日記

    新しい土地で

    種をまき、苗を植え、陽と雨を求め、その実りを刈り、煮炊きをして、美味しく食べる。近代以前から人の営みは、この繰り返しだった。しかし私達は少しずつ楽を覚え、その手間を惜しんだ。思考の上で近代への反省を持つことはままあれども、覚悟を決めて立ち返ることはそうそう容易ではない。とうぜん私はできていない。しかし私達には、そんな選択肢があるということをあらためて考えた。今日は、そんなきっかけの地鎮祭。こ...

  10. 2017 夏期休業のご案内 - ヒトチカ日記

    2017 夏期休業のご案内

    今年は酷暑と豪雨の夏になりました。被害を受けられました皆様には、心からお見舞い申し上げます。年々福岡の気候が亜熱帯化している気がありまして、設計者として建築仕様の見直しを感じています。さて、人の力設計室では下記の期間を夏期休業とさせて頂きます。休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、よろしくお願い致します。夏期休業期間:2017年8月13日(日)~8月15日(火)※8月16日(...

  11. FUBA2017は マチ#タグ - ヒトチカ日記

    FUBA2017は マチ#タグ

    福岡市の都市景観マガジン[FUBA]に、本年度も八人力の連載がはじまりました。テーマは「マチ#タグ」。インスタグラムのように街の風景にタグをつけて、マニアックな視点で解説する企画で、ヒトチカの二人は片岡が「#01軒先」、小林が「#02仮設」で寄稿しています。ヒトチカの関心ごとに「つけたし」と「はみだし」があります。これらは居心地の良い場所に共通するあいまい要素でして、この二つが揃うとかなりの...

  12. ディテールとして -畑の観察- - ヒトチカ日記

    ディテールとして -畑の観察-

    10年前、NHKの『プロフェッショナル』で古野隆雄さんの畑を視た記憶を思い出した。野菜達が雑草にまみれて元気に育っている。子供の頃から草一本もない畑が良い畑と教わってきたから、そういう畑があることに驚きつつ、理にかなっていると感じた。その日見た畑は、あの記憶を追走するように、野の草花が咲き、虫は飛び交い、鳥が鳴いていた。そんな中、野菜達はなんというか「俺が主役だ!」と主張しているようで、変な...

  13. 堀部安嗣の講演会「建築というリレー」のお知らせ - ヒトチカ日記

    堀部安嗣の講演会「建築というリレー」のお知らせ

    堀部さんと言えば、手描きの図面は淡い色彩。そこから立ち上がるしっとりと暗い空間。講演のタイトルから推測するに、和の抽象性と西洋的近代の融合、世代を越えたバトンなど、堀部さんの答えを伺えるのでしょうか。ハダパレの学生達も色めき立っています。生で堀部さんの言葉を聞くチャンスがやって来ました。近道なんてない。■堀部安嗣「建築というリレー」/ オープンセミナー2017「住まいとインテリア」 日時:2...

  14. ディテールとして -暮しの観察- - ヒトチカ日記

    ディテールとして -暮しの観察-

    ある休日の晴れた日でした。施主様のご厚意で、お昼ご飯を頂きながら、実施設計の打合を行いました。その準備仕度が丁寧で、生き方を表現されているような一挙一動。だから食卓を囲んでのお昼ご飯は、ゆっくりゆっくりと咀嚼しました。この味に至るまでの細かく遠い過程を想像してしまいます。調理の段取りもさることながら、庭先にあった苗床。あぜ道の先にあった自然農の畑。つまりコンセプトである「苗床から食卓まで」を...

  15. 仲俊治の講演会「2つの循環」のお知らせ - ヒトチカ日記

    仲俊治の講演会「2つの循環」のお知らせ

    3年前、雑誌で『食堂付きアパート』を見た時の「自分がやりたかったことをやっている」衝撃は今でも覚えていて、去年実際に訪れた時に「ディテールまで落し込まれたプログラムと空間の一致」を目撃し、勇気と焦燥をもらいました。その仲さんが九産大にやってきます。あろうことか私は出張で聞くことができませんが、必聴のイベントです。併せてABC建築道場の展「崩壊」も行っていまして、同日の14時から仲さん講評によ...

  16. 満員御礼 - ヒトチカ日記

    満員御礼

    イベント『talk bar かたるきくかんがえる』は、おかげさまでたくさんの方がご来場くださりました。この場を借りて御礼申し上げます。初回ということもあって手探りで進める展開で、スライド資料はほとんど使わず、ライブ感を重視した90分でした。talk barの根幹には、福山先生が示唆する「学生よ、もっと自由に働け、自由に生きろ!!」があります。先生はもっと過酷な環境に飛び込んで欲しいようで、挑...

  17. talk bar 第1回 小林哲治 のお知らせ - ヒトチカ日記

    talk bar 第1回 小林哲治 のお知らせ

    九州産業大学の福山秀親先生が企画する『talk bar かたるきくかんがえる』の第1回語り部として、僭越ながらコバヤシがお話させていただきます。内容は、建築にまつわるこれまでの活動や仕事について。企画の趣旨である「学生が就職や生き方を幅広く考えられる」よう、一前例としてやらかした半生をお話しします。このところ福山研究室の学生さんに密着取材を受けておりまして、インタビューされたり動画を撮影され...

  18. 行列御礼 - ヒトチカ日記

    行列御礼

    「画家ではないので上手くないどころか、不細工にしか描けませんけど、本当に良いのでしょうか?」「いいのいいの! 不細工がいいの!! お願いしますっ!!!」そんな、へんてこなやりとりを重ねた二日間。護国神社蚤の市に出展した「不細工すぎる似顔絵とそのための額」は、おかげ様でトイレへ行く暇もないまま、好評のうちに終了いたしました。初めて会う人達の垣間見る人生。首も座らない生後3ヶ月の赤ちゃんから、小...

  19. クラシノ ノミノイチVol.5 - ヒトチカ日記

    クラシノ ノミノイチVol.5

    前回は「古瓶屋」でしたが、今回は「不細工すぎる似顔絵とそのための額」。ヒトチカは護国神社 蚤の市に出展いたします。参道中央広場のクラシノブースの中で、名刺サイズの似顔絵と専用の額を販売。設計で培ったヒアリングスキルを駆使して、質問をしながら不細工な似顔絵を描き描きします。内面をえぐり出すように、人生が透けて見えるように、真摯に描かせていただきます。あわせて50人の建築家の似顔絵も販売しますの...

  20. 新緑と鶯とお昼ご飯 - ヒトチカ日記

    新緑と鶯とお昼ご飯

    待合せの駅には、ジャケットを着た現場監督のOさん。ゴルフが趣味と会って、おしゃれな色合わせです。つづいて、プロトハウス事務局の桑原さん夫妻が登場。颯爽とお花を持って現れました。この日は、再会を喜ぶ会話で中々はじまりませんでしたが、【yne】の半年点検を行いました。いつものように点検しながら暮らし方も拝見していきます。その中で印象的だったのが、1階と2階のダブルリビング。将来の子供部屋をそれま...

総件数:34 件

似ているタグ