コヒョウモンモドキのタグまとめ

コヒョウモンモドキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコヒョウモンモドキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コヒョウモンモドキ」タグの記事(14)

  1. 高山蝶以外の五目撮り - 蝶超天国

    高山蝶以外の五目撮り

    7月15日つづき高山蝶を観察した山では・・・いろいろなチョウが沢山見られたので少しご紹介します。まずはコヒョウモンモドキですが今年は数も多めでした。ヒョウモンチョウも色々な花で吸蜜していました。笹の周りではゴイシシジミも見られました。笹の葉の先に静止したところを・・・広角の青空バックで・・・・クロヒカゲはそこらじゅうで見られます。ここではフタスジチョウを狙いたいところですが・・・、なかなか敏...

  2. 乗鞍のアカセセリ(2018/07/21) - Sky Palace -butterfly garden- II

    乗鞍のアカセセリ(2018/07/21)

    アイノミドリシジミを見た後はアカセセリを見に行きました。たくさんの個体がアザミ等にとまっていました。■アカセセリHesperia florindaちょっと飛び古していますが、コヒョウモンモドキもいました。個体数はそこそこいましたが、炎天下で中々とまりませんでした。■コヒョウモンモドキMelitaea ambigua

  3. 夏のタテハチョウの仲間たちin2018.06~07埼玉県&長野県 - ヒメオオの寄り道

    夏のタテハチョウの仲間たちin2018.06~07埼玉...

    in2018.07.21上信国境標高2,000m程度の高層湿原を一番元気良く舞っているのは「コヒョウモン」です。in2018.07.14上信国境コヒョウモンは、ミヤマシロチョウの食樹の多い牧場内でも数多く見られました。in2018.07.14上信国境「コヒョウモンモドキ」は標高1,700~2,000m程度の複数カ所で何頭か観察出来ました。in2018.07.14上信国境in2018.07.2...

  4. 中信の蝶-1(ミヤマシロチョウ・コヒョウモンモドキ:2018/7/10) - 小畔川日記

    中信の蝶-1(ミヤマシロチョウ・コヒョウモンモドキ:2...

    天気予報では雲が多そうで少し迷ったけど、他の日は都合がつかないので、中信の山にミヤマシロチョウなどを撮影に出かけた。現地に着いたら雲は多いものの日が射している。これなら大丈夫かなと思ってアイノミドリシジミのポイントに行ったら、雲が出てきてしまった。しばらく待ってみたけどダメそうなので移動する。コヒョウモンモドキを探していたら目の前を白い蝶が飛んだ。見るとミヤマシロチョウ。ここではたまに見かけ...

  5. コヒョウモンモドキ7月15日 - 超蝶

    コヒョウモンモドキ7月15日

    日曜日の群馬県の続きですミヤマシロチョウを撮影した後松本のホテルチェックインまで少し時間があったので、高原を蝶探索(^ω^)・・・車で流していると、小さなヒョウモンチョウ発見!コヒョウモンかなぁと近づいて見ると、なんとコヒョウモンモドキわちゃわちゃと飛翔していました\(^o^)/

  6. ☆クガイソウに群れる☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆クガイソウに群れる☆

    草原に、ポツポツと咲いているクガイソウ。蝶には大人気です。ヒメシジミやコヒョウモンモドキが、群れていました。葉の上のコヒョウモンモドキ・・・求愛行動の様に見えました。

  7. 飛騨地方の高原 - 飛騨山脈の自然

    飛騨地方の高原

    飛騨は信州と比べると山すぐ急峻な谷になっていて高原と言われる平らな地形が非常に少ない地形だ。高原というにはあまりにも規模が小さいがその一角を覗いてみた。途中の橋の欄干にヤマキマダラヒカゲが休んでいた。近年少なくなっているコヒョウモンモドキが1♂だけ見られた。ヒメシジミはほぼ発生が終わっていて綺麗な個体を探すのに時間がかかった。ヒメキマダラセセリはまだ綺麗な個体がいた。一番目についたのはウラギ...

  8. コヒョウモンモドキ - 風の翅

    コヒョウモンモドキ

    初夏の高原はヒメシジミから始まります。ヒメシジミはすでに最盛期を過ぎているようでした。今年は、どこも蝶の発生が早く、コヒョウモン、ヒョウモンチョウ、ウラギンヒョウモン、コヒョウモンモドキなどの高原を彩るヒョウモンの仲間が勢ぞろいしていました。毎年、見るのを楽しみにしていたコヒョウモンモドキもすでに発生して、いろんな花を訪れていました。

  9. ☆コヒョウモンモドキ・ウスバシロチョウ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆コヒョウモンモドキ・ウスバシロチョウ☆

    梅雨の晴れ間の22日,9時ごろ高原に到着。肌寒さを覚えましたが、次第に気温が上がりました。緑で覆われた草地を、オレンジ色のチョウが飛びます。あまりに小さいので、ヒメキマダラセセリ?と思いつつ追いました。近くで見ると、昨年の事を思い出します。この小ささでもタテハチョウ・・・、コヒョウモンモドキです。ウスバシロチョウを何頭も見掛けました。とても黒いコもいました。花をゆっくり写すと良かったのですが...

  10. コヒョウモンモドキなど - 旅のかほり

    コヒョウモンモドキなど

    やっと会えました、コヒョウモンモドキに。絶滅が心配されているチョウですが、かろうじて会えてよかったが、うまいこといかない。草むらにはミヤマモンキチョウの姿もみえます。ウスユキソウに2000mの山域で、スーときて止まったかと思ったらすぐ飛び立ってしまいました。一瞬のチャンスでした。フタスジチョウ花にとまることなく岩や、汗のついたバックにとまったりして遊んでくれました。ナミアゲハこの山域ではよく...

  11. コヒョウモンモドキ、オオミスジ、オオイチモンジなど - 自然を楽しむ

    コヒョウモンモドキ、オオミスジ、オオイチモンジなど

    カラスシジミがいる場所でのもう一つの目的はコヒョウモンモドキ。そこそこの個体がいたが、敏感でなかなか止まらないため、意外に撮影は簡単でない。コヒョウモンはどうしても適当に撮影してしまい、後で反省。この場所で一番多かったのはオオミスジ。ちょうど最盛期のようで、蛹もいくつか見つかった。羽化が近いのか、蛹に執着している♂の姿が見られた。交尾中の個体も。最後に、予想外のオオイチモンジ。このあたりで見...

  12. 高原のチョウ~コヒョウモンモドキなどなど - チョウ!お気に入り

    高原のチョウ~コヒョウモンモドキなどなど

    少し間が空きましたが前回の続きです。朝にコンビニで会ったお知り合いに教えて頂いたコヒョウモンモドキの居る場所近くに到着です。偶然は重なるもので待ち合わせてもいないのに3分もたたない状態でばったり再会です。そこからポイントまで連れて行って頂きました。今日は非常に暑くコヒョウモンモドキはなかなか姿を見せない上に出てきても止りません。飛んでいる後を追いかけても止らずにどこかへ行ってしまうので追いか...

  13. いつもと違う高原の雰囲気 - 蝶超天国

    いつもと違う高原の雰囲気

    7月2日朝のゼフのポイントを後にしてコヒョウモンモドキを狙って移動しました。今年は発生が遅れているのか、何も飛ばずいつもと様子が違う感じです。やっと見つけたのがこの個体です。何カットか撮影することが出来ました。翅裏の模様も綺麗です。後で見ると違う個体もいたようです。まだ綺麗なウスバシロチョウがいたので時期が早かったかもしれませんね。イチモンジチョウもとても新鮮で綺麗でした。一度逃げられました...

  14. コヒョウモンモドキ - 風の翅

    コヒョウモンモドキ

    7月に入ると高原の夏はヒョウモンたちが姿を見せるコヒョウモンモドキは他のヒョウモンたちと比べても小さくゆらゆらと優しく飛ぶ姿が愛らしい▲獣糞に集まるコヒョウモンモドキ、ヒメシジミ、ミスジチョウ、コチャバネセセリ

総件数:14 件

似ているタグ