コミスジのタグまとめ

コミスジ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコミスジに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コミスジ」タグの記事(81)

  1. コミスジ、ヤマトシジミ&睡蓮 - バードカラー

    コミスジ、ヤマトシジミ&睡蓮

    コミスジヤマトシジミ小さな池の水蓮の花、まだ咲いていました。本日もご訪問頂きありがとうございます。

  2. 林内で蝶々を探す - 花と葉っぱ

    林内で蝶々を探す

    撮影:2021.09.07(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)林内の細い道を、草を踏みつけながら、左右に目配りしてゆっくりと進む。「マムシに注意」の立て札があった。幼少期から未だにマムシに出合ったことが無い。出合いたくはない。それでも道のない草むらにもずかずかと入っていく。マムシのほうが逃げるだろうと根拠のない期待をしている。ムラサキツバメ?だろうか?黄昏れていて自信が無い。サトキマダラヒカゲ...

  3. ツマグロヒョウモンコミスジなど - 生きる。撮る。

    ツマグロヒョウモンコミスジなど

    ツマグロヒョウモンコミスジご覧いただきありがとうございます。エキサイトユーザー以外の方も♡押していただけます。励みになっています。ありがとうございます。

  4. ・ルリタテハ - 鳥見撮り 2

    ・ルリタテハ

    夏鳥の雛が巣立ちしていると思い林道に出かけて見ましたが残念ながら今回は出会えませんでした。諦めて帰ろうとしたら目の前に2頭の蝶が姿を見せました。1頭は忙しく飛び回りもう1頭はゆっくり飛びながら地面の止まってくれました。蝶は詳しくありませんが調べて見ると『ルリタテハ』でした。

  5. 亀と蝶々 - 花と葉っぱ

    亀と蝶々

    撮影:2021.08.19(千葉市・県立中央博物館付属生態園)池の真ん中の小さな草むら、カルガモが集まって休憩していた。池の周りの陸地よりも安心できるのかな?草むらの倒れた根元に、もっこりした塊りが。何だろう?グーっとズームしてみると、数匹のカメが重なっていた。目の後ろの赤い斑点は見えないけれど、黄色いラインがあるので、アカミミガメのようです。アカミミガメ(赤耳亀)は現在はまだ特定外来生物に...

  6. 大きな胡桃の木の下で - 不思議の森の迷い人

    大きな胡桃の木の下で

    NAGUさん、komugiさん、Yさんと私、このメンバーが集合するのは今年何回目になるでしょう。去年は空振りに終わった胡桃の木の下を訪れたのはオリンピックが始まる前でした。今年もオナガシジミは中々姿を見せません。オニグルミが少し高くなりすぎたのかもしれません。現地に着いて1時間ほど経ったでしょうか、それぞれが思い思いの場所を探していました。胡桃の木の上を。オナガシジミは30㎝ほどの草の葉の上...

  7. 蝶三昧 - *la nature 2*

    蝶三昧

    1日で沢山の蝶に出会ったこの日いつもはなかなかじっくり撮らせてくれないキタテハがしばらくの間遊び相手になってくれました^^初めは杭にとまってじっとしていました逃げない様子だったので指乗せに挑戦!成功~!!私の汗をチューチュー??アップでも撮らせてくれましたよ~!もっと寄れそう^^正面からも!いつまで吸ってるの?別の場所では怪しげな動きのアカボシゴマダラペアコソコソと何してるの?今年はよく見か...

  8. 夏は不作? - 花と葉っぱ

    夏は不作?

    撮影:7月16日(千葉市・泉自然公園)加曾利貝塚ばかり散策していたので、偶には気分転換にと、遠いけれど、泉自然公園へ行った。それなのに、、、昆虫たちは少なく、がっかりしてしまった。夏は不作なのかなぁ、、、ナミテントウ(並天道虫)テントウムシ科テントウムシ亜科体長7~8ミリ。模様は変異が多い。ムジホソバ(無地細羽蛾)・雌ヒトリガ科コケガ亜科雌は前翅先端部や周囲が黄色に染まる。雄は無地。前翅長約...

  9. コミスジの夏 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    コミスジの夏

    え〜、今日のテーマは虫です。このブログ、虫の記事にはアクセスが少ないんですよね。いえ、そもそも世界の片隅の過疎ブログ、はなからアクセスは少ないんですが、その中でも特に不人気なのが虫、虫だけに無視されて、なんつって、あっ、スミマセン、スミマセン!帰らないで!せっかく見えられたんですから、ちょっと見て行ってやって下さい。ということで今日の虫はコミスジ。漢字で小三条、タテハチョウ科です。蝶がこんな...

  10. 見沼田んぼ&荒川河川敷の森のタテハチョウの仲間in2021.05.10~07.10 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼ&荒川河川敷の森のタテハチョウの仲間in20...

    先日の無理が祟って夏バテ気味なので過去ネタです。埼玉県の丘陵や甲信地方で観察出来る豪華な「オオムラサキ」と異なり「コムラサキ」は見沼田んぼ&荒川河川敷の森いずれでも観察出来る蝶です。in2021.05.10見沼田んぼ↑コムラサキも太陽光が上手く当たると素敵な輝きを見せてくれます。in2021.05.26荒川河川敷の森↑コムラサキの紫色は、オオムラサキの紫色より明るい紫色に煌めくので軽快な感じ...

  11. 猫が教えてくれたコミスジ飛来チーム・ザ・ガーデン④2021/6/18 Tokyo - むっちゃんの花鳥風月  ( 鳥・猫・花・空・山 )

    猫が教えてくれたコミスジ飛来チーム・ザ・ガーデン④20...

    梅雨空に「コミスジ」が飛来紫陽花にお似合いコミスジは葉っぱの上で翔を広げてるのをよく観ますが庭のブットレアに留まったのは初めて!今日も我が家のイッチャンがコミスジ第一発見者イッチャンありがとう明日もよろしくね

  12. 他にも色々 - 季節の映ろひ

    他にも色々

    ミドリシジミを撮影していた場所では、コミスジ・カメノコテントウ・カノコガなども見られました。周りをよく観察すると色々な昆虫が見られるんだな〜。気に入っていただきましたら、ポチッと応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。

  13. フィールドyの記録(3) 2021/6/9 - へっぽこな・・

    フィールドyの記録(3) 2021/6/9

    蝶は止まってくれることが少ないのであまり撮りません(撮れません)たまたま撮れた2頭ですクロヒカゲ(4314)コミスジ(4486)

  14. 20210609 【蝶】タテハチョウの仲間たちも - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210609 【蝶】タテハチョウの仲間たちも

    活発に動き回るということではタテハチョウの仲間も負けてはいません。イチモンジチョウがやっと止まってくれましたが、遠い。コミスジです。この仲間は「パターーッ、パターーッ」と、独特の飛び方をします。サカハチチョウ。白い斑紋が「逆さの八の字」に見えるからだと。

  15. ゼフィルスミドリシジミ - 生きる。撮る。

    ゼフィルスミドリシジミ

    いろいろあって、どうしてもいつもの場所まで撮りに行けなくて・・・この公園では今年は出が悪いらしいと・・・ダメならあきらめもつくと出かけた。電車とバス乗り継いで・・・ここで見られる6種のゼフィルスの出る場所、順に歩いてみた。案の定全く姿がない。最後の場所に行ったら、いつもの場所にいるではないか。待望のミドリシジミ。1時間以上粘ってみたが羽は開かなかった。2016年からゼフィルス撮りにここに行っ...

  16. 2021年5月下旬埼玉県北部久喜市拙宅周辺の虫たち - 春ちゃんのメモ蝶3

    2021年5月下旬埼玉県北部久喜市拙宅周辺の虫たち

    2021年5月下旬埼玉県北部久喜市拙宅周辺5月26日本日はスーパームーン皆既月食があるとのこと。昼頃、空を見上げると太陽が傘をさしてました。足元では、孵化したてのカマキリたち。見上げるとチャドクガの集団。昨年はチャドクガが多く、卵塊を駆除したつもりでしたが、残っていました。近くには脱皮殻もあったので、触らないように注意して、切り取って埋めました。すぐ近くでコミスジ発見。今年、初見です。アゲハ...

  17. 梅雨の走り - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    梅雨の走り

    まだ5月中旬だというのにもう梅雨の走りのようなお天気。5月って、昔はもっと爽やかな日が多かった気がするのに年々、梅雨入りが早くなってきていて爽やかな初夏を楽しむ期間が近年はあまりなくてちょっと残念に感じています。さて、と今朝は お店の庭にコミスジと思われる蝶がきていました。人の気配に敏感で撮ろうとすると、すぐに飛んでしまうので何度かうろうろした末にようやく撮らせてくれました(笑)。

  18. いつもの里山の様子がおかしい - 蝶超天国

    いつもの里山の様子がおかしい

    5月2日雨上がりなのでアゲハ類の吸水を狙っていつもの里山に行ってみました。例年なら黒系アゲハが多いはずですが・・・何も見られず・・・なんだか今年は変な感じです。林道を歩いているとコチャバネセセリを見つけました。ここではあまり見かけない種です。よく見ると獣糞に来たようです。コチャバネが多い産地ならば多数が集まるシチュエーションですが・・・1頭だけで・・・お尻から水分を出しながら吸い続けています...

  19. アサマイチモンジの羽化 - 蝶超天国

    アサマイチモンジの羽化

    4月24日アオバセセリやアゲハなどの様子を見にいつもの里山に行きました。アオバセセリはNGでしたが、以前から時々観察を継続してきた・・・アサマイチモンジの羽化直を見ることが出来ました。ほんの少し前に見た時はまだ羽化していませんでしたが・・・・目を離した暫くの間に・・・羽化したことになります。完全に翅が伸びきったように見えます。暫くすると開翅して飛んで行きました。到着時に確認した蛹の様子は・・...

  20. 2021年4/18その1コミスジ、コチャバネセセリ、ルリタテハ他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年4/18その1コミスジ、コチャバネセセリ、ル...

    春のトンボが見たくなったのでMFへと向かいました。けっこういろいろ撮れたので、何回かに分けて掲載します。先ずはチョウから。コミスジ今年の初見。ツィーツィーと独特な飛び方で一目でわかりました。コチャバネセセリもうそろそろ出る頃と思っていたら、期待どおり出てくれました。地味でよく蛾に間違われますが、大きな眼が愛らしいチョウです。ルリタテハ越冬明けで傷みも目立ちます。おまけにトレードマークである瑠...

総件数:81 件

似ているタグ