コバヤシのタグまとめ

コバヤシ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコバヤシに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コバヤシ」タグの記事(13)

  1. キッチンから見えるもの - ヒトチカ日記

    キッチンから見えるもの

    表題は、設計で大切にしていることのひとつ。毎日の食事は、毎日の調理のおかげにあるわけで。だからキッチンは、食事をつくる人が美しく映える場所であって欲しい。そして、そこからは飽きないものが見えると尚良い。朝日を浴びる山々や宿題をする子供達、季節を写す庭の草花。日々繰り返される行為の大切さが、更新される風景で裏付けされるように。写真は【tir】のキッチンから一枚で。食卓でたこ焼きをつくるYさんと...

  2. 曲線と直線 - ヒトチカ日記

    曲線と直線

    【goj】の敷地手前には、有機的に石積みされた棚田が広がっています。当家のおじいさまは、なんと石積みの達人だそうで、家や畑はもちろんのこと、このあたりの田んぼの石垣も積んでいたそうです。この地形に添った曲線は工業的につくれるはずもなく、今となっては再現性が困難な技となってしまいました。 【goj】は棚田や川、段々畑や山々を愛でるために窓や居場所を設けた住宅です。せんだって棟が上がり、まっすぐ...

  3. 感謝 #【kwk】差入れ - ヒトチカ日記

    感謝 #【kwk】差入れ

    今回のオープンハウスでも施主OB様や友人からたくさんの差入れを頂きました。 写真は終わって一息ついているところです(アプローチのこの平板はベンチにもなるのですよ!)。オープンハウス開催中はお昼ご飯を食べ忘れがちですが、ちょっとした合間に頂いたもので栄養補給ができました。ありがとうございました。 【コバヤシ】CRIK様、H様、K様、D様、M様、M様、この場を借りて心から感謝いたします。

  4. 御礼 #【kwk】 - ヒトチカ日記

    御礼 #【kwk】

    長期予報では週末の天気は崩れるとなっていましたが、はじまってみれば青空に恵まれた内覧会となり、ありがたいことに多くの方々が足を運んでくださりました。そしてなぜだかハダパレのOBや学生もたくさん来てくれて、盛況なオープンハウスをとあいなった次第です。 【kwk】は施主様の「食」を中心とするライフスタイルがそのまま形となった住宅です。強いこだわりから生まれた形だったのですが、メインプログラムであ...

  5. ヒトチカオープンハウス #【kwk】 - ヒトチカ日記

    ヒトチカオープンハウス #【kwk】

    オープンハウスのお知らせです。糸島市にて計画しておりました house kwk が間もなく竣工します。自然農の畑を耕して暮らす住宅です。深い軒下は作業場として、内部もほぼ作業場としてつくり、井戸と太陽熱を組合せることで、環境負荷や光熱費の低減を目指した個性的な仕様となっています(個人的には機能的に整理された台所が見どころです)。このたびお施主様の御厚意で、内覧会をさせて頂く運びとなりました。...

  6. 発見と成長 - ヒトチカ日記

    発見と成長

    4年生になったチーム調査兵団のフンチョンが、スイスとイタリア北部の建築視察から帰ってきました。写真はその報告会で、旅の興奮冷めやらぬ彼女が熱弁をふるっているところです(わかりいくいですが右端におります)。2か月前とは違う鋭い目つき。体験からの問いに仮説を立てた説明は面白く、「空間が見えない…」と2年間も悩み続けた先にあった発見を、見事に言語化していました。あきらめないってすごい私は純粋に感動...

  7. プコサラダをつくる - ヒトチカ日記

    プコサラダをつくる

    3年生チーム殿(しんがり)のなーさんの一声からはじまった店舗改装プロジェクト『pco salads(プコサラダ)』が完成しました。限られた時間の中でチームで力を合わせたことは、貴重な経験になったと思います。また、プコサラダの特徴は大きく2つあるようで。一つは、オーガニック野菜を使ったサラダやジュース、スイーツがテイクアウトできる健康を意識したカフェ。もう一つは、障碍者の就労支援を行っており、...

  8. 生きる深度の美しさ - ヒトチカ日記

    生きる深度の美しさ

    先週末は7年前に卒業した、チーム泥舟のシャケの結婚式でした。ネームカードやランチマット、指輪も映像も、引き出物もお菓子も時間をかけて作り、選ばれたもばかり。その気持ちが伝わって、あたたかくなったみんなの心が新郎新婦へ返されてゆくようで。「ああ、こういう生き方がしたいのだなぁ」と、しみじみ思いました。そんな席で僭越ながら主賓スピーチを務めさせていただいた訳ですが…、なんとそのシャケが来月から人...

  9. ミラノデザインウィーク2018 - ヒトチカ日記

    ミラノデザインウィーク2018

    おかげさまでヒトチカは3年連続でミラノデザインウィークへ出展しております。今年のbudbrandのテーマは「お祝い」で、おめでたいときに贈るプロダクトの製作です。ミラパレ(ヒトチカとハダパレの混合チーム)が挑むは、なんと会津漆器。雪降る会津へ通って伝統工芸士の古川勝規さんと一緒に『Aizu Flat』という漆器のプレートを製作しました。残念ながらスケジュールの都合でミラノへ行くことは叶いませ...

  10. 代々の土地で - ヒトチカ日記

    代々の土地で

    里山の風景はほとんど変わらないのに、20世紀の暮し方ですら懐かしい今日。私達が里山で暮らすためには、現代の感覚と先祖代々の慣習をすり合わせる必要があるわけで、これがいかに困難を極めるかは、限界集落が物語っている。それでもここで暮らすというのならば、田や畑を受け継ぐというのならば、それはきっと尊い経験があるに違いない。だから、ここで暮らす生存戦略を楽しく一緒に考えてみよう。設計者として、その可...

  11. おやつのじかん - ヒトチカ日記

    おやつのじかん

    【kwk】の現場は、定例会議がだいたい午後3時からはじまります。いつも最初にするのは「進捗報告」でなくて、棟梁や電気屋さんと一緒に「おやつを食べる」こと。この日の定例は、蒸篭に入ったおやつが運ばれてきて、中には…施主様お手製のスコーン!!食材本来の味が引き立っていてうま~い!しかもヴィーガン(動物性タンパク質をつかわない)仕様となっていて、身体に優しい味。棟梁も監督も無言でもぐもぐやっていま...

  12. はなまるえがお ドイツへ - ヒトチカ日記

    はなまるえがお ドイツへ

    ドイツ菓子職人の資格取得へと旅立った友人阿部ちゃん。その先には「人が笑顔になる場所づくり」という野望があるようで、そのための取材と記録のウェブサイトを更新していくそうです。■はなまるえがおhttp://hanamalegao.com/entry28歳での旅立ちは、私が集落実測へ出かけた時とほぼ同じタイミングでなんだか他人ごとではありませんでした。あのとき応援してくれた先輩方のおかげで、バック...

  13. さよならアキ中 - ヒトチカ日記

    さよならアキ中

    アル中でなくてアキ中は、中毒になるほど建築にはまってほしくて付けた名前。だったのですが…1人減り2人減り、卒業まで残ったのは半分だったアキ中。減った原因を振り返ってみると、真剣に学ぶことを揶揄する同調圧が例年よりも強かったと感じます。そんな空気を読みもせず、他人の評価を気にせずやりぬいた彼らは、これからどんな人生を歩むのでしょうか。アキ中の皆さん、卒業おめでとうございます。個性あふれる君たち...

1 - 13 / 総件数:13 件

似ているタグ