コヒョウモンのタグまとめ

コヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コヒョウモン」タグの記事(52)

  1. コヒョウモン?/20年を経て撤収の米国 - 赤いガーベラつれづれの記

    コヒョウモン?/20年を経て撤収の米国

    チョウはよく分かりません。同じようなチョウがたくさんいて、これかなといやこれかもとチョウの本を見ながら頁を行ったり来たり。タムラソウにはたくさんのチョウや虫が集まっていました。残りの夏を惜しむかのように。ハクサンフウロ。まだ咲き残っていました。お山ももう秋ですね。晴れの日よりいいわ~と少し雨の降る中、お庭の草取りをしました。あら、いいにおい。顔を上げるとキンモクセイのお花からでした。この木、...

  2. 2021年7/24信州遠征その7 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/24信州遠征その7

    今日のもうひとつの目的のため、移動しました。コヒョウモン相変わらすこの季節、コヒョウモンが多かった。ハクサンフウロや花が終わりかけのハクサンシャクナゲ、咲き始めのミネウスユキソウなど、いろんな花で吸蜜する姿が楽しめました。さて、肝腎のミヤマモンシロチョウ。朝、あんなに天気が良かったのに、この頃になるとガスが湧いてきて日が陰り、いつもならあちこちで飛んでいる姿が見えません。それでもガスが切れて...

  3. 極めて区別が難しいコヒョウモン、コウゲンヒョウモンほかヒョウモンチョウの仲間in2021.07.20~08.05長野県 - ヒメオオの寄り道

    極めて区別が難しいコヒョウモン、コウゲンヒョウモンほか...

    本日は、上高地、中信の山、東信の高原で撮影した極めて区別が難しいヒョウモンチョウの仲間です。今回掲載したヒョウモンチョウの仲間はコヒョウモンと最近ヒョウモンチョウから分けられたコウゲンヒョウモン、キタヒョウモンの区別が難しくウラギンスジヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンも近似しているので直観でウラギンスジヒョウモンとしました。更にサトウラギンヒョウモンとヤマウラギンヒョウモンとの区別につ...

  4. 高原の蝶達 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    高原の蝶達

    今日はお天気良い予報だった。しかし、山の天気は当てになりません。山中は曇り時々晴れ、お陰で涼しいフィールドで十分に楽しめた。午前中、早い時間帯はホシチャバネセセリを観察していたが、今期、始めて吸蜜シーンが撮れた。午後10時30分頃から、岡山県から遠来の蝶仲間とベニヒカゲなどの観察でした。先ずはヒョウモンチョウ(コウゲンヒョウモンと表現する方も居るが)コヒョウモンも混生しており、混同しそうです...

  5. 県境の花咲く高原で(長野県側) - 不思議の森の迷い人

    県境の花咲く高原で(長野県側)

    午後は高原の長野県側に向かいました。そこは、標高2,000mの高層湿原です。駐車場から下って行く坂道のアザミにクジャクチョウが訪れていました。派手な蝶と言えば、南方系の蝶が浮かぶのですが、クジャクチョウには“艶やか”という言葉がぴったりです。さて、午後の目的はミヤマモンキチョウです。こちらも既に旬は過ぎてしまっていました。ツガザクラでしょうか? 吸蜜する雌です。こちらは木道の近くで見つけた個...

  6. 信州遠征最終日4 - 紀州里山の蝶たち

    信州遠征最終日4

    皆さん、こんにちはー。ミヤマモンキの発生地ではコヒョウモンが最盛期でした。

  7. 高原撮影第6弾、ソロソロ出番かな? コヒョウモンモドキ(2021/07/17)群馬遠征⑤ - 里山便り

    高原撮影第6弾、ソロソロ出番かな? コヒョウモンモド...

    下山も楽ではなかった。例年だと下山しながら 'ギンボシヒョウモン' 等見られるはずなのだが、この時期にしては花が少なく殆どの蝶が通過するのみだった。やっと1頭現れたのが 'ウラギンヒョウモン' では食指が沸かなかった。驚いたのは 'モンキチョウ' の数の多さだった。2週間前にも訪れていて全く期待外れだった、渓流沿いの小さな牧場...

  8. コヒョウモンモドキ他 - 風任せ自由人

    コヒョウモンモドキ他

    この時期是非とも出会いたい蝶の一つがコヒョウモンモドキ。ミヤマシロチョウ撮影行の後、そしてミヤマモンキチョウ撮影行の後にも、その姿を求めて何ヵ所かのポイントを巡った。コヒョウモンモドキコヒョウモンモドキを探していて紛らわしいのはコヒョウモンとコウゲンヒョウモン。大きさはコヒョウモンモドキが一番小さいかな。そして飛び方も少し違うように感じるが、色もよく似ていて、留まってくれないと見分けが難しい...

  9. 海野和男写真展 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    海野和男写真展

    今日は朝から小諸高原美術館でオープニングの海野和男写真展に出かけた。下界はお天気良かった。今年は海野氏のバタフライガーデンがテーマ、それと昆虫の擬態テーマの2本立て。バタフライガーデンの会場はとても華やかな感じで、今までになかった雰囲気でした。午後からはいろんなセレモニーがあるので、午前中を選んだ、海野さんにもご挨拶して来ましたが、相変わらずお会いする度に私の健康のことを気に掛けて頂き、「お...

  10. コヒョウモンモドキ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    コヒョウモンモドキ

    2021年7月17日(土),快晴.二日目は場所を移動して高層湿原へ.昨年初めてここを訪れた時に風景の美しさと高山植物がとても気に入った.湿原へ行く前に少し違う場所を散策.オタカラコウとコヒョウモン.ヒョウモンチョウとコヒョウモン.コヒョウモンモドキコヒョウモンモドキとヒョウモンチョウ.高層湿原で最初に撮影したウラジャノメ.ウラジャノメは沢山見られた.ギンボシヒョウモンイブキトラノオとコヒョウ...

  11. 高原撮影第4弾、雨の中のコヒョウモン達(2021/07/14)中信~褄恋遠征① - 里山便り

    高原撮影第4弾、雨の中のコヒョウモン達(2021/07...

    余りの長雨が我慢できず、悪天候の中ダメ元覚悟で、「池之端組」 '天空撮り Ori彡'、'池之端のご隠居 Tn翁'、'里山の案内人 Kj彡' 達と遠征です。当初、中信 'K高原' で撮影するはずだったのですが、現場は雨と濃霧で撮影不能、やも得なく早々と撤収、道行を褄恋に定め下ってきたのはいいのですが、此方もポイ...

  12. 信州行き帰りにて - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    信州行き帰りにて

    午前中は晴れ、午後曇り予報だった信州、上田市の大手植物園へお花を買いに出かけた。往路、湯の丸高原にてほんの晴れ間に今日もミヤマシロチョウ2頭が飛び出していた。ハクサンフウロでコヒョウモンが吸蜜していた。メスグロヒョウモン♀ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー信州・上田市の大手植物園で庭に植栽するお花を大量に買って、帰路にはヒメシロチョウ...

  13. コヒョウモン&ヒョウモンチョウの混生 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    コヒョウモン&ヒョウモンチョウの混生

    昨日、コヒョウモンとヒョウモンチョウが混生するフィールドで、両種が同一画面に入る瞬間を狙って見ました。オタカラコウの黄色い花が両種共に好みですが、コヒョウモンの方が多くやって来る様です。時折、ヒョウモンチョウが参戦すると言った状況です。先ずはコヒョウモンヒョウモンチョウは草原の中を飛んでいる感じですが、時折、湿地のオタカラコウにやって来ます。以下、コヒョウモンとヒョウモンチョウが同時に吸蜜す...

  14.  高原撮影第2弾、コヒョウモン登場③(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第2弾、コヒョウモン登場③(2021/07/...

    今回は「Pro capture mode」で飛び立ちなどを撮影したものを投稿です。.........☆ My Cup of Tea ☆.......前回のお気に入りも飛び立ちを待っている間に撮ったものです。今回はしっかり飛び立ってもらいました。自己満のお気に入りから、さらなるお気に入りが撮れました。.....・。゚(゚^ω^゚)。゚・..... I cried tears of joy!.....

  15. 高原撮影第2弾、コヒョウモン登場②(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第2弾、コヒョウモン登場②(2021/07/0...

    今回の投稿は、 "Olympus OM-D E-M1 Mark II" に "Olympus M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 II" を装着、一刻も早く慣れよとばかりシャッターを切りました。度々記述しますが、距離感との戦いでした。無理に寄らずに「撮らせてくれる蝶を狙う」と、方針を定め挑みました。静止映像を中心に投...

  16. 高原撮影第2弾、コヒョウモン登場(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    高原撮影第2弾、コヒョウモン登場(2021/07/03...

    冒頭ですが、皆様から頂いた、'イイネ!♥' が表示できません。どうなっているのでしょうか?知識を奮い立たせて、皆様のblogに訪問いたします。少々時間を戴ければと思っています。'浅間の煙彡' に、もう出ているのかな?とアドバイス戴いたポイントに出向く。当初フィールドを手分けして探していても全く蝶の姿が見えなかった。こうなることをある程度予想はし...

  17. 緊急投稿(2021/07/03)群馬遠征 - 里山便り

    緊急投稿(2021/07/03)群馬遠征

    ここの所の不天候で撮影に出られなかった。既に手持ちの映像も空っぽになってしまった。撮りたくともアイデアの欠如で思うように行かない日々が続いていた。同じくして思いは同じだったのだろうか? '里山のJiiji-Kt彡' からお天気予報の「業務連絡」を戴いた。同じころ「箱根にて研修」予定だった 'Ranzan組' の 'Kmd彡'からも...

  18. 蜜です! - 不思議の森の迷い人

    蜜です!

    8月の下旬、Yさんと一緒にkomugiさんの車で長野県東部の高層湿原にベニヒカゲを見に向かいました。途中、スキー場を通るとベニヒカゲが何頭か翔んでいました。目的地に着く前にベニヒカゲの雌を撮ることが叶いました。そして、ゲレンデの少し先の林間でYさんとkomugiさんがアサギマダラを見つけ車を止めました。少し距離があります。一頭見つかると、アサギマダラは次々と姿を現します。近くのヒヨドリバナに...

  19. 昨日の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    昨日の湯の丸高原

    お盆休み最終日(8/16)の湯の丸高原で蝶と遊んだ記録です。アサギマダラの里ではやっと大集結状態でした。湯の丸でも多いです。浅間山系の高山蝶3種の最後を謳歌するベニヒカゲが間もなく最盛期になります。まだヒョウモンチョウも健在です。コンコン平ではコヒョウモンも混生しています。

  20. 上信国境&埼玉県中部の森で出逢ったヒョウモンチョウの仲間 - ヒメオオの寄り道

    上信国境&埼玉県中部の森で出逢ったヒョウモンチョウの仲間

    8月14日、ヒョウモンチョウの仲間やアサギマダラの撮り直しに再度上信国境に避暑に出かけてきました。in2020.08.14上信国境の高原ギンボシヒョウモン********************************************************時間を丁度2週間前に戻してオオセイボウとアオマダラタマムシを探しに出かけた埼玉県中部の森ではヒョウモンチョウの仲間も生息していま...

総件数:52 件

似ているタグ